愚慫空論

『ホーシャノーの効用』

思いつきで、非科学的な駄文をひとつ。

大地震があって、原発が爆発して、大量の放射性物質が撒き散らされてしまったわが日本ですが。
そんな状況のなかで、にわかに「ホーシャノーは体によい」といった話が出回るようになりました。
もちろん低線量の放射能ですが。

ホーシャノーは体によい。すなわち、ホーシャノーには効用がある。

そこで連想してしまったのが、こちら。
ご存知、名著『風邪の効用』です。

あくまで言葉の表面からの連想だと念を押した上で、
話を強引に進めます。

**********

風邪には効用がある。
だから風邪の病原体は身体によいのだ。

こんなふうに言ってしまうと、
「そんな短絡的に言ってもらっては困る」
と、野口整体の人からきっとクレームがつくことでしょう。

風邪は治すべきものではない。経過するものである。
自然な経過を乱さなければ、風邪をひいた後は、あたかも蛇が脱皮するように新鮮な体になる。

これはつまり、人間の体に備わっている免疫力をうまく活用しましょう、というもの。
それが上手く出来さえすれば、体に良くないはずの風邪がかえって効用をもたらす。
毒をも活用する知恵、と言ってもいいのかもしれません。

実は、ホーシャノーは体によい、という人の論理もこれに似ています。
微量のホーシャノーを浴びると細胞が刺激を受けて活性化し、
新陳代謝が向上し、免疫と自然治癒力が高まる。
ホルミシス効果という仮説。

逆の仮説もあります。
どんなに低い線量のホーシャノーでも生物に対して障害作用をもつ。
LNT仮説。

私たちの身体は常に風邪の脅威に晒されている。
でも、抵抗力があるからいつも風邪を引くわけではないし、
引いても自然に経過させると体調のリセットになる。

自然界には常に微量のホーシャノーが存在するが、
私たちの細胞には自己修復能力があるので、ホーシャノーを「引く」わけではない。
引いても自然に経過させると...?

私の感覚からすると、LNT仮説よりホルミンシス効果を支持したい。
身体の抵抗力の織り込んでいるから。
でも、その感覚が、風邪とホーシャノーとを同じに扱うことに違和感を憶えます。
身体を構成する細胞といったミクロのレベルでは同じように扱えるかもしれない。
が、マクロのレベル、体調というバランスの点では全く異なった現れ方をするのではないか。

根拠はありません。そんな気がするだけ。

「風邪を引く」というのは、身体のバランスが狂うことでもあります。
身体には狂ったバランスの復元力も備わっているから、
風邪を引いても自然に経過させれば、かえって体調は良くなる。

しかし、ある程度以上にバランスが狂うと、復元力も失われる。
そうすると「風邪をこじらす」。
風邪をこじらせてしまうと自然な経過をたどれないから治療が必要になる。

人間の身体は「ホーシャノーを引く」ことに対しても、自然な復元力を備えているのか?
そして「ホーシャノーをこじらす」状態になったときの、治療は?

そう考えると、大変心許なくなってきてしまいます。
繰り返し言いますが、この不安に根拠はありません。

敢えていうなら、不安のもとは潜伏期間の長さでしょうか。
風邪は基本的に急性です。
潜伏期間は短く、復調も早い

対して微量のホーシャノーは、その影響が出るまでには長期間かかると言われています。
つまり慢性です。
慢性の病状では、身体の体調復元力など意味がありません。
復元力が徐々に冒されていくから、慢性なんです

だとするなら、『風邪の効用』に似た『ホーシャノーの効用』はない、ということになる。

でも、心配は要りません。
もともと『ホーシャノーの効用』なんてのは私の捏造品ですから。

コメント

ダーウィンの自然淘汰

親が煙草を吸うと子供の死産とか早産、低体重児の比率は高くなるが、生まれた子供は環境汚染とくに汚れた空気などの公害に強いらしいですよ。
放射能ですが、地域によっては土壌自体が強い放射線を出している場所が地球上には存在するが、別に住民が特別他の地域と比べて放射能の影響で短命であるとかの統計は無いらしい。
それを理由にして『放射能は安全』であるとの宣伝をしているのですが、これも喫煙者の乳児の話と同じで弱い個体は淘汰された結果でしょう。
チベットなど高所の住人でも同じで、元々其処に住んでいる人は何とも無いが、逆に低地から行ったら体が到底持たない。
1960年代に中印国境紛争では低地から派遣されたインド兵は行軍するだけでばたばた肺水腫で死亡するので、そのためにチベット駐留の中国軍の完勝に終わる。
この国境紛争の原因とは、南の山麓側だった国境をイギリスがヒマラヤの稜線に新しくマクマホンラインを1914年イギリス領インドと当時独立宣言していたチベットで決めたことに由来する。
何故稜線ではなく昔はヒマラヤの南側山麓だったかの理由は簡単で高地のチベット兵には誰も勝てなかったのですね。
この高地適応したチベット人ですが最近のDNAの研究から判ったことですが2500年以前に低地の漢族から分離したらしい。
ですから副島でも同じことが考えられて何の心配も要りません。2500年ぐらい辛抱すれば十分に適応することが可能だろうと思いますよ。我々の生きている代では到底間に合いませんが。

尺度と価値観

宗純さん、こちらの返答は遅くなってしまいました。

自然淘汰が働く時間の尺度で考えてしまうと、我々の常識的な価値観など素っ飛んでしまいます。

弱い個体は淘汰された結果でしょう。

その可能性は大いにありますね。で、もしそうなら、判断を成すべき際に統一すべき基準を誤魔化しているということになる。当人達は意識してやっているわけではおそらくないでしょうが。

しかし、無意識であっても罪は罪、です。

間違いなく意識的(故意)でしょう

>『統一すべき基準を誤魔化している・・・当人達』ですが、過失ではなくて合理的に考えれば『故意』ですね。
明確な目的を持って、あえて間違えて(混同して)いるのですよ。
>『無意識であっても罪は罪』名のですが、故意犯に比べると格段に罰は軽い。
同じように人一人が死んでも、殺意がある故意犯は殺人罪で死刑か無期ですが過失致死では50万円までの罰金、刑業務上過失致死でも5年以下の懲役刑で、過失か故意かでは桁違いに罰則が違うのですね。
『放射能は安全』だとして福島市などの児童の被曝上限が20ミリシーベルトだと文科省が決定して『1ミリシーベルトが限度』だと主張する内閣参与が抗議して涙の辞任会見をしていますが、果たしてどちらが正しいのか。
政府は20ミリ以内は安全と言いながら、半径20キロ圏内への立ち入りは禁止する。
政府管理下の住民の一時帰宅は2時間以内と制限しているのですが、20キロ圏内でも半分近くは実は20ミリシーベルト以下なのですよ。
だから政府は20ミリ程度でも十分危険だとは20キロ圏内限定では認めている。
ところが退避区域以外では別の基準値を採用していて、放射能の危険を認めていない。
我々一般は、基準を一つにしてくれないと困るのです。
基準が分からないと言えば、
赤字で、
└ 宗純[ERROR!]
記事の件名・本文に「"」が含まれている可能性があります。
記事の件名・本文を見直し、編集して下さい。
不明点があればプラグイン作者まで連絡下さい。
なんて書いてあるのですよ。
失礼な。
此方が間違えている可能性よりも、ネット管理者側が間違えている可能性のほうが高い。何処がエラーなのか説明する責任がプラグイン作者の側にあると思いますよ。
以前ですが、コメントが如何しても禁止項目に触れるとして駄目だったのですが、調べると当方のガリオア・エロアが検閲に引っかかっていたのです。
人間とは大違いで、コンピューターは本当に救い難い程お馬鹿ですね。
ガリオア・エロアをガリオア基金と書き換えてやっと合格したアホ臭い話もありましたよ。

え~っと

どもです。 (^o^)

クレームはつきませんけれど (^o^)、若干の補足を。

>「風邪を引く」というのは、身体のバランスが狂うことでもあります。
<
「風邪を引き起こす菌に冒されることでバランスが狂う」のではなくて、「バランスを崩している体が風邪を引き起こす菌に冒される」んです。
そして、それを緊急事態を契機に、体の働きが活性化するわけです。

その意味で、
>ある程度以上にバランスが狂うと、復元力も失われる。
<
というのは、それなりに合ってることにはなります。
ある程度以上にバランスを崩していると、復元がスムーズにいかない。
けれど、スムーズにいかないだけで、そのうちにバランスしてくるはくる。

放射性物質を類比で考えるのだとすると、常在菌的に考えた方がいいかもしれませんね。
そうなると、要するには共存が可能かどうか、ってことになりますかね。

Re:間違いなく意識的

・宗純さん

私が“無意識であろう”と言ったのは、宗純さんが持ち出した「自然淘汰が起こる時間のスケール」についてです。地上には放射線が高い場所もあり、そこでは淘汰が働いた。淘汰が働いた場所とそうでないところとを同じ基準で判断するのは誤りだろう、――という話ですね。

しかし、現在政府・マスコミが宣伝している20ミリが安全云々という話は、そんなレベルの話ではありません。20ミリで安全かどうかは、たぶん、誰もわかっていないのが本当のところだと私は思っている。確定的なことが言えるだけの知見がまだ蓄積されていないのでしょう。安全・安心といっても様々な「時間のスケール」があるわけで、20ミリが短期間では安心でもあらゆる「時間のスケール」で安全なのかはよくわかっていない。

が、問題はそんなところではない。

我々一般は、基準を一つにしてくれないと困る

基準を統一するのは政府・行政の努めです。その努めを怠っているという話ですね。その罪の重さは、意識的・無意識的に関係ない。というか、たとえ無意識的であっても意識的と推察されても致し方ないのではないでしょうか。基準を作ったのは彼らなのですから。ミスであったとしても、それは「重過失」と判定されるべきでしょう。

とはいうものの、実際に裁かれる断になると重過失とはならないでしょうが。不公平な社会です。

補足修正、ありがとうございます。

・アキラさん

放射性物質を類比で考えるのだとすると、常在菌的に考えた方がいいかもしれませんね。

ええっと(笑)

「ホーシャノーは体にいい」という説は、そもそもホーシャノー≒常在菌という考え方だと思うんですけど。自然界には常に低線量の放射線は常に存在しているわけですから。そういった考え方の人は、例えば塩の摂取と比較したりして、“塩は体に必要だけど、取りすぎは危険”みたいな話をする。ま、それはそれで正しいわけですけど。

気になるのはやはり潜伏期間の長さですね。
風邪だっても、ずっと「引いている」状態が続くと抵抗力が低下して他の病に罹りやすくなるわけじゃないですか。「風邪は万病のもと」とも言うわけですし。

『風邪の効用』は、そのことはきちんと踏まえた上で、効用を上手く引き出す。それは技法だと思うのです。が、そんな技法がホーシャノーについても存在するのか? または存在しえるのか?

少なくとも現時点では「存在しない」と言った方がいいと思うんですけど。

「ホーシャノーは体にいい」という説を唱える人は、いろんなことをごっちゃにしてしまって話をしてると、僕は思ってるんですね。
まぁ、詳しくその説を拝聴したことはないんですけど(魅力的ではないので)。 (^o^)

で、風邪のことに戻りますけど、『風邪をずっと「引いている」状態が続くと抵抗力が低下して他の病に罹りやすくなる』んではなくて、「抵抗力が低下している体だから風邪をずっと引いている状態になってしまう」んです。
風邪の菌の作用によって低下する、わけではないんです。(基本的に)

『風邪の効用』は確かに、愚樵さんが仰るように効用を上手く引き出す技法です。
でも、風邪の菌が、では必要か?と言えば、決して必要ではありません。
また、鳥インフルエンザ・ウイルスの強毒人間版みたいなものが誕生すれば、確実にヤラれます。
外からやってくるものの、量や質の問題は当然あると思うんですね。

ある程度の度合いの放射線は、風邪の菌と同じ契機を体にもたらす可能性は大いにあると思います。
しかし、その「一定程度の度合い」を越えるようなものであれば、こちらのシステムはダウンしてしまうでしょうね。
で、この「一定程度の度合い」を誰が知ってるの?って話ですね。 (^o^)

そして、風邪の菌と放射性物質の一番大きな違いは、風邪の場合は「バランスを崩している体が風邪を引き起こす菌に冒される」わけですが、
放射性物質の場合は「放射線がバランスを崩した状態を作っていく」。
この話の前後の違い。

ホーシャノーについての「技法」は、現時点では存在しないでしょうし、将来においてもどうなんでしょうね?
この「話の前後の違い」がありますし、風邪の菌などと違って「経過」はしませんもんね。
常に対応し続けるという状態になるわけですから。
今の福島の原発みたいな感じになっちゃいますかね。

ごくごく単純に考えると、ホーシャノーについての「技法」があり得るならば、野口先生がとっくに唱えてたと思うんですよね。
戦前からの人ですし、ヒロシマ・ナガサキ後の人たちをたくさん観てらした方ですから。

追伸です

そうだ、レントゲンなどを撮った後は、ホーシャノー的な話になってるわけですよね。

現場感覚だけで言うとですね、風邪を経過した後の体を観て「あぁ いい状態になりましたねぇ」と思うことがありますが、レントゲンなどを撮った後の体を観て、そのように思うことはないですね。 (^o^)
「やっぱ負担にはなるんだなぁ」と思う状態です。

そのようなことでもって、体の働きが鍛えられていくか?と考えてみると、一旦きちんとその働きが休まるという「オフ」の状態があって、そのオン・オフの「いい感じのくり返し」となるならば、放射線に対する抵抗力が鍛えられていくことはあり得るかな、とは思います。

けれど、現実的にそういうオン・オフは、放射性物質の場合はムリ・・かなぁ。

アキラさん

>『風邪をずっと「引いている」状態が続くと抵抗力が低下して他の病に罹りやすくなる』んではなくて、「抵抗力が低下している体だから風邪をずっと引いている状態になってしまう」んです。
風邪の菌の作用によって低下する、わけではないんです。(基本的に)

はい。微妙なところですが重要なところですね。

風邪の菌と放射性物質の一番大きな違いは、風邪の場合は「バランスを崩している体が風邪を引き起こす菌に冒される」わけですが、
放射性物質の場合は「放射線がバランスを崩した状態を作っていく」

これまで私がキャッチしている議論では断言できませんが、おそらくはそうなのだろうと思います。急性であるのか慢性になるのか、症状の違いもこの差異から現れてくると推測します。

ホーシャノーは、風邪に例えるよりもエイズのような病気と比較するのが適切であるような気がします。

ごくごく単純に考えると、ホーシャノーについての「技法」があり得るならば、野口先生がとっくに唱えてたと思うんですよね。

ははは。これが一番納得できます。

>ホーシャノーは、風邪に例えるよりもエイズのような病気と比較するのが適切であるような気がします。
<
そうですね。僕もそう思います。

TBSラジオのニュース探求ラジオ Digの番組内で、広島・長崎の被爆者の検診や治療に携わり、チェルノブイリで被災した人たちの支援をしている医師の振津かつみさんが、
「被曝というとガンや白血病を想像しがちだが、神経痛、呼吸器疾患、内分泌疾患といった誰もがなるような病気に、被曝をしているがためにしていない人たちに比べてなりやすくなる。
 原爆の被爆者でもこれは同じ。」
と仰ってました。

野口整体的な観察の中での放射能がらみの問題は、胸椎七番左一側の系統や九七八(くなや)に絡むような話になるんですが、
(ごめんなさい、説明し出すと膨大な情報量になるので、一切カットします。そういう経験智があるということだけ、ご了承ください)
それを踏まえていると、この振津さんの話は非常に納得のいくものです。
聴いていて、そうだろうな・・と思いました。

体が、常に対応に追われているような状態であり続けるので、防衛・修復システムが疲弊してきてしまうことになるのでしょう。

ふう。

やっぱり「ホーシャノーは万病のもと」のようですね。
体はもともと時間の経過とともに劣化してゆくものですが、ホーシャノーは劣化を加速させる。
体を構成する個々の細胞も、体のバランスも両方。

白血病やガンは、個々の細胞の劣化・暴走から発症する。こちらは要素還元論な西洋医学でも比較的捉えやすいが、それでもホーシャノーとの因果関係は確定できない。バランスとなるともうお手上げ、となるのでしょうね。

野口整体的な観察の中での放射能がらみの問題は、胸椎七番左一側の系統や九七八(くなや)に絡むような話になるんですが

興味を惹くような書き込みを...(^_^; 

すみません。 (^_^;)
イメージで喋ってるわけではないことを、一応 記しておきたくて。

そのうち、光るナスの方ででも書くかも・・です。 (^o^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/466-b38f2579

産経、東京電力と東芝(原発メーカー)に地球環境大賞

『笑えない、悪すぎるブラックジョーク』産経地球環境大賞 毎日飽きることなく福島第一原発事故の御粗末な対応で、民主党管直人政権を批判する記事を事故以来連日掲載している産経新聞。 ところが今まで暴走したら誰も止めれない巨大な実験装置程度の危険な原発を、真っ...

菅内閣打倒アピール

菅 直人は総理を辞めろ!!*これは、沖縄反戦デーにちなんで、ブロガー同士の連帯した共同声明であります。広く賛同を求めます。

文科省作成の1年間の積算放射線量推計

『福島県内の累積放射線量』文科省が1年間分の汚染マップ作成 2011年4月27日 文部科学省は26日、福島第一原発事故から2012年3月までの1年間分の福島県内の積算線量を推定した汚染マップを公表した。 4月11日に公表後、今回は2度目だが、20キロ圏内を示...

バーナンキFRB議長の玉音放送「アメリカ型強欲資本主義の終焉」

『バーナンキFRB議長の敗北宣言』(歴史上初めての記者会見) 4月27日、米連邦準備理事会(FRB)は、連邦公開市場委員会(FOMC)声明で6000億ドル規模の長期国債購入プログラム(QE2)について、期限どうりに6月末で終了すると発表した。 絶対にや...

通産省「原子力安全基盤機構」7mの津波高で電源喪失、炉心損傷

『通産産業省の報告書』 昔から『目明き千人に目暗千人』と言われますが、知識が無い素人が判らなくても専門家なら良く知っている。 今テレビなどで平気で福島第一原発事故が『想定外だった』なんて喋っているのは専門家でもないし、目も見えていない。 実は原発の過酷...

ビン・ラディン?の海上投棄、イスラム教徒を水葬にする不見識

インドの聖なる河ガンガー(ガンジス川)の聖地ベナレス(バナーラス)のガート(沐浴場)と水葬 現在水葬は法律により日本国内では禁止され、刑法190条の死体遺棄罪に該当するとされるが、聖なるガンジス川ではヒンドゥー教の最高教義の儀式の一環として行われていて...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード