愚慫空論

リスタートに当たって


リスタートに当たって、ハンドルネームを改名することにします。

“愚樵”(愚かな樵)改め、“愚慫”

発生は今までとおなじ「グショウ」。

“慫”の字は“慫慂”という熟語から。

“慫慂”とは、
  「そうするように誘って、しきりに勧めること」
なんだそうです。

つまり、「“愚”であることを勧める」という意味になりましょうか?

コメント

慫愚

愚を勧めるなら、慫愚
愚慫は、馬鹿が推薦するとなり、誰も聞かない。

ワタシは聞きますので、「誰も聞かない」とはなりませんな。
「愚」と「馬鹿」との言葉のニュアンスも人それぞれで違うということでしょう。面白いものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/794-75533c9b

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード