愚慫空論

〈霊〉的ハラスメント論(1)

シリーズ「霊から貨幣へ」の8。

ここでは、〈霊〉の概念を用いて「ハラスメント」を解析してみたい。

まず「ハラスメント」とはなにか。"ハラスメント""定義"で検索してみると、トップに出てくるのが学校法人大阪医科大学セクシュアル・ハラスメント等防止委員会というページ。そこには

ハラスメント(Harassment)とはいろいろな場面での『嫌がらせ、いじめ』を言います。その種類は様々ですが、他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えることを指します。重要なことは相手がどのように感じ、考えるかは個人によって違うということであり、この点を充分認識して行動しましょう。


とあって、続いて「セクシャル・ハラスメント」「アカデミック・ハラスメント」「パワー・ハラスメント」「ジェンダー・ハラスメント」「キャンパス・ハラスメント」「ドクター・ハラスメント」「モラル・ハラスメント」「アルコール・ハラスメント」「スモーク・ハラスメント」などの具体的な説明が並んでいる。

定義としては一般的といっていいと思う。個々の例示もあって丁寧だとも思う。だが、しっくりこないところもある。それは、ハラスメントの判定が「相手の感情」に委ねられるとしているところだ。相手の感情でどうにでもなるなら、定義づけされたとしてもその定義そのものに意味が見いだせない。要するに相手から“それ、ハラスメント!”と言われればハラスメントだということになってしまうわけで、これではハラスメントを厳密に議論するということ自体が、その定義から原理的に出来なくなってしまっているということだ。

今を生きる親鸞安富教授は、もっと踏み込んでハラスメントを定義づける。

そもそもハラスメントとはどういうものなのか。簡単に言うと、その人自身を見ないということです。ある人と対面した場合に、その人そのものの姿ではなくて、勝手な「像」を押しつけるということが、私はハラスメントの本質だと思っています。たとえば、私がどこかで講演しているとします。そこで会場の聴衆が、安冨という人間が喋っていると思って話を聴いていればハラスメントにはなりませんが、東大教授が喋っているとか、経済学者が喋っていると思って聴いているとすればハラスメントです。あるいは、学生に対して教員が、「お前は経済学部の学生だ」と言って、一人の人間がもっている感情とか身体とか、そういうものではなくて、予め勝手に想定した像に向かって話しかけ、行為をすれば、ハラスメントになる。


厳密な定義とはいえないが、それでも一般的なハラスメント定義よりはずっと踏み込んだものだ。

 「東大教授が喋っているとか、経済学者が喋っていると思って聴いているとすればハラスメント」

これは一般的なハラスメントのイメージを覆す。というのも、ハラスメントは一般に「強者による弱者のいじめ」と捉えられているからだ。しかし、東大教授あるいは経済学者というのは、一般には、相手を強者だと認識することである。安富教授がヘソマガリな人で(どうもそうみたいだが)そんなふうに位置づけられるのが嫌だからいじめだ、というのではない。教授、学者という位置づけを喜ぶ人に対しても、そう思って接するとハラスメントになる。

この引用は私には都合の良いことに「像」という言葉が出てくる。〈霊〉とは、私の定義では「像」の一種に他ならない。

 霊から貨幣へ (1)~〈霊〉を定義する


・「その人自身を見る」とはどういうことか

「簡単に言うと、その人自身を見ないということです」。では、簡単にではなく、言うとどういうことになるのか。

「その人自身」というのは、なかなか定義付けは難しい。深追いすると哲学の迷路へ迷い込む。そこで、「その人自身」の定義はおいて、「その人自身を見る」というのがどういうことか、どのような表現で置き換えられるのかということを考えてみる。それは、「学習」ということになるだろう。
ハラスメントは連鎖する

〈霊〉と「学習」についてはすでにこちらの記事で触れたが

 霊から貨幣へ(4)~霊性と学習

次回は再度、『ハラスメントは連鎖する』を参考にしながら話を進めてみたい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/657-69e5cef3

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード