愚慫空論

争論 ~夫婦別姓は是か非か

夫婦別姓

上の画像は、昨日の新聞記事から頂きました。

正直なところ、私はこの問題には積極的に関わろうというつもりはありません。今回取り上げるのも、現在思索中の贈与とハラスメントに少し関連があると思うから。だだ、今回は別の視点から話をしたいと思っていますが。

夫婦別姓は是か非か。結論から言えば、私は夫婦別姓には賛成です。ただし、この賛成は大変に皮肉な賛成であるということを断わっておきます。

上の記事では、2人の論者がそれぞれ持論を展開しています。このおふたりの議論のどちらを支持するかといえば、私は左側、長谷川氏の方です。夫婦別姓に賛成なら右側の榊原しではないのかって? いえ、間違いなく左側です。だから皮肉な賛成なんです。
(どうでもいい話ですが、長谷川氏と榊原氏の配置は逆です。長谷川氏を右、榊原氏を左とすべきでしたね(笑))


世の中の流れは、夫婦別姓を容認する方向へ進んでいるそうです。これは、右側の榊原氏の主張でもあるし、審判役の記者(中央の部分)もそのように書いている。またこれは、民主党政権が誕生したこととも関連していて、民主党は夫婦別姓をマニュフェストに入れることは見送ったものの、これまで幾度も選択的夫婦別姓を導入する民法改正案を提出してきた。今はその民主党が政権与党です。

世の中の流れが夫婦別姓を容認する方向へ進んでいるということは、その背景には夫婦で別々の姓を名乗ることが必要な人が増えてきたということでもあります。その必要性は女性の社会進出が進むにつれて増大しているという。私は女性の社会進出は良いことだと思うので、結婚を機に姓が変わってしまう不便さがを無くしたいという動機は理解できなくはありません。

しかし、です。そのことが「人格と密接に結びつく」というような話となると、ちょっと待てよ、と思う。社会生活を営むのに不便な点を改良しようというのはよいけれども、そこが人格というところにまで話が及んでしまうのは行き過ぎです。

人格は周囲から認知されることによって形成される。男でも女でも、社会に出て働くことで周囲に認知され、社会的な人格を形成する。それは大切なことです。また、その認知と自分の姓名とは深く関わってくるので、女性だけが結婚によって姓の変更を余儀なくされるというのは、確かに不平等ではあります。この不満はわからなくはない。

が、問題は姓名というものが社会的な人格に関わっているだけではなくて、それよりももっと根源的な人格形成、家族の中で過ごす子どもの人格形成にも関わってくる。そこの点が軽く見られているということです。

榊原氏は言います。

-子どもの姓は。
「生まれた時に夫婦が協議して決めればよい。多くの国もそうだ。兄弟、姉妹で別の姓を名乗る選択肢があってもいいと思う。」


私にはこの主張は非常に無責任なものに感じられます。社会的な人格形成をなしてゆく大人ですら統一された姓名が必要だと主張しているにも関わらず、大人よりもずっと姓名が人格形成に影響を及ぼすであろう子どもに大人の都合を押しつけている。子どもにはどのような姓名を名乗るかの選択肢など最初からありません。子どもは自分以外の者から与えられた姓名を引き受けるしかない。そうした子どもにとって大切なのは「定められている」ということなのです。

左側の長谷川氏。

-選択制であり、強制はしないとされている。
「むしろ選択制であることこそが問題。完全な夫婦別姓制は、各人がどんな祖先から生まれたかを一番重視しますよ、というコンセプトに貫かれていて、ある意味では極めて明快。しかし選択的夫婦別姓となると、どういう家族観、人間観に基づくのか全く不明。むしろ『家族観』そのものを壊すことが目的としか考えられない」


社会の中に統一された家族観や人間観が存在しないとなると、もっとも影響を受けるのはまだ人格形成が未熟な子どもたちであることは間違いありません。人格がある程度完成した大人であれば、自らの意思で姓を選択できるということの意味は理解できるでしょう。しかし、子どもはどうか。

要するに、選択的夫婦別姓の議論は、家族の「型」を優先するのか社会の「型」を優先するか、という議論です。家族の「型」にせよ社会の「型」の型にせよ、絶対的に定まった「型」など存在しません。それぞれの地域や時代によって家族の「型」も社会の「型」も変化する。「選択の自由を」というのは現在の私たちの社会の「型」であって、それはそれで重要なものなのでしょうが、それをそのまま家族の「型」に持ち込んで良いものではない。社会の「型」を家族の「型」の中に持ち込むのは大変危険なことなのです。

その危険なことを行ったのが戦前の日本です。戦前の日本では「忠孝一如」といった教育が行われました。「孝」とは家族の「型」、「忠」とは社会の「型」です。天皇は万系一世で日本国民の父祖であり、天皇に仕えることは(忠)は親に仕えること(孝)と同じだとした。同じだと言いながら、実態は孝と忠との優先順位をひっくり返した。社会の「型」に合せて家族の「型」を改変したのです。
(いうまでもなく、忠孝を唱える儒教では「孝」が最優先ですし、その考えは今の日本にも色濃く残っています。家族の大事と会社の大事を秤に掛けたとき、家族の大事を優先することがスタンダードだという考えは広く行き渡っています)。

その結果、どのような子どもたちが生まれたか。軍国少年、軍国少女です。そして日本はどうなったか。戦争へ突き進んだ挙げ句の敗北です。国が全体主義に染まったのです。

選択的夫婦別姓が民意を得ようとしている今の日本の風潮にも、これと似た雰囲気を私は感じます。戦前は、国全体を一点へ収斂させようとする一点集中型の全体主義でしたが、現在は方向性はそれとは逆の、国民をバラバラにする方向での全体主義です。小泉-竹中経済構造改革も同じバラバラ全体主義ですので、政権が交代しても、大きな流れとしてはバラバラ全体主義の方へ進もうとしている。

この流れは大変に危険だと私は思います。その先にあるのは、亡国です。これは国家の財政破綻とかいったレベルのものではなくて、国民が国を国と認める信認が崩壊するということ。戦前の一点集中型全体主義の崩壊は、国家組織は崩壊しても亡国にまでは至らなかった。そのことが9条という「奇跡」を生んだりしたわけですが、今度はそれ以上に危ないかもしれない。

そう思いながら、なぜ私は夫婦別姓に賛成するかというと、もはやこの方向性は止められないだろうと思うからです。これは全くの独断ですが、引き返すことができる地点はもう通り過ぎてしまったように思う。ならば、崩壊を促した方がよいのかもしれない。それが皮肉な賛成の理由です。

追記

生きるための経済学―“選択の自由”からの脱却 (NHKブックス)生きるための経済学
―“選択の自由”からの脱却

安冨 歩

またしてもこの本を掲げますが、どうかサブタイトルをご覧になってください。“選択の自由”からの脱却ですね。この本では、エーリッヒ・フロムの『自由からの逃走』に拠りながら、選択の自由を追い求める社会的自我の欺瞞性が暴かれています。選択の自由の追求が結局は自由を自滅させ、ファシズムはマルキシズムへ落ち込んでいくことになるというのですね。

このあたりの議論は、アンナ・アーレントも参考になります。
今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)今こそアーレントを読み直す
仲正 昌樹

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/314-2da923aa

特定保健用食品

「特定保健用食品」特保について朝日新聞(11月14日)、赤旗日曜版(11月15日)に掲載されていた。  双方ともエコナクッキングオイルの教訓が伝えられ、「効能があいまい」「過信は禁物」と言っている。私もその意見には賛成だ。  特に朝日新聞では早稲田大学特任教授の...

「差異」と「区別」と「差別」の悩ましい関係

お玉おばさんでもわかる 政治のお話『城内実さんを温かく見守る。2009/09/07 城内実擁護記事にタンポポ集団など水騒動の張本人が勢ぞろい。おなじみのメンバーが揃い踏みして『レイシスト』の大合唱なのに、それでも相手の正体が誰一人も理解できない。 連中の相手をし

「亡国」と家族の崩壊

実を言うと、 『「亡国」とは...』 を書き込み終わったあとで、書いている途中では取り上げようと思っていた“家族の個人化”という問題を書き忘れてしまったことに気づき補足を書こうかなと思っていました。 人気blogランキング フォローありがとうございます投

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード