愚慫空論

嘘吐きの政治屋ども

さっきまでヒマに飽かしてサンプロをみていた。

すると、まず登場してきたのが石原ノブテル氏。役どころは晋ちゃんへの同情を集めることだったようだ。

ノブテル氏いわく、「この辞任でもっとも国民に申し訳ないと思っているのは、安倍総理自身」。

ウソこけ。
だったら辞任会見のときに、お詫びに言葉があったはず。晋ちゃんが何回も言ったのが「局面の打開」。誰のための「局面の打開」?


で、次、麻生・福田の両氏。
福田氏いわく、「総理大臣になることなんて、いままで考えてなかった。勝手にマスコミがそういう意志ありと報道してだけ。今回は、皆さまからの推薦を受けて手を挙げた。私が手を挙げなかったら、麻生氏ひとりになって総裁選は行われなかった。それはよくない。総裁選を行うため、私は手を挙げた」

ウソこけ。
立候補の意思表明をしたときの、あの表情。見てたよ。
それに、先に額賀氏が手を挙げてた。谷垣氏もアンタが出なきゃ手を挙げた。やりたくなきゃ、仮にもアンタの親玉だった小泉氏を見習って、固辞すりゃよかっただけのこと。

で、麻生氏だが...。
もう、バカバカしくなってチャンネルをかえた。だから聞いてない。

コメント

表情だけで言いますと・・・

 9.11直後のブッシュさんの表情は,その後のすべてを予想させるものでした.ブッシュさんは文字通り「舌なめずり」をしていたんですね.
 これは千載一遇のチャンスだ.ここは慎重に事を運ばねば.ぺろぺろ.

ブッシュを精神分析

またまたヒマに飽かしてTVを見ていたら、晋ちゃんの辞意表明会見の時の表情を、精神医が出てきて分析していた。やっぱり抑うつ状態で、消化器系の不良も精神的ストレスから来ているとのこと。なんでもストレスで身体に影響が出るのは2パターンあって、ひとつが交感神経系から心臓へ、もうひとつは副交感神経系から消化器系へというころらしい。晋ちゃんはいうまでもなく、副交感神経系。

ま、それは措いといて、ブッシュのその舌なめずり、同じように精神科医に分析してもらいたいものですね。どんな鑑定がでるやら。

福田に決定

『人の噂も75日』というが、二ヶ月前の参議院選挙で大勢が判明した頃に森、青木、武部の三人組が都内で密会、安倍退陣と後継福田を決定。
其の動きを察知した麻生が官邸の安倍晋三を訪ねて福田総理を阻む為政権続行を進言する。
アホの安倍には世の中が見えない。
その後は麻生の思ったとおりに為り、現在は森青木武部三人組の予想どうりの展開。アホクサ。

久々のテレビのインタビュー。
記者「総裁選はどうなってますか?」
福田「そんなの僕に聞くより、家に帰ってテレビ見れば」
相変わらずの他人を小馬鹿にした物言い。他者を見下したような嫌味な皮肉。
麻生にしても福田にしても、どっちも「ごめんなさい」「悪かった」と死んでも言わないタイプ。
何事も安倍よりそつなくこなすでしょうが、小賢いと見るか、小ずるいと見るかで評価は変わってくるが、あの嫌味な物言いがブームになるはずが無い。
あのインタビューだって記者より自分が賢いと思っている。
いやですね~。嫌味な態度ですね~。
あの人は絶対、友達少ないだろうな~あ。

ただ誰だったか・・・・うーん・・あの態度、あの物言いは最近すぐ近くで聞いた覚えがある。
あ!!自分だ。 アィタタタ。

最後に自爆を演じてくれました(拍手)

福田・麻生のムダな総裁選が繰り広げられていますが、庶民を撹乱するという意味においては一定の成果を挙げているようですね。自民支持率は若干上昇しそうですね。

もっとも、このあたりは小沢一郎には織り込み済みでしょう。そのあと、どういう戦略に出てくるか? 国会の論戦はこれまで以上に世の中の注目を集めるでしょうが、その時点で自民は後悔するんじゃないですか? 党首討論はどちらも地味で面白みに欠けますが、長妻や原口など民主党若手との対決では、イヤミな福田ではどう見ても不利。その点では麻生の方が役者は一枚も二枚も上でしょう。
もっともどちらが総理でも、自民党政治50年の負の遺産は、ひとりの総理の口先三寸で止められるものはありません。自民の下野も時間の問題だと見ます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/62-35e69576

政治家に「国家観」は必要ではあるけれど

 本当かどうかは分からないが、中国の古典『史記』によれば、聖帝尭の時代に許由という人がいたそうだ。 この許由、非常に優秀なひとだったそうで、それを聞いた尭は彼に天下を譲ろうとした。ところが、許由は富も名誉も思いのままというせっかくの話を断り、箕山という..

「インド洋」って何処よ?

 自民党の新総裁は福田康夫氏でほぼ決定のようだ。ほぼ決まりの総裁選挙をだらだらと23日まで続ける意味があるのだろうか?勿論国民にとってという

提言を受けて...:政府ができることやるべきこと

質問: 政府ができることやるべきことの提言についてから続きます。政治家は表舞台に立つ人ですから、能弁で魅力的な人物であれば誰でもいいでしょう。政治家に協力することは厭いませんが、地盤も金もなく権力に危険性を覚えている私が政治家を志すことは無謀です(笑)>

総裁選が長すぎる

自民党の総裁選をめぐる動きが慌しくなってきました。同時にほぼ結果が見えてしまいました。額賀氏は立候補を断念し、麻生氏を支持する派閥は麻生派だけという状況になっています。次期総裁は福田氏で決まりのようで

早くもきしみを生じる郵政民営化

 自民党の総裁選挙は福田康夫と麻生太郎の一騎打ちとなり、どうやら派閥の談合によっ

カイカク原理主義者はまだまだ健在

 9月12日のコメント欄でデルタさんから次のようなコメントをもらいました。>「安倍政権はカイカクを後退させようとしている。カイカクを後退させるな」の大合唱が本当に日本のマスコミで起きているのでしょうか。 だんだんマスコミの中からも市場原理主義派の論調が下火

郵政民営化の凍結は、あらゆる改革につながる本丸。

(人気blogランキング参加中。)郵政民営化の凍結を改めて訴えます。郵政民営化についての私の前のエントリーでも書いたように、また、郵政民営化に疑問を持ったり凍結しようと訴えたりするブロガーたち(アッテンボロ

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード