愚慫空論

【媒体】がイッパイ!


またもやクラドニ・プレートの話。


生命の〈振動〉は、「媒体」によって視覚化される。
「媒体」によって視覚化された「構造」を“共同のもの”とコミュニケーションを為す。
そうしたコミュニケーションによって運営される集団が、共同体。コミュニティ。

“共同のもの”すなわち【コムニス】は、とても便利なもの。
まず理解しやすい。言葉とか貨幣とか。つまり「記号」だ。
「記号」は記録することができる。そのことによって、空間的にも時間的にも遠くへ伝えることが出来るようになった。

明文化された言葉(法律)によって秩序づけることができる。
歴史を構築することもできる。
正確に計算することができる貨幣によって、経済を運営することが出来る。

こういったことで実現するのが文明社会。大きな社会。

「大きな社会」は非常に強力である。
内に向けても、外に向けても猛威を振るう。

外に向けては環境問題として、現在、立ち現れている。
内に向けては、貧困問題。
社会は強力で全体としては豊かになったのに、なぜか貧しい人々が多く出現してしまう。
強力なはずの社会が混乱して、戦争が起きてしまう。

これらはみな、【コムニス】による〈コナトゥス〉の抑圧から起きる。

では、「コムニス」は絶対的悪か?
そう考えてしまうとディープ・エコロジー、文明の全否定になってしまう。

必要悪か?
だとすると、消極的にではあっても、戦争や貧困問題や環境問題を、必要なものとして受け入れるしかなくなる。

技術の進歩が全てを解決する。
そういう希望もなくはないが、もはやSFチックな夢でない。

「コムニス」は善でも悪でもない。
生命の〈振動〉の上に「触媒」をバラ撒くことが出来る。
そうすることでヒトは「人間」になる。
ヒトが「人間」になるのは、ヒトの大きな特長だ。そこを殺すことはない。

ただ、特長が特長であるが故に行き行きすぎて、反って種として滅亡の原因になることがある。
ヒトだけではなく、他の種でもある。
生態系に普通にある現象だ。



グラトニ・プレートに「媒体」を撒く。
どんどん撒く。
撒いて撒いて撒きまくる。
すると、どうなるか? 想像してみてほしい。

〈振動〉は「媒体」に埋もれてしまって、抑圧されるようになる。
魂の抑圧。

適度な量ならば視覚化される「構造」も、埋もれて不明瞭になってしまう。
社会秩序の混乱・崩壊。

「媒体」は【コムニス】となって、〈コナトゥス〉を疎外し始める。
生きにくいのは、当然。

コメント

おぉ〜〜!!

『グラトニ・プレートに「媒体」を撒く。
 どんどん撒く。
 撒いて撒いて撒きまくる。
 すると、どうなるか? 想像してみてほしい。

 〈振動〉は「媒体」に埋もれてしまって、抑圧されるようになる。
 魂の抑圧。』

うまい!比喩!!

これこそ「近代」

アキラさん

お褒めいただき、ありがとうございます。

【媒体】をどんどん撒くことで維持しているのが、「近代の秩序」です。
もう、保たなくなっています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/790-971d23f6

「願望」と「方法」と「使い方」

以前、『「世界」は振動という「空(くう)」に満ち満ちている』という記事で、 「世界」には、ありとあらゆる振動が満ち満ちていて、その振動と振動との狭間に、粗いものが吹き ...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード