愚慫空論

「日本」人は抑止力を必要としている

いま大騒ぎの抑止力について、ちょっとだけ。


普天間に駐留する米海兵隊に抑止力はあるや否や? 

鳩山総理は、よ~くお勉強した結果「あることがわかった」と宣ったらしい。
(“よ~くお勉強”を額面通り受け取ってよいかどうは、ちと疑問。)

が、私がネットで見聞きする範囲では、「そんなの、ない」というのが多いようです(特に左派の意見)。

確かに、わが日本国が他国から攻撃されるのを未然に防ぐ力という意味での抑止力からすれば、普天間の海兵隊には「そんなの、ない」が正解らしく思えます。当のアメリカ自身も、そのことはよくわかっているんだ、という話もある。だから普天間は移転ではなく無条件に撤廃だ――うん、それはその通りだと思います。

けれど、私はその議論にはどこか矛盾があるような気がします。

普天間の海兵隊には「抑止力」は存在します。ただしそれは、アメリカ「帝国」を守るためのもの。 いえ、直接的には、アメリカ「合衆国」の国民や財産を守るためですが、それがひいてはアメリカ「帝国」――アメリカを中心とする世界秩序――を守ることになる。そして、日本は多くの人が指摘するとおり、アメリカ「帝国」の属領です。ということはつまり、普天間の米海兵隊は、間接的には「日本」を守るために機能しているということになる。

いま、「日本」にわざわざ「」をつけましたが、その心は、「日本」≒日本だが、まったく「日本」=日本ではない、ということ。つまり「日本」はアメリカ「帝国」の属領としての日本の意味であって、それは私たち日本国民が帰属する国家としての日本とほぼ同義だけれども、多少違う部分もある。最近ではこの“多少”が多少でなくなって明瞭に「格差」として露呈するようになっているわけですが。

(鳩山総理が“よ~くお勉強”なさったのは、この「日本」と日本の違いなのかもしれません。)

米海兵隊は日本にとっては必要はない。が、「日本」にとっては必要。で、日本≒「日本」である。であるならば、私たち日本国民はどちらに帰属しているのか? 問題はここです。

おおざっぱな答え。
経済的には「日本」に帰属し、法的・精神的には日本に帰属している。つまり、私たちが日々営む生活のほぼ大半は「日本」に属している、ということ。ということは、海兵隊は、私たち日本人にとっても抑止力として機能してはいる。ただ、ここのところは、日本人でありながら「日本」という枠外から閉め出されてしまった人がたくさん存在するようになったし、「日本」に留まることが出来てはいても、そのことが年々難しくなってきている――経済「格差」ですね。

「」でくくった「日本」および「帝国」とは、一時代前の(いわゆる帝国主義時代の)帝国とは異なります。かつての帝国は顕在的な帝国でしたが、現在は潜在的。顕在的というのは、領土という形で誰の目にも比較的解りやすい形で存在していたということ。で、潜在的とは経済を主軸としているということ、になります。

現代の経済「帝国」においては――その本拠地たるアメリカにおいては、ずっと以前から「帝国」>合衆国でした。だからアメリカは歴史ある「格差」大国なんです。属領日本はといいますと、古き良き(?)自民党政権時代はかろうじて日本>「日本」でした。それを逆転させたのが小泉―竹中の時代です(中曽根以降という説もあり)。「日本」>日本となった結果、日本は新たな「格差」大国となった。


さて、ここで抑止力に話を戻しましょう。

日本という観点からみた場合、海兵隊の抑止力はアメリカ合衆国のためのものでしかないから、必要はない。それはいいでしょう。で、この答えは必然的に次の疑問を提起することになります。では、自前の抑止力は必要か否か?

ここで答えは別れることになります。すなわち、(おおざっぱに)右派は必要だと答え、左派は必要ないと答える。そしてこのそれぞれの答えが、右―改憲、左―護憲という立場の違いとなっている。

私は改憲・護憲でいうと(未だに?)護憲の立場を崩していません。が、ここでの左派の意見とおかしいと私は思う。つまり、海兵隊は日本という観点から見れば抑止力ではないとしながら、独自の抑止力は必要としない理由では「日本」――「帝国」の世界秩序――の観点に立って、都合良く観点を切り替えてしまう。これは欺瞞ではないのでしょうか。
(私自身もかつてはこの欺瞞に気付かないでいましたが・・・)

日本に独自の抑止力は必要ない、中国や北朝鮮は日本に攻め入るメリットがない、と考えることができるのは、そこに秩序があるからです。そして、この秩序が機能しているのは、アメリカ合衆国という「官憲」がいるから。確かにこの官憲は横暴であり、問題が多いのは事実です。が、それでも、その官憲がいなければ世界の秩序がどうなってしまうかわからないのは、現実だといってよいでしょう。つまり、アメリカがいなくなれば、海兵隊に抑止力が存在しなくなれば、中国や北朝鮮が日本に攻め入る理由はない、とは言えなくなってしまう。

このことは日本に(沖縄に)海兵隊がいるいないには直接関係はありません。海兵隊がグアムにいようが本土にいようが機能して秩序が守られておりさえすれば、つまり「帝国」の秩序が守られておりさえすれば、“日本に合衆国の抑止力はいらない”とは言えます。が、残念なことに合衆国の抑止力≒「帝国」の抑止力なのであり、その抑止力が機能しているからこそ「帝国」は利益を上げ、その“おこぼれ”で「日本」もまた潤っている。その構図があって、日本国民もまた「日本」人として日々の経済活動を営んでゆくことができているわけです。

ということは、です。私たち「日本」人は、そう単純に海兵隊の抑止力を否定できない、ということです。もちろん、軍事基地が近くにあるのは迷惑この上ないことは間違いない。が、それは巡りめぐって私たち「日本」人の利益になっている。そういう構造のなかで私たちは日々暮らしている。〈システム〉の全域化とはそういうことです。

コメント

愚樵さん、ご無沙汰してます。
今回の記事は、まさに「わが意を得たり」です。

>海兵隊は日本という観点から見れば抑止力ではないとしながら、独自の抑止力は必要としない理由では「日本」――「帝国」の世界秩序――の観点に立って、都合良く観点を切り替えてしまう。これは欺瞞ではないのでしょうか。

私が散々「超左翼おじさんの挑戦」にて、指摘していることはこの「欺瞞」なのです。
ただ、それが上手く伝えられないでいたのですが、愚樵さんは上手く表現されていますね。

ある時は、日本人の立場から、またある時は、「日本」人の立場から、都合よく切り替えて主張することが、左翼の方々の特徴ですね。

気付いていてやっているのか、それとも気付きもしないのかわかりませんが、あまりにもご都合主義です。

左翼のこう言う姿勢が、無責任かつ詐欺まがいと受け取られ、世間から相手にされない原因だと思うのです。

>ということは、です。私たち「日本」人は、そう単純に海兵隊の抑止力を否定できない、ということです。

そのとおりです。
「日本」人でなく、日本人になるためには、相当の負担と覚悟が必要なのに、それを避け、ひたすら言葉のみで「抑止力」を否定しようとする。現実を見ないで、言いくるめようとするばかり。

このような「抑止論」詐欺に騙されないようにしなければ、日本の安全が損なわれるばかりだと思うのですが…。

同床異夢?

一知半解さん、コメントありがとうござます。

>「日本」人でなく、日本人になるためには、相当の負担と覚悟が必要

ええ、仰るとおりだと思います。ただ、私が思い描いている「覚悟」と一知半解さんの「覚悟」とは、同じものではないような気がしますが...。

本文中にも書きましたけれども、私は未だ護憲派ですので。左翼はやめましたが。

左翼をやめたとはいえ、それでも私は左翼の方々の誠実さはいまだ十分に信頼に値すると思っています。ですので、

>あまりにもご都合主義

とは思わない。というか、思いたくない(苦笑)。彼らの(日本および「日本」の)観点の切り替えをご都合主義と批判はしましたけれども“だからダメ”とは思っていないんです。むしろ、気がついて欲しいと思っているわけでして。

ひたすら言葉のみで「抑止力」を否定しようとする。

ははは。そうですね。でも、なぜそのようになってしまうのでしょう? 興味深いと思われませんか?

私からすれば、それは必ずしも現実を見ていないから、というわけでないんです。別のところを見ている。視点が右と左とでは違うんですね。

私は今回、日本と「日本」はほぼ同じだけど少し違うといいました。私が「日本」と表現したものは一知半解さんの視点からはよく見えたのでしょう。ですので“わが意を得たり”と同意してくださったのでしょう。

左から見ても、日本と「日本」は同じではありません。ただ、こちらの「日本」はアメリカ「帝国」の属領ではないんです。日本「帝国」としての「日本」です。

日本が自前の軍事力を持ってアメリカや中国やロシアなどと対等に渡り合う。改憲派はそういう日本を想定しますが、それが左の考える「日本」です。もし仮にそういった「日本」が実現するとしたら、「日本」は「」なしの日本と一致するのか? 一知半解さんはYesとお答えになるかもしれませんが、私はやっぱりNoです。アメリカ「帝国」属領の「日本」が別の「日本」になるだけで、日本と「日本」はやはり一致しないだろうと思います。
(合衆国でありかつ「帝国」でもあるアメリカと対等に渡り合おうとするとするなら、日本も日本国でありかつ「帝国」にならなければならない、はずですよね?)

左の視点は、日本「帝国」としての「日本」を見ている。だから「帝国」属領の「日本」という現実を見落として、言葉だけになる。逆に右は「帝国」属領としての「日本」を見ていて、日本「帝国」を「」なしの日本だと思っている。

私はこのどちらにも同意できないのです。

そうかな?

日本国は既に世界第4位5位の軍事力、それも防衛専門を建前としているのに、抑止力の増強がこれ以上必要でしょうか?
そんなに何が心配なのでしょうか?
軍事力では無くても、経済封鎖、農産物の出荷停止、国債売却など、危機は武力に留まらないのではないでしょうか?
日本は世界中と憲法9条条約を結ぶ方向が新しい世界の秩序構築に貢献するのではないでしょうか?
抑止力・軍事力増強で戦える日本への方向が現実に国民を危険に誘導するように私には思えますが。

この話とは無関係ですが、NHK教育のハーバード大学マイケル・サンデル教授の授業は愚樵さん好みの番組かといつも思い出しています。
政治哲学の授業ですが、私には難解ですが、愚樵さんには砂に水がしみこむような授業ではないのかなと想像して楽しんでいます。

その軍備は日本に必要だったのか?

・scottiさん

>日本国は既に世界第4位5位の軍事力、それも防衛専門を建前としているのに、抑止力の増強がこれ以上必要でしょうか?

私は必要はないと思っています。“これ以上”という以前に、これまでもそうした軍事力が必要であったのか、大変疑問です。

scottiさんには同意していただけると思うのですが、日本国の巨額の軍事費はそれが必要であったから費やされているのではなくて、つまりその需要があったわけではなくて、先に供給ありきである。供給元はいわずとしれた、アメリカ「帝国」の軍産複合体ですね。日本の軍事費が世界有数になったのは、単に日本が経済大国になってそれだけ無駄に費やすことができるカネがあった、というだけことでしょう。

(もっとも、日米安保が日米同盟に変質して以降は、「帝国」にとって無駄というわけでもないのでしょうが)

>そんなに何が心配なのでしょうか?

ですから、もともと心配などありはしないと思います。すべてとは言えないかもしれませんが、「心配」は作り出された心配、“先に供給ありき”を繕って需要があるかのごとく見せかけるだけのもの。日本にとって抑止力とは、そんな程度のものでしょう。

>軍事力では無くても、経済封鎖、農産物の出荷停止、国債売却など、危機は武力に留まらないのではないでしょうか?

仰るとおりだと思います。が、ここでは視点が私とscottiさんとでは異なるようです。そうした潜在的な危機は常に存在します。にもかかわらず、危機が顕在化しないのはなぜか? 私はそんなふうに考えるわけです。そこで出るのが、アメリカ「帝国」の「(危機)抑止力」という答えになる。日本が独自の抑止力を必要としないと言ってしまえるのは、危機を未然に防ぐ「抑止力」があるからこそだ、そして米海兵隊はその「抑止力」の一端を間違いなく担っている。日本の経済的な繁栄も、その「抑止力」の上に築かれているのだ――ということです。

日本は世界中と憲法9条条約を結ぶ方向が新しい世界の秩序構築に貢献するのではないでしょうか?

その可能性は低くないと思います。というのも、「抑止力」の必要性が少なくなってきているからです。理由は経済のグローバル化がほぼ完了したこと。

単一の経済システムのなかに取り込まれてしまえば、そのシステムをスムースに機能させることがシステムに属する者の利益となる。「危機」というのは己が属するシステムの側からの見方ですが、それは逆にシステム外の者からすると「好機」になるわけですね。「抑止力」とは、そのシステム外の「好機」を叩きつぶすためのものなんです。ですので、すべての者が単一のシステムに属してしまうと「好機」は存在しなくなる。だから「抑止力」の必要なくなる。現在は全域化がほぼ完了して、取りこぼしをすくい取っている段階でしょう。だから「対テロ戦争」なんですよ。

ただ、このシステム全域化の完了を「新しい世界の秩序」と呼んでよいかどうかは疑問です。9条はむしろ、現在の秩序を完成させる「部品」として用いられることになるかもしれませんね。カネがすべてを支配するシステムの最終部品が9条――それが果たして9条の精神に即しているのかどうか、疑問ではありますが。

マイケル・サンデル教授の授業

は第1回だけ、見ました。大変面白いですよね。第2回以降の放送は録画してありまして、後で見ようと思っています。

あんまり面白いので、第1回を見てすぐにエントリーをあげようと思って書きかけたのですね。でも、ちょっと時間がなくて書きかけのまま放り出してあるんですよ。そう、アキラさんとの「対話」で興味が別の方へ向いてしまって...。そのままになってしまっているんです。



なるほど、潜在化のために

マイケル・サンデル教授の授業どんどん難解になっていますが方向性は金で買えないものがあるのではないか?
リバタリアニズム批判が根底にあるので楽しいですよ。
カントは本当に難しいです。
何回も何回も見て勉強中です。
これで愚樵ワールド理解力アップを狙っています。(笑)

もっともです。

愚樵さん 初めて投稿いたします。
 今回の記事はもっともです。
 常連になるのは難しいのですが、ときどき寄らしていただきます。
 哲学を展開した記事もいくつか、おもしろく読みました。僕も内田樹先生ファンの一人です。愚樵さんの述べていらっしゃるようなことは結婚を機に考えるようになりました。
 
 抑止力概念については、その概念がどのようにはたらいているか、という観点からは、日本駐留米軍が日本の領土・領海の外に出て行くことに対する一般の人々の心理的ハードルを引き下げることにある----と言えそうです。次の引用をお読みください。
<在日米軍は日本の防衛だけでなく抑止力としてアジア太平洋地域の安全に役立つ>
 これは、『朝日新聞』1月19日(月)の社説<安保改定50年 「同盟も九条も」の効用>から取り出したものです。アジア太平洋、と言ったら、安保条約で言う「極東」の範囲をも飛び出しています。
 ただ、松竹さんのブログ「岡本行夫「海兵隊は日本にいるべきだとは言っていない」」のコメント欄に掲載してもらった中に書いたのですが、この社説は、世論を分析した部分と自分としての情勢認識がしっかり区別されていません(かんちがいでないならば)。・・・(この社説は冷静に読めずにいて、そのため読み取りに自信が持てないのですが)世論を分析したものでもあるし、社説としての情勢認識でもある、と読み取りました。

(いままであれこれ考え、また愚樵さんの記事にも触発されて考えました。)
       田渕 大樹(ぶっさん)

ようこそ。

・ぶっさん@高知さん

ご紹介の朝日社説、ネットで探して見てきました。なるほど、冷静に読めないというのはわかります(笑)

〈冷戦終結後、アジア太平洋地域の安定装置として再定義された日米同盟の役割はすっかり定着した。核やミサイル開発を続ける北朝鮮の脅威や台頭する中国の存在を前に、安保体制の与える安心感は幅広く共有されているといえるだろう〉

確かに日米安保は日米同盟に「再定義」されました。国民の知らない間に。なのに、それが“すっかり定着した”とは笑わせます。

日米同盟と9条とを絡ませるのもいただけない。そうした9条の解釈はアメリカ「帝国」のそれであって、護憲派のものではありませんし。
(ただ、本文で指摘させてもらったとおり、護憲派は「帝国」の解釈と護憲派自身の解釈との区別をはっきりつけることが出来ていません。)

抑止力概念については、その概念がどのようにはたらいているか、という観点

そういう観点からものごとを眺めるのはいいですね。抑止力概念を正確に定義するよりよほど有用だと思います。

日本駐留米軍が日本の領土・領海の外に出て行くことに対する一般の人々の心理的ハードルを引き下げることにある

はい。日本国民に知らされないままに行なわれた「再定義」を既成事実として報道する姿勢と併せて考えても、ご指摘は的を射ていると言えそうです。

もうひとつ私の視点から言わせてもらいますと、件の社説の議論は、抑止力の解釈を軍事的な脅威に的を絞らせる効用もあるのではないか、と。「帝国」にとって一地域の治安が安定しているかは二の次です。その治安の安定が「帝国」に利益をもたらすかどうかが重要です。治安が利益にならないのなら、敢えて治安を乱すことも辞さない。「帝国」にとっての抑止力とは、「帝国」が利益を上げることができるシステムの混乱要因を抑止するということです。日本の治安が安定して経済発展が進み「帝国」に多大な貢ぎ物をするなら、抑止力は日本の治安維持に働く。逆に日本の経済力が「帝国」の利益にならないなら、抑止力は治安攪乱に動くこともありえる。

90年代のアジア危機の際に日本版IMFが提唱されたことがありましたが、もしそれが上手くいっていたら、今頃、米海兵隊は日本の「反抑止力」になっていたかもしれませんね。

お返事ありがとうございます。

愚樵さん かの社説にも目を通してくださった上でのお返事、ありがとうございます。

<なるほど、冷静に読めないというのはわかります(笑)>
と言っていただけて、ほっとしました。

 もともと、社説のたぐいの硬い文章は三度は読み返さないとわからなかったのですが、これからは、再読三読することに加え、それでもわからなかったらほかの方にお知恵を拝借することにします。愚樵さんにお尋ねすることもあろうと思います。どうぞそのときはよろしくお願いします。
 
<もうひとつ私の視点から・・・>
と提起された論点については、これから考えてみます。

             田渕 大樹(ぶっさん)
           5月22日(土)記す
 

「日本人」は抑止力を必要としている

同意です。
日本人は抑止力を必要としていないが、「日本人」は必要としている。
そしてわたしは日本人であり、同時に「日本人」であることを、どうしたって免れることはできない。

さらに、「護憲」というところまで、まったく同意。

それにしても、どうしてこういう意見は少数派なのでしょうかね?

たぶん

・naokoさん

それにしても、どうしてこういう意見は少数派なのでしょうかね?

自我の所為です、たぶん。〈私〉は日本人であり、かつ同時に「日本人」だという考えは、自我の分裂になってしまうから、自我に基づく理性からはなかなか気付かれにくい。 

話は変わりますが、naokoさんからコメントいただいて思ったこと。沖縄の人たちは、沖縄人でありかつ「日本人」なんですよね。その分裂が、これまで基地問題についての意志統一を難しくしてきた。が、現在は「日本人」が「沖縄人」に変わりつつあるようにも感じます。それが進むと、沖縄は「日本」ではなくなって「沖縄」つまり琉球共和国かなにかになるんでしょうか?

琉球共和国はわたしにとっては悪夢のシナリオです

このエントリーの文脈からしても、米軍の東シナ海での存在感が薄まるにつれて、東シナ海は軍事的にも経済的にも『中国の海』になっていくでしょう。
そうしたなかで、同盟国アメリカの後ろ盾を失った日本が沖縄の独立を許す(促す?)となると、裏では、本土の政治的・経済的自立の見返りに、中長期的には沖縄を中国へ譲り渡すという取引が成立している可能性があります。
このまま中国の経済成長が続けば、その頃には東南アジアも中国の勢力圏に入っているでしょうし、日本政府としても、中国との関係強化のためにそうしたプランが現実とならない保証はどこにもありません。
最大の問題は、愚樵さんのおっしゃるように、沖縄県民の帰属意識はどこにあるのか?ということです。
「日本人」にも「中国人」にもなりたくない。「沖縄人」でいいというのは、地政学的に考えても甘すぎる考えです。

わたし自身の意識は、沖縄人であり、日本人でもあり、「日本人」でもある、という感覚です。
こうした感覚は、この地にいて、今日、自然なアイディンティティのあり方ではないかと思うのです。
事実、わたしと同様の感覚で生きている沖縄県民は決して少数派ではありません。
ただ、県内でも非常に『我』の強い高学歴の人たちが、県内の言論を支配しており、また、県民全体として、学者の権威にあまりに弱いという特色があり、わたしのような声は県内マスコミでもほとんど取り上げられない。それはとても、嘆かわしいことです。

冗談のつもり...

裏では、本土の政治的・経済的自立の見返りに、中長期的には沖縄を中国へ譲り渡すという取引が成立している可能性があります。

素人の考えですけど、そうした流れがまず現実化してくるとすると、変化が現れるのはまず台湾からでしょう。独立国家台湾が中国に併合される。

次に日本からの沖縄独立、かな。もし沖縄県民が勢いづいて嘉手納までどうにかしてしまうと、こちらの方が先になるかもしれませんね。沖縄は日本からも米国からも見捨てられて、中国の支配下に入る。中琉安全保障条約なんてのが締結されることになるかもしれません(笑)

...冗談になってますか?

冗談になってません

台湾では、かなり変化が現れている気がします。
もはや、台湾の中国本土への『平和的併合』の流れは止められないんじゃないかな。
沖縄・本土間よりも、台湾・大陸中国間の方が、もともと結びつき強いし。
オバマさんは台湾を譲るつもりだと思うよ。そのかわりに大陸へのアメリカ企業の進出を後押しするでしょうね。

さらに、沖縄県内に中国への親近感を持つ人たちや、ルーツを中国に持つ人たちがけっこういるのも確かです。
だから、『中琉安全保障条約』ぜんぜん冗談になってません。一部の人々のアタマの中にあるのは確かです。
わたしに言わせれば、脳みそ膿んでるんじゃない?って言いたいけど。
比較の問題だけど、アメリカと中国天秤にかけたら、アメリカの方が千倍ましってことは、日本含めて近隣諸国は、ほとんどわかっているのに。
沖縄県民の一部(それも強力な言論勢力)だけが、現実を見ようとしていないのか…。

訂正!

>脳みそ膿んでいる
は訂正します。

むしろ、過去の一部にとらわれすぎて、頭と心がいつまでもその過去のシーン(情景)にどっぷりつかって生きている、時間が止まっているという感じでしょうか。

かつて、戦争直後、占領下での反米反基地運動は、やむにやまれぬ状況が確かにあったと思います。そのぐらい、占領軍の一部は、肩で風きって闊歩していたし、横暴・暴力も多かった。
一方では、それでも、背に腹は変えられぬ、基地にすがってでも食べていかなければならない状況もまたありました。そして、そうした県民に心からの援助をしていた米軍・米兵の姿もまたありました。
また、豊かなアメリカへの憧れと貧しい沖縄への自己卑下もあった。
これは、内地に対する感情にも同様にあるでしょう。
恨みも恩も、憧れもやっかみも同居しているのが、県民の自然な心情です。

しかし、いつまでもそうした感情に拘泥していては、明日が見えない。
そこから、自分自身を解き放たねば!とわたしは思うのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/370-62de860e

日本の競争力は低下したのか。?「国際競争力」の欺瞞

『国際競争力ランキングとは何か』 元々非公開原則の文部省のおこなった全国一律の学力テスト調査結果を府や市町村の教育委員会を恫喝(強制)して一般公開させた大阪府の橋下徹知事は多くの府民から拍手喝采を浴びた。 このように自分の所属する地域が全国から見てどの

アメリカ軍の抑止力とは?

今日の志村建世のブログ(5月15日)の記事 「貧困大国アメリカ?」を読む(2)にはショックを受けました。 アメリカでは最近ホームレスを...

「5.18改憲国民投票法施行」…静かな朝だ

ついに5.18改憲投票法施行、、、静かなだな。静かな朝だ。 新聞にも載ってないし、ブログエントリーもされてない。 何もおきない、誰も騒がない。 このまま消えてくれればいいのだけど。 忘れ去られればいい。 18歳投票をはじめ付帯規則、、、 決めなければ施行でき...

東国原 史上最強のトリックスター(貧乏神)

『宮崎で種牛殺処分』口蹄疫:東国原知事、宮崎県内に非常事態宣言 宮崎県で発生した家畜伝染病の口蹄疫拡大が終息せず、16日には高級ブランド『宮崎牛』の種牛が殺処分の対象に入った。 宮崎県内で流通する冷凍精液の約9割を占める種牛6頭はすでに避難しており、殺

哨戒艦天安沈没の原因と目的は?

ロサンゼルス級原子力潜水艦に装備されているMk48/ADCAP魚雷がリバー級護衛駆逐艦の竜骨下で磁気信管によって起爆、バブルジェットで船体を真っ二つに引き裂く 5月15日韓日中『3カ国外務大臣会議』 柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部長官(外相)、岡田克也日本外...

哨戒艦天安 選挙直前の韓国名物『北風が吹く』

素人目に見ても、この『錆び方』と『フジツボなど海洋生物の付着の様子』は、どうみても、僅か2ヶ月前のものには見えない。新品ではなく数年から十数年経っている年代物のように見える。 証拠として報道陣に公開された、魚雷の推進装置(スクリュー)ロイター提供 『説得...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード