愚慫空論

アクロバットとミスマッチとリズムの喪失


今日は短くしたい。

最近私は「アクロバット」という言葉をよく用いるけれども、この言葉と対になるべきものを提示していなかった。それは「ミスマッチ」である。ミスマッチがあるからアクロバットが必要になる。簡単な話。

ではミスマッチとは何なのか。何と何がミスマッチしているのかと問うことになる。その答えは自発性と内発性。

「動物としてのヒト」が備えているのが内発性。これは生態系における均衡発現をデフォルトに、個体としての最適発現を追求しようとする生命の〈現れ〉
と同時に、ヒトは「人間として」自発性を備える。こちらは人間が作る社会へ適応しようとする人間としての欲求である。

ヒトの自発性と内発性のミスマッチはヒトという種が抱える構造的欠陥というべきだろうが、近代社会は【システム】を全域化させていくことで欠陥を克服しようとしてきた。だが、この企ては失敗に終わったと見るべきだろう。そう見るならば、人類は衰退局面に入ったと捉えておくのが正しいはずだ。

以上はアクロバット/ミスマッチからの見立て。ここに別の見立てを立てると「リズムの喪失」。

リズムは「刻む」ものだが、この言い回しが表しているのは、リズムとは自発意識的には時間を「切る」ものだということ。自発的に「切る」からこそ内発的に「繋がる」。リズムとはそうしたものである。

生命はそれぞれにリズムを持ち、かつ、それぞれのリズムをそれぞれに共有する。もしくは大きな自然のリズムをそれぞれに共有している。

人間は社会を作るが、社会を作っている人間は個々の生命。ゆえに社会にもまたリズムがあるはずで、健全なそれは個々人のリズムと自然のリズムとの共振であるはずだ

ところが近代社会を支配しているリズムは、そうした共振とは全く無関係な「空虚で均質なリズム」である。

私たちはリズムを機械が発する機械的な律動に委ねてしまっている。自発意識的に時間を「切る」ことはしない。現代社会で「時間を切る」というのは、空虚で均質な機械的時間に合わせるように自身の身体を調整するということに他ならない。これでは内発的な「繋がり」が見失われていくのも当然の帰結だろう。

この見立ては、機械的な時計を棄てよという主張に繋がるものではない。そうではなく、機械的な時計のもたらす利便性は享受しつつ、自身のリズムを見失うなということである。つまり自身のリズムを保持す技法が大切になってくるということ。

自然のなかで暮らすいうのは、その技法のひとつ。自然な暮らしを技法というのはおかしな感じだが【システム】が全域化して空虚な時間に支配されている現代社会では、あえて技法のひとつとして捉えることも必要だろう。

もちろん技法的な技法も存在する。


こちらを参考に。
 光るナス:「私は生を探っているのです」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/599-dbdf80a9

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード