愚慫空論

【覚書】ネットワークとシステム

ここのところ、〈ネットワーク〉と〈システム〉について考え始めている。

〈ネットワーク〉と〈システム〉は重ねて見られるのが常識的な捉え方だろうけれども、元来、この2つは別物だと考えるべきだと思い始めているからだが。

そんなところにで面白い記述に出会った。

ISIS本座 『世界史の誕生とイスラーム』

 そこで、これらの枠組みを生かしつつも、そこにそれなりの「束」と「網」をもって歴史の総覧を掴むには、「ネットワーク論」のようなものを使ってみるといいのではないかというふうになってきた。一定時期の社会経済ネットワークが「世界」という大きさに達したところを研究していこうというのだ。
 この場合、ネットワークとしての世界の結節点(ノード)になるのは、その地域やその歴史を代表する「都市」である。
 都市はそもそもが政治・宗教・文化・交易・消費活動などの多様なネットワーク集積の上に成立しているものだから、都市の相互のつながりがある程度の規模に達したところに「世界というシステム」と「ネットワークという世界」との関係ができあがると見ればいい。こういう見方だ。
 この見方をとれば、そもそも世界史において何が最初の「ネットワークという世界」の出現で、それが「世界というシステム」にあたったのかということが見えてくるはずなのだ。


そうか。そういうことか。簡単なことだ。〈ネットワーク〉と〈システム〉を重ねているのは「都市」だったんだ。そして私たちは「都市文明」にどっぷりと浸り込んでいる。だから〈ネットワーク〉と〈システム〉が重なって見えてしまうのだろう。

もともと人間というものはネットワークマシンである。スタンドアローンで機能するようにはできていない。だから〈システム〉なしでも〈ネットワーク〉を構築することが出来る。〈システム〉なしの〈ネットワーク〉を「小さな社会」という。顔見知りの範囲で構築する社会される社会である。

だが人間は〈システム〉も構築することが出来る。“出来る”というと自由な選択が可能なようだが、そうでもない。居住環境によって「相」が変化する。まるでバッタのように。

蝗害


蝗害(こうがい)とは、トノサマバッタなど、相変異を起こす一部のバッタ類の大量発生による災害のこと。蝗害を起こすバッタを「飛蝗」「トビバッタ」と言う。また、飛蝗の群生行動を飛蝗現象と呼ぶ。


〈システム〉を編みだし「大きな社会」を構築する人間はまるでバッタの凶暴な「群衆相」のようだが、それは「都市」という居住環境と関係しているのかもしれない。「都市文明」が作り上げる〈ネットワーク〉が「大きな社会」である。

インターネットという〈システム〉には、「都市」なくして「大きな社会」を構築できる可能性が見いだせるように思う。人間は穏和な孤独相のままで「大きな社会」を組み上げるできるかもしれないということ。

穏和な人間が築き上げる「大きな社会」。これがいま、私が思い描く理想社会。

コメント

「 第62回小沢一郎政経フォーラム 」

小沢一郎事務所では、年に4回、東京において 『 小沢一郎政経フォーラム 』 を開催しています。

小沢一郎代議士本人が挨拶させていただき、写真撮影等も行っておりますので、毎回大変な盛況をいただいております。



「 第62回小沢一郎政経フォーラム 」 

【 日時 】平成23年4月27日(水)

開場 10:30 第1部 <勉強会> 11:00 ~ 第2部 <懇親会> 12:00 ~

【 場所 】ANAインターコンチネンタルホテル東京 ( 旧 東京全日空ホテル )

      地下1階 「 プロミネンス 」

      東京都港区赤坂1-12-33

【 講師 】評論家・副島国家戦略研究所主宰 副島 隆彦 先生

【 演題 】『 民の自覚が生まれつつある世界各国の政治 』

どなたでもご参加いただけます。ご希望の方は お申込みフォーム より送信してください。追って案内を送らせていただきます。

さかのぼり読み

過去ブログをさかのぼって、やっとここまで来ました。
愚樵さんブログに来るのが日課になっています。^^
心で追いつけても、頭では追いつけなくて何度も読まなくちゃならないエントリーもたくさんありますが、なんとかここまで来ました♪

>穏和な人間が築き上げる「大きな社会」。
震災後、この理想に近づくための小さな動きもあるようにも感じたりします。

Re:さかのぼり読み

・ゆめさん、おはようございます。そして、ありがとうございます。

頭では追いつけなくて何度も読まなくちゃならない

腑に落ちないことがあったら、是非コメントしてください。そうしたコメントは本当に助かるんです。自身の考えを改めてまとめ直す契機になりますし。

震災後、この理想に近づくための小さな動きもあるように

震災前からあったんです。種は蒔かれていた。震災を期に、それが芽吹きだしたというところだと思います。大きく育んでいきたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/458-1bb4a452

制定憲法と国民国家と天皇制

『最後に残る国家は、たぶん日本国』 世界中の王政がなくなっても最後に残るキングはトランプのなかのキングと英国の王室だとの話がある。 科学の進歩でキリスト教など物理的な物事まで口出しする宗教は無くなるだろうが、最後まで残る宗教は仏教だろうとアインシュタイ

二条河原落書からインターネット(1334年~2011年)

鎌倉政権を運よく倒したのは良いが、半世紀以上続いた自民党政権を倒した今の民主党政権とそっくり同じで、新しい政治を担うお公家さんたちは政治のど素人で『建武の新政』の政治や社会は大混乱する。 新政府の政治運営を揶揄する、此比都ニハヤル物。夜討強盗謀綸旨など

胡散臭いウィキリークス(Wikileaks)とウィキペディ(Wikipedia)

『地元ではみんなが知っていた機密情報?』怪しい臭いがするウィキリークスウィキリークスの情報流出ですが、2008年にイラクのロイター記者など多数の一般市民が米軍へりに殺された銃撃事件の映像をすっぱ抜いたことで、一躍有名になり世界的な信用を獲得した。しかし...

受験生版、善人なほもて往生をとぐ、 いわんや悪人をや

京都大学入試試験で、携帯メールを利用したカンニング騒ぎがあり、大学当局は偽計業務妨害罪で受験生を警察に告発・逮捕させる騒動に発展してマスコミでは大ニュースとして扱っている。何とも嘆かわしい話である。大学が安易に秩序維持の目的で国家権力の一部である警察力...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード