愚慫空論

映画『OASIS』

クラドニ・プレートの話は一回休みで、映画を採り上げます。

2002年制作の韓国映画『オアシス』。
未鑑賞の人は、ぜひ見て欲しい。

見始めて、最初は気持ちが悪い。
どこかおかしな振る舞いの男。おそらく軽度の知的障害者。出所してきたばかりの前科者。
気持ち悪さは、重度脳性麻痺の女が出てくるところで、さらに高まる。

『オアシス』は、そんなふたりの恋愛物語。

気持ち悪さに耐えて二人の恋愛を観ていると、自身の「気持ち悪さ」が嫌悪感に変わる。
「気持ち悪い」というのが、偏見だと気づかされる。

二人の社会への適応能力は低い。
そんなふたりだから恋に落ちたという解釈も成り立とうが、そんなことはどうでもいい。

社会への適応能力とは【コムニス】を解する能力、すなわち【コミュニケーション】能力である。
社会のなかで自身も、その周囲の者も含めて、快適に暮らすには重要な能力だ。
このふたり、そこは低い。
男の方はすれすれ、もしくはちょっとアウト。女は完全アウト。
そんなふたりの恋愛も、完全アウト。
愛を交わしたら警察沙汰になる。それも周囲の「善意」が作用して。

でも、そんなの全然関係がない。
ふたりの〈コミュニケーション〉能力の高さとは。

(ときおり「異常」なふたりの恋愛模様が、ファンタジックで美しい「正常」な様子に切り替わる場面がある。
「異常」に見えるかもしれないが、ふたりはこんなに楽しい恋を展開しているのだぞ、と。
この手法、嫌らしいほどに効果的。)

『オアシス』は、社会の異常性をえぐり出す。高度に正しく理性的。
〈コミュニケーション〉を基準にすれば、社会の常識的な正常というのが、如何に異常なことか。
「異常」とか「病気」とかいうレッテルを貼り付けて、そして〈コミュニケーション〉を停止してしまう。

〈生きる〉というのはどういうことなのか?
激しく突きつけてくる。
超名作。

コメント

おはようございます。

観てみたくなりました。
今度借りてこよう。

ぜひ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/788-4919dcdf

 | HOME | 

 
プロフィール

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード