愚慫空論

そんな大袈裟な話でもないと思うけど

My Blog の周辺で、警官が殴ったの、平手打ちをしただとの騒いでいるが。
こことかこことかこことか。

警官にだってバカはいる。そんなのもう、いまさらでしょ? なんにも驚くほどのことはない。バカを応援するバカもいる。それも別に驚くほどのことじゃない。

この程度の話じゃないの?
警官

コメント

騒ぐ3羽カラスの1羽です

まあ仰るとおり、騒ぐ程のことじゃないかもしれないんですが、書きたかったから書いたということで、何で書きたかったかというと、いちいち指摘しておかないと、警察は隠匿しようとするし、世間ではバカが伝染するといけないからでーす(ほんまかよ)。
でもね、やっぱりワタシの場合は「警察」がポイントだね。
マンガのようにサラリーマンの出来事なら書かないよ。……かな?
「戯れ言」の場合、細かな事に騒ぐ傾向にあるので、サラリーマンでも書いたかも(爆)

警察発表と世論誘導

此れは可也大袈裟に感じた方が賢明でしょう。
>警官にだってバカはいる
広い世の中には馬鹿も○○もいる。しかし其の馬鹿の○○が棍棒やピストルを合法的に持っていたとしたらどうでしょうか。?
何とかに刃物どころではない。何とかに拳銃ですよ。何も知らない善良な一般人が危険に曝されている。

今回の事件で一番悪いのは警察当局の発表と、其れを検証せず無批判に垂れ流すマスコミ各社。

最初の警察発表は①礼儀を弁えない高校生が電車内で迷惑行為を働く
②非番の警察官が注意する
③高校生と口論になる
④怒った警官が平手で殴り怪我をさせる
⑤その警察官が現行犯で警察官に逮捕される。
此れなら私でも逮捕された警察官に同情します。ところが数千件の激励メールが届き被害の家族からも抗議される事態になって警察は二度目の釈明会見を開く。
①迷惑行為は初回会見と同じ。
②乗客や車掌の注意を聞き入れた高校生はライターを鞄にしまう。
③駅に降りた高校生に対して、酔っ払った非番の警官が突然髪の毛を掴む等の暴行をはたらく。
④見ていた乗客の制止を振り切り、平手等(拳骨も?)で高校生を殴り怪我を負わす。
⑤現行犯で逮捕される、のは初回会見と同じ。
最初と最後だけ同じだが、全く違う事件に見えてくる。
この最初の警察発表は、世論誘導や印象操作。もっと悪く言うと謀略行為に等しい恥ずべき行いでしょう。

釈明会見の平手等が特に怪しい。Tomorrow is Another Happyに送ったコメント、『平手打ちで顔面打撲の謎解き』
小池百合子に口説かれて政界入りした衆議院議員旭道山の弟弟子の旭鷲山によると、旭道山が現役時代何度も張り手一発で160キロ以上の力士をKO出来たのは、(平手ではなく)指をしっかり曲げ握り締める。
親指を人差し指側に重ねれば『握り拳』で反則だが、重ねなければ平手と解釈される。
警察も相撲協会の『握り拳』の解釈を採用しているのでしょう。(そんなモン拳骨じゃ)

昔の話ですが、電車の中で喫煙を注意したら、相手の若者が物凄い速度で逃げていきました。何か勘違いがあったようです。

激励の功名

布引さん>
詳細な記述、ありがとうございます。その点については一応私も把握してまして、①から②へ移った経緯については騒ぐべきかと。本文でもそのことには言及すべきでした(反省)。
まあ、それにしても②が発覚したというか、警察が泥を吐いたのが多数の激励メールが来たというのが何とも皮肉なことで(笑)。

警察の不手際は明らかなのですけど、こうしたエントリーをアップしようと思ったのは、もうすでに①の時点で騒ぎが始まっていたように私には感じられたもので。

dr.stoneflyさん>
書きたかったから書いた、その基本姿勢でいいのではないですか。なんせブログなんだし。私も書きたかったから書いたまでです。ここは私のブログですし。
書きたいことを遠慮せずに書く。ブログを通じてのコミュニケーションはそれの方針でいければと思います。

警官が行儀の悪いガキにゲンコツじゃなくてヒラテを喰らわした。それをする勇気のない者が賞賛するのは当然のことかと。けど、ルールはルール。罰せられるべきは罰する。①だと、ただそれだけの話としか思えない。賞賛した者たちをオカシイとやり出すと、話はどこまで行っても噛み合いませんよ。そうした行為は争いの種を蒔く行為でしかないと、私には思えたのです。

問題は、一つの出来事ではなく

この出来事を単独で取り出せば、おっしゃるとおり、大げさに騒ぐほどのことでもないと思います。
しかも私は、dr.stoneflyさんや布引さんのように、警察やマスコミの問題をマジメに考えているわけでもなく。

私が気になるのは、ただ一点。
>バカを応援するバカ
が、すごいスピードで増えている気がすることです。
だから気持ち的には、このエントリーは、前日の「劇場型裁判」の続きなのです。

ということで、そちらをトラックバックさせていただきます。

みんなさんイライラしてませんか?

gegengaさん、ようこそ。

バカを応援するバカがすごいスピードで増えている。
同感です。けど、なぜでしょう?

みんなイライラしてストレスを溜めてるんじゃないですか? だもんで、ちょっとした美談に感激し激励したりする。あの警察官のニセ美談、素直に信じれば爽快感を感じてしまいますよね。そうした爽快感を求めるのもイライラしているからでしょう、きっと。

美談をもう少し深読みできる方は、その虚構に気がつき、イライラ。お三方ともそうしたイライラが出ているように思いました。gegengaさん、あ、いえ、師匠でしたっけ、すみません、師匠の下さったTBも拝見しましたが、やはりどこかにイライラがあるように感じられました。

こんなお説教はするまでもないことでしょうけれど、イライラしている人間にイライラして対応したって、ろくな成果は得られませんでしょう? イライラしている人間には、ゆったり構えて対応するしかないじゃないですか。なら、いったん、そんな大袈裟なことじゃないと、気持ちを切り替えてみてはどうかなと思ったんですよね。

そういえば師匠の「無法地帯」のエントリーにクロ現が取り上げられていましたね。あれを受けながら、しかし! となってしまう流れ。 師匠は文体がゆったり流れるので読んでいてそんなにイライラ感はなんですけど、あの流れできっとイライラしてるんだと拝察した次第です。

でも、もし私の感触が間違っていたなら、申し訳ございません。その節はご容赦くださいね m(_ _)m

よく誤解を受けるのですが

私の場合はイライラではなく、憤りに近いです。

そして、その対象は、高校生を殴ったバカや、そのバカを応援するバカよりも、事実を隠匿しようとした「警察」と、警察発表をそのまま垂れ流した「マスコミ」です。

光市裁判でもそうですね。

また、今回の事件を早い段階で取り上げたのは、マスコミ報道に辻褄の合わない不自然さを感じたからですね。

被害者バッシングと加害者擁護に反応するのは、男性よりも女性に多いかもしれません。男性から「大げさに騒ぐほどの話ではない」と言われるとむかつきます。

> イライラしている人間には、ゆったり構えて対応するしかないじゃないですか。

そういう態度が、相手を逆上させることも多々ありますけどね。
今の私は兄さんに対して、そういう感じです。大きなお世話なお説教。

・・・あ、そうか、兄さんも実のところはイライラして「ゆったりと構え」ていないからですね、私が腹が立つのは。
「ゆったりと構え」ているなら、騒いでもしょうがないと思っていることを、わざわざ取り上げたりしないでしょうしね。

お三方揃い踏み(^-^)v

あ、水葉姫、修正しましたね。助かりましたよ、修正部分は兄には救いとなりました。さすがは心優しい姫であります。

実はどう返事しようか、一晩考えようと思ってすぐに返事しなかったんです。

>兄さんも実のところはイライラして「ゆったりと構え」ていないからですね

そうです。もう少し言うと、そのイライラに巻き込まれるのがイヤだったから。だからこのエントリーは、私にとってはイライラに対する予防線でもあります。
スルーしようかとも思ったんですがね。こうした予防線は「社会的にも必要か」などと大それたことも考えてしまいました。社会的にはあまり予防効果はなかったみたいですけどね。
残念と反省。

dr.stoneflyさんのところの話

dr.stoneflyさんのところの話は面白かったですね。
あの女子高生の言葉は、「同じ川には二度入れない」(なぜなら、今日の川を流れる水は昨日の川を流れる水とは違うから)というような古代ギリシア哲学者の話と並べても遜色ありません。実に立派な哲学者であります。

女子高生恐るべし!

ほんとうに、面白い話でした。
女子高生恐るべし! といった感じです。

ん? でも、何を恐れればいいのでしょう? 彼女の無知? 無知を怖れぬ傲慢さ? それとも感性? 疑問ですね。
dr.stoneflyさん作なら、恐るべきものは明らかなんですが(dr.stoneflyさん創作でないにせよ、脚色が入っているのは間違いなさそうです)。

後からこのコメントをご覧になった方のために、dr.stoneflyさんのエントリーを紹介しておきます。
http://dr-stonefly.at.webry.info/200709/article_4.html
どうぞ、お楽しみください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/51-4683124e

劇場型裁判

電電公社や国鉄が民営化されたころ。あまり深くものを考えない小娘だったわしは「利用者にメリットがあるんなら、いいんじゃない?」と、軽く思っていた。しかし。心の片隅には「何でもかんでも民営化するのって、危ないんじゃ?」という思いがあったらしく...

わたしは、おおむね警察を信用しているのよ

昔は「金返せ~」と言いました。今は「感動を返せ!」と言うそうです。http://news.ameba.jp/hl/2007/09/6966.php  高校生を注意して平手打ちに及び逮捕された警官のケース。詳細が後出しされたら、後から因縁気味に暴力をふるって、どうも酒の上の不埒だったという・

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード