愚慫空論

「民主主義の精神」の敗北

いつどこでだったかは忘れましたが、人間をコンピュータに喩えて次のように言ったことがあります。

「人がCPUで文化がOS,社会の制度はアプリケーション」

昨日参議院の選挙があって今朝その結果が出ましたが、議会制民主主義というのも制度ですから、上の例えでいうとアプリになりますね。このアプリは一般にはスグレモノという評判ではありますが、でも本当にそうなのか? 私の見るところ、日本文化というOSとのマッチングはあまり芳しくない。日本OSは非常に柔軟なOSなので、西欧製の議会制民主主義というアプリも資本主義というアプリもそれなりに走りはするが、いつもなんだかヘンテコな結果が出てきてしまっているような気がして仕方がありません。

今回の選挙結果もなんだかヘンテコです。いや、結果は結果ですから、それがヘンテコということはない。その結果を受けて政界の動き、これがなんともヘンテコな感じなんですね。

晴耕雨読さんがエントリー『菅政権に未来もないし、価値もない』にまとめておられる、岩上安身氏のツイートがそのヘンテコさを端的に表していると思うので、拝借します。

選挙前から言ってきたことだが、現在の民主党は、事実上、二つの政党の連立で、その亀裂は深まる一方。

菅政権を支える「反小沢・増税」のオリジナル民主党は、民主党を敗北に導いておきながら、「強気」の姿勢を崩さないのは、いざとなれば党を割り、「小沢派」を切って、自民党と連立するという切り札が残されているから。

官僚依存という点でも、オリジナル民主と自民党は共通する。


ひとつの政党が複数の勢力の連立というのは少し前までの自民党がそうだったわけで、何も民主党の専売特許ではありません。「複数勢力連立政党」が官僚組織に依存して政治を行なうという形が、日本OS上では議会制民主主義アプリは官僚組織というサブシステムを通してしか走らない構造になっているわけです。

本来、議会制民主主義アプリは「民意」というパラメータに左右されて政策という結果を出力する設計になっているはずなのですが、日本OS上で動作すると、それが「官意」にすり替わってしまうらしいのですね。

消費税増税について、「財務大臣を直近までやっていたため」と、はからずも、自ら、財務省の影響を強く受けてきたことを、明らかにした。

菅政権の本質は、もはや明白である。

官僚依存、そして自民党との連立を期待する政治勢力である、ということ。


さらに。

公職選挙法の縛りも解けたので、今まで書かずにきたことも書く。

選挙前から、何人かの与党関係者が、同じ言葉を口にするのを耳にした。

「菅政権は、民主党最後の政権となる」。

今までなら、小沢氏が党を割るのがパターンだが、その可能性は低い、という。

自民党の中に再編で結びつくカウンターパートが見つからないからである。

> 私もぶっちゃけ話を。 @iwakamiyasumi 氏も書いて居るが、反小沢系による民主党解体と大連立の噂、を聞いた。今回の参院選での異常で過酷な小沢派イビリは先方への手土産である、という信じがたいもの。

あちこちから出ていますよね。

> 消費税増税の民主を嫌って、おなじく消費税増税の自民を勝たせてしまった。我が国の民衆は愚かだと思いますか?

09年夏に民主党を支持した人にとって、菅政権は別の党。

支持できないとなったのは、ある意味では自然でしょう。


ここから見えてくるのは、2点。

実は“国民の生活が第一”“政治とは生活”と訴えていた「小沢派」こそが、議会制民主主義アプリを設計の通りに「民意」パラメータによって動かそうとしてた勢力である、ということ。これはつまり、「小沢派」こそ議会制民主主義を適正に作動させる「民主主義の精神」を体現している勢力である、ということでもあります。
他の勢力は、自民党やオリジナル民主党、公明党共産党も含めて「民主主義の精神」に沿った思考回路を持ち合わせていない。選挙前から連立を呼びかける愚を犯した某幹事長などその典型で、政治家が「民意の体現」であるということを全く理解していない。選挙という制度を政治家という特権階級への登竜門ぐらいにしか思っていないわわけです。そして、日本OSにはそうした特権階級を認めてしまう傾向がある。だから、官僚という特権階級へ登ってしまった者たちを受け入れてしまうし、共産党や公明党の背景にある「私製官僚組織」にも比較的寛容だったりする。また、そうでなければ、自分たちが示した「民意」とは別の政党に変わってしまったこと事態を許すはずがないのです。
(比例区の得票数では民主党が1位だったという結果からは、民主党の変節を許容したと受け止めることが出来ます)。

その点小沢一郎は、選挙結果を「民意の体現」だと受け止めていた。だからこそ「民意を預からなければ何も出来ない」という姿勢で選挙に臨んでいた。

が、今回の選挙結果で示されたのは、小沢一郎が求めようとした「民主主義の精神」の敗北だということでもあります。これが2点目です。

民主主義的な制度であるはずの選挙において「民主主義の精神」が敗北する。これ以上にヘンテコな話はありませんが、考えてみれば、「民主主義の精神」が選挙で勝利したのは前回の衆院選、ただ一度だけ。それも「民主主義の精神」の自力の勝利というよりは、自民党という利権集団への嫌気の結果と言った方がよいでしょう。

となればやはり、日本OSの上では議会制民主主義アプリは適正に作動しない、という結論になりそうです。

コメント

買いかぶりではないか

小沢一郎が実力者であることは違いないでしょうがこの記事のような解釈は買いかぶりにも程がある。
稀代の金権政治家ではあるでしょうが『民主主義の根本問題が如何のこうの』などとは大袈裟な、其れほどの人物ではありません。
この人物が自民党に恐れられている原因は小沢は長年自民党幹事長として辣腕をふるい、特に誰よりも自民党の金の流れに精通していて、財布のありをよく知っていることでしょう。
1990年代の細川連立で小沢一郎は天下を取ったと有頂天になり大失敗しているが、議会の多数派での政権の奪取などの表の政治活動などは、人間に例えれば大脳皮質の活動で確かに大事な事に違いはないが、人間(日本国)全体から見れば些細な極一部分の小さな話なのです。
財界や産業界などの胃袋や心臓血管、日本国中に張り巡らした毛細血管である医師会、農協、郵便局、手足になって働くゼネコンなどの建設業界などが本体で、その頂点として自民党なる数ミリの薄さの大脳皮質が働いていたが、自民党(大脳皮質)も脳内に元々存在している古い脳である脳幹や海馬(官僚組織)などに依存して動いているのが現状で、決して自分自身では決定していないのですよ。
小沢一郎の凄いところは(90年代の失敗の教訓から)正にこのことに気が付いていることでしょう。
民主党の他の政治家には出来ないが、自民党幹事長だった小沢一郎は、相手の自民党の胃袋や心臓とか手足の急所(財布)に直に手を突っ込んだ。
共食いに近い身も蓋もないえげつない話で、民主主義の何たるかの話とはえらく次元が違う下世話な食うか食われるかの権力闘争の話ですね。

鳩山政権はアホな制度をいくつも強行採決しました。
あれが民意の体現者とは思えませんね。

小沢氏も鳩山氏も多くの制度批判を受けていたのに何故その制度を強行採決したのでしょう?
子供手当てと言うばらまきなど、制度通りに決めた内容であれば民衆の危惧したとおりの結果が出ました。
フィリピーナの子供500人と養子縁組とか頭が狂ってるとしか思えません。

また、外国人参政権も何故マニフェストに混ぜず、さらに国民へ主張や説明をする前に民潭に擦り寄るのか理解出来ません。
確かに在日も「民意」と言うことは出来るかもしれませんが、より大きな民意を無視して取るような行動では有りません。
せめて堂々と国民へ主張・説明がされるべきです。

このエントリーは拙かった...(苦笑)

と、我ながら思います。ボツにすべきでした。

「何か書かなきゃ」という思いに取り憑かれて勢いで書いてアップしてしまいましたが、自分で見直してダメダメ。話にならない。

恥ずかしいし削除したいけど、恥は隠すものではありませんからね...

とはいえ、少し反論。

稀代の金権政治家ではあるでしょうが『民主主義の根本問題が如何のこうの』などとは大袈裟な、其れほどの人物ではありません。

金権政治家であるということについては同感。小沢一郎がクリーンだなどと私は全然思っていません。が、カネにまみれているから民主主義的ではないという思考の枠に私は同意できません。

民主党の他の政治家には出来ないが、自民党幹事長だった小沢一郎は、相手の自民党の胃袋や心臓とか手足の急所(財布)に直に手を突っ込んだ。

そこだけを見てはダメでしょう。小沢一郎はそういう手を使うと同時に、ドブ板を踏むことを厭わない。またその手法が功を奏したのも、ドブ板による成果があったからでしょう。

子供手当てと言うばらまきなど、制度通りに決めた内容であれば民衆の危惧したとおりの結果が出ました。

子ども手当ての理念自体は私は評価してます。細かな制度は後からでも修正可能でしょう。

外国人参政権も何故マニフェストに混ぜず、さらに国民へ主張や説明をする前に民潭に擦り寄るのか理解出来ません。

ここは完全に同意です。

草の根保守こそが自民党の真髄

愚樵さん、小泉自民党やその劣化コピーである安倍、麻生を頭に浮かべるから勘違いするのですが、元自民党幹事長小沢一郎こそが本物の(今までの)自民党員であり自民党そのものですよ。
自民党が何故細川連立の10ヶ月と鳩山の8ヶ月管の1ヶ月以外の全ての期間にわたって日本を支配していたかの謎はまさに、左翼革新政党共産党などの行う前衛党としての上から目線の『大衆を指導する共産党』的な手法の正反対である、小沢一郎の行ってみせた『どぶ板選挙』なのですよ。
左翼風に『市民が自民党に長年騙されていたのだ』と判断しては根本を見落とす。
今、左翼護憲派の間でも小沢一郎人気は根強く有る意味絶大なのですが、これこそが如何に日本人が『自民党的な体質』を歓迎していたかの証拠に他なりません。
日本共産党が良い例ですが、自分たちの相手は経団連などの『上』をだけ見て選挙や運動を行うが、普通の市民には経団連会長など雲の上の存在で何の関係も感心も無い。
普通の日本人で日本で生活するためには医師会の会員医者と郵便局、農協に世話にならない人は誰もいませんが、小沢一郎(自民党)の『どぶ板』とは市民目線でもあるのでしょう。
ところが今日の保守二大政党制とは一人区(小選挙区制)で新自民党(民主)と旧自民党の意味ですね。
客に対して、コカコーラとペプシコーラだけをを用意してどちらかを選べと迫るのですが、まあ、日本の有権者を心底馬鹿にした話ではある。

やくざ vs マフィア

・逝きし世の面影さん

自民党とは何だったのか? 私はやくざとマフィアの連合体だったのではないかと思うんです。

やくざの系列は、田中角栄・経世会の系列。
マフィアは、岸信介・清和会の系列。

やくざとマフィアはともに権力志向です。権力を握るためには抗争をくり返す。かつての自民党という「器」は、やくざとマフィアの権力闘争の場であり、また権力という求心力で保たれた場であった。

では、やくざとマフィアの違いは何か? 庶民を抗争に巻き込むことを厭うか厭わないかの差だといってよい。やくざは抗争はするが、それはあくまでやくざの世界の中だけで、堅気に累を及ぼすことを恥じ入る。一方、マフィアは堅気に累を及ぼすこともヘッチャラ。権力を握った後も、マフィアは堅気から搾り取ろうとするが、やくざは多少は庶民から上前をはねるが、基本的には庶民の味方。

このことは経世会が護憲だったのに対し、清和会が改憲だったことにも表れていると思います。

日本の庶民は、やくざ的な自民党を愛した。やくざとマフィアの連合体だった自民党は、マフィア的官僚組織&アメリカとのバランスを取りながら、日本という国家のバランスを取ってきた。それが大きく崩れたのが小泉以降。

小沢一郎はいうなれば、やくざの親分でしょう。だから庶民(市民とは言いません)と相対するときには庶民目線になる。が、同じやくざやマフィアに対しては牙を剥く。

それから比べれば共産党などいかにもマフィア臭い。公明党などもそうです。

旧自民党に向けられた庶民の愛憎入り交じる感情は、かつてのやくざのそれと同じ。また、小沢一郎へのマスコミ批判の在り方も、やくざへのそれとまったく同じ。

つまり、やくざ民主主義が日本の「民主主義の精神」ではないのでしょうか?

私も子供手当ての理念には反対しませんが、「親の居住地依存」「養子も含めて無制限無限に」と言う部分で多くの反論がありました。
外国人に対して、と言う事自体への反論もありましたけどね。

で、予想通りに、大量の発展途上国の子供と養子縁組を行い(500人)、それを申請してきた在日韓国人がいました。
それを制度とは別に怪しんだ自治体が手当ての給付をしなかったら民潭は「民族差別だ」と騒いだのです。

これは当時、子供手当ての詳細が出た時点で予想されていた事でした。
主に保守からは日本人内部以上に、中韓朝の人からこのような方法をとる人間が出ると予見されていました。

そして予想通りの事が起きました。
民意を大事にすると言うなら、子供手当てはもっと制度を詰めるべきだと当時から言われていたのです。


差別者のレッテルを貼られようと、民潭が腐った団体であると言う事と、民主党が民潭に擦り寄っていると言う印象は拭えません。

はっきり言って、タイミングから考えて、日本のマフィア化したヤクザとやってる事は実は一緒だろうと考えています。
生活保護の給付を受ける為の住宅を提供し、高額の家賃を取るとか、ホームレスの戸籍やパスポートを売り買いする手法です。
そのような方法を取られる事が明らかな手法を強制採決した点について、私は評価をしません。
(取り急ぎ、国内に子供がいる場合に限定するように法改正をすると考えているようですが、「今更か」と自分たち以上に無能で、かつ、プライドの高い民主党にうんざりした人物は多いでしょう。民衆が予見できる問題に対して無策で挑んで、予想通りの事が起きてから急ぎ法改正では先が思いやられる。人の話に耳を傾けていれば自然に予想される抜け穴と問題に蓋を考えて当然です。)

ヤクザ映画の復権に期待

私も高倉健の映画に憧れていた世代です。
スクリーンの健さんはかっこよかったです。
オールナイトで6本立てとか見て、朝、劇場を出るときには弱いものの見方、義理人情の世界にどっぷり浸っていました。
子ども手当ては私は評価しています。
緊急の時限立法なので、法案の隙間をつく行為もありますが、それで制度の思想を批判できないと思います。
貧困化している国民に代わって国家で子育てをする思想を私は良しとします。
子どもを育て、教育をしないと、国家の隆盛はありえないでしょう。
高倉健の映画で日本再興するといいな。(笑)

穴埋めるのが全く難しくない部分を埋めなかったんでほとんど評価はしませんね。

理念や思想については書いてる通り「別に良いと思ってる」です。

大体、海外在住の子供にも手当て出すとか、国家主義で言えば害悪なだけで利益なんて出ませんよ。
このグローバル金融資本主義の世界じゃ。
日本で働いて貰わないと意味ないんだから。

また、これは優先順位として、解決策がすぐに出ない(または運用が複雑になる)為に解決しなくても分かりますが、子供持ってる人間の割合は今は富裕層の方が多い。

所得の再分配(貧困救済)の機能としても微妙なんです。

教育が大事だから緊急立法と言うにしても、親が日本にいれば子供は海外でもOK、審査もゆるゆるとか、今の経済状態で言うとかありえないですよ。

猫さん

こちらをご覧になってください。

http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-1567.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/402-d3772907

盛り上がらない参議院選挙。与党過半数割れ

『実に分かりやすい与党過半数割れの理由(増税)』 今までの予想的中実績ですが、『こうなって欲しい。』と予想すると大概は外れていますが、今回自民党消滅の予想は今少し早すぎたようです。 しかし『願望』などの自分の主観を排して客観的な政治情勢を考えると、何と

盛り上がらなかった参議院選挙と日本共産党結党以来の危機

日本の共産党の歴史は、1920年(大正9年)に共産党を名乗った日本最初の思想結社『暁民共産党』が首都の少数の知識人によって結成され、1921年には東京での陸軍大演習に党名入りの反戦ビラを配るなど反戦活動を行うも即座に治安警察法によって弾圧され壊滅する。...

「機密費がマスコミへ」につづく野中広務・第二の「爆弾発言」

前提として野中広務はボケてはいない。また個人的な思惑もない、というよりいまさら陰謀をめぐらす根拠がない。そこそこの名誉と金と己の限界を知り、しかも年齢的に先は長くはない。あらゆる欲望から離脱した人間の「爆弾発言」に揣摩憶測は不要である。単に墓場まで秘密...

鳩山政権が日米史に刻んだ「日米規制改革委員会」廃止の事実

「官」直人氏もアホ宰相への仲間入り-小沢一郎の最終戦争は続く(父さんの日記)。投稿者 判官びいき 日時 2010 年 7 月 17 日 から転載します。 「官」首相への国民の思いと、鳩山政権が日米史に刻んだ「日米規制改革委員会」廃止の事実 参議院選挙投票日の7月11日、...

最後の共産党政治家、宮本顕治

2010年7月11日、日本国の政治史上に大きな意味を持ち歴史に残る可能性が高い参議院選挙が行われ与党民主党の過半数割れが確定する。 7月15日は日本共産党が1922年の党創設から88周年の記念すべき日であったが歴史的な大敗を喫して結党以来の危機に直面、

熱中症気味なので、若干今日は短い嘆き節にて、、、

山本一太と福島みずほの会話、、、「福島さん、本当に国民新党と統一会派を組むの?」「山本さん、その話は、今、党内で真剣に検討してるところなのよ!」「党の政策も思想も全然違うじゃないですか!私はやめたほうがいいと思います!」「まあ、皆でしっかり検討するつも...

PC不備回復なう。されど原因も回復も不明。不条理は世の常

去年夏に始めた当時はアクセスが0とか1だった。しかし最近は1000台のアクセスがあり調子に乗っていたが、システムかハードか分からないが、いきなり原稿が消えたりして不調になった。ただ運命と諦めていたが、今日は普通である。不思議で不条理は知識不足の裏返しで...

地デジ化を契機にテレビを捨てよう。情報はネットで十分

かっての総理大臣も島倉千代子も♪人生いろいろ♪と謳っている。人生に永遠はない。いろいろと変化するもんだと思う。どんなに平穏で幸福な人生を送っている幸運なひとでも、家族の誰かとはいずれ死別しなければならない。それもないし、健康自慢、順風満帆なひとでも、い...

恐れ多くも畏くも「日本共産党」に申し上げ奉る~老狂人より

基本的にブログのサブタイトルにあるように個人的には「反スターリン主義」であります。しかも恒例の赤旗開きとか「日本共産党」と言うネーミングに強い違和感を覚えます。もとろん今ある政党のなかでは一番まともなことをいっているとは思いますが、日本社会党や民主党が...

 | HOME | 

 
プロフィール

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード