愚慫空論

事業仕分けは参議院で

久々に政治について。

民主党行革刷新会議が行った「事業仕分け」。これが本来、国会の仕事なのではないのでしょうか?それも与党ではなく、野党の仕事。いや、そうではない。与党野党ではなく、衆議院か参議院かの仕分けの問題でしょう。「事業仕分け」は、参議院にこそ相応しい。

政治といえば、よく政局か政策かと言われます。先の衆院選でも、民主党がマニュフェストなる政策集を掲げて国民の支持を得た。政党が政策を掲げるのは、議会制民主主義としては当然のこと。

が、これまでは、政策というと、とにかく「実現」だったわけです。予算を費やして、新たに何かを実現する。それが多くの場合ハコモノとか道路とかだったりして、そうしたものを作ることが政治家の役割とされた。だから、選挙を経て選出された議員は地元選挙区で政策を「実現」しようとした。その政治の構造の在り方が長年の自民党政権という構造と結びついて制度疲労を起こしてしまい、それが限界に達しての民主党への政権交代というのが、現在の政治状況の大まかな流れでしょう。

新たに政権を担うことになった民主党は、それまで「実現」ばかりで硬直化してまった政治構造にメスをいれることを迫られた。政治が「実現」した制度を既得権益化して自らへの利益誘導を行っていたのが官僚組織。「事業仕分け」はそのことを白日の下に曝しました。

「事業仕分け」では、数多くの「廃止」が打ち出されました。この有様はマスメディア等にさながら劇場での出来事であるかのように取り上げられ、国民の支持を集めました。「廃止劇」は目新しいのです。これまで政治は、基本的な方向性は「実現」一本槍。政治劇場で上演されるのは、「実現」が叶うか叶わないかの、「政局劇」ばかりだったわけですから。

「事業仕分け」が示したのは、「廃止劇」も十分に鑑賞に値するという新たな認識でしょう。が、考えてみれば、「実現」も「廃止」も、どちらも国民から信認された国会議員の責務であるはず。今までは、その責務の一方しか果たしていなかったという、単にそれだけのことでしかありません。scrap and build の、build ばかりが政治の仕事としてのみ注目を浴び、scrap がおろそかになっていた。その結果としてのムダな公共事業であり、官僚組織を中心とした既得権益構造なのです。

民主党への政権交代は、これまで疎かになっていた「廃止」を行うものです。それを行政刷新会議という国会の外に設けられた「劇場」で上演している。これはいわば、政権交代を記念した野外劇場での臨時上演のような形です。が、この上演は本来、国会という常設劇場で行われるべきものです。そしてその場には、参議院が相応しい。もともとそれが参議院に期待されている役割だったはずです。

参議院での「廃止劇」上演が常設化することになれば、私たち有権者にも新たな楽しみが生まれることになります。「廃止劇」の主役である「仕分け人」を選挙で選ぶことが出来るようになるのです。衆議院では「実現のための政局劇」を、参議院では「廃止劇」を鑑賞する。これは決して贅沢な望みではありますまい。

関連記事:『新しい選挙制度の提案』

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/316-96fc59e5

行政刷新会議VSノーベル賞の野依理研所長

★安価スパコン:「事業仕分け」どこ吹く風 3800万円で完成 長崎大助教らゴードン・ベル賞  東京・秋葉原でも売っている安価な材料を使ってスーパーコンピューター(スパコン)を製作、演算速度日本一を達成した長崎大学の浜田(剛つよし)助教(35)らが、米国...

支那女に仕分けられる祖国・日本

「政権発足100日を待たずして、」について  京都では、引っ越してきて十年も二十年もたつのに、隣人たちからはお客様扱いされるという話を聞いたことがある。三代前から定着していないと江戸っ子とは呼ばれないともいう。住人たちにとっては闖入者への違和感があるの

レス3:「政府紙幣」は発行できない! - 政府紙幣が無視し続けられる理由 -

>(5)政府紙幣が無視し続けられる理由 >これだけ好都合な打ち出の小槌がなぜ無視され続けるのか。あまりにも虫が良すぎるからだ。 Too good to be trueというわけだ。 だが冷静に経済の論理を追って行くと、戦争や破壊に頼らず赤字財政にも頼らない有効需要の生み方は...

アフガニスタン戦争を憲法九条と非武装自衛隊で終わらせる

人気ブログランキングへ   ←ぽちっとお願いします~~久々に出てきたと思ったら・・なんかすごいタイトルでびっくりでしょう?...

故人献金

たしかに鳩山首相のカネの出所は真っ黒かもしれません。 いい年をして母親から子供手当かよとも思いますし、同じことを普通の個人がやったら莫大な贈与税がかかるわけで、そもそも政治資金の虚偽記載の前に脱税じゃないの?とも思います。 ただ、政治とカネって、もと...

課税と経済論理:国民経済と財政 下

日本が公共事業国家になった事情:国民経済と財政 中から続きます ● 課税と経済論理 政府が行う課税については、労働成果財の資本活動や取引に関るものと、非労働成果財(金融商品及び土地)の取引や所有に関わるものとに大別することができる。 しかし、現在の税制...

ダーウィンの『人類の進化』(人間の由来と性淘汰)

150年前の1859年、『種の起源』(On the Origin of Species)がチャールズ・R. ダーウィンにより刊行され、『ヒトも動物の種のひとつであり偶然と必然が生んだ』とする科学側と『ヒトは神に寵愛されたヒエラルキーの最上位の存在である』とする宗教界との間で神学論

『事業仕分け』と『論文盗用』

 民主党政権による「事業仕分け」の第一弾(?)が終わり、見えないものが私たち庶民に見えるようになってきた。  その一つ一つの成果がどの程度であるかは即断できないが、ここに手を出した新政権に拍手を送りたい。  他方で、K学会は「論文盗用」問題(10月23日付け...

気候変動版「ウォーターゲート」の衝撃

12月7日にデンマークのコペンハーゲンで始まる国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)を目前に、気候変動の研究者たちの私的な文書が大量流出し、地球温暖化に懐疑的な人々の格好の餌食になっている。 流出したのは、研究者たちの個人的な電子メールや文書

日本に民主主義は失敗だったのか?

2009年8月。 ついに政権交代が起こった。民主党結党10年。これが長かったかどうかは、判断の基準にもよるだろうが、ともかく政権交代が実現し...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード