愚慫空論

人間として当然のこと

昨日、東京地裁で「国旗国家の強制は違憲」という判決が出た。当然の判決なのだけど、それに対して、例のごとくというか、小泉元首相が疑問を呈したという。

「法律以前の問題じゃないでしょうかね。人間として、国旗や国歌に敬意を表すというのは」


「法律以前の問題」というのは、そうだと思う。これは思想と良心の問題だからだ。

日本国憲法第19条  思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。


憲法の規定は、単純明快。「公共の福祉云々」なんて制限も何もない。無条件で侵してはならないのだ。こんな当然至極のことが明記してあるということは、裏にはそれが侵されていたという歴史があるわけで、第19条の規定は、「思想及び良心の自由」は勝ち取られてきたものだということを示してもいる。この短い一文の中に人類の歴史が込められているわけだ。

気になって、自民党が昨年秋に発表した憲法草案を見てみた。

自由民主党新憲法草案 第19条  思想及び良心の自由は、侵してはならない。

さすがの自民党も、この条文には手をつけていない。それはそうであろう。建前でも民主主義を取り繕うなら、この条文を変えるわけにはいかない

だが、元首相は、そこに「国旗や国歌に敬意を表す」と制限をつける。「国旗や国家に敬意を表す」のをよしとするのは、「思想」である。この思想を持つことが人間として当然という発言を権力者がなし、その「思想」を元に国民の行動に規制を加えるのなら、その行動は「思想及び良心の自由」に立ち入っていることなる。


少し譲って、国旗国歌に敬意を表するのは「国民として当然のこと」だとしてみようか。
 
「自らの生まれた国を愛することは自然なこと」という主張を、私は理解できなくはない。それが国であれ郷土であれ家族であれ、また会社であれ学校であれ、自ら望んでその一員になったのであれ、望んだわけではなくそこに生まれてきたのだということであれ、自らが所属する共同体を素直に愛することができるということは、幸せなことである。
だが残念ながら、この世の中は幸せな人ばかりではない。何らかの事情で素直に自然に愛することができない人も、多数いる。そういった人は、愛せない自らの感情を「正当化」するために「愛国心は必要でない」「国旗国歌に敬意を表する必要はない」という思想を、不幸にも持つに至るかもしれない。

こういった不幸な人々を、指弾することが「国を愛すること」なのか? 「自然なこと」と「当然のこと」は違う。「当然のこと」は思想である。「愛国」の思想を基準にして、違う思想の者を排除しようとするのが「国を愛すること」なのか?
「国」という共同体の中にはいろいろな思想の人間が暮らしている。幸せな人も不幸な人も、素直な人もそうでない人も、この共同体の中にいて、思想はさまざまでも同じ国土、同じ言語を共有して暮らしている。こういった人の集まりが「国」であろう。ならば「国を愛する」ということは、偶然か必然かは知らないが、同じ「国」で生まれ育った同胞を愛するということであるはずだ。

国旗国歌に敬意を表するのを「当然のこと」とし、それができない人たちを非難する者たちは「愛国者」ではない。単に自らの「思想」を愛しているだけだ。そしてその思想を「人間として当然のこと」に格上げしてしまっている。


愛国心は「涵養する」ものだという。「涵養する」とはどういうことか? 「自然に無理をしないで養い育てる」ということではないのか。ならば方法は他にあろう。
不幸な者に強制しても不幸をさらに掻き立てるだけだ。「強制には反発する」のもまた「人間として当然のこと」だからだ。

コメント

こちらには初めまして

お引越しおめでとうございます.こちらにはTBが通っちゃいました.トーンは現代的な都会風ですね.Rockとは岩の方ですか?きっと岩登りですね.
小泉さんのこの種の理屈,イラク派遣の際に憲法前文を使える神経から吐き出される理屈,はこれを表すどんな表現があるのでしょう.
屁理屈とも違うでしょう?日本語にはこんな理屈を振り回す人はいなかったので,言葉がないのかもしれません.
分裂理屈,似非理屈,呆け理屈,・・ああ,いい表現が出てきません.ほとんど落語のボケをみているようです.
もうこの呆け理屈も聞かずに済むと思うと嬉しいけど,安倍さんとは・・一難去ってまた一難.

スッキリ(^^)

>「強制には反発する」のもまた「人間として当然のこと」だからだ。

ここ数日、モヤモヤした気分だったのだけど、この一言に「カーン」と来ました。
ワシなんか、それだけで生きているようなもんだ・・・(^^;)

引っ越しそばでございまして、時そばとはちゃいますー。

えー、お引っ越しおめでとうございます。お引っ越しといえば蕎麦、蕎麦といえば時そば…落語ヲタもどきでございます。

愚樵さま、こちらでは初めまして。残念ながらFC2さんからうちへのトラックバックが文字化けする、という妙な状況が続いておりまして、弱っているのですがそれはさておきまして、あたしも澱が落ちたようなスッキリ感を味わいました。

一服の清涼剤をありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/4-20533984

田原某とテレビ朝日

 9月18日のサンデープロジェクト.例によって画面いっぱいに振り回す田原某の身振り手振りを眺めていた.最近は毛嫌いして見ない,というより,どういう発言をするのかその言質を取って,文句をつける題材にする方が面白いと思ったりしている.この日のゲストは総裁候補三

国旗・国歌に敬意を払うことと、強制すること

シェアブログ25に投稿 東京地裁で画期的な判決が下された。 卒業式や入学式などで、日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱するよう義務付けた東京都教委の通達は違憲違法だとして、都立学校の教職員ら401人が義務がないことの確認などを求めた訴訟で、東京地裁は21日

便意問題

以下は実話です。とある商業ビル地下1階の男性トイレで小用を足していた私(喜八)。いつもの習慣で3つ並んだ男性用小便器の右端を利用していました。背後には個室が2つ。ただし、どちらも「使用中」でした。まだ私の用事が済んではいない時間帯に、1人の男性が息も荒く

大事な名前

 本日は東京地裁で画期的な判決があった.学校行事において国旗・国歌に対する恭順態度を強制することは憲法違反だ,ということを明快に断定したのだ.これは久しぶりに快哉を叫びたい判決である.当事者である東京都はきっと控訴するであろうが,この判決の歴史的意義は重

それは全体主義といいます

えー、最近、頓に「そんなに日本が気に入らないんなら他国に移住すればいい」のような言質を耳にしますが、異論を挟む自由を認めない体制を全体主義といいまして、これは民主主義とは相容れない状況であることは論を俟ちません。 ネット上で、最近本当にこうした発言をうん

「日本教育再生機構」(4)…めざすは北朝鮮かよ

 「新しい歴史を捏造する教科書」を出版する扶桑社の販売部でもある「日本教育再生機構」が、案の定ブログを更新した。「日の丸・君が代強制は違憲」という当たり前の判決に対するクレームだ。 拙ブログにもウヨなのにわざわざTBを送ってくる個人ブログの「しつけ」だとか

緊急「沖縄・平良夏芽不当逮捕」…抗議の声をお願いします

 平良夏芽はワタシがホームレスと関わっていた初期の頃の同志で、沖縄に移転以降も反戦平和の実践部隊として闘っていました。最近では辺野古で闘っていると聞いてました。長い間連絡が途切れていましたが、今回、不当逮捕されたという情報が入りました。是非関心を寄せて下

沖縄戦

起訴休職中外務事務官佐藤優さんが雑誌『文學界』で連載中の「私のマルクス(連載第一回、2006年08月号)」から、佐藤さんのお母さんの「沖縄戦」体験を語った部分を引用させていただきます(文中「私」は佐藤優さんです)。*************************************...

情操と想像力

 常々思っていて,時々コメントや記事の中でも触れたこともあるものの一つに,『情操』ということがある.いや,『情操』そのものではなく,『情操』豊かな人が必ずしも『反戦主義者』や『憲法9条擁護者』になるわけではない,ということに関して以前から興味を抱いている

近代経済システムの終焉

 経済学は、「近代経済システム」が存立基盤だが、さらに言えば、「競争モデル」が現実としてそれなりに機能していなければ成立しない。競争がないということは、経済活動がある一つの経済主体によって独占的に営まれているということであり、経済主体の相互関係的行動とい

日常会話で君が代、日の丸

● 「卒業式に君が代を歌わないだけで処分されるのは、おかしいよね~。」当然、「

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード