愚慫空論

創発価値説 ・・・ 「味方」とは?

人間は人間の敵か、味方か?
それ以前に、敵であるとは、味方であるとは、どういうことか?

この疑問を考えるのに、経済学の観点から議論される次の動画がとても参考になる。

2013/03/13 【文化】多様な生き方を実現できれば経済的価値も生み出す―安冨歩×平智之 対談

最初の20分だけでもいいから、見て欲しい。

働くことが苦しいと思う人が増えている一方で、国の政策によって金融を中心とした経済は元気になっていく感じがする。

と平さん。言及されていないけど、具体的には「アベノミクス」のことだよね。株価などは上昇したけれども、社会の格差はますますひどくなって、多くの庶民は展望が持てない。苦しい労働を強いられることが予想される――、これって、経済が(多くの人間の)「敵」になってしまっていると言い換えていいのだろうと思う。

平さんの問いに対して安富さんは

経済学では、楽しい労働と苦しい労働を区別しない。楽しい消費、楽しくない消費という概念もない。そこが経済学の最大の問題である。
楽しいとは幸福につながることで、悲しい・辛いは幸福につながらない。そこをはっきりさせない限り、まともな経済の議論はできない。


と応え、持論を展開していく。これが「人間は味方」の経済学。

幸福は測れない。
しかし、測れないものを前提にものを考えるということをしないと、まともな経済学を考えることが出来ない。
ところが現在の学問においては、測れないもの・記述できないものはないものとして取り扱われる。

経済学ではもはや「価値論」は語られない。価格決定論でしかない。
かつて経済学で価値が議論されたのは、人間社会が再生産されていく中に「善きもの」がないと社会が成り立っていかないという考えが背後にあった。

「善きもの」とは何かと何かを問うべき → 創発 ―― 生きる神秘的な力の発揮
人が何らかの形で「生きる力」を発揮したら、それが「価値」
(たとえば、お腹をすかせた人がご飯を食べると、すでにして「価値」)

だが、その「価値」は測れない――


測ることができない〈価値〉を受け入れる。それって、「味方」ということでしょう?
だとするなら、測ることが出来ない〈価値〉を軸に回る経済社会は、「味方の経済」。

けれど、歴史はそれとは逆の方向へ進んできた。測れないものはないものとしてカウントされない。
測ることが出来る【価値】を軸として経済社会は回るようになってきてしまった。その結果が「敵の経済」。

味方同士ならば、測ることが出来なくても、不確実でも通じ合える。
しかし、敵を相手に交易をしようと思うなら、確実でなければならない。
確実でなければ殺し合うしかない。敵なんだから。
だから、確実性をベースにした経済は、本当は「敵と殺し合わないための経済」のはず。

現在の経済学は、「価値」=「価格」だと暗黙の内に前提している。
平・安冨両氏は、それは幻想にすぎないと一蹴するけれども、「敵と殺し合わないための経済」と「味方同士の経済」とが一致しないのは当然でしょう。ベースが違うんだから。

「価値(善きもの)」を問うことを忘れてしまい、確実性を追い求めて価格決定論に堕した経済学がはびこる現在の経済社会は、「敵と殺し合わないための経済」ですらなくなってしまった。今の経済は、「人間を敵にしてしまう経済」。


コメント

この「敵の経済」の内側では、能力のある者は、敵の只中で独力で勝ち残ることを目指し、自らの意志で賭けを続けます。ある者はウォール街を目指し、ある者は、タイやカンボジアやインドネシアを目指します。その何処かで、数字を稼げる能力者であることを、社会に証明して見せ、己の欲望・欲求のままに生きる資格を得るために。一方で、その能力のない者は、組織に頼って生き残りを図ります。その場合は、組織内の評価を得るために、自分に期待されている数字を稼ぐことに努力をふりしぼるように強いられます。そして、それすら出来ない者は、可能ならば引きこもり、状況が許さない場合は、死を選びます。
彼らに共通していることは、仲間に囲まれている時でさえ、皆、ひとりぼっちだということです。勝者も、敗者も。
もし、彼らが一人でなくなったとしたら、自分以外の誰かと本当に支え合うことを知ったなら、その時、その人は「敵の経済」の外に半歩出られている。

けれども、今年の正月、一年ぶりに東京に出てみて、ひしひしと「敵の経済」が浸透していることを感じました。くつがえしようがないほど徹底的に、逃れ難くおおい尽くされている息苦しさを感じました。すべての価値観が、数字に収束する。ここでは自然な呼吸ができません。

うっ、似てる

やっと時間ができてビデオもちょいとだけ(20分)
観ることができた。
ひどく驚いたのが安富氏。ゲゲゲ、ワタシにクリソツではないか!!
って、知識豊富とか思索多岐が似ているということではなく、「顔」!!
実の毒多顔を知っているアキラさんとスペースノイドさん、その他リアル知人ROMで、ここまで覗いている人に聞いてみ。
って、それほど似てない? ん、そうかな?
ちなみにむかし中野浩一(まだ髪の毛があるころ)に似ているといわれたことがあるのだが、、、 

まあ、それはどうでもいいのだけど、
測れない価値を無理に測っているのが「金、マネー」で、そこに洗脳されている人々が多数(ワタシ自身にも思いあたることは多いのだが・・・orz)であること、それを介さないと成り立たないのが経済(学)であり政治。それこそが本質的に生きることにしてみれば「敵」であることに同意。

いま思いを馳せるのは辺野古だな。
「敵」に与するどころか、敵と同化するものもいれば、かたや測れない価値を感じ取って生きるものもいる。創発ってやつか?うん「善きもの」だろう。
この価値を他者に押し付けるとサヨっちになり、「敵」に化けるのかもしれない。創発とは価値が伝導するものとつくづく思う。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/777-38316442

2014年新年のごあいさつ ―過去をふりかえりながら

 アメリカ型資本主義は断末魔だ。この先、長く続かないことは明らかである。同時に、日本の政官業学報の利権複合体も続かないことは明らかだ。  米国が、ウォール街や軍産複合体やモンサント等1%の人々の独裁国家でなくなるのであれば、いくらでも仲良くしたい。アメ...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード