愚慫空論

『サピエンス全史』その14~宗教という「隠蔽」

『その13』はこちら (^o^)っ リンク

 


今日、宗教は差別や意見の相違、不統一の根源とみなされるとが多い。だが実は、貨幣や帝国と並んで、宗教もこれまでずっと、人類を統一する3つの要素の一つだったのだ。社会秩序とヒエラルキーはすべて想像上のものだから、みな脆弱であり、社会が大きくなればなるほど、さらに脆くなる。宗教が担ってきた極めて重要な歴史的役割は、こうした脆弱な構造に超人間的な正当性を与えることだ。宗教では、私たちの方は人間の気まぐれではなく、絶対的な至上の権威が定めたものとされる。そのおかげで、根本的な法の少なくとも一部は、文句の付けようのないものとなり、結果として社会の安定が保証される。

従って宗教は、超人間的な秩序の信奉に基づく、人間の規範と価値観の精度と定義できる。これは、2つの異なる基準がある。

1.宗教は、超人間的な秩序の存在を主張する。その秩序は人間の気まぐれや合意の産物ではない。プロ・サッカーは宗教ではない。なぜなら、このスポーツには多くの決まり事や習慣、奇妙な儀式の数々があるものの、サッカー自体は人間自身が発明したものであることは誰もが承知しており、国際サッカー連盟はいつでもゴールを大きくしたり、オフサイドのルールをなくしたりできるからだ。

2.宗教は、超人間的秩序に基づいて規範や価値観を確立し、それに拘束力があると見なす。今日、西洋人の多くが死者の霊や妖精の存在、生まれ変わりを信じているが、これらの信念は道徳や行動の基準ではない。したがって、これらは宗教ではない。

宗教は、広く行き渡った社会秩序を正当化する能力を持っているとはいえ、そのすべてがこの能力を発揮するわけではない。本質的に異なる人間集団が暮らす広大な領域を参加に統一するためには、宗教はさらに2つの特性を備えていなくてはならない。第一に、いつでもどこでも正しい普遍的な超人間的秩序を信奉している必要がある。第二に、この信念をすべての人に広めることをあくまで求めなければならない。言い換えれば、宗教は普遍的であると同時に、宣教を行うことも求められるのだ。



長々の引用になってしまいました。
もはや「引用」の範囲を超えてしまっているのかもしれませんが
宗教とはどういったものかを示す極めて凝縮された文章で
落とせるところがありません




宗教はアニミズムから始まります
アニミズムは風土と密着した極めてローカルな宗教で
風土を異にする者たちとは共有されることはなかった

宗教に変化をもたらしたのは 農業革命 です

農業革命には宗教革命が伴っていたらしい。狩猟採集民は野生の動物を狩り、野生の植物を摘んだが、それらの動植物はホモ・サピエンスと対等の地位にあると見なすことができた。人間は、ヒツジを狩るからといって、ヒツジが人間に劣ることはなかった。トラが人間を狩るからといって、人間がトラに劣ることにならないのと、まったく同じだ。生き物は直接意思を通わせ、共有している生息環境を支配している規則について交渉した。それとは対照的に、農耕民は動植物を所有して操作しており、自分の所有物と交渉するような、自らの体面に関わるようなことはほとんどできなかった。したがって、農業革命の最初の宗教的結果として、動植物は霊的な円卓を囲む台頭のメンバーから資産に格下げされた。



これは奇妙な記述です
というのも 農業革命の本質は一部植物へのサピエンスの隷属のはずだから

DNAの盛衰という生物学的なモノサシで見た場合
サピエンスよりも
ムギやコメやトウモロコシのような穀物のほうが繁栄している言わざるを得ない
彼らはサピエンスを隷属させることで 現在においても繁栄を謳歌しています

にもかかわらず 霊的という基準においては植物も格下げされてしまった

これはしかし 驚くべきことではありません
客観的基準と主観的基準が異なることは〔人間〕にはよくあること
客観的基準が主観的基準によって転倒させられることを「隠蔽」と言います

人類を統一する要素となった宗教は 実は隠蔽の産物
――というのは あまりに皮肉な見方かもしれません
けれど その証拠は実は宗教の中に見い出すことができます


農業革命による宗教改革は まず多神教を生みました
多神教は一神教信者が考えもなく信じ込んでいるような未熟な宗教ではありません
多神教にも一神教の創造神に相当する存在はあります
ただそれは 一神教のように人格神ではないだけ
キリスト教の聖書は 「神は自身に似せて人間を作った」と記述していますが
多神教の創造神は人間とは似ても似つかぬものであっても 何の差しつかえもない

とはいえ 多神教から一神教が生まれたのは歴史的な事実です
それを「進化」と言っていいのかどうかは 霊的基準では疑問ですが
人類統一という基準で見るなら 進化と言えると思います

多神教は「善」「悪」という二元対立を生み 善悪を統一する創造神を生むに至った
人格を持つ創造神が人類に降臨したことによって 秩序が超人間的に統一された
しかし 問題が生じます

このように、一神教は秩序を説明できるが、悪に当惑してしまう。二元論は悪を説明できるが、秩序に悩んでしまう。この謎を論理的に解決する方法が一つだけある。全宇宙を創造した単一の全能の絶対神がいて、その神は悪である、と主張するのだ。だが、そんな信念を抱く気になった人は、史上一人もいない。



善悪と秩序の絶対的矛盾
いえ 絶対的ではありません
論理的解決法は存在するのだから

にもかかわらず「絶対的」と位置づけるその理由はなにか?
人類を統一へ向かって進める推進力たる宗教は 実は「隠蔽」から生まれたから

――と『サピエンス全史』では主張しているわけではありません
これはぼく独自の主張
我ながら的を射ていると自賛しています ^^;


それにしても。
創造神は悪であるという信念を抱く気になった人が史上ひとりもいない とは
ぼくはそうは考えませんが そのように考える人は信頼できます

ここは「信」の問題です
根源への「信」




『その15』へと続きます

コメント

エントリー的にはこちらのが近いので、ブログ間をワープしてこちらに移行します、笑

>虚構が〈虚構〉になるか【虚構】になるかの境目は、共有への依存の有無です。共有に依存しているなら【虚構】。「我信じる」から生じているなら〈虚構〉。(戯れ言への愚慫さんのコメ)

>第二に、この信念をすべての人に広めることをあくまで求めなければならない。(サピエンス全史からの引用の引用)

ワタシが宗教を【虚構】だと感じているのは、これだと思うんです。宗教には宿命として勧誘がある。共有への依存です。個人的に「我信じる」ならいいんですが。

>ワタシが宗教を【虚構】だと感じているのは、これだと思うんです。

ここは自己愛から生まれているのだと考えています。
ぼくの考えだとそうなります。自己愛は「隠蔽」ですからね。

ここは近いうちにまとめてみますね。


勧誘といっても、自己愛に基づくものと自愛への勧誘とふたつあると思うんです。
このふたつが深いところでないまぜになっているのが、宗教の厄介なところです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/974-4da4de77

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード