愚慫空論

権力者たち

細野大臣の発言が波紋を呼んでいるようだ。

細野大臣 最終処分場は県外で

原発事故で放射性物質に汚染されたがれきや土壌の最終処分場について細野環境大臣は4日の会見で「福島の痛みを日本全体で分かち合うことが国としての配慮だ」と述べ、福島県以外に設けたいという考えを示しました。
これは4日行われた就任会見で、細野環境大臣が明らかにしました。原発事故で放射性物質に汚染されたがれきや放射性物質を取り除く除染作業で出た土壌などの処分をめぐっては、先月、菅前総理大臣が福島県の佐藤知事に対し、一時的に管理する中間貯蔵施設を県内に整備する方向で検討していることやその施設を最終処分場にすることは考えていないという意向を伝えています。
4日の会見で細野大臣は、中間貯蔵施設について「具体的な場所や保管しておく期間については地元の理解がなくては進めることができない」と述べ、施設を設ける場所などについては今後、地元と十分話し合ったうえで決めたいという考えを示しました。 また、最終処分場については中間貯蔵施設とは別だという認識を示した上で、「福島の痛みを日本全体で分かち合うことが国としての配慮ではないかと思っている。福島を最終処分場にはしないということは方針としてできる限り貫きたい」と述べ、福島県以外に設けたいという考えを示しました。


読み終えて、酷い文章だと思った。特にリード。

放射性物質に汚染されたがれきや土壌の最終処分場について
福島の痛みを日本全体で分かち合うことが国としての配慮だ

これだけを見ると、「福島の痛み」=「放射性物質に汚染されたがれきや土壌」のように読める。そして「日本全体で分かち合う」と続くわけだから、大抵の読者は「細野は放射性物質を全国にバラ撒こうと意図している」は読む。そう読んだたいていの読者は憤慨する。それが波紋となっている。

これがもし"「福島の痛みを日本全体で分かち合うことが国としての配慮だ」と述べ”の部分がなければどうだろう? 最終処分場を福島県以外に設けることの最終的な判断はともかく、原発原発事故相が少なくとも今の段階で、福島に最終処分場をと、たとえ本心はそうであっても発言できるはずがない。

では、最終処分場について発言しなくてよいかというと、そうもいかない。なぜなら現実に放射性物質に汚染されたがれきや土壌は福島に大量にあり、それは「中間貯蔵」として福島に置かざるを得ないからだ。その現実があって、でも、福島県民に対しての「国の誠意」をとりあえずは見せるためにも、"最終処分場は福島以外”と言わざるを得ないのではないのか。

>細野大臣 最終処分の見通しも

細野原発事故担当大臣は4日、NHKなどとのインタビューで、放射性廃棄物を一時的に管理する中間貯蔵施設を福島県に整備する場合は、同時に最終処分の見通しについても提示したいという考えを示しました。
この中で、細野原発事故担当大臣は「中間貯蔵施設については、大変申し訳ないことに福島県内にお願いしなければならない状況だが、それを最終処分場にしないためにどういうやり方があるのか検討しなければならない。例えば、放射性物質を減量化する技術開発や、放射能レベルを下げる方法などを見極めた上で、最終処分のあり方について、政府として責任を持って考えたい」と述べました。
その上で、細野大臣は、「中間貯蔵の期間は、できるだけ短いにこしたことはない。現実的に中間貯蔵施設を何らかの形で具体的にお願いする時には、最終処分についての考え方も示さなければならない」と述べました。


同じくNHK ONLINE 福島ニュースから。

中間貯蔵施設については、大変申し訳ないことに福島県内にお願いしなければならない状況
現実的に中間貯蔵施設を何らかの形で具体的にお願いする時には、最終処分についての考え方も示さなければならない

細野大臣は正論を述べている。批判に値するとは私には思えない。
とりあえず今の段階では

つまり。
此度の波紋を生んだ原因は、まず第一にリードの拙さにある。
第二は、拙いリード文を読んで短絡的に嫌悪を吐きだしてしまったこと。
双方とも、読みが浅いと言わざるをえないのではあるまいか。
(細野大臣の真意はわからない。あくまで文章から読み取れることが出来る範囲での判断。)

これが結論ではない。ここまでは単なる指摘。問題はここからだ。

「福島の痛み」を放射能汚染と読んで、それを「全国民で分かち合う」ことには同意するべきではない。
しかしながら「福島の痛み」を「全国民で分かち合う」ことは、「正しい」とするべきだろう。

ここで考えなければならない。
では「福島の痛み」とは何なのか。
その大部分はやはり放射能汚染ではないのか。
放射能汚染さえなければ福島は復興できる。それを阻んでいるのが放射能であることは厳然たる事実なのだから。

東京電力福島第一発電所で起こってしまった「事象」とやらの帰結は何か。
それは、私たちは「正しいこと」を選択することができなくなってしまった、ということである。
福島が放射性物質の最終処分場とするかどうかは別にしても、とにかく福島は棄てなければならない。
運が良ければ、期間限定で済むかもしれない。
運が悪ければ、福島だけで済まないかもしれない。
が、とにかくまず、一旦は棄てなければならない。

放射能に対処するには、今のところ逃げるしか方法はない。
逃げることは棄てることである。
棄てれば必然的に「痛み」を伴う。

しかし、私たちは「棄てる痛み」を共有することもない。
なぜなら、私たちは自ら進んで「棄てる」ことを選択しないだろうから。
またこれは、すべきことでもない。そんなことをしても誰も救われはしない。

では、私たちには共有すべきものは何もないのか。
ある。それは「正しいこと」が選択出来なくなってしまった「痛み」である。
「良心の痛み」と言ってもよい。

ここまで理解出来たなら、改めて問わなければならない。
細野発言に憤慨する私たちは、「良心の痛み」を感じているのか、と。

確かに報道は拙い。拙い報道への反応も短絡的である。
だが、問題は、細野大臣の真意とやらにあるのではない。
私たち自身が未だに、どこかに「正しいこと」があると思い込んでしまっていることが問題なのである。
短絡的に反応をしてしまうのは、読みが浅かったからではない。
読みが浅くなってしまうのは、思い込みの結果に過ぎない。

もっと言ってしまおう。
憤慨は、良心の隠蔽である。
誰かに憤慨することで、良心への視線をそらせることが出来る。
悪しき者を見つけて非難することで、相対的に自身は「正しい」と思い込むことが出来る。
「正しい」と思い込むことが出来た者に、「正しいこと」が選択出来なくなってしまった「痛み」を感じろといっても無理な話だろう。

権力者は正しいあるべきだ。それは確かに正しい。
だが、「正しい」選択肢が存在しない状態で、どんな選択肢があるというのか。あるとすれば、とりあえずの選択肢しかないだろう。細野大臣は、正しくその選択をしようとしているのではないのか。
だがこれも、良心の隠蔽でしかない。

そもそも政治家とは、良心に従っては生きていけない哀しい人種でしかない。
しかし、良心を隠蔽する者に政治家を非難できる資格があるはずもない。
政治家は権力者だが、政治家を批判する者もまた権力者のである。
そして権力者とは、理念を掲げつつ自身を理念の埒外に置く者。
自身だって「正しい」選択は出来ないにもかかわらず、政治家に「正しい」選択をせよと迫る「市民」はまさに権力者である。

まだ言葉を連ねてみたいが、今日のところはこれまでにしておくことにする。

コメント

災い転じて福と成す発想

政治家の良心云々の問題はあるでしょうが、福島には原発事故区域や放射性物質に汚染されたがれきや放射性物質を取り除く除染作業で出た土壌の処分などを逆手に取って、「瓦礫処理、廃炉処理、除染・放射線技術研究所、核廃棄物長期保管施設」などを産業として成り立たせることを考えるべきです。

その理由として、福島県内にある放射性物質廃棄物を他の地方に移動させることには汚染を拡散させる危険性を伴う上に、その様な厄介だが必要不可欠な産業を積極的に誘致できる地方自治体が他にあるとは考えにくいのです。 福島の復興には多額の財政出動が求められますが、それに呼応する形の結果(産業の育成)も求められるはずです。

Re:災い転じて福と成す発想

・もえおじさん

仰る趣旨は理解します。放射性廃棄物処理を産業として自立させることは重要な課題であり、それが達成できれば「福と成す」ことができるとある意味では言えるでしょう。

しかしです。私は別の意味では、災いが災いを呼ぶ、ということになりかねないと思います。というのも、原子力に限ったことではありませんが、特に原子力産業は構造的に弱者を必要とする。放射性廃棄物処理産業は、それに輪をかけたものになる可能性が高いように思われるからです。

弱者を搾取するのは何時の時代も権力です。現在の日本の体制のままだと官僚組織を中心とする体制が合法的に搾取していくことになるでしょう。廃棄物処理を名目に多額の税金を弱者である国民から搾取し、最弱者にはリスクの高い作業を強いて生命を搾取する。現在の原発運営方法の延長線上で出来てしまいますね。

こうした体制はもちろん改めるべきで、それは政治主導によって為されなければならない。これは原発収束と並んでで喫緊の課題です。どちらも失敗すれば日本という国はなくなってしまいかねません。

しかしです。仮に政治主導で現在の体制が解体されたとして、廃棄物処理を含んだ原子力産業が弱者を必要とする構造そのものに変わりはない。誰かが処理に当たらなければならないが、その誰かとは弱者に決まっている。間違いありません。

かといって、少なくとも今後数百年間、原子力産業が人類にとって必要なことも間違いありません。技術の進歩によってリスクの高い作業は機械よって代替される時代が来るかもしれませんが、産業育成がそんな時代を待っていられないことも明白です。

どうすればいいのでしょう? 弱者になってしまうのは自己責任だと、良心の問題には目を瞑りましょうか?

希望はある

仰る通り、世の中の汚れ仕事(原発もそれに含まれる)を行なわされているのは弱者です。 ですが、汚れ仕事自体を減らしていく事、さらに、汚れ仕事をより安全に行なう事も人間の努力によって可能なはずです。

・もえおじさん

はい、仰るとおりだと思います。希望は、自身で棄てない限り存在します。たとえ宝くじで一等を引き当てるような確率であったとしても(笑)

いかなる場合においても希望を棄ててはなりません。と同時に、自らの足元をしっかり見つめることも続けなければなりません。安易な希望は容易に落胆へと変貌しまいますから。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/511-6163a93d

特攻隊基地だった福島第一 人間を使い捨てる原発のタブー

『日本以外でも事情は同じ』 クリーンで安全、経済的にも優れている夢のエネルギーとの宣伝文句だった原子力による発電には、臨時雇用の作業員を『使い捨て』にする非人道的な恐るべき秘密が隠されている。 しかも、発電会社の正社員では無くて待遇が極端に悪い臨時雇...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード