愚慫空論

自給自足は自然なこと

本年最後のエントリーもまた、屁理屈をこね回してしまいます(笑)

自給自足と社会分業は矛盾しない

“自給自足は自然なこと”と言われても、納得のいくひとは少ないだろうと思います。“自然”の意味を“原始的”と捉えるなら納得する人も多いでしょうけれど。

ですがこれは屁理屈ですから、“自然”は“原始的”の意味ではありません。“かくあるべし”といったような意味です。でも、そうなるとおかしなことになる。それが自然なことかどうかは別としても、現在は社会分業が行き渡っていて、それが現実だからです。一般的に自給自足は社会分業の対立概念だと捉えれていますし、対立概念のほうが現実ですから、“自給自足は自然”というと“社会分業は不自然”ということになり“現実は不自然”という理屈になります。とはいっても、“現実は不自然”というのはやっぱり無理がありますから、そこを回避しようと思うと“自給自足と社会分業は矛盾しない”、という屁理屈を放り出すことになってしまう。

というようなわけで、“自給自足と社会分業は矛盾しない”という屁理屈を進めようと思うわけですが、ここで鍵になるのは「自」という文字です。「自」は必ずしも「個」ではない。自給自足というときでも、その単位は必ずしも個人ではない。家族とか、それより少し大きな共同体などが単位になることが普通です。ということは「自」は「個」よりも大きな広がりを持っていることになる。もし仮に、「自」が社会にまで広がることができるのなら、社会分業は自給自足の一手段ということになり矛盾しないということにもなる。私がここで言いたいのは、「自」が社会になるのは自然なのではないのか、ひいては「自」がほぼ「個」と捉えられている現状は不自然ではないのか、ということ。やっぱり“現実は不自然”といいたいのですね(笑)

「自」を「個」へと細分化したのは貨幣

「自」を考えるならば同時に「他」も考える必要があります。「自」でないものは「他」だということですね。つまり自他を区別する「線引き」があるというわけです。

しかし、この「線引き」はやっかりなものです。一筋縄ではいかない。個人個人で異なるものでもあると同時に、多くの人の間で共有されるものでもある。「線引き」を共有している者同士を「自」だと捉えたりもする。例えば国家といった「線引き」を共有しているものが国民であり、国民であることを「自」であると考えたりするわけです。こういった「考え」をナショナリズムと言いますが、ナショナリズムを支持するからといってそれだけがその人の「自」であるかというと、通常はそうではない。“それだけ”の人は原理主義者と呼ばれ、あまり好ましくない捉えられる。ということは「線引き」は一様ではないのが通常である、と考えられてもいるということです。

しかし、現代社会で生活を営んでいる私たちにほぼ一様に浸透している「線引き」は存在します。それが貨幣ですが、そのことに私たちはなかなか気がつかない。というのも、貨幣は直接私たち自身を「線引き」するものではないからです。

人の価値を貨幣で測定してはいけない。これは人間としての常識です。この常識は“同じ人間は「自」である”という「線引き」によって支えられています。この「線引き」をヒューマニズムといいますが、このヒューマニズムは裏を返せば、「他」は貨幣で価値を測定してよい、貨幣で価値を測定されるものは「他」である、という「理」を導いていくことにもなります。この「理」と貨幣が私たちに生活の中に浸透するという現象とが、「他」の領域が広がっていく、社会が「他」と化してゆくという事態を生みだします。

そこへ拍車をかけるのが貨幣が「自」と化してしまう現象です。“あなたのおカネはあなたのモノか?”と問われて“No”と答える人はまずいないでしょう。誰もが自分のカネは自分のモノだと思っているし、カネが増えれば嬉しいと感じます。しかし、そもそもの理でいえば、自分の所持しているカネは自分のものではない。借り物でしかない。借り物なら「他」と捉えるのが「理」のはずですが、誰もそんなふうには思わないのが現実です。

貨幣は社会分業を円滑に進めるためのツールです。社会を「自」と捉えるなら、貨幣はより豊かな自給自足をもたらすツールです。しかし現実の社会は、物質的には豊かにはなっているかもしれないが、自給自足の世界から思い起こされる豊かさはほど遠いものになっています。貨幣が「自」と化し社会とその成員が「他」と化すことで、格差が拡大してしまっている。「自己責任」などという題目は社会が「他」と化したことを見事に表していますが、そこへの反論が根源的なところにまで届かないのは、誰もが貨幣を「自」としてしまっている現実があるからです。

貨幣によって人を「線引き」してはいけない。この常識は未だに強く残っています。しかし貨幣は「他」を領域をどんどん広げ、この常識は外堀を埋めてしまうような状況に追い込まれているなっている。「自」の範囲がどんどんと狭くなり、「個」へと細分化されてしまう。それは日本では「無縁社会」と呼ばれていますが、人権でも大和魂でも、この事態は進行を抑えられることはできない。なぜか。人権よりも大和魂よりも、貨幣のほうが身近だからです。身近であるがゆえに「情」が働く。「理」は遠くのものにでも働くが「情」は身近でないと働かない。そして結局、世の中を動かしているのは身近なところで働く「情」です。小さな「情」の集積が「理」など蹴散らして世の中を動かしていく。それこそが現実であり、人間の“自然な姿”というものでしょう。一方で社会分業を推し進め、一方で社会を「他」としてきたのは、「情」から生まれた人間のエネルギーです。

イノベーションは「自」の発見

今現在私たちが暮らしている日本の社会は、多くの者にとって生きていくのが難しい社会になってしまっています。こうなったのは自然の成り行きだったろうと私は思っています。社会を現在のような形へと不自然にリードしてきた者たちは確かに存在するでしょう。しかし、それだけで社会が変わるはずもない。そのリードを認めたから、こうなった。認めたのでなければ、社会が変わってゆくエネルギーなど生まれるはずもないのですから。

ですが、今の社会への成り行きを自然だと認めることと、今の社会をそのまま是認することとは違います。生きにくい社会はやはり不自然です。移ろいゆくのは世の常です。多くの者が不自然に感じ始めたなら、社会がまた変わってゆくのもまた“自然な姿”でしょう。

ただ心配なことはあります。それは「自」が失われてしまったことです。人間は「情」からエネルギーを生みだしますが、「自」を喪失した「情」から出てくるエネルギーは破壊的であることも多い。“覇気がない”などといって無理にエネルギーを出させようとすると、破壊的エネルギーを出してしまう。そのことが心配です。

「自」を喪失しているなら、まず失った「自」を取り戻すこと。失った「自」は、私たちの伝統や文化の中にあります。同じ形で蘇ることはないでしょうが、再生の芽はそこに必ずあるはずです。「自」の再発見もまたイノベーションです。

これまでのイノベーションはすべて、「貨幣=自」という軸を強化する方向で行なわれてきました。“新たな価値の創造”といっても、その価値自体が貨幣で測定できなければ評価の対象にならず、貨幣による評価対象が次から次へと生みだされることがイノベーションだということになれば、イノベーションは貨幣の測定機能を強化するものとなるに過ぎず、「貨幣=自」へと収束を促していくことにしかならない。しかし、新たな「自」が新たな価値を生みだすのならば、社会分業の発展とともに深化してきた「貨幣=自」の呪縛を解くことこそ最大のイノベーションになるはずです。

そう考えるなら、「社会=自」という方向性、すなわち“自給自足と社会分業が一致してゆく”という方向性は、屁理屈というわけでもなくなってくるでしょう。分けても日本人は、伝統的文化的に「社会(共同体)=自」という軸を持っています。今の日本の「無縁社会」の急激な進行が「社会=自」の解体と並行的に進んでいることも考え合わせれば、イノベーションの軸を「貨幣=自」から「社会=自」へと再転換させることは、日本人にとって「自」の再発見、日本という邦(くに)にとっては再生への道、ということになるだろうと考えています。

コメント

新鮮な視点

「自」を「個」へと細分化したのは貨幣、という視点が新鮮に感じられました。同時に、貨幣=自の結びつきを見直すことの難しさを痛感します。

因縁を感じます

志村さん、コメントありがとうございます&おめでとうございます。

このエントリーに志村さんからコメントを頂いたのには、なにやら因縁を感じます。

私がこのエントリーで取り上げた「自」とは、昔、取り上げたことのある【private】の焼き直しです。私自身、後から気がつきました。そして、【private】だの【public】だのという話は、はじめて志村さんのところへTBを送らせてもらったものだったと記憶しています。『ディベートとワークショップ』でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/450-7703bdea

「格付けチェック」…素直でいこうよ

 さてさて、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします  ということで、正月のテレビといえばバカバラエティのオンパレードで嬉しい限りである(嘘)。ってかテレビで観るのはスポーツ系番組(昨日はサッカーをみたし今日も昼からはラグビーを観るつ...

オールコック「大君の都」

元医師で外交官、中国で15年も広州領事などを歴任していた経験、手腕を買われて、初代駐日公使ラザフォード・オールコックは1858年(安政5)に日英修好通商条約が締結され時期に日本駐在総領事に任命されている。 品川の高輪東禅寺に英国総領事として1859年(安...

個と「自」:他者としての個⇒新共同体

久しぶりに愚樵氏の記事に言及するが、「自」というものは、私が考える個と似た面がある。「自」はいわば、「おのずから」の「自」であろう。  私は最近、凹i=他者が個であると考えるようになった。そのとき凸i=自我ないし原自我は「解脱」されるべきものである。...

小沢一郎元幹事長、無理筋の「強制起訴」近し

菅直人首相は1月4日の年頭記者会見で、民主党の小沢一郎元代表が強制起訴された場合は離党や議員辞職を含む出処進退を自ら判断するよう求め、従来の『脱小沢』路線からはっきりと離脱して、昨年末から大きく踏み込んで『小沢切り』路線に転換した模様である。 しかし、

冷戦崩壊後の新秩序(アメリカの仮想敵国とは?)

日本の暴力装置(自衛隊)の頭脳とは果たして何処にあるのだろうか。 北澤防衛大臣でも防衛省内局(職業軍人ではない私服のキャリア官僚)でも無いらしい事だけは誰にでも判る。 ましてや内閣総理大臣が自衛隊の最高指揮官であることを知らなかった管直人首相では絶対に無...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード