愚慫空論

近代的理性との訣別(1)

のっけから力みかえったエントリーで申し訳ありません。
(そういえば昨年の冒頭も“理性に叛旗を翻す”でした(苦笑))

近代的理性とはなにか? いえ、その前に理性とは何か?

理性を言葉で定義づけるのは大変の難しい。私ごときがむやみに踏み込むと言葉の迷宮に迷い込むだけです。そこで敢えて(仕方なく?)単純にいきます。理性は“律すること”と定義しておきます。

一応参考までに、辞書で理性の意味を確認しておきましょう。Yahoo!の辞書で見てみるとつぎのように出ています。

1 道理によって物事を判断する心の働き。論理的、概念的に思考する能力。
2 善悪・真偽などを正当に判断し、道徳や義務の意識を自分に与える能力。「―を失ってつっ走る」
3 カント哲学で、広義には先天的能力一般。狭義には悟性・感性から区別され、悟性の概念作用を原理的に統一・制御・体系化する無制約の認識能力。理念の能力。
4 ヘーゲル哲学で、悟性が抽象的思考の能力であるのに対して、弁証法的な具体的思考の能力。
5 宇宙・人生をつかさどる基本原理。


これらの説明の中でもっとも端的なのは5でしょう。理性は基本原理で、その方向性は明瞭・統一。「理性的」の言葉にに対置されるのが「感情的」あるいは「本能的」であることとも考え合わせれば、理性というものを“明瞭・統一への根源的な意志”、すわなち“律すること”としても、さほど間違いではなかろうと考えます。

では、近代的理性とは? 「律」の文字から連想されるのは「自律」あるいは「他律」ですが、近代的理性とは、ずばり他律的理性であると私は考えます。理性という能力を擁する自分自身の外部に基準が存在すると考え、その外部基準によって自らを律すること。これが近代的理性の私の定義です。

外部基準とはいっても理性は“明瞭・統一への意志”ですから、外部基準も当然、統一的で明瞭であることが求められる。つまり体系的でなければならないということになります。自己の外部に体系的な基準を追い求める姿勢――合理的思考――から生まれるのが客観性の追究であり、その成果が科学です。

近代的理性の成果が科学であるならば、その成果は絶大だったといえるでしょう。今日の私たちの物質的に豊かな生活は科学のおかげ、ひいては近代的理性のおかげだと言っても間違いない。が、その成果が負の影響を広げつつあることも無視できません。現在では理性的であるということと科学的であるということがほぼ同義となってしまってい、理性というと他律的な近代的理性ということになってしまっている。自律的理性は、感情に近いものとして位置づけられるようにすらなっているように思えます。

いまや私たちは、理性的に行動することが物質的に豊かな生活を生み出しても、精神的な豊かさ――幸福――は導け出せないだせないことに気が付きつつある。にもかかわらず、理性の範疇から自律的理性を閉め出してしまったために理性的に幸福を追いかけることができなくなった。幸福は、個々人のごく感情的な自己満足といった捉え方をされるようになった。

しかし、私はそれは誤りだと思います。幸福は確かに感情的なものではありますが、それは決して非体系的なものではありません。感情は非合理ではない。そのように思えるのは、合理性の基準を外部においてしまうからです。基準を自己の内部におきさえすれば、感情は体系的であり合理的です。ですから幸福もまた体系的に追究することができる。ここが現在の私の立ち位置であり、『近代的理性との訣別』とはその立ち位置を表明したことに他なりません。

すなわち「自律的理性による幸福の体系的な追究」です。

コメント

自己レス

理性を自律的・他律的に二分化して捉えるとなると連想するのはMedia Pointという発想です。それとデカルトの「コギト」

たとえばこちらのエントリーなど
http://d.hatena.ne.jp/antares/20090223

自己レスその2

池田信夫ブログ『正義の理念』
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51338376.html

池田氏が指弾する「正義の理念」は、私のいう他律的理性になります。

アロウの不可能性定理、ゲーデルの不完全性定理、ハイゼンベルクの不確定性原理などは、他律的理性の限界を示すものです。(これらの定理の中身は全く理解できてませんが)

私が不思議に感じるのは、氏はこうした理性の限界には理解をしめすのに「財産権」という外部基準に基づく他律的理性については限界を感じていないように思われること。

これはもしかしたら、氏は限界を感じてはいるが「大きな社会」を作るにはそのこともやむを得ないと考えているのかもしれない。しかし、だとするなら、オバマの論理を批判する資格などない。

全世界に通じる「正義」の名において他国を侵略することほど正義から遠い行為はないのである。

意思は力なり

近代的であろうが近代的で無かろうが、自立的で有ろうが自立的で無かろうが、要するに個人個人一人一人が持つ理性なわけで。
それなら、誰にでも普遍的な科学的真理とは別なものである、これは『主観』なわけで、
それなら、色色雑多な、下は妄想から上は理性まである主観(観念)のなかで一番上等なモノが『理性』で、『意思』と言い換えてもそれ程間違いでもないだろう。
理性(意思)による「幸福の体系的な追究」は可能か。?
と言えば間違いなく短期間なら出来ます。
意思は『力』でもあるのです。
ただし、これはフィルムのコマーシャルで樹木 希林が中島みゆきに意思の力で一瞬なることが出来る程度に可能ですが、
長い間では誰であれ無理がある。不可能ごとです。
無理であるだけでなく、記事の主な構成部分である『理性は“律すること”』との解釈で肝心の『律』とは個人を縛り罰するの怖い意味があるのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/327-8ad83f38

年始の挨拶

   迎春  みなさんとの関わりで、このブログも5年目に入りました。  トラックバックで繋がり、コメントを受ける嬉しさと同時に新たな視点に刺激され、次への書き込み(エントリー)への意欲を頂いてここまで来ました。それに、チコさんに参加して頂いたことによっ

歴史と科学に学ばないから日本は停滞しているのではないでしょうか

  2010年が始まりました。 昨年2009年の日本ではいろいろなことがありました。最大の出来事は政権交代だったでしょうか。 ジミントー政権...

沖縄基地問題検討委員長が平野官房長官じゃ~推して知るべし

「米国無視の与党合意あり得ず」首相 普天間移設で http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091228AT3S2802I28122009.html  【ニューデリー=高畑公彦】インド訪...

2010年 初春のごあいさつ

新年あけまして  おめでとうございます          2010年 元旦 昨年は いろいろ ありがとうございました 今年も ひき...

鹿児島の阿久根市長『高度医療が高度障害を生んでいる』

『不思議なツール』 ブログとは不思議なツールで駅頭で大勢に向かって演説しているようでもあり、密室で親しい人と秘密の隠し事を語っている様でもある。 つい最近ひげの隊長こと佐藤 正久1等陸佐(現自民党参議院議員)と同期の元自衛官で、『最も辞めてもらいたい議員は...

竜馬は近代的理性ではない

NHKで始まった「龍馬伝」は、どうやら近代的理性の象徴に、坂本竜馬を位地づけしようとする意図が、見え隠れする。日本人を洗脳する装置である「大河ドラマ」は、たしかに高度成長を支えてきた自負があるのだろう。しかしいまさら、日本人に人気のある歴史的人物をつかっ

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード