愚慫空論

なぜ「大切なものは決してお金に換えてはいけない」のか

前回更新が7がつ3日だから、3ヶ月更新しなかったわけか...。
今回、採り上げるネタもちょっと古くて、9月27日のもの。

◆筆洗(2014年9月27日 東京新聞)

 国が子どもたちへの金融教育に力を入れ始めたころ、時の日銀総裁が講演で、こんなことを話した。

「自分の持っている大切なものを手放してお金に換えても、そのお金は価値をきちんと保全し、次に必要なものを手に入れる時に役立ってくれる」

▼先日、八十六歳で逝去した経済学者・宇沢弘文さんはその言葉に怒りを感じたそうだ。「大切なものは決してお金に換えてはいけない。人生で一番大きな悲劇は、大切なものを国家権力に奪い取られたり、あるいは追い詰められてお金に換えなければならなくなった時です」

▼宇沢さんは十七歳で終戦を迎えた。貧困と失業、経済混乱に苦しむ人々の姿を見て経済学の道を歩み始めた。もともとは医師志望。「経済学は社会を癒やす学問」と考えてのことだ

▼数理経済学でノーベル経済学賞候補に挙げられるほどの成果を挙げた頭脳は、社会・経済の病理に苦しむ人に向けられた。その深い洞察力が認められ、ローマ法王の助言役を務めたこともある

▼生活の糧の海を大企業の利益のため汚され、健康と命を「換金」させられた水俣の人々や、国策による開発で先祖伝来の地を「換金」させられた人々…。そういう人たちの心が救われるまで「日本経済の貧困は解決できない」と言っていたそうだ

▼経済とは、経世済民。世をおさめ、民をすくう。言葉の本来の意味の経済学者だった。



「大切なもの(こと)」とは何か?
「癒やす」とはどういうことか?
「大切なものをお金に換える」とは、どういうことか?

私にとっては、考えるネタがいっぱい。
ちなみに、“考える”というのは、“自分の言葉で言い換える”ということ。

さて、“言い換え”をしてみよう。

「大切なもの」とは、複雑なもの。言葉に置き換えることが難しいもの。

たとえば、大切な人がいて、その理由を尋ねられたりする。
単純に答えられるなら、「大切」ではない。もしくは「大切」の意味を識らない。
「大切なもの(こと)」は、単純に割り切れない。
「大切なもの(こと)」を言い表すとすると、多くの媒体が必要になり、多くの媒体を体系づけるには、高い周波数でなければならない。

媒体? 周波数? 

次は比喩。
おなじみのクラドニ・プレートの動画をご覧あれ。



そんでもって、前の記事を参考にしていただければ。
 ⇒ 〈学習〉とは何か?


続いて、「癒やす」とは?

「癒やす」の反対は、ちょっと難しいけど、「穢す」なんだと思う。
では、「穢す」とは?

パッと思い浮かぶのが、“ヘイトスピーチ”だ。“レッテル”を貼って単純化して、悪意を向ける。
「穢す」ことの必要要件は悪意のように思えるかもしれないが、違う。
単純化は悪意を向けるための条件。
単純化ですでに「穢して」いる。
レッテルを貼られると“嫌な感じ”がする。たとえ悪意がないと理解していても。

だとすると、「癒やす」というのは、複雑化すること。複雑なものだと認めること。
複雑だと認めるのに媒体が要るなら周波数が高くないといけない。

クラドニ・プレートは、割愛。


お金、媒体である。
それも周波数の低い媒体。

お金には「複雑なもの」を「単純なもの」に置き換える効果がある。
「単純」だからこそ、だれからも理解され、だから流動性が高く、価値も保存されると錯覚させられる。

(日銀総裁は「価値は保全される」と言っているが、それはウソである。
通貨(お金)の価値を保全することが日銀の任務であって、ということは、通貨の価値は保全されないことがある、ということだ。
ついでに言うと、今の日銀総裁は“アベノミスク”と銘打って、日本円の価値をどんどん毀損している。)

「複雑で大切なもの」を、もし、お金の換えるとしたら、せめて「大量のお金」を要求したくなるのは人情だろう。
とはいえ、割り切れないものが残るのも人情。
お金は、割り切れないものを割り切ることを要求する。
その代償として、「せめて」、大量のお金を。

多くの媒体を求めるのは、多量であっても多様であっても、言葉としては同じ。
が、意味はまったく異なる。


結び。

なぜ「大切なものは決してお金に換えてはいけない」のか?
複雑なものを単純なものに置き換え、穢されてしまうから。

コメント

多くのアプローチを次々と考えさせられます。
とりあえず、エントリーを読んで思いうかんだのが「辺野古」と「なんでも鑑定団」と「『ワタシの』ギター」そして「命」。
「辺野古」そのものが自然のもので複雑、辺野古への「思い」がまた個々の内心で「言葉でまとめられないほど」複雑。それを「金」で売ることができないのは当然のこと、しかも売った結果が滑走路という四角四面な単純な造形物のうえ目的も戦争で「金」儲けという単純なもの。
「なんでも鑑定団」は大切なもの?を金の価値で測ろうとする矛盾を売りにしている。「大切」がいろいろあり笑いを呼ぶ。もとより希少価値が高いという理由で貨幣価値も高い場合の「大切」が真の「大切」かどうか? 個の思い入れが深く「大切」なものが、貨幣価値が低かったとしてもなんの問題もないのだが、それでも貨幣価値に置き換えたくて出場する。貨幣による幻想の価値は十分に浸透している。
「命」これが大切か否か? もとより個にとって大切という感性は命あってのものだね。と言う意味では、大切を感じるためにもっとも大切といえるのだろうか? 一番大切な命を保持するために、次に大切な何かを貨幣に変える。こうして命以外の大切のものがすべて金に変わったときに命の大切さという意味をなすのか? 実に複雑だな。

貨幣は、ある時には「縁結び」のツール。ある時には「縁切り」のツールになります。

対立する敵とでも、貨幣を使えば縁を結ぶことできる可能性は高い。敵と、敵のままで、取引が出来たりする。その理由は、敵とであっても、貨幣価値は共有することができるから。その意味では接点になりうる。

けれど、味方同士の間で貨幣を用いると、縁切りになってしまうかもしれない。複雑な価値を共有していたはずなのに、貨幣を用いてしまうと、単純なものに置き換えられてしまいます。

貨幣は、「敵」との間に用いるもの。うまく使えば「敵」を「味方」に換えることが出来るかもしれない。一方で、「味方」に用いてしまうと、せっかくの「味方」を「敵」扱いすることになって、関係性を壊してしまいかねない。

社会に深く貨幣価値が浸透することは、「敵」が前提の社会になってしまうことを意味しますね。

もとから「敵」同士であるならば、貨幣を介して社会を構築していくことができるでしょう。
グローバルな経済社会です。
一方で貨幣価値は、「味方」同士であったローカルな社会を解体していきます。家族ですら解体してしまう。

同じような効果は「人権」にもあります。また、「科学」にもあります。いずれも左翼がよりどころとするものですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/792-deb21bba

戦後70年そして元和偃武400年

今後の日本のあり方は間違いなく以下の方向性にある。焼け跡になり放射能でさらに汚染された後にこれを選択するのか、焼け跡になる前にこれを選択するのか、日本人は試されている。 ? TPPから離脱し経済主権の回復を:  経済主権を回復し、安定した国民経済を取り戻す...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード