愚慫空論

「造り變える力」

芥川龍之介に『神神の微笑み』という短編がある。一部を引用。
「南無大慈大悲の泥烏須(デウス)如来! 私はリスポアを船出した時から、一命はあなたに奉つて居ります。ですから、どんな難儀に遇つても、十字架の御威光を輝かせる爲には、一歩も怯まずに進んで參りました。これは勿論私一人の、能くする所ではございません。皆天地の御主、あなたの御惠でございます。が、この日本に住んでゐる内に、私はおひおひ私の使命が、どのくらい難いかを知り始めました。この國には山にも森にも、あるいは家々の並んだ町にも、何か不思議な力が潜んで居ります。さうしてそれが冥々の中に、私の使命を妨げて居ります。さもなければ私はこの頃のやうに、何の理由もない憂鬱の底へ、沈んでしまう筈はございますまい。ではその力とは何であるか、それは私にはわかりません。が、とにかくその力は、丁度地下の泉のやうに、この國全体へ行き渡つて居ります。」

そのように嘆くオルガンティノの前に、この国の霊(神)が現われる。

「誰だ、お前は?」
 不意を打たれたオルガンティノは、思わず其處へ立ち止まった。
「私(わたし)は、――誰でもかまいません。この國の靈の一人です。」
 老人は微笑を浮べながら、親切さうに返事をした。
「まあ、御一緒に歩きませう。私はあなたと少時の間、御話しする爲に出て夾たのです。」

「あなたは天主教(キリスト教)を弘めに夾てゐますね、――」
 老人は静かに話し出した。
「それも惡い事ではないかも知れません。しかし泥烏須もこの國へ夾ては、きっと最後には負けてしまいますよ。」

「泥烏須に勝つものはない筈です。」
「ところが実際はあるのです。まあ、御聞きなさい。」

そういって老人は、老荘思想や仏教も結局この国では変質してしまったと述べ、泥烏須もこの国では勝てないと断言する。
これ対して、オルガンティノは、今日も侍が2,3人入信したと反論するが、

「それは何人でも歸依するでせう。唯歸依したと云ふ事だけならば、この國の土人は大部分悉達多(シッダールタ)の教えに歸依しています。しかし我我の力と云ふのは、破壊する力ではありません。造り變える力なのです。」

造り変える。これは破壊した後、新たに創造するのではない。他の国ではそうかもしれないが、日本は違う。インドではシバという神様が破壊と創造を司ると信じられているように、破壊と創造はセットなのだが、日本は破壊せずに、受け入れておいて変質させる。これが日本の「造り變える力」だ。
「造り變える力」は「融合させる力」と言い換えてもよかろう。土着のものと外来のものを融合させる。そういった力がこの国には満ちている。神父オルガンティノの苦悩は、そのことに気がつくことから始まる。
日本の融合する力の特徴がもっともよく示しているのが、日本語という言語だ。文字表記をするのに、中国伝来の漢字と日本独自で生み出した仮名(かな)を融合させて使用する。そして現在も横文字言葉が次々と取り入れられ、日本語と外国語の融合が進んでいく。
「造り變える力」、つまり「融合力」こそ日本文化の最大の特徴である。最大の「伝統」といってもよいだろう。

しかし、この「伝統」はもはや失われつつあるのかもしれない。
現在、右を向いても左を向いても、目に留まるのは「破壊する力」ばかりだ。
先の「国旗国歌」についての東京地裁の判決を巡る左右の対立。どちらにもまったく取り付く島がない。かつての江戸っ子なら、きっと「無粋の極み」と言ったろう。
左はこの判決を当然だといい、右は伝統の破壊だという。私には、どちらも「破壊する力」を振り回しているだけにしかみえない。

「遺恨を残す」という言葉がある。日本人は伝統的に遺恨を残すことを避けようとする。だから白黒を付けることを嫌う。ことはなるべく穏便に済ませようとする。「融合力」はそんな場面でも力を発揮する。
ところが「国旗国歌」については、右も左も遺恨などお構いなしだ。どちらもわが方の主張が勝つか負けるか、関心はそれのみだ。接点を探る動き、融合を図る動きは極めて少ない。
「国旗国歌」を巡る対立の原因は、左右の遺恨でしかないのではあるまいか。左は戦前戦中の遺恨を晴らそうと、国旗国歌の掲揚・斉唱をまかりならんとした。それを今度は右が遺恨とし、「人間として当然」とばかりに強制。強制された方にまた遺恨が残り...、堂々巡りはいつまで経っても終わらない。

日本の国旗と定められている日の丸は、幕末・戊辰戦争の折に幕府軍が掲げたものである。勝利した官軍が掲げたのは菊花旗だ。つまり菊花旗が錦の御旗だった。にもかかわらず、なぜ負けた方の日の丸を日本を象徴する国旗として採用されたか。答えは「負けた方に遺恨を残さないため」。これが日本の伝統的なやり方である。日の丸を国旗として定めた明治維新の人たちは、現在の我々の騒動をどう見るだろうか?

この國の、山にも森にも、あるいは家々の並んだ町にも潜み、日本文化を支えてきた何か不思議な力、「造り變える力」「融合力」は、もはやその力を失いつつあるのかもしれない。それが日本の「伝統」を巡る論争の中で終焉を迎えるとしたら、なんと皮肉なことであろうか。

コメント

懐に入ると同じ?

こんばんわ.「造り変える力」,「融合力」は,愚樵さんが以前言っておられた,「懐にいれる」ということとつながってくるような気がします.また一つ進歩したような気がします.
ところで,例として,国旗国歌の東京地裁判決を巡る対立を挙げられましたが,これは腑に落ちない感じがします.押し売りが来て,買う買わないの論争になったときに,それを両成敗しているような気が・・・
押し売りが入ってきたこと自体が問題だと思うのですが・・・

こんばんわ、愚樵さん。造り変える力、かあ……。それが評価すべきものかどうかは私は今ひとつわからないのですが、現在の日本が破壊する力に満ちあふれているというのはよくわかります。「怨念」が残るようなことばかりやっている。かなしいですね。

TB入れましたが入っていないかも……。(実はgooはFC2と相性悪くて、ほかのFC2のかたの所にも以前から入りにくいのです。)

アルバイシンの丘さん、おはようございます。

>懐に入ると同じ?
そうかも。 いや、きっとそうですね。

>両成敗しているような気が・・・
こちらもご指摘のとおりです。私にはどちらも「破壊」に見えてしまっています。どちらも受け入れましょう、っていいたいのです。

華氏さん、どうもです。
>実はgooはFC2と相性悪くて
そうらしいですね。残念。こちらはまだ試運転のつもりでいるんですけど...。

怨念を避けるのも行き過ぎると「臭いものにフタ」になってしまうんですけど、ね。
「造り変える力」っていうのは、いろんな思想がもっている「これでなきゃダメ」っていう尖がったところを削る力だとも思うんです。どんなに正しい思想でも、それが受け入れられなければ仕方がないじゃないですか。左右両成敗のようなことを書きましたけど、それはどちらも尖がっているように思えるから。尖がっていたら受け入れてもらえませんよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/5-ae729984

 「平良夏芽釈放」…とりあえず報告

本日27日午後1:05 平良夏芽が釈放されたという情報が入りました。皆様、抗議のコール FAXありがとうございました。感謝です。ただ、これで闘いが終わったわけではありません。武器の商人に操られるだけの、米軍依存のエセ平和工作は、一層ひどくなります。さらにはアベの

或る未遂の実験

 麻原彰晃こと松本千津夫さんの死刑が確定した.しかし,あえて言わせてもらおう.麻原尊師は無罪だ.大体,サリンなどを彰晃尊師がご存知のはずがないではないか.その入れ知恵をした者こそが罰せられるべきである.それは無論,側近の部下である科学者達だ.彼らがそうい

GDPの名目成長率と実質成長率

 戦後日本は、脅威的な高度経済成長と悲惨な「長期デフレ不況」を経験した稀有な先進国である。高度経済成長は、GDPの名目成長率と実質成長率がともに高い状況で、企業の収益が拡大し国民生活が向上していく過程である。政府・地方の財政も、“自然増税”で潤い、公的債

政治家ブログ・アンテナ

© Copyright - Akira O. - All rights reserved. 「政治家ブログ・アンテナ」 「政治家によるブログ」のアンテナ(ウェブサイト更新の自動チェック・ページ)をつくってみました。 民主・社民・共産・公明・自民・無所属と無差別に登録してい...

重農主義から見える産業主義近代

産業」に懐疑の目を向けていた人たちは近代的産業が興隆する前に既にいた。それは、フランス絶対王政期に経済問題に取り組んだ重農主義と呼ばれる人たちである。彼らの特長は、「自然の秩序」である。その自然も、自然権などで使われる超歴史的な自然ではなく、人々が現実に

麗子と玲奈の「手探りで死刑を考える」4軒目

luxemburgさんの所に死刑廃止に関するロベール・バダンテールの演説の翻訳が送られたことに端を発し、何となくの雰囲気でブロガーの間に連載エントリが生まれた。おみゃーもやってみろよ、と言われ、腰軽く乗った結果がこれである。◇◇◇◇開幕――  西園寺邸から始まって

国民は憲法で守られている--憲法>法律>通達

国旗国歌強制違憲判決が出た。国旗国歌を敬って当然と思っている方々は不満のようであるが、その方々のご意見を吟味してみたい。私は、基本的にはリベラル左派だと思うが、結構、右派系のブログも拝見している。考えるヒントをくれるし、説得すべき相手をマーケットリサーチ

「市民運動としての闘い」…それぞれの立ち位置と力量で

♪なぜ~、こんな時代にがんばれぇないのか~ 何故~、こんな時代にぃ、闘えないのかぁ~っ♪ ここのとこ、ワタシは記事やコメントで「連帯」「共闘」「闘う」などと連呼している。実はこのブログを訪れてくれる読者にも「?」と思われている言葉かもしれないと想像し、自

みんな、ありがとうね。

お玉が「お玉おばさんでもわかる政治のお話」を始めて今日で丸一年です。これで363個目の記事になります。前回の記事の盛り上がりもあり、コメントは今現在で約6300・・すごい!!うちがいかにコメント欄に支えられてブログ...

「遠い空の下 めぐりあった不思議さ」をもう一度

 朝おきて、こんな日は、虹が出るんださんの「安倍首相の給与カットに怒る! 」を読みました。最後に、もちろん、サイアク「選挙落ちたらただの人」ってことはあるだろうけど、それだって岸の孫、晋太郎の息子、だったら、「誰かが助けてくれる」。そんな感覚だから、ぬけ

利潤なき経済社会

 人間の欲や競争心や優越感情は、悪いものではなく、活動力の基本的支えだと思っています。その発現がどのような枠内で認められるかということで、よりましな社会になるのか、より酷い社会になるのかの違いが生じると考えています。今という時点で言えば、利潤を得ることを

新官僚システムの宣言か

 安倍総理が,首相の給与30%,閣僚の給与10%を打ち出した.これを初めて聞いたとき,私の素直な方の心は,「おっ,なかなかやるじゃん!」というように反応した.しかし,次の瞬間,「まてまて,そんなに簡単に信用していいの?」と別の心が囁いた.こっちの方は小泉主義

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード