愚慫空論

共同体のイメージ

ネットワーク 不定時法の世界(4)からの続きです。

一元的「私」 不定時法の世界の住人は左のような感じ人たちでした。 そんな人たちが集まって集団を作ると、右のような感じになります。

共同体22 「私」 にぶら下がる 文化自然11 はほぼ同じものです。ですから、上のイメージは左のようにも表現できるでしょう。これらのイメージが、私にとっての共同体のイメージになります。

これだけではピンとこないでしょうから、別の角度からもう少し続けます。

森をイメージしてみます。私たちは、何をもって森を森と呼ぶのか。まずイメージされるのは、樹木が密集しているところというものでしょう。では、森は樹木がたくさんあるだけのところかというと、それだけではありません。最も目立つ存在は樹木ですが、木々の集まりの中には多様な生物の世界が広がっています。そこまでイメージすると、森は生態系としてイメージされることになる。そうみると、樹木は生態系の構成要素のひとつだということになります。

天然林 生態系としての森のイメージが共同体のイメージです。
「私」 は樹木。 文化 は下草など。 自然11 はそれらを育む土壌だと捉えればよいでしょう。
つまり森=共同体とイメージするなら、樹木=人間、下草=文化、土壌=風土、ということになるわけです。

「共同体」という術語は現在さまざまな意味で用いられます。時には社会とほぼ同義に用いられることもありますが、たいていは社会という人間の集まりの一形態として位置づけられます。つまり、概念としては社会の方が共同体よりも大きく、社会は共同体を包有します。が、私がここでイメージした共同体は社会よりも大きなものです。社会とは共同体という生態系の構成要素である人間に焦点を合わせたもの。生態系としての森ではなく、樹木の集まりを森として捉えたようなものです。つまり“木を見て森を観ず”が「社会」だということになります。

樹木である私たち人間が樹木のことだけを考えて作り上げてきた現代社会のその姿と、人の手によって単一の樹種が植えられ砂漠化した人工林の姿は、大きく重なるものがあります。

人工林11

コメント

現代社会の姿と砂漠化した人工林。
待ってました!
そういう話を聴きたかったんです。 (^o^)

これ、続くんですかね?
続くようなら、期待してます♪

続きます

あ、今回は最後に書きませんでしたね。

続けるつもりです、もうしばらく。あっちこっちへ振れながら。

どこへ辿り着くかはわかりませんけど...(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/432-fe00f776

『民主集中制』の党規約の意味

現在の日本共産党組織の問題点を簡潔に言うと党規約にある『民主集中制』の問題に集約されるのではないでしょうか。? 何故現在の日本共産党は民主集中制にこだわるのか。? なぜ民主主義だけではいけないのか。? 日本共産党機関紙赤旗では、『集団的に検討、その決定に

「自(おの)ずから」の前提 前編

愚樵さんが面白いシリーズを書いてらっしゃいます。(現在進行形) 「共同体のイメージ」 この前提の話としてはこちら。 「不定時法の世界(1)」 「不定時法の世界(2)」 「不定時法の世界(3)」 「不定時法の世界(4)」 こういう話にちょっと絡むようなものを...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード