愚慫空論

復讐を為す、つまらない【我】

さて、どのように書き始めたものか....

書きたいことははっきりしています。はっきりしているけれど、躊躇がある。
書きたいことがごく私的なことだから。

内面的なパーソナルなことではありません。
パーソナルなことをここを書くのにはいまさら躊躇はありません。
そうではなくてプライべートなこと。身内のこと。

いえ、でも、主題はパーソナルなことか。
だったら、書く必要がぼくにはあります。


父親が死んで、1年が経過しました。
父親が亡くなる前にも少しプライベートなことを書きましたが、今回はその続きということになるのでしょう。



父親が死んだときは、終わったと思いました。
ぼくにとっての「家族」というものが。

ぼくにとって家庭は〔ヒト〕としての生育条件を与えてくれた場所ではあったけれど、
〔人間〕としての生育はむしろ阻害された場所です。

その認識は、家族と言われる者たちも、口にすることはないけれども共有するところだと思っています。

そう、ぼくにあるのは「家族といわれる者たち」であって、家族ではありません。

父親は、ぼくにとっては家族だったとは思っています。
その父親が営む家庭には「ふたつの家族」があった。
「ふたつの家族」は「ひとつの家庭」として暮らしながら、ひとつになることはありませんでした。


思い出されることがあります。

義母が脳卒中で倒れたことがあったんです。
知らせを受けて、ぼくと家内は、実家のある大阪へ駆けつけました。
駆けつけたときには、追って知らせを受けていて、命には別状無いことは判明してましたが、それはそれ。

義母の病室では、3つのイベントが行われました。

 1は病人への見舞い。
 2は父親の癌宣告のカミングアウト。
 3は父親を頂点とする親族全体の最初で最後の会合です。

父と義母と、私と家内、弟夫婦。末弟はまだ独り者。
たった7人なんですが、全員集合したことがそれまでなかった。
その後もなかったし、今や、その可能性すらありません。

その事実に最初に気がついたのは、いえ、最初から知っていたのは父親でした。
その事実を指摘する言葉を発して、涙していました。
その涙を義母は茶化し、
ぼくはといえば、白けていました。


このバラバラな光景はぼくの記憶に、明確な画像となって焼き付いています。
そして、別の風景への感触へと結びついている。

家内の方の家族では、父親を頂点とする親族全体の集合は頻繁にあります。
ぼくも家内の姻族として参加する。
が、いつも、どこかに居心地に悪さを感じていました。
原因がぼく自身の内面にあることも自覚していた。

その原因を明白に自覚せしめたのが、上の「バラバラ」でした。


まあ、いろいろありました。
でも、終わった。
後は、形式的にも「家族」を終わりにすればいいだけ。

それも急ぐことはありません。
世俗的な習慣を形式的に果たした後、穏やかに手続きを進めればよいだけ。

そんなふうに考えていました。


ですが、今はそのように考えていません。
それでは足りないと考えています。

キチンと、受けた【怨】を返さなければならない。
【怨】を受けた人に。



そのことに気付かされたきっかけは、弟嫁からの電話でした。

 父親の遺産はどうするのか?
 放棄の手続きは想像以上に面倒かもしれないし、時間もない――

弟嫁は自身の父親を亡くしたときに相続放棄をしていて、そのときの経験からアドバイスをくれたのでした。
それ以外の思惑もあったと感じていますが。


ぼくは遺産になど関心はありませんでした。
もう、終わったと思っていたのだし。
なにもないとは思っていなかったけれど、公平に分配されると期待もしていなかったし、それでいいと思っていました。義母と末弟が、自分たちの思うとおりにやればいい。
それを受け入れれば、「終わり」です。

争う気はありませんでした。
争ったりしたら、終わらなくなってしまう。
「終わり」こそ、ぼくが望んでいたことです。


お金についての考えは今も変わりません。
ですが、考えが変わった部分があります。

争うことに価値がある。
争うことが【怨】を返すということになる。


ぼくはそれまで【怨】は「愉氣」で対処できるだろうと考えていました。期待していました。

考え、期待し、自分なりにいろいろ実践はしてきたけれど、上手く対処できない部分がありました。
むしろ、いろいろやっているうちに、棘のように刺さった「なにものか」があることが自覚されるようになってきていた。

ルサンチマンの棘。
自身の回りに生起する現象を素直に受け入れることを妨害する歪みの元。
周囲に向かって悪意を発してしまう【腐臭】のもと。
この【棘】を抜くことができないのは、自身が未熟なためだと思っていました。


けれど、今はこの考えは違っていたと思っています。


弟嫁との話の中で蘇ってきた感情。
それは始めはぼんやりとしたものでしたが、追いかけていくうちに鮮明になり、やがてリアルにフラッシュバックするようになってしまった感情。

驚いたことに、【棘】は昔と変わることなく、ぼくの中にありました。

「愉氣」は【棘】から生まれる【怨】を和らげる効果は確実にあったと思う。
その効果のおかげで、【棘】そのものを認識出来るようになったと思う。
ですが、「愉氣」は、【棘】の本体そのものには何の効力もなかった。


【棘】本体を抜いてしまわないと、どこまで行ってもぼくの「構造改革」はなし得ません。


『論語』の冒頭、學而の第一。

 學而時習之 不亦説乎
 有朋自遠方來 不亦樂乎
 人不知而不慍 不亦君子乎


〈学習〉することの愉しさは識ったと思っています。
それが、遠方の友人が訪ねてくれるような感覚の悦びがあることも。

ですが、「不慍」がどうにも難しい。
心かき乱されずにいるということが、どうしてもうまく行きません。

このうまく行かないことをどうにかするのが「構造改革」です。


「感覚すること」を、感覚した端から妨害するもの。
「愉氣」は、少なくともぼくの「愉氣」は、感覚と感覚を妨害するものの間には入り込むことはできていなった。出来ていたのは、すでに妨害された感覚を後付けで修正することに過ぎませんでした。

これでは「構造改革」ではありません。



争わないわけにはいかないのかしれない――

弟嫁との対話がきっかけで生まれた疑義です。


が、すぐに争うことに決めたわけではありません。
もうひとつ、期待できることがあったから。

ぼくの中にある【棘】は、その【棘】を打ち込んだ者になら抜くことができるのかもしれない、という期待です。
しかし、残念なことに期待は裏切られることになります。
【棘】を打ち込んだ者は【棘】を打ち込んだという自覚すらないし、認めようともしないという形で。


ならば、争うってみよう。
ここは千載一遇の機会かもしれない。
合法的に復讐を為すことができる機会。


論語、憲問第十四の三十六にこうあります。

  或曰 以徳報怨 何如 
  子曰 何以報徳 以直報怨 以徳報徳


ある人が問うた。
 徳をもって怨みに報いるのはどうか?
子は答える。
 (徳を持って怨に報いるとするなら)何を持って徳に報いるというのか?
 怨には直をもって報い、徳には徳を持って報いる(のがよかろう)。

では、「直」とは何か。
従来の解釈では「正しさ」とされているようです。


(前略)「以直報怨」の「直」というのは、何度も見てきたように、人間のみずみずしい感情をそのまま表すことである。このような素直な感情、すなわち「童心」を失わないことを孔子は重視する。この「童心」に従った素直な感情をもって怨に報いるべきなのである。それは怒りの表現かもしれず、あるいはさらに気高い寛恕かもしれないが、復讐心を押し隠す臆病ではありえない。





寛恕に行くことができるのであれば、それがいいでしょう。
でも、まだ、ぼくには無理です。

そこに行くには「構造改革」が必要で、
「構造改革」を為すには【棘】を抜かなくてはならなくて、
この【棘】を抜くには「直」で望むのが、先人の教えに従うなら、正しい。

ぼくのそのときの「直」は、「怒」。
隠蔽されていた「怒」が湧き出してきた。

「怒」にまみれた状態が「慍」です。


いまさらながらに気がつきました。
ぼくは、ずっと「努」、すなわち「慍」だったのです。
ただ、ずっと「慍」を隠蔽していただけのことだったんです。
隠蔽していることに気がつかずにいただけのこと。

そういえば家内がよく言っていました。

 何をそんなに怒っているの――?

真面目に話をすると、隠蔽していたはずの「努」が顔を覗かせます。
でも、ぼくはちっともそれに気がついていない。
だから、いつも

 え? 怒ってなんていない
 ただ真面目に話をしているだけ――

と答えていました。
そして、なぜ家内がいつもそんなことを問うのか、訝しく思っていた。

今は家内の感覚が正しかったことを理解しています。
ぼくはずっと、怒っていた。
怒っていたから左翼になったし、樵になった。



【怨】を抱える【人間】が、「直」で臨むにあたって、いきなり「寛恕(=不慍)」はありません。
〔ヒト〕はそのようにはできていません。
そんなアクロバットは不可能です。

「寛恕」のふりは「怯懦」に過ぎません。
【人間】にできるのは、「怯懦」による隠蔽か「直」のどちらかです。

しかし、その「直」とても、何の段階も経ずにいきなりできるものではない。
「愉氣」は、ぼくとっては「直」へと至る欠くべからざる道程だったと思います。


では、「直」を為すときの感触は、どのようなものなのか?
この感触は、かつて体験積みのことでした。



それはかつて、“この子”にヨキ(斧)を振り下ろしたときの感触でした。

その時の感触は、これまた今も、ぼくのなかに鮮明に残っています。
ヨキが“この子”の頭蓋に命中したときの手の衝撃。
“この子”の力ないうめき声。
“この子”が力なく斃れていくときのありさま。

そのとき、ぼくは「怒」であったわけではありません。
「怒」ゆえに、“この子”を殺したわけではない。
ただただ、それが為すべきことだと思っただけのことです。
そのようにして、ぼくと仲間たちの身体維持に必要なものを摂り入れるのが正しい。

そこにいたのは、その「正しさ」に抗うことができない自分です。
そうしないと、自分のいのちを維持できない。
ここで“この子”を解放しても、別の殺戮を犯すだけのこと。
犯している【システム】を容認するだけのこと。

無力に気がつかずにいるくらいなら、気がついたほうがまだしも救われる。


暴力を振るうのは【我】です。
〔からだ〕の中心を意識しつつ、そこに実体を感じる。
この「実体」が【我】。
一歩踏み違えば禍々しいものへと移って行きかねない、ずっしりとした感触のもの。

ずっしりと実感はあっても「だいじょうぶ」とはほど遠く、ぽかんと手放しにはできないもの。



ぼくが「ぼくを生きる」ためには、どうしても「直」に振る舞う必要があります。


ぼくは義母から【怨】だけを受けてきたわけではありません。
彼女からは〈恩〉だって受けてきてはいます。

ぼくが壮健な身体を築くことができたのは、義母のおかげであるところが大きい。
しっかりしたものを食べさせてくれていました。
食事の環境は劣悪なものでしたけれど、食事そのものは良好なものでした。
もっと手を抜くことはできただろうけれど、それはしないでいてくれた。


義母は病気がちな人でした。
身体が弱かったわけではなく、自ら無意識的に病気になることができるほど、潜在的な意志の強さを持った人。

彼女は、バツイチ2人の子持ちの男の後妻となりました。
そして、自身も子を為した。

彼女が「ひとつの家庭」を営むにあたって、
その「家庭」のなかで自らの欲求を満たすにあたって、
病気なるということは必要なことでした。

先妻の子どもはまだまだ小さい。
彼女にはその子たちを大切にする義務があるし、〔アタマ〕ではそこは理解していたはずです。

が、彼女の〔からだ〕にはそれだけの能力がなかった。
「ふたつの家庭」をひとつに統合するだけの力がなかった。
彼女を迎え入れた男の方にもなかった。

彼女がとった選択は、守るべき義務を負った子供たちよりも弱くなることです。
すなわち病気になること。
彼女はいつも自分に具合が悪くなると、本当に身体の具合が悪くなった。
病気をまとうことで、自分が果たすべき義務から免れてきた。


〔人間〕にはそれぞれに事情というものがあります。
父親や義母にもそれはある。
彼らが「その程度」の大人にしかなることができなかったのも、その「事情」によるものでしょう。

今のぼくは、そうした「事情」を理解できます。〔アタマ〕では。
けれど、〔からだ〕はそうはいきません。
まことに無力ですけれど。

もちろん〔アタマ〕に従うという選択を為すことは可能です。
社会的な常識からすれば、そちらの方が道徳的だと判断もされるでしょう。
しかし、それをしてしまうと、ぼくはぼくの周囲の人に迷惑を掛けてしまいます。
これまでもさんざん迷惑を掛けてきてしまったけれど、そのループから抜け出せなくなります。


論語、雍也第六の二。

 哀公 弟子孰爲好學
 孔子對曰 有顔回者好學 
 不遷怒 不貳過 
 不幸短命死矣 今也則亡 未聞好學者也


顔回という〈学習〉の悦びを識る者がいた。
彼は怒りを遷すことをせず、過ちを繰り返さなかった。

「遷怒」とは、「迷惑をかける」です。
【怨】を、それを受けた者に返すことができないと、すなわち「直」でないと、
〔ヒト〕の〔からだ〕は「慍」になり、自身より弱い人間に「怒」を遷すことになる。
そうでもしないと、〔からだ〕というものは平衡を保つことができないもの。

まことに無力で、かつ、よく出来ています。
けっしてデタラメではない。



義母への「直」、すなわち復讐はまだ始まったばかりです。
ぼくは家庭裁判所に遺産調停の申し立てを行い、先日、第一回目の調停があったばかり。
調停は1回目にして不調。
次は調停の取り下げを申し立てて、訴訟へと移ることになります。

これは、事前に想定してたことです。
予想外は、たった一回で調停が不成立になったこと。
訴訟を想定してるぼくとしては、手順が早まって経過良好というところ。

もちろん、代理人として弁護士を立てています。


不思議なことですが、そうした争いの中で、もう、ぼくはすでに「慍」ではないんです。
確かに争いではダメージを被ります。
けれど、そこは「愉氣」でだいじょうぶ。

争うと決め、“あの子”のヨキを振り下ろしたのと似た感触を持って以来、どうやらぼくの中の【棘】は融解を始めたらしい。
ぼくが実感した【我】が、【棘】を喰い始めたとでも言えばいいのか。

今は毎日が愉しい。
かつての「慍」が嘘のよう。
感じることが、これほど愉しいことだということを、ぼくはずっと識らずにきたけれど、
でも、一旦識れば、これほど愉しいものは他にありません。


復讐を為すことによって、復讐が、もはやどうでもよい「つまらなこと」になってしまった。
けれど、それも為すべきことを為さないと、そのようにはなれない。

このような「動的な平衡」こそが、この〔世界〕を支えている法則なんだと思います。

コメント

なにかとても軽薄な物言いになってしまいますが・・・
でも

ブラボー!!
と言いたいです。 (^^)

「世界」についての観え方は、依然 僕は愚慫さんとは違いますけれど、「直」はまさにそういうことだと思うし、変わる可能性があるとすれば、そういうことでしか変わっていかないだろうと思います。

アキラさん、ありがとうございます。

力をいただいたように感じます...m(_ _)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/988-ab0e4dc5

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード