愚慫空論

死刑のコスト問題とベーシックインカム

ベーシックインカムという概念がある。単純に訳すると基本収入。すべての個人に所得保障をしようという社会構想だ。

ベーシックインカムにどのようなメリットがあるか、詳しくはこちらをご覧いただきたい。
評論家・山崎元の「王様の耳はロバの耳」『「ベーシック・インカム」を支持します』


「死刑のコスト問題」だが、こちらは「終身刑のコスト問題」と言ったほうが正しいだろう。死刑廃止を巡る議論の中で“終身刑は囚人の生命維持にコストがかかる。税金を凶悪犯罪人の生命維持に使うなんてもってのほか。コストのかからない死刑にせよ”という極悪に自己中心的な論法があるが、こうした議論が「死刑のコスト問題」である。

私がこの記事で言いたいことは極々単純なこと。すなわち、ベーシックインカムと「死刑のコスト問題」を併せて考えるとどうなるか。ベーシックインカムが導入されたなら、終身刑囚人の生命維持コストはベーシックインカムで賄えるではないか、ということ。


 ベーシックインカムを論じた別の記事を拝借しよう。
 404 Blog Not Found 『ベーシック・インカムに賛成するのに十分なたった一つの理由』
ここで著者は、その支給額を“月額5万円、年間60万円程度”としている。これは著者が想定した財源から逆算したもののようだが、別の基準もあろう。終身刑囚人の生命維持コストである。 何の罪も無い人間の生命維持コストと犯罪人の生命維持コストを同じとするわけにはいかないだろうが、少なくとも前者>後者でなければならないことは自明だろう。現在、後者が月額5万円で賄えるのか? 調べてみればわかるのだろうけど、今は時間が無い。でも、5万円では無理なような気がする。


なお、ベーシックインカムの財源については、私は別の意見を持っている。極々簡単に言うと、排出権取引で捻出せよというもの。
 愚樵空論『モノに2つの価格』

コメント

こんばんは。

いつもたくさんのコメントが付くのに、なんでこのエントリーに対しては静かなのかなぁ(ぼそっ)・・。
月額5万ですかあ、わたしはそれで十分だと思うのですが、少ないですか? ほぼ食費のみでOKという考えからです。 
死刑制度に憤りは感じますが、殺人犯に医療を施す必要はないと考えます。 

呆れられたのでは?

ママちゃん、どうもです。

>いつもたくさんのコメントが付くのに、なんでこのエントリーに対しては静かなのかなぁ

たぶん、呆れられたのでは?

>月額5万ですかあ、わたしはそれで十分だと思うのですが、少ないですか? ほぼ食費のみでOKという考えからです。 

え~と、ベーシックインカムというからには、老若男女、皆に支給される。たとえば子供なら、それで学費まで賄え、ということになるんですね。となるとどうでしょうか? 

こんにちは。

え、なんで!?教育なんて必要ないと思うんだけどな。
死刑囚や終身刑(もしそういう刑が日本にもあったら)に施す教育なんて、社会に還元されないことが前提ですから 必要ないですよー。無駄無駄っ

ごめんなさい、舌足らずでした

>死刑囚や終身刑(もしそういう刑が日本にもあったら)に施す教育

ではなくて、ごく普通の子供たちの教育のことです。それまで含めると5万円では少なくないですか、ということ。

ベーシックインカムというのは、誰もが最初から生活保護を受けられるというのは正確ではないけれど、そんなようなものです。

食費だけ支給でいいと思う
あと死刑云々以前に実質殺人犯してる消費者金融を自殺幇助罪の枠を広げるべし死刑賛成はそれから
結果として殺人犯してるから
あと食費が浮くと生活の為にやむおえず仕事してる悪質企業が減少すると思う
消費者金融と闇金の中間とか売春斡旋業とか弱み付け込み隙間産業とか

あと食糧自給率が低い癖に食糧廃棄は膨大な日本は廃棄物だけで食糧難の国の命が賄える!
これも結果として殺人行為(罰せろとは言わないが)
食糧廃棄に刑法導入させる(執行猶予程度)
腐敗してない余った食べ物を回収させてベーシックインカムによるインフレ阻止
財源の一つにヤクザの脱税が膨大だから厳格な取り締りをしてそれに当てる
死刑判決がでた長崎市長殺人犯のヤクザも組上納金で生活苦と聞いた

食費を支給する事で末端組合の足を洗わせ
ヤクザを縮小化させる

こういう案ならベーシックインカムによる犯罪防止になると思います

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/83-7320ba94

COP13を終えて(上)

      ―目前の世界的災害―  1992年の国連会議で、「気候変動枠組条約(地球温暖化防止条約)」の締約国会議が行われた。COP1の1995年から毎年開催され、COP3の1997年、すなわち京都会議で先進国に平均5.2%のCO2など温室効果ガス削減を義務づけた「京都議定書」

防衛省のコスト削減努力

数日前のNHKニュースで、無駄遣いを指摘されている防衛省が、コストの削減努力を促進す るため具体的な数値目標を設けて、今後5年間で15%の削減を目指すことになったと伝えられました。毎年そ の削減実績を点検し、公表し

9.11陰謀説?(4)9.11陰謀説は『運動』なのか?

 予想外の反響を呼んだ本シリーズであるが,初め霧の中に潜む敵に向かって進んでいくような気持だったのが,どうやら敵の存在が薄ぼんやりと見えてきたような気がする.奥菜本を読んだだけではわからなかった,『陰謀説に漂う胡散臭さ』の臭気の素がどうやら見えてきたよ...

左翼なみんなへ・・

 クリスマスには毎年、何かお玉な話をすることを決めてますので・・  一つ告白しておくと、クリスチャン家庭で育ってはいますが、お玉は実はクリスマスは嫌いです。この時期に辛...

COP13を終えて(下)

  ―環境破壊と貧困への新たな動き―   (つづき)  世界的災害は様々な場面で起きている。もう他人事では済まされない。この「温暖化」の要因がCO2だけでないかもしれないが、環境異変が様々な場所で起きていることだけは間違いない。産業革命以降の大量生産・大量

国際金融家と日本

>国際**が悪いとは限らないのでは? 文章の印象でそう受け止められるとは思っていますが、ある“生身の人間”の良い悪いの話にはしたくないと思っています。 生存のための仕組み=システムの善し悪しで論議したいと思っています。 ただし、法に反する行為をしたもの...

影絵の世界

 今年ももう終わり・・・毎年の事ながら公私の雑事の合間にふと虚無感に襲われる.真夏の無常観,年末の虚無感.  今年は例年と比べ,大きく異なる年であった.妻と八ヶ月間の別居.離婚云々ではなく,病気に関係したものだ.つい最近,妻が生還して我が家も元に戻った...

食の安全・食の保障

「『食の安全保障』という言葉には違和感を覚えます。国かどこかに“おい、なんとかしろよ”って責任を押し付けているみたいで。食こそ本来は『自己責任』でなければならないはずなんですけれどね。しかし、現代の消

日本共産党は憲法九条と自衛隊 どう考える?

 〈問い〉 2月19日付本欄で、憲法9条と自衛権の問題について書かれていました。日本共産党は、自衛隊について、どう考えているのでしょうか?(東京・一読者)  〈答え〉 自衛隊は「(日本は)陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と定めた憲法第9条第2...

刑罰論(死刑廃止論)

 刑罰論のことで言えば、死刑賛成の人は応報刑罰主義。死刑廃止の人は教育刑罰主義です。  で、応報刑罰主義では刑事施設の運営は「目には目を。歯には歯を」での恐怖刑罰となる。他方、教育刑罰主義では刑事施設の運営は医療・教育・勤労施設のような愛情刑罰となる。...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード