愚慫空論

「空気」感染のレセプター

「負い目」が「空気」感染のレセプター、とつぶやいてみたりしたが、このことについてはブログでは書いていなかった。
「空気」の研究

 一体、「空気」とは何か。これを調べるための最もよい方法は、単純な「空気発生状態」を調べ、まずその基本的図式を描いてみることであろう。(略)
 大畠清教授が、ある宗教学専門雑誌に、面白い随想を書いておられる。イスラエルで、ある遺跡を発掘していたとき、古代の墓地が出てきた。人骨・髑髏がざらざらと出てくる。こういう場合、必要なサンプル以外の人骨は、一応少し離れた場所に投棄して墓の形態その他を調べるわけだが、その投棄が相当の作業量となり、日本人とユダヤ人とが共同で、毎日のように人骨を運ぶことになった。それが約一週間ほどつづくと、ユダヤ人の方は何でもないが、従事していた日本人二名の方は少しおかしくなり、本当に病人同様の状態になってしまった。ところが、この人骨投棄が終わると二人ともケロリとなおってしまった。この二人に必要だったことは、どうやら「おはらい」だったらしい。実をいうと二人ともクリスチャンであったのだが――またユダヤ人の方は、終始、何の影響も受けたとは見られなかった、という随想である。
 骨は元来物質である。この物質が放射能のような形で人間に対して何らかの影響を与えるのなら、それが日本人にだけ影響するとは考えられない。従ってこの影響は非物質的なもので、人骨・髑髏という物質が日本人に何らかの心理的影響を与え、その影響は身体的に病状として現われるほど強かったが、一方ユダヤ人には、何らの心理的影響も与えなかった、と見るべきである。おそらくこれが「空気の基本型」である。


この文章を読んで私がいつも思い浮かべるのは、梅干しである。梅干しは酸っぱい。梅干しを食べた経験がある人間は、その酸っぱさの体験から、梅干しを見ただけで唾液が出てくる。あるいは、「梅干し」という文字を見るだけで唾液が出てくる。条件反射、というやつだ。

ユダヤ人は、梅干しを食べた経験があっても、梅干しを見て唾液が出てくることはないのか? まさか。

日本人であっても、髑髏が人骨であり、それが「死」の姿であることを知らない者は、いくら髑髏を運搬してもおかしくなったりはしないだろう。条件反射は、「条件」が整わなければ「反射」はない。

「空気」がある種の条件反射であるとすると、「条件」は、“髑髏⇒人骨⇒死”という連想が成立すること。では「反射」とは何か。問題はここだ。ここに「負い目」が出てくる。人間が感じる、生きて在ることの負い目。

日本人は伝統的にこうした「負い目」を感じやすい民族であろう。日本人が好きな(好きだった?)「人情」という道徳観は「負い目」が基礎になっている。先の大震災の折、津波を目の当たりにしながら幸運にも生き残った人たちは、悲しいことに「負い目」に苛まれているに違いない。

一方、ユダヤ人には、「人情」などといったものは薬にもしたくないだろうという印象を持つが、「負い目」の感覚がないわけではない。あのアウシュビッツから幸運にも生き残ったユダヤ人たちは、自分たちが生き残ったことに罪悪感を感じたという。これはヤスパースが「形而上の罪」といったものであり、日本語で言えば「負い目」だろう。

つまり、「反射」に相当するのは、「死」という観念に対しての「生」の感触である。人間は「地平」というものを創造できる。「死」は「地平」のなかでも、おそらくは最も基本的なものだろう。「死」の観念のない動物は、生きてはいても「生」を識らない。人間に最も近いとされるチンパンジーですら、識らない

ゴリラは識っているらしい、というので多くの支持を集めた記事があった。)

「死」が人間の「地平の基本型」であり、ゆえに「死」への「反射」が「空気の基本型」でもある。さすがに山本七平氏は炯眼だ。

「死」の観念を識っている(「条件」)人間は、自らの「生」も識る。「死という地平」と、自らが現に立っている「生という地平」の差異が「負い目」となる(「反射」)。「空気」というのは、こうした「条件反射」を抑制してしまうことから生まれる。つまり、「お祓い」をしなかったことが「空気」発生の原因になっている。

引用文に出てくる教授は、「おはらい」を冗談のつもりで言っているのかもしれないが、冗談ではないのである。

「お祓い」というのは、「負い目」を感じることから生まれてきた、「負い目」を追い払う(水に流す)作法ではないのかと私は想像する。近代化した日本人はその意味を忘れ、「お祓い」などというものはただの迷信に過ぎないと思い込んでしまった。

「死の地平」は、人間に心理的影響を与えるよりも先に、身体に微かな影響を及ぼす。その影響は情動となり感情として感知されるはずが、「近代という迷信」のために「負い目」という感情となって感知されることが阻害されてしまった。ために、捌け口のなくなった情動が鬱屈して、身体に顕著な影響を及ぼすようになってしまう。これが「空気の基本形」の構造だと見る。

では、ユダヤ人は?

ユダヤ人も「お祓い」に相当することをしているのである。ただ日本人のように「お祓い」という作法を採らないだけ。日本人の「お祓い」は、言わばその「都度方式」。「負い目」を感じたその場その場で「お祓い」をして“水に流す”。対してユダヤ人は「一括方式」だろう。「負い目」を超越神へと集約させる。

この方式の差異は、「知」の在り方にも関連している。日本人は「知」もまたその「都度方式」。方便論的個人主義。対してユダヤを初めとする西欧の「知」は「一括方式」だ。近代以降の日本人が「空気」に苛まれるようになったのは、「知」を一括方式に切り替えようとして、「負い目」を“水に流す”やり方を忘れてしまったことにあるのではないかと愚考する。

コメント

はらたまきよたま

こんにちは
一日を無事に生きることができたことのありがたさと、それを得られなかった人たちに対する負い目、でしょうか。
震災当時は被災どころか日本におらず、今も放射能汚染のない国にいる私にとっての大きな負い目でもあります。「感謝」ということばでは、やっぱりちょっと軽いですね。

近代以前の日本においては「救いを求めてお祓いをする」が「お祓いをしたからもう大丈夫」の方向にどんどん傾いていった背景もあると思います。それが「お祓いをすればよいというものではない」を経て「お払いなど役立たず」に至ったというのもあるのではないでしょうか。

「お祓い」を受けるにはまず「お清め」が条件、一神教の国でも同じです。ユダヤ教はよく知りませんがイスラムでは「お清め」が有効な人間は礼拝や断食の義務をはたし、嘘をつかない、他人の権利を侵害しないなどの戒律を守っていることが求められるのです。というか、そういう社会をつくるための教義なのですが。

やはり負い目は何らかの形で水に流す必要はありますね。そうでないと淀んで、濁ってしまいます。そのための正しい流し方が大事ですね。ちなみにイスラム教のお清めは「水」を使います。砂漠などで水が使えないときは土や砂を使います。

お払いはリポビタンD

 お払いは年に二度受けています。近くの神社で。宮司がやってくるのです。いつもは誰もいません。太鼓の合図で村人に知らせます。参加するのは村の役員と、神社の役員、それと近在の数名のみです。とても厳粛な儀式で私は出来るだけ参加してます。1000円のお神酒代を供えて。受けた後、さわやかです。いやなものが無くなった感じがします。リポビタンDのカフェインの効果と同じ?(失礼)しかしその後いつも思います。これって、グローバル化の時代、海外でも通じるの?まあいいか、ここは日本。当分海外へ行くこともないし。地元に住んでいる限り、これに限ると。しかし、お払い含めて、神仏の物足りなさを感じて、彷徨した若かりしころの自分はどこへ行ったのと自問もします。清水博さんの著書を読んで特にそう感じました。日本人の正統派は、やはりナイーブ(内向的)なんですね。参加者は少なくなりましたが。ナイーブは欧米では幼いというのことですよね。幼い日本人、これも良いか。もちろん私のことを言っているんですよ。

Re:はらたまきよたま

・あやみさん、おはようございます。

「お祓い」を受けるにはまず「お清め」が条件

その通りです。そこは私は失念しておりました。

今、日本では若い人を中心に「パワースポット」がブームなんです。
「パワースポット」というのは、霊験あらたかな場所、といったような意味。由緒のある神社やお寺などがそのような場所として、若者たちが好んで巡礼するようです。

こういった流行が現代の日本で起こるというのは、いまだ日本人の心の中に「お祓い」への希求が根強く生き残っている、ということなんでしょうね。でも、「お清め」の意識は低いと感じる。それは「癒し(ヒーリング)」のブームにも同じことが感じられる。「お清め」抜きに「お祓い」。「お祓い」にも利便性が求められている。

でも、それではもったいない。せっかく「お祓い」を受けても「お清め」をしていないとその効果は受けとめられない。そう、もったいない、です。

やはり負い目は何らかの形で水に流す必要はありますね。

何らかの形。私が感じているのは、ここに新しい「形」が生まれつつある。話は飛躍するようですが、それが「萌え」だと感じたりするんです。

一神教でも神道でも「負い目」は人間を超越した存在にお願いするものです。それが「萌え」という情動を通じて、人間自身になってきている。人間が「負い目」を流す回路になりつつある。漠然とした印象ですが、そんな気がしています。

年に二度の大祓

・きよたろうさん、おはようございます。

私も年に二回、夏越の祓と年越の祓は受けています。
ただし、こちら山梨に来てからは、それも郵送になってしまったのですが。

お祓いをしてもらうのは、奈良県の玉置神社というところ。奥熊野と位置づけられるところです。とても清浄なところで、紀州・熊野に住んでいるころはよく行きました。現在でも、お祓いをお願いしている。というか、季節になると、あちらから郵送でお祓いの為の「人形」が送られてくるんですけど。

紀州から甲州へ移るときにもお祓いを受けてきたんです。そのときあちらの宮司さんに、自分の住む場所でお祓いを受けるように、と勧められた。けれど、いまだそういう場所が見つからない。どこも俗化が進んでいて、お祓いを受けてみようという気になれないんです。

本当はきよたろうさんのような形で受けられるのが一番なんでしょうね。

しかし、そのうちに、何か縁があって、地元でお祓いを受けられる場所が見つかるような気もしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/688-50abb143

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード