愚慫空論

買いだめは健全な行動

素晴らしいブログ記事を見つけた。

いや、見つけたという言い方は不正確。佐々木俊尚さんがツイッターで紹介されているのをみて、アクセスしてみた。

『不安であることの正しさについて』

僕らは不安であっていいんだ。
それは僕らの中の危険の感知装置が鳴っていることだから。
自分で量りきれない恐怖があるときに僕らは不安になるだろう。そして、僕らは今存在する危機に対して、その可能性の正確なサイズや輪郭をつかめないでいる。
その不安は僕らのものだ。
警報を切ってはいけない。

かつては煽動のプロがいて、大衆の不安を煽って暴動を起こしたりしたこともあったろう。しかし、僕らは暴動は起こさない。せいぜいささやかな買い占めを、それができる地域でしているに過ぎない。
僕らは誰かに煽られて不安なのか、僕ら自身の芯の部分から出てきた不安なのか。

うん、うん。満腔の同意。このブログ(「心が大事」というタイトル)の著者の村松村松恒平さんは、私と似たような考え方をする人なんだと思う。そして、私などよりずっと良い文章をお書きになる。

私たちは、不安なときには不安であっていい。“あっていい”ことを村松さんは「正しい」と表現しておられるが、私は「健全」と表現しておこう。健全な不安は、健全に安心を生もうとする。諸外国から賞賛されている緊急時の日本人の秩序正しさは、健全な不安が生んだ健全な反応なんだろうと私は思う。

大きな災害があって、危機的な状況に陥っている人々が沢山いる。被災地では物資は不足している。そんななかで被災地から離れた場所にいる人たちが、不安に駆られて目の前にあるものを買いだめる。大きく俯瞰すればその行動は正しくないといえるし、買いだめを止めましょうという呼びかけは正しいといえる。が、私はこうした「正しい」呼びかけには胡散臭さを感じる。「権力志向」を感じる。

大きく見てみれば、人々は目の前の商品を秩序正しく購入しているだけである。確かにその行動は普段とは違う。が、被災地に送るべき物資を寄こせと言っているわけではない。被災地に送られているからここには届きませんと言われれば、多くの人は納得する。普段とは違うが常軌を逸しているわけではない。大きく見て被災地に物資が必要だと言っている人が、大きな枠を壊わすわけではない人々の小さな行動を批判する。自分が「正しい」と思っている人は、この矛盾に気がつかない。

「正しい」は、心の「健全」を害してしまうことが多い。

「正しい」が社会に必要なのは言うまでもない。何が正しいかわからなければ、信頼することが出来ない。ことに、原子力発電のように巨大で複雑で危険なシステムが破綻したとなれば、「正しい」情報による信頼は不可欠になる。そこが欠ければ風評被害のような機能障害が起こる。近代社会の経済は巨大で複雑なシステムであり、私たちはそのなかで暮らしているのだから、システムの機能障害は私たちに被害を及ぼす。東電の「計画停電」なるものも、そうした機能障害の一種だ。

大きく狂ったシステムを立て直すには「正しい」がなくてならない。が、得てしてこの「正しい」は行き過ぎる。行き過ぎて「健全」を害することになる。そうすると「正しい」が「不健全」なシステムが出来上がってしまう。

私たちが頼っている、あるいは否応なく飲み込まれているシステムは、起きるずっと前から「正しい」が「不健全」なものへとなりつつあった。此度の震災は、そのシステムにずっしりと大きな負荷をかけることになるのは間違いない。はたしてシステムは元通りに復調するのだろうか?

社会の上層、つまりこれまでシステムをリードしてきた人たち、ことにシステムから大きな恩恵を受けていた人たちは、この問いに“Yes”と答え、“復調(復興)させなければならない”と答えるだろう。が、正直なところ、私は懐疑的だ。たとえ復調したところでシステムの「不健全」が大きくなることは避けられないだろうし、そのしわ寄せを受けるのは下層部にいく。

今、私たちは岐路に立っているのだと思う。
「正しい」を採るか「健全」を優先させるか。

私は「健全」を優先するときに来たのだと思う。

「健全」は自発性のなかに宿る。そして自発性を引き出すには自分自身に“耳を澄ます”ことが必要になる。外部基準から組み立てる「正しい」による自律性は、自発性を妨げる。自律性の高い人ほどその傾向は強い。

もちろん「正しい」を全否定するわけではない。今後も「正しい」は必要不可欠なことに間違いはない。ただ、今後はその適用限界を見極めることが大切なってくる。つまり自律性の限界。その先は自発性に委ねる。委ねるべき自発性が見当たらないと感じるなら、それは「健全」が足りないということだ。


ああ、そうそう。同じく佐々木さんが紹介されていた別の記事も挙げておきます。

『大声で語られる「正しさ」への同調ではなく、自分の心に従って行くことの大切さ。
  /Togetter -「高橋源一郎さん 卒業式ができなかった学生諸君すべてへ贈る祝辞』


コメント

嫌な世の中に・・・

今の日本では毎日毎日テレビのコマーシャルで『『デマに惑わされない』だの『買占めは止めよう』と耳にたこができるほど流れている。
本当に縁起でもない。
これ、間違いなく70年ほど前にも同じ事が起きていますよ。
66年前の8月15日までは今の同じ。
この日本国で今と同じ様に、当時はテレビが無かったが、やっぱり毎日毎日『デマに惑わされない』だの『買占めは止めよう』と耳にたこができるほど宣伝が流れていたのです。
これは、余り書きたくない嫌な思い出なのですが、私の子供時代には沢山の大人が、『今度戦争があれば上手く立ち回って、絶対に大儲けするのだ』と恥ずかしげもなく人前で公言するのですよ。
そうなのです。
あれほど毎日毎日程繰り返していた『デマに惑わされない』だの『買占めは止めよう』と耳にたこができるほど流れていた話は大嘘であり、正反対にデマの方が真実だったのです。
お上の方針とは正反対に密かに悪賢く買占めしていた連中は戦後は濡れ手に粟の大儲けをして大金持ちになり、国家の宣伝を信じた普通の真面目な市民だけが酷い目にあった。
戦後に所得番付の上にいる者たちは全員が物資の隠匿であるとか、買占めに走った悪党連中ばかりなのです。
今の日本は、第二次世界大戦に匹敵する国難なのでしょうが、一番の問題点が、『では今の時点は先の大戦の何時頃に似ているのか』ではないでしょうか。
すでに今上天皇の、歴史上二回目の玉音放送は行われたが、反応がいまひとつ。
マスコミや識者の反応が『何も無い』といっても良いくらいなのです。
それなら8月15日ではない。
地震翌日の3月12日の1号機の爆発で原発安全神話が吹き飛んだが、これは開戦翌年のミッドウェー海戦での日本軍不敗神話が吹き飛んだ話とそっくり。
悪いニュースとしてヨウ素134が1000万倍との報道が二転三転して半日後に否定されたのですが、本当なら再臨界が始まっている。
同じ時期に今まで断っていたフランスに救援を依頼したのです。
ですからヨウ素134が正しいか間違っているかは不明だが東電は再臨界を想定して動いている。
今の日本は敗戦一年前の日本の最後の防衛ラインであるサイパン陥落時とそっくり同じ悲惨な有様ですよ。
この時に本土の日本人は本当の戦争の恐ろしさを暢気にも未だ何も知らなかった。
今がサイパン陥落なら、日本人の本当の苦難はまだ始まったばかりであり、益々戦況は悪化の一途を辿ります。

宗純さん、おはようございます。久々の長文コメント、ありがとうございます。

今がサイパン陥落なら、日本人の本当の苦難はまだ始まったばかりであり、益々戦況は悪化の一途を辿ります。

私もそのように危惧しています。政府や東電から情報が著しく信頼性に欠けるため、さまざまな情報が乱れ飛んで、なにが正しいのかさっぱりわからない状態ですが、悪い方の情報をとりあえずは信頼して行動しておくのが正解でしょう。後ほど良い方が正解とわかれば笑って済ませますが、逆だと泣きを見るでは済みません。

此度の「敗戦」に臨んで、日本は先の敗戦から何も学んでいないという主張があります。“何も学んでいない”とは言い過ぎとは思うものの、エリートたちについてはまったく同じ轍を踏んでいると言わざるを得ません。この緊急時に原発がないと経済がまわらないなどと戯言を垂れ流す。“国民が一丸となって”などと煽りながら、「敗戦」の大きさを全く想定できていない。知識人たる資格なしです。

ただ、私が最も懸念しているのは「敗戦」後のことです。先の敗戦からは日本は復興することが出来た。庶民にまだ活力があったからです。

『今度戦争があれば上手く立ち回って、絶対に大儲けするのだ』

も見方によれば活力の表れ。そうした活力を日本人はまだ維持できているのか、そこが最も気になるところです。まだ辛うじて維持できていると信じたい。

未だ「敗戦」の規模が定かならない現状で気の早い話かも知れませんが、今度こそ同じ轍を踏まないように、復興のビジョンを語りたいと思ったりしています。

(戦時中の共産党員も同じような思いでいたのかもしれませんね。)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/461-2f024588

東電は関東軍か。すべてを掌握する情報網?

たとえアクセスが減少しても、分からないことは言えない。だって現場が見えないのだから東電情報しかないのだ。じつに情けない。といって政府発の風評被害の拡大の援護だけはした ...

不安はあるもの

人間も自然の中の動物の一種です。 自然に生き、自然に死ぬようになっています。 どういうふうになったら眠った方がいいのか? なんて考えなくても、疲れれば眠くなりますし、 赤 ...

体を張って頑張る消防、火事場泥棒の自衛隊、逃げ出す米軍

『市民を守る消防と、自をまもる自衛隊』 プルトニウム混合燃料の東京電力福島第1原発3号機の使用済み核燃料プールを冷やすため、東京消防庁は燃料プールまで50メートル建物の壁まで2メートルの位置まで最接近。19日隊員らは交代しながら手作業で最大一時間の野...

仕切り直しのとき、だな♪

田中 優氏の講演です。 いやいやいや、相当 面白かったです!! 皆さんにもお裾分け♪ (1時間くらいありますので、ぜひお時間のあるときに) 愚樵さんの記事「買いだめは健全な ...

トイレの無いマンションはゴミ屋敷だった

『恐ろしすぎるゴミ屋敷』 今までは反原発の学者や市民団体は『原発』は完成された技術でな無くて『トイレの無いマンションである』と主張していたのですが、そんな生易しいものではない。 原発とは危険物で満杯のゴミ屋敷で、一度火がついたら誰も消せないトンデモナイ...

3月21日、東京に核実験3年間分の放射性降下物

福島第1原発事故で東京に降り注いだ放射性物質のセシウム137は、最大となった降雨の21~22日に、1960年代前半まで行われた大気圏内核実験で1年間に降った量の3倍近くに達したことが25日分かった。 ...

「東京ドームは停電しない」と読売新聞渡辺恒雄

江戸時代のお上よりも酷い!計画停電の不公平に足立区と荒川区が激怒 東京23区4月中の計画停電無し。東京電力が足立区・荒川区の要望を一蹴 『東京ドームは停電しない』断言してナイターと強行するナベツネ84歳 ...

原発制御不能で東電が仏アレバに26日緊急支援要請

今まで日本が拒否していた原発作業ロボットを福島第一原発事故で東電が仏に支援要請。 当初『東電がロボット提供の申し出拒否』していたことを仏企業アレバが暴露している。 『東電が原発事故の統制不能に陥った可能性』仏紙 フランスのベッソン産業相は28日、仏ラジ...

冷却は年単位 2、3号機の圧力容器破損(原子力安全委)

新聞の大一面の原発ニュースが小さくなるが、収束に向かいつつあるのではなく正反対に、これは危険な兆候である。 原発の冷却には年オーダーが絶対必要であり、しかも最後の砦だった圧力容器が損傷している。 ...

世論誘導疑惑 米「最も関心」大震災6割り、リビアは5% 

米国、マスコミも市民も最大の関心は日本の大震災問題で全体の57% リビア関係はマスコミだけが加熱して13% の報道量だが市民の関心度は3分の1の5%の小ささ。 沸騰水型の日本の福島第一原発は3基とも釜の底が抜けて『もしもの時』の脆弱さを露呈する。 ...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード