愚慫空論

「コミュニケーション」




・・・・

似合うはずもないふたりと 噂されるのもいいさ
キメすぎばかりじゃ息も出来ない
心の奥を覗いて愛を確かめるなんて
男の女の謎の楽しさ
知らず知らずに捨ててるだけだよ

はじめからちょっとズレてる周波数
無理も我慢もしなくていい
ちょっとずれている周波数 百も承知でいたよ

・・・・

懐かしいなぁ (^_^)

前記事に毒多さんがコメントをくれた沢田研二『恋のバッドチューニング』
作詞は糸井重里なんだね。
歌謡曲(というのも懐かしい)らしく恋愛がテーマだけど、これはコミュニケーションのあり方そのまま。

恋をして仲良くなって遠慮がなくなって、自我を押しつけ合うと、恋は破綻する。



こんなのを思い出してしまった。


生命活動は〈振動〉である。



生命をそれぞれ個別のクラドニ・プレートだと考えると、個別の生命は個別の周波数を持っている。
同じ種だと近いけれど、同一の周波数ではない。
“ちょっとズレている周波数”なのだ。

〈コミュニケーション〉とは、ズレている周波数をチューニングして共振させること。



コミュニケーションを為しているAとB。
メッセージを送り合い、それぞれ〈学習〉している。
この〈学習〉こそ、チューニング。

子曰
學而時習之不亦説乎
有朋自遠方來不亦樂乎
人不知而不慍不亦君子乎


論語でいうなら、「学」はメッセージの送受信。「習」がチューニングになるんだろう。

学びて時にこれを習う、亦た説(よろこ)ばしからずや

〈学習〉は楽しい。

朋(とも)あり、遠方より来たる、亦た楽しからずや

遠方の友人が訪ねてくれたように、と言うんだけど、恋愛のようにと言えなくはないかもしれない。

人知らずして慍(うら)みず、亦た君子ならずや

〈学習〉を為すにはコミュニケーション回路が開かれていなければならないのだけど、回路が開いていると相手の周波数に一方的に同調してしまう危険もある。そうなると、恋は辛い恋になってしまう。
君子はそんな辛い恋はしない、ということだね。^^;

コメント

ジュリー、キターーーーー!!

昨日からずっと口ずさんでいます。
作詞が糸井重里だったのかぁ、知らなかった。
糸井重里もやるなぁ、クラウド・プレートも知らなかっただろうに。
もしや、クラウドがジュリーを聴いてプレートの実験を思いついたのか、そんなことはないわな。(笑)

ミスチルの方は知らなかった、その時代まったく流行歌をきいてない。
歌だけ聞いていると何を言っているのか解らないなぁ

周波数、振動についていくつかの雑感があります。

生命活動は〈振動〉で、それぞれの「周波数」をもっている、、、
おそらく全ての生命活動でしょうね。動物、植物、もしかして無機物も。人間同士の周波数は割に近いので取り敢えずコミュニケーションが可能。

まえのコメの、周波数を修練をつむと共振させられるの?、というのは、
>おいおい、と言われてしまいましたが(笑)
アキラさんの言う「シンクロ」を想定していました。
修練によってズレている周波数とも共振「シンクロ」できる、という感じ。これは模様を介してでなく、直接振動を感じに行く、みたいなイメージを持っています。ちなみに無機物まで及んだのは、以前エントリーされていた「道具」とシンクロする、みたいなことが浮かんだから。

今回のコミュニケーションは、学習による周波数をチューニングして共振なんですね、
ズレた周波数によって作られる模様を見るだけでではコミュニケーションといえず、模様の基の振動までも感じ取るのがコミュニケーションとする、って感じかな?
ズレたまま嬉々としているもの(ex婆)、相手の周波数を無理やり押し付けてくるもの(exサヨ)は、周波数の違いにより気持ち悪くなる(ゲシュタルト崩壊的な)

それにしても、人間個々の周波数はいつ決まるのだろう?
周波数の変更を強要されることはないのだろうか?(最近のマイブームでいけば虚構によってを想定してますが、、、笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/785-50b26591

 | HOME | 

 
プロフィール

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード