愚慫空論

理由なき殺人

私はつい最近まで、死刑制度を容認すべきかどうか、判断をつけられずにいた。しかしブログのおかげで、この迷いに決着がついた。今は死刑制度は廃止すべきだと明確に考えられるようになった。
だが、ヒネクレタことを言うけれども、私の中では「死刑」と「死刑制度」は少し違う。「死刑制度」については明確に反対だけれど、「死刑」となるとまだ迷う。というよりも、「死刑」については明確に反対する理由は見つけられないだろうという気がしている。
「死刑制度」に明確に反対できるようになったのは、実は「死刑」と「死刑制度」を分けて考えられるようになったということでもある。       
死刑容認とは、言い換えれば殺人容認でもある。これはとっても誤解を招く表現なのだけど、何も私は殺人にお墨付きを与えてよいと思っているわけではない。そんなことは誰にもできない。もちろん友人にだって上司にだって、国家にだってできない。もしできるものがいるとすれば、それは自分だけだ。自分が自分にのみ、殺人を許可することができる。自分以外の何者も、殺人の許可を与えることはできない。

とても不幸なことだと思うが、人は誰かを殺す理由をもってしまうことがある。一部の狂ってしまった人を除けば、誰もがそんな理由を自らの中に持ちたいとは望まないだろう。けれど、望む望まないにかかわらず、持ってしまうこともありえる。
例えば、自分にとってかけがえのない人を無残に殺された人の悲嘆。この悲嘆が復讐の怨念に転化してしまうことを、私は認めずにはいられない。
ただ、この「認める」は無条件に承認するということではない。存在は認めても正当性までは認められない。だから、このような怨念を正当なものと考え、それを根拠に死刑制度の正当化を主張する意見には、賛成できない。この怨念がいかに避けがたい、人間として致し方がないものであっても、それを正当とは認めてはならない。「致し方がないもの=正当」ではない。人間の中にはどうしようもない闇の部分・負の部分存在する。私自身の中にも間違いなく、ある。その存在を否定しようとは思わないし、また、しようにも出来ないわけど、だからそれがやむを得ず存在してしまうことは認めるしかないのだけれど、この「負・闇」を制度の根拠にすべきではない。また、「負」を「正」に転化しようとする議論にも正当性を認めることはできない。

では、死刑廃止論に賛成なのかというと、そう簡単にはいかなあった。賛成できなかったのも人間の「負・闇」が理由だ。つまり死刑を廃したからといって、「負・闇」がなくなるわけではないからだ。
国家の制度として死刑を認めないということになると、この「負・闇」の存在が認められなくなってしまう。廃止論者は、いろいろな理念・理論を持ち出して死刑廃止は「負・闇」を認めないということではない、と主張するだろう。そしてその理念はおそらく正しいだろう。けれど残念ながら、それ容易には理解しがたい理念であるだろう。つまり死刑廃止は「負・闇」は否定されたのだと誤解される可能性が高い。
この誤解は大変危ないと思う。「負・闇」は否定しようにも出来ないから「負・闇」なのである。表向きの否定は、裏でかえって事態を深刻化させてしまう危険がある。
だから、私は死刑制度は残っていても、実際にその制度が運用されることがないような社会なるのが一番の理想形だと考えていた。もちろんそんな理想を実現することは難しいだろうけど、死刑制度を廃止するのがその理想形に近づいていく一歩になるとは考えていなかった。

しかし、これは私の想像力不足だった。現実の制度である以上、それは運用され、死刑囚が処刑されていくという現実を生み出している。その現実・現場がどういったものか、その点について思いを致すことがなかった。そこに目を開いてくれたのがluxemburg卿の記事だ。
人を殺す理由を持ってしまうことは、どうしようもなく不幸なことだ。それと同様に、いや、ひょっとしたらそれ以上に、殺す理由なくして人を殺すことも不幸なことである。そのことを「死刑執行人の苦悩」(大塚公子:創出版)は伝えている。

人の作る制度に完璧なものはありえない。どこかに歪みが生じる。これも致し方がないことだが、あまりに酷い歪み方をしている制度は、そのあり方を再考すべきである。現在の死刑制度は、まさしくそのあり方を再考すべき制度だ。
国家が理由なき殺人を強要する。いくら大きな権威から死を宣告された死刑囚であっても、死刑執行人その人には死刑囚を殺すべき理由はない。けれど、制度がそんな事情を斟酌することはない。命令書が届き、職務として、その命令に従わなければならない。
どのような建前があろうとも、死刑はあくまで殺人だ。機械を壊すのとはわけが違う。死刑執行人の苦悩はそのことを証明している。殺人が忌み嫌われるのは、命を奪われるのが同じ人間だからという外形的な理由ではなく、その行為を為した人の心に深い傷を与えるという内面的な理由もあるからだ。死刑執行人たちが心に負った傷の深さは、想像を絶する。

中にはそんなに嫌ならそんな仕事は辞めればよいではないか、という人もいるだろう。私が同じ立場なら間違いなくそうするだろうが、自分がそうだからといって他人も同じだとは限らない。人は皆それぞれ違う。これは人間の中の「負・闇」のあり方が違うからと言い換えてもよいかもしれない。命令を拒否できない弱い人(こう表現するのに少し躊躇があるが、敢えてこの表現を使う)もいるのだ。そういった負の部分に思いがおよばない人間に、「負・闇」を正当化する資格はない。

正直なところ、私はいまだ「死刑」そのものの是非についての結論は出せない。だが「死刑制度」については、それが人間性を破壊する歪んだ制度であるという理由で、明確に廃止すべきだと考える。代わりに終身刑を採用すべきだ。
また「仇討ち」などの復讐形の復活も良かろう。ただ、こちらは近代国家としての根幹の部分に抵触する。私は近代国家もあり方を再考すべき制度だと考えているから、国家のあり方ともども考え直してみるのも悪くはないかもしれない。だが、現在の国家のあり方に大きな修正を加えないのなら、終身刑しかない。

もうひとつ。死刑制度を廃止するのであれば、同時に拡充すべき制度がある。遺族の感情を慰撫する制度だ。
死刑判決を下されるほど凶悪な犯罪に遭った被害者の遺族が人間としての「負・闇」の部分が掻きたてられるのは、どうにも致し方ないところだ。死刑制度が支持される背景には、犯人の死刑がこうした遺族感情の慰撫に繋がる考えれているのも大きい。
犯人の死刑執行が本当の意味での「癒し」になるかどうか、大いに疑問符だけれど、それが遺族をケアしなくてよいという理由にはならない。「負・闇」に堕ち込んで行く人たちは何とか救い上げなければならない。怨念を「水に流す」方法を探る必要がある。
これはかならず死刑廃止とセットにして、いや、セットでなくても早急に考え直すべき問題だ。ここを強く主張したい。

コメント

廃止論だけでは

こんばんは。
TBありがとうございました。情報をオープンにすると、自然に人が選ぶところが変わってくるかもしれません。それだけでなく社会全体のあり方を考える大事なきっかけとしてこれからも考えていきたいと思っています。ありがとうございました。

いつもTBありがとうございます。こちらからはなかなか入らないのですが、ムッとなさらず送っていただけるとはっぴいです。

死刑の問題は本当に難しい。重い問題です。私はついリレーに乗ってしまいましたが、そのことを記事を書きながら何度後悔したことか。ただ……私は自分が一生、「人を殺さない」と断言する自信はありません。激情にかられて殺すかも知れない。また、親しい友人を殺されたら復讐の念に燃えるかも知れない。そういう危うさがわかっているがゆえに、人を善と悪、正と邪にきれいに分けることには躊躇する思いがあります。その重いが、「すべてをチャラにして口を拭う」死刑制度に反対する発端になったようにも思います。

おっしゃるように、遺族のケアは忘れてはならない課題。恨みを水に流すことができるかどうかはわかりませんが、それを乗り越えられそうな希望の灯(UTSコラムの題みたいですね。笑)を見つけられるように……。

終身刑については、私は「過渡的な制度としては賛成だが、根本原理的には賛成できない」という立場です。一瞬にして命を奪ってしまう死刑よりはるかにマシではあるが、生涯にわたった社会復帰を認めないというのはちょっと違うのではないかと。いずれよく考えて、エントリを立ててみたいと思います。


luxemburgさん、こんばんは

いつも考えるヒントをありがとうございます。

>情報をオープンにすると、自然に人が選ぶところが変わってくるかもしれません

きっと、そうなんでしょう。またいろいろと教えてくださいね。

華氏さん、いつもありがとうございます

TBは、どんどん送らせてもらいます。たとえ片思いであっても。...でも、やっぱり、ちょっと寂しいかな。

終身刑については、あまり深く考えもせず本分に書いてしまいましたが、
>根本原理的には賛成できない
と意見をうかがって、ハッと気が付いたような次第。これももう一度考え直してみます。
例えば、遺族が許せば出獄できる、とか。

こんにちわ.この記事を拝見して,私も考えが一つ進化したような気がします.近々,私の言葉で記事にしたいと思っています.

死刑廃止について

やはり死刑廃止を主張される方がおおいのですね。
冤罪があったらどうするのか?
冤罪?それは事実誤認ではないの?
だめだめ、事実誤認というと被害者側の誤認にも触れなくちゃいけないから、人権派としては権益が守られないんですよ。
そうそう、だから、事実誤認じゃなくて冤罪ね
冤罪だけを主張しましょう
更生?そうそうこれは我々人権派が重用している言葉なんですよ。
まさか、人を殺した人がもう人を殺さなければそれでいいなどと言えないでしょう
だから更生ね
そうなんです、死刑廃止は世界の趨勢なんです
北朝鮮が戦争したら日本もするんです
外国がそうなら日本は何も考えないでするんですよ
とってもいいでしょう
私たち人権派はたくさん詭弁を用意しました。
多くの方々がそれにのって、「言葉」だけをつかって死刑廃止にしてくれればそれでいいのです。
ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/6-4b36d8d9

死刑の現場とは--いただいたコメント、メールより

 先日、大塚公子著「死刑執行人の苦悩」を引用しつつ、死刑執行の現場についての記事を書いたら、大きな反響をいただいた。 死刑の問題は微妙で、生きよう打つ心臓をとめ、生命を人の手で絶つ、この事実を前にして、私も含めて多くの人が迷っているのである。たとえば、先

「保育園民営化の実態」(4)…子どもを預けるのが怖い

 saraさんから4報目である。 読んでいて悔しくて仕方ない。説明会(質疑応答会)の様子を想像し怒りで視点が定まらない。イクジナシとして「市民運動」をしたいなどといいながら、直接行動をしたくて仕方がないほど気持ちが昂っている。でも今のワタシにできることは、ブ

憲法9条の広告が・・

集英社の全面広告です。(10月2日,朝日新聞)週刊プレイボーイと「憲法9条を世界遺産に」のタイアップです。いいですね。

東京都教育委員会に対する緊急要請への賛同のお願い

    ハムニダ薫さんから以下のようなトラックバックを送っていただきました。先日の署名のお願いとはまた別の組織のようですが、主旨はほぼ同じものと理解しております。賛同署名の期限は10月3日(火)22時です。「強制する・されるのはイヤだ」という考えに賛同いただ

ウィルスの変異

 『新官僚システム』と題して書いた記事は,後半部分がゴタゴタなってしまった.ここで再度整理してみたい. 1.国はこれからますます国民からお金を搾り取る.(その狼煙としての首相給与返上) 2.国は新自由主義者のために頑張ることの公認.(IT産業重視とイノベー

経済社会にとって非合理な「利息」

ユダヤ教及びキリスト教が同胞からの利息取得を禁止し、イスラムが利息取得を禁止し、日本も前近代まで利息取得を原則として禁止していたように、利息取得を公に認めている「近代」のほうが異常な社会です。(キリスト教は旧約聖書もベースにしていますから、“最低”でも同

「利潤なき経済社会」とは 

>貴殿の言われる「利潤なき経済社会」と言うのは何となくイメージすることはできますが、誤解の余地なく明確に把握し議論するためには、例えば次のような点をクリアに伝えるべきかも知れません。 >1.利潤の定義(通常は総収入-総支出。貴殿は違う意味で使っておられる。

太田光くん、ゴメン

以前お玉は太田総理のマニュフェスト「自衛隊駐屯地を田んぼにしよう」という野をテレビで見て、爆笑問題かついでマスコミに九条を語って欲しくないという記事を書きました。あのときの番組自体には今も大きな違和感を持ってますが、その後彼の出演する番組を意識して見て..

霞ヶ関改革と公務員改革

 『官僚システム』考察シリーズを続ける.小沢一郎が以前から『霞ヶ関改革』を口にしている.その中身は本当のところは知らないのだが,テレビなどの発言を聞く限りは,霞ヶ関主導のいわゆる官僚システムを打破しようとしているように感じる.つまり,簡単に言えば,予算配

私の死刑廃止論

 これまで何度か「死刑問題」について考えてきた.その度に自分の手には負えない問題だとあきらめていたが,最近の4本の記事(とりあえずさん,お玉おばさん,華氏451度さん,愚樵さん)を拝見しているうちに,自分なりの言葉を見つけることができたような気がする.私ご

死刑廃止論者達へ 助けてください

私は死刑廃止論者なのですが、その理由付けがどうもしっくりこなくて困ってます。価値判断の背景には早く吊るせ的な風潮への違和感があるわけですが、それでは説得性皆無。ちょっと一緒に考えてもらえません?私は国家が国民の人権を制約することに懐疑的です。ゆえに、戦争

殺意なき殺人者。

ひっかかったのは、この記事だ。長勢法相:「死刑執行は法の規定に沿って判断」 死刑執行命令書への署名を拒んだ杉浦正健前法相の後任になった長勢甚遠法相は26日夜、初閣議後の記者会見で「死刑執行は大変重い問題だが、法

[韓国世論調査]死刑制度を廃止すべきか?

こちらは朝鮮日報の2003年9月28日の記事です。どうやら日本語版には出ていない模様です。それにしても、朝鮮日報も(たまには)いい記事書くねぇ。 [世論調査]死刑制度を廃止すべきか?死刑“維持”52%、“廃止”40%“死刑廃止論”増加趨勢最近、宗教界の元老たちが死刑制

死刑囚の自然死

先日の「韓国の死刑制度はどうなっているんだろう?」エントリーに使った韓国語の資料の日本語訳です。この記事の補足として、事件の背景を簡単に説明いたします。韓国では金大中政権発足以降、死刑が執行されていませんが、法制度としてはまだ死刑制度は残っています。そん

バダンテールの死刑廃止演説

 「1981年9月17日、フランス国民議会、死刑廃止法案の審議における、法務大臣ロベール・バダンテールの演説全文訳」ロベール・バダンテール(Robert Badinter)はフランスのミッテラン政権が1981年に死刑を廃止したときの法務大臣です。もともとは弁護士で、1970年代に多く

死刑廃止に関する特別法案

さて、韓国の死刑制度はどうなっているんだろう?シリーズの最終回です。って、実はこのシリーズ、下記の通り他のブログからのリレーなんですけれどもね。第1回「とりあえず」第2回「お玉おばさんでもわかる政治のお話」第3回「とむ丸の夢」第4回「華氏451度」第5回

クリスマスに死刑を執行する国、ニッポン

死刑執行:4人に 安倍政権で初 1年3カ月ぶり◇死刑制度の維持したい法務省の強い意思 9月末に就任してからまだ日の浅い長勢甚遠法相が25日、一度に4人もの死刑執行を命じたことは、毎年執行の実績を積み重ねることで、死刑制度の維持を確かなものにしたい法務省の

私は死刑制度廃止を望み、今日の死刑執行に抗議します。

クリスマス、12月25日、世界の多くの地域では、平和の中で家族で静かに過ごす一日。この日、日本ではなんと4人もの死刑執行がありました。死刑執行がない年をつくらないようにという日本政府の意思が反映された政治的な死刑執行だと指摘されています。私はこの死刑執行 ..

内面のアンチエイジング

私自身がドッキ!!とする内容でした・・・・アンチエイジング 老化防止のホームページ管理の方、また記事流用させてもらいます。内面のアンチエイジング(アンチエイジングで若返り!)  より流用です。アンチエイジングで若返りを図る方法というのはたくさんありま...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード