愚慫空論

『サピエンス全史』その17~科学革命という名の「正当化」

『その16』はこちら (^o^)っ リンク

 





科学革命はこれまで、知識の革命ではなかった。何よりも、無知の革命だった。科学革命の発端は、人類は自らにとって最も重要な疑問の数々を知らないという、重大な発見だった。

イスラム教やキリスト教、仏教、儒教といった近代以前の知識の伝統は、この世界について知るのが重要であるという事柄はすでに全部知られていると主張した。偉大な神々、あるいは単一の万能の絶対神、はたまた過去の賢者たちが、すべてを網羅する知恵を持っており、それを聖典や口承の形で私たちに明かしてくれるというのだ。凡人はこうした古代の文書や伝承をよく調べ、それを適切に理解することで、知識を得た。聖書やクルアーン、ヴェーダから森羅万象の決定的に重要な秘密が抜け落ちており、血の通う肉体を持つ生き物、つまり人間に今後発見されるかもしれないなどということは考えられなかった。



 科学革命は知識の革命ではなく、無知の革命である。

ハラリさんの、なんと慧眼であることか。

(前略)

だが、過去500年間で最も瞠目すべき決定的瞬間は、1945年7月16日午前5時29分45秒に訪れた。まさにその瞬間に、アメリカの科学者たちがニューメキシコ州アラモゴードで世界初の原子爆弾を爆発させたのだ。それ以降、人類は歴史を行方を変えるだけではなく、それに終止符を打つことさえできるようになったのだった。

アラモゴードや月へと続く歴史的過程は、科学革命として知られている。この革命の間に、人類は科学研究に資源を投入することで、途方もない新しい力を数々獲得した。これが革命であるのには、理由がある。西暦1500年頃までは、世界中の人類は、医学や軍事、経済の分野で新たな力を獲得する能力が自分にあるとは思えなかったのだ。政府や裕福な後援者が教育や学問に資金を割り当てたりはしたものの、その目的は一般に、新たな能力の獲得ではなく、既存の能力の維持だった。近代以前の典型的な支配者は、人の支配を正当化して社会秩序を維持してもらうことを願って、聖職者や哲学者、詩人に金を与えた。そして、彼らが新しい医薬品を発見したり、新しい武器を発明したり、経済成長を促したりすることは期待していなかった。

だが過去500年間に、人類は科学研究に投資することで自らの能力を高められると、しだいに信じるようになった。(後略)



特に下線の一文は重要だと思います。
この一文こそ、ぼくが探していたミッシングリングでした。

ついに見つけた、と思いました。


ぼくはずっと疑問に思っていました。
なぜ、資本主義は18世紀のヨーロッパで生まれたか?
その時と場所で資本主義が成立した条件とは、何だったのか?

この問いは、すでにいろいろな学者と書物によって説明されています。
すでに解決済みの問題だとするのが定説というものでしょう。



資本主義はプロテスタンティズムの「エートス」が生み出した。

正直言いますが、ぼくは『プロ倫』を精読したことはありません。
挑戦してみたことはあるけど、文章を追いかけることが出来なくて、放り出してしまいました (^_^;)

そんなぼくですが、一応、小室直樹さんの著作は何度も繰り返し読んでいます。



ということで、『プロ倫』そのものはカンベンしてもらっているんですが...(^_^;)

そんなこんなでなんだかわかったような気になった資本主義ですが、完全に納得がいったわけではなかった。納得のいかない部分もありました。

それは、プロテスタンティズムが資本主義を生んだのはいいとしても、
では、なぜ、それが人類世界を席巻したのか、という問いに十分に答えがでているとは思えないから。

マックス・ウェーバー・小室説によれば、それは、プロテスタンティズムが堕落したからだという。始まるのにはプロテスタンティズムのエートスは必要だったが、広まるのにはプロテスタンティズムが腐り落ちる必要があった、と。

プロテスタンティズムが腐り落ちた資本主義は強力な【システム】となり、人類世界を席巻し始めた。つまり、グローバリズムとは腐った資本主義であって、健全は資本主義にはプロテスタンティズムのエートスが必要である――

筋道は通っているようだけれど、ぼくは、どこか歯がゆい感じがしてなりませんでした。


そんな感触を持っている頃に出会ったのが、「陰謀論」です。



ロスチャイルド家の始祖、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが

 通貨の発行権と管理権がありさえすれば、法律なんてどうでもよい

といった主旨のことを言ったとか言わなかったとか、その真偽はさておき、
まあ、言ったのはほんとうにしても、それは単に商売人だったからというだけことだと思うんですが、
それにしても、現代のグローバリズム・貨幣経済社会の全域化に、ロスチャイルドというより、ゴールドスミスが発明したといわれる信用創造の仕組みこそがカギだったという説には、とても合理的に思えます。

この説に従うならば、資本主義が拡大した理由を「堕落」などという曖昧な言葉を使って説明しなくて済みます。ぼくもいぜん、この説に従って、ぼくなりに説明を試みたことがありますが、これは今でも間違っていないと考えています。

ただ、それにしても、やはり疑問は残っていました。
信用創造が資本主義拡大の原動力だとするのは間違いないにしても、なぜ、そのようなアイディアが17世紀のイギリスで生まれたのか?

信用創造には紙幣が必須です。
信用創造の元になるアイディアは、ゴールドスミス・ノート(金匠手形)です。
通貨の通貨たる金の預かり証が紙幣として流通するようになったことが、信用創造の起源です。
このときに生まれた手形が、現代の銀行券の原型。

しかし、これは妙なんです。
資本主義を生んだとされるプロテスタンティズムのエートスは、勤勉と吝嗇です。
ところが、信用創造の仕組みを創造し、活用し、拡大しようとするエートスは、プロテスタンティズムとはまるで正反対です。真っ向から対立します。

ゴールドスミス一族がゴールドスミス・ノートを発明するというのは理解できます。
さらに、ゴールドスミス一族が自らのアイディアを活用しようとしたことも理解できる。
それはプロテスタンティズムのエートスから反するものではあるけれど、その一族に限定したものだとするなら理解できる。
しかし、その仕組みが国家によって容認され、制度化されるとなると話はまるで違ってきます。

資本主義は、予定説への信仰を背景とした勤勉と吝嗇から生まれた。
けれど、勤勉と吝嗇が生きているうちは、資本主義の拡大は心理的に自ずと限界があるはずです。
その限界を突き破るアイディアをある一族が発明した。
が、そういう発明が為されたとして、それが瞬く間に拡がるか? 社会の制度となるか?

歴史的事実はそうです。
でも、よくよく考えてみるとおかしい。
資本主義誕生の動機と拡大の動機が正反対なのはいいとして、では、どこにその区切りはあるのか?

資本主義誕生のエートスは、資本主義が拡大しようとしていた時には、まだ生きていたはずです。だとしたら、資本主義拡大のアイディアが具体的な形として登場したときには、そのアイディアには、勤勉と吝嗇の社会が嫌悪感を抱かないはずがない。そして、社会から嫌悪感を持たれたアイディアが、社会的制度として公認され採用されるはずがない。

マックス・ウェーバー=小室説は、抽象的な議論としては成立するように思われるけれども、具体的な形に沿って考えると、どうにもありえない話としか思えない。

ということは、考えられることはひとつ。資本主義を生んだのは、プロテスタンティズムなどではなかったということです。
別のものが資本主義を生んだ。
資本主義を生んだのは宗教的なエートスなどではないということです。
そんなものは、西洋人の夜郎自大な思い込みでしかない。


では、それはなんだったのか?

科学です。
科学によって、新たな力を獲得する能力が自分にあることを「発見」したからです。


が、この記述も実は不正解です。
これは主語を「人類」とするからわからなくなる。
ハラリさんは慧眼の人物ですが、自分が西洋人であるというアイデンティティからは、残念ながら完全に自由になっていないと思われます。すなわち、まだどこかで西洋人が人類の代表だと考えている。

科学革命において、西洋人(≠人類)が「発見」したのは、略奪する能力です。
どこから?
新大陸からです。


これもぼくはずっと不思議に思っていたことなんですが、なぜ南北アメリカ大陸が今もって「新大陸」と言われ続けるのか? 
西洋人中心の世界観から来ているという説明が一般的ですが、では、なぜ、オーストラリア大陸は新大陸とは言われないのか? 

オーストラリアも発見された当時は新大陸と言われたことでしょう。けれど、現在は、そのカテゴリーからは抜け落ちている。アメリカだけが新大陸といわれる。

アメリカは、始めて「発見」された新大陸だから、という説明は可能でしょう。けれど、しっくりこない。

しっくりこない理由はもうひとつ。
なぜ、アメリカはアメリカなのか?

アメリカを「発見」したのは、コロンブスです。
コロンブスは、押しも押されもせぬビッグネーム。
だったら、新大陸は「コロンビア大陸」と呼ばれるようになるのが自然だったはず。
なのに、そうはならなかった。

この理由は、科学が実は「無知の革命」だと言葉の逆転と結びつくことによって、ぼくがずっと疑問に思ってきたことへのミッシングリングになりました。

西洋人は、無知の拡大は利益になると思った。
なぜかというと、実際に利益になったからです。
彼らに利益をもたらした一方の(現実的)側面が「科学」であり、
もう一方の(虚構的)側面が「資本主義(を生むことになった)非宗教的エートスです。


すなわち、科学と資本主義は双子の兄弟。
それも、それを生み出したとされる西洋人が、自分たちが略奪した現世的利益を後付けで正当化するために生み出した概念だということ。


『その18』へと続きます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/989-e80ae8ac

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード