愚慫空論

沖縄県警にエール

またもや沖縄で発生した破廉恥な事件。いや、まだ「発生した」と断定するのは早い。容疑者は逮捕されたが、まだあくまで容疑者なのだから。

報道によると容疑者はいまだ容疑を否認しているということであり、事件の全容が明らかになったわけでもなさそうだが、アメリカ海兵隊に所属するという容疑者が、沖縄県警によって身柄を確保されているという点は大きい。もし、米兵が基地内に逃げ込んでいたと思うと、ゾッとする。


今回の事件、沖縄県警が迅速に容疑者の身柄を押さえたことには大きな手柄であると思う。理不尽な地位協定に現場の警察官の方々はこれまでさぞ悔しい思いを重ねてきただろうが、今回は違う。普天間基地移設問題にも大きな影響があると言われているが、これも日本側で容疑者の身柄を押さえられたということが大きいのではなかろうか(素人考えだが)。

被害に遭われた方には掛けるべき言葉もないが、沖縄県警には賞賛のエールを送りたい。そして、非道な事件を無くすためのさらなる尽力に期待したい。

コメント

不可能を想定する、と言うか、

カッとなって口論相手を殺傷、犯人は「男」。
猛スピードで無理な追越をして、ハンドル操作を誤り車は路外転落、大破。同乗者は即死、重体の運転者は「男」。
銃の乱射事件、犯人は「男」。
DVの加害者、「男」。
そしてレイプ犯、「男」。
政治的な問題でもあるかもしれないが、オスの本質に絡む(ちょっと言いすぎかなあ)問題でもある。

「非道な事件を無くすため」、これは不可能を想定する、と言うか不可能をひっくり返すぐらいの勢いがないと、どうしょうも無いような気がする。しかし・・・。

「地位協定」の何たるかを私はよく知らず(と、言うか殆ど解らない)、問題の一方はここにあるとは思いますが、先ずは国内で早急に且つ現実的にできる範囲で、県警が本件等を捜査するにあたり国内法の改正等で、援護射撃する余地はないものか、と思ったりもします。

こんにちは(^^) 最近更新が早いですね!嬉しいです。

これ、事の起こりがイマイチ分かりにくい事件なんですが。お友達と二人でいるときに声をかけられたんですよね、そしてバイクに乗ったと。 うーん。
性犯罪は嫌ですよー、うちにも娘がいますので、薄暗くなったら気が気じゃありません。 日本人もかーなーりー怖いです、国籍関係ないですねこればかりは。
沖縄の場合は、基地の治外法権状態を何とかすべきですよね。

テストステロン

少し前にとむ丸さんが『おばちゃん そして男と女』(http://pokoapokotom.blog79.fc2.com/blog-entry-585.html)と題した記事のなかで取り上げておられましたが、この事件もまさしく“オスの本質”に絡むものなのでしょう。その“オスの本質”を発言させると考えられるのがテストステロン。ヒトは脳で思考する生き物ですが、脳の判断よりホルモン系や免疫系の判断の方が優先されることも多い、不完全な動物です。

本文の「非道な事件」とは、たしかに“オスの本質”発現による非道な事件でもあるのですが、それ以上に、日米の地位協定に基づく治外法権が問題なんですよね。
沖縄においては米兵が“オスの本能”を発動させやすいような環境を日米地位協定が作り出しているかもしれない。これは加害者の動機を追及しなければ判断できないことですが、おそらく沖縄の人たちはそう考えているでしょう。日本人一般と米兵の間にとくに“オスの本質”発現についての大きな差異があるとも思えませんが、置かれている環境は異なる。そして、この環境の違いを作り出している責任は日本国政府にあるわけです。

レイプ犯人は「宦官」にする

という「判例」を一つ法務省が作れば良いだけじゃないでしょうか(笑)

# 少なくとも医学的には再犯は防げますんで.

実際の所,家庭内暴力のかなりのものが,妻や(義理の)娘へのレイプですしねぇ…….

賛成!

「しつけ」が効かない動物への処置に去勢は有効なのは、実証済みですし、ね(爆)

お邪魔します!^^

こんばんは。^^
この記事を引用させていただいちゃいました。
事後報告で、申し訳ありません!^^;
これからも、よろしくお願いします。
取り急ぎ、ご報告とお礼まで。

もっとも……

私には愚息2人しかいないので,年頃の女の子と同居したらと考えると,確かに自分を抑えられるかという不安はありますね.(^^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/98-08f00938

米軍を擁護する、産経新聞の「愛国」とは

(★もしよろしければ、昨日のつのエントリーも先にお読みください。) 産経新聞で、花岡という論説委員が、今回の米兵による暴行事件は、安易にバイクに乗った中学生の「しつけ」の問題だという記事を載せた。 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080212/plc08...

税金収奪システムの表現(国民負担率のまやかし)

 スウェーデンを代表とする北欧型モデルが,現在における福祉国家の最も理想的な姿だとしてイメージされている.ただし,その場合,必ず『付帯条件』がセットとなる.  それは,『国民の負担率は非常に高い』ということである.つまり,『あのような理想的な福祉国家を...

明日を控え・・

怒濤のコメント欄をただ今抱えつつ・・・・どうせ平行線なんです。だからいいんですけど、お名前書かなかったり、わざわざお玉な馬鹿記事に...

今こそ・・・地位協定の抜本改定 と 同盟国らしい意志表示を!

      毎日遅くなってしまってまして、面目ないですが・・・ よろしければ、ランキングクリックのご協力をお願いしま~す! らんきー...

「貨幣経済」と「供給→需要原理」:経済問題を考えるための基本論理:「貨幣経済」の意味

「「産業資本主義」の終焉」シリーズもそろそろ収束の段階に入ります。 補足的な説明は適宜加えるつもりですが、全体としてはレスでリストアップしている参照投稿をお読みいただいているという前提で説明させていただきます。 ========================================...

犯罪の抑止力

 いまさらな話題で、あえて意見を述べる気もおこらないが。 私が一昨年、ブログを始めた最初の話題が、「何を基準にするんだ?」ということで、(冥王星より大きな天体が惑星と言われないなら、冥王星だけ惑星扱いは矛盾する、という)生活保護の受給者と、刑務所で優遇...

国家としての謝罪

歴史について、世界について、いつも私がいろいろなことを教えられる二つのブログで、国家としての謝罪についての記事がありました。私が...

やはりくたばれ!人権擁護法案(1)

 ひょんなことから人権擁護法案を調べることになった.人権擁護法案は同和利権の継承のためである,という逝きし世さんのご指摘があったからだ.全然知らなかったものの,”人権擁護”と”利権”という意外な組合せに興味があった.  にわか勉強で記事を書くのはおこが...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード