愚慫空論

贈与の限界を知る

内田樹氏の『教育=贈与論』というエントリーを拝見しました。エントリーに曰く、

・教育というのは本質的に『教える側の持ち出し』である

・「どういう価値があるのかよくわからないものを受け取った」というのが「贈与」の本義

・教育の目的はただひとつである。それは人を成熟に導くことである。

・教育の「謎」は「どうしてこの人は私にこのようなものを贈与するのか?」という問いのかたちで構造化されている。


そして、

・等価交換をどれほど積み重ねても人は成熟しない。


内田氏の端的な言説には、いつも感心させられます。

贈与は人の営みの中核部分を為す活動です。それは学校教育に限ったことではなくて、人の為すあらゆる活動から贈与は必要です。そのことを指して内田氏は、

・真に優れたビジネスマンは、経済活動においてさえ、その本質は「贈与」にあることを知っている。


といっています。

しかし、ここで疑問が湧いてきます。では、人の活動は贈与でありさえすればそれでよいのか? 人々は贈与の中に浸っていても、主体的に「成熟しなければならない」という強い決意を抱くものなのでしょうか?

どうもそうではなさそうです。このことは子ども成熟について考えてみればわかります。俗にいう過保護、すなわち親などからの贈与に溺れる子どものわがままに育つのは、誰しもが知っていることです。わがままとは未成熟に他なりません。

子どもがわがままから脱するのは、贈与の限界を知ったときです。自らに与えられる贈与が無限ではなく、有限なものであることを発見したときに、子は成熟への決意を固めることになる。と同時に、自らに贈与を与えてくれる共同体の意味性も発見します。
(共同体の意味性の発見⇒愛郷心の発露、でしょう。)

人が贈与の限界を発見する契機には、いろいろな形があります。等価交換もその契機となります。例えば、親が子に贈与する、親は子への贈与のために社会へ出て働く。これは世間一般で「家庭を守る」といわれる営みで、社会に出て働くとは、社会という場で他者と等価交換を行うということです。子は親が行っている等価交換の意味を知ることで、贈与の限界を知ることになる。してみれば等価交換の経験もまた、人に成熟への決意を抱かせる契機になり得る、ということです。

ここで大切なのは、「贈与の限界を知る」という順序です。まず先に贈与を受けるという経験がなければ、その限界を知ることなど出来るはずもありません。贈与だけでは人は成熟しませんが、贈与なくしては人は発育しません。

発育無くして成熟なし。成熟なき発育に価値はなし。

このことは何も人に限ったことではありません。植物でも動物でも、生命を生み育ててゆくいでゆく存在すべてに言えることでしょう。
今の世の中、特に日本の場合は、発育を促すべき贈与が成熟を妨げ、成熟を促すべき等価交換が発育を妨げいる。倒錯した世の中になっているように思えて仕方がありません。

コメント

過保護は贈与じゃないとおもう

愚樵さん、お久しぶりです。

主題とは違うかもしれないですが、気になったので。

過保護は子どもへの贈与ではないと思います。
過保護は子どもからの略奪です。

過保護にされ食い尽くされた子どもは、自分では何も出来なくなるのです。

すぺーすのいどさん

コメントありがとうございます。

>主題とは違うかもしれないですが、気になったので。

いえ、主題はたぶん同じだと思います。

過保護は子どもからの略奪だという意見には賛成です。確かに結果としてはそうなってしまっています。

ですが、その結果から、過保護≠贈与とは言えないでしょう。贈与が略奪になることだってあると思います。

子どもに限らず大人でも、贈与が略奪に変質することはあります。ごく普遍的な現象です。例えば、中元とか歳暮とか。お世話になった人に贈るのは、本来の意味での贈与ですが、制度化されて、会社の上司だから、取引先だからといって贈らなければならないとなると、習慣化された略奪だと言えなくもない(笑)。

歳暮をもはや贈与でないといってしまえばそれはそうでしょうし、形だけでも贈与は贈与だといえば、それもそうなんです。

親から子どもへの過保護も、おそらくは制度化された贈与です。少なくとも子どもの方はそのように認識していると思います。ですから、贈与が与えられる動機(=愛情)が欠落して感じられるのでしょう。動機の欠落が子どもたちから成熟の機会を奪うということなのだと思います。

贈与とは政治学

内田樹氏は教育論を言っている。しかし政治的には政治も又贈与のシステムである。社民的な大きな政府は成長を妨げ新自由主義的な小さな政府は格差を生む。かように過保護も放任も難しい。ならば成熟を促す等価交換すなはち税金の正しい絶対的なる使い道のあるやなしや?

富者ますます富み、貧者ますます失う。

もとになった内田氏の「贈与」は「贈与された側」が「贈与されたもの」が何だか把握できない、ということを前提にしている。逆に言えば貰ったものが何であるか分かるものは「贈与」に値しない、それは「対価」だと彼は言う。

内田氏のブログはだいたい、
1. 何か分からない入力(武芸とか、学問とか)を受ける
2. それで何をして良いのか分からなくなる
3. 仕方なく何かする
4. この「何かする」のが重要
という話で終わる。

平たく言えば「とりあえず師匠の言うことを聞きたまへ」ということだ。聞けばバカでなければ何かするだろう、ということだ。確かにこれはアプリオリに正しい。

しかし師匠は希有である。バカはいくらでも居る。師匠を騙る者も多い。それについて内田氏はあえて何も語らない。

内田氏はたびたびブログで自分の大学の話題を乗せるが、読んでいると要するに自分のところの大学にはそういう騙りが居ないので学生がのびのびできるんですよ、いいでしょう? というブルジョアの自慢である。

聖書にも言うように、富者はその富によってさらに富み、貧しい者は貧しさ故に今持っているものまで失う。
智慧のある者はその智慧によってますます賢くなり、心の豊かなものはその優しさによってますます善い行いを得ることができる。
<贈与>によるWin-Win関係は富者と勝者のコミュニティでしか成立しない。貧乏人と敗者は自ら贈与を与えられないから、もらうこともないのだ。

<国家>とか<経済>とかはこの<敗者>を基準にしたコミュニティである。敗者は<さもしい>から、互いに<贈与>を与え合ったりしない。だから<経済>とか<国家>とかいうものの論理は非情だ。そもそもそれは<人でなし>を前提にして作られているのだから。

問題はこの<さもしい>人たちに、心の豊かさを持たせることなのだが・・・・それはもう何千年もいろんな哲学者や宗教家が試みて果たせなかった夢だ。人類の歴史に等しいこの壮大なるテーマに簡単な回答がもたらされることはないだろう。

そこに至る道は各々で見つけなくてはならないのだ。
それがどれだけ遠いものだとしても。

降参?

愚樵さん、すいません。
難しくてよく解りません。(>_<)

贈り物の例では親が子どもに略奪されるイメージは湧くのですが・・・

この贈与というのは愛情でしょうね

愛情を与えるのも、受け取るのも、難しい時代になりました。

>>KYDさん
富者も最近はさもしい人が多くて困りますけどね。
漢字が読めない人とか。

と言うより、経済が崩壊した原因を考えれば、どちらかと言うとそう言う人たちがやってくれた事なので、そう言う意味で言うと「富者」と言う基準は少々誤りでしょう。

<さもしい>のは経済レベルに依存しませんよ。

そう言う意味で言えば富者もまた「敗者」だからなのかもしれませんけどね。
ついでに言えば、その富者が何故に富者でい続けるかも問題。
その富で社会的富を生む事に自分が得る富や安定以上に貢献していれば、むしろ社会は上手く回るはずです。
崩壊すると言う事は、彼ら全体にはノブリスオブリージェの意識が無いと言う事の裏返しですよ。
自分達は責任を取らない(労働者にその責を押し付け、自分の得る物は変えない)政治家や財界人とか。

補足:
その富で社会的富を生む事に自分が得る富や安定以上に貢献していれば、むしろ社会は上手く回るはずです。

物理的な富ではなく社会的富です。
現在も昔もそうですが、生み出した富は結局金を出さなければ渡さないのが彼らですからね。
(恐慌の時に捨てられた食料の多さをお察しください)

あと、国家も経済も、と言う事ですが、国家はある程度その為のものですが、経済はどちらかと言えば富者の為の物です。
所有が共有認識(共同幻想)でしかないのですから、もっとも「所有」を維持し恩恵を受けたいのは富者ですからね。
特に現代の高度にシステム化した経済は富者に有利で、貧者には逆に圧倒的に不利なシステムです。
国家はその経済の最終補正と、所有の担保と言う双方を担ってるので、正確には「貧者」の為のシステムではありません。
はっきり言えば法整備が無ければ浅生なんか殺されて金品を貧しい人間や強制連行時代の被害者が奪って行っても文句言えないような立場ですからね。(ほとんどが相続財産とそれを引き継いだ経営の利権による収益ですしね)
御手洗とかも同様。経営悪化してるのに給料さらに倍化させるとか馬鹿ですか?っていう。

貧困の中で懸命に生きようとする貧者を一様に<さもしい>と表現するのが問題ないなら、彼らを<さもしい>と表現してはいけない理由が私には思いつきません。^^;

>猫様

金ばかりあって心が貧しいのを<成金>と呼びますね。
経団連のお歴々などは<成金>の類かもしれません。もっともお会いしたことはないので本当のことは分かりませんが。

ただそもそも、<贈与>とは<将来有望な相手>にのみ与えられるものです。なぜなら<贈与>とはそれを再生産してさらに別の相手にその<贈与>が為されることを期待するシステムだからです。<贈与の再生産>ができない者への<贈与>はシステムを破壊します。

そして残念ながら、貧者の多くは<贈与>に値しません。
貧すれば鈍すの喩え通り、貧者は相対的には愚か者だからです。
ならばその身の丈にあった<贈与>をお互いに施せばいいのですが・・・コミュニティの崩壊した日本社会ではそれはもう期待できないのです。
だから絶対的貧困などという問題が今頃になって生起しているのだと思います。

>KYDさん
>ただそもそも、<贈与>とは<将来有望な相手>にのみ与えられるものです。なぜなら<贈与>とはそれを再生産してさらに別の相手にその<贈与>が為されることを期待するシステムだからです。<贈与の再生産>ができない者への<贈与>はシステムを破壊します。

>そして残念ながら、貧者の多くは<贈与>に値しません。
>貧すれば鈍すの喩え通り、貧者は相対的には愚か者だからです。

消費者だけでは社会は回りませんが、<将来有望><愚か者>の判断基準をどこに置くかは難しい所でしょう。
また、贈与の意味の取り方にもよるでしょう。

確かに成人の貧者は自分でどうにかして立場を手に入れた人に比べて忍耐力や決断力や覚悟・知識が劣る人は多いでしょう。(忍耐力はむしろ高いかもしれませんが)
と言っても、世の中運もありますし、リスクを取って懸命の努力をして、特別愚かな判断をした訳でなくても失敗をしてしまう事もあります。

また、貧者が愚かと言うのも学ぶ機会がなかった事が理由であれば話も変わります。
その場合はどの程度の能力と残りの時間に対し、どの程度の労力と時間を掛けるのがバランス的にあっているのかと言う事でしょう。
子供などは残りの時間が多いですから、常に贈与に値すると言う部分もありますからね。
(子供に送られる教育や生育環境は贈与でないと言うなら私とは贈与に対する意識が違うのでしょう)

言ってしまえば「時間」故に将来有望な訳です。

そうでなくとも、自分だけの基準で物を見る危険があるから、結局、そう言った判断を省こうと言うのが昨今の流れでもありますからね。
そもそも将来性や何かを特定個人や勢力が判断する事は突き詰めると戦時などにあった「優性論」になりますからね。
何か基準を作って区別して見ても、どこで化けるかも分かりませんし。(^^;
(エジソンは小学校中退でしたしね)

猫様

ちょっと時間をおいて考え直したのですが、私が書いたのは「有能な人」が考える「有望な人」の基準の話のみになってしまっていますね。

当然ながら「有能でバリバリ仕事のできる人」と、「普通の凡人」の、「有望な人」のレベルは違うはずです。
つまり社会の屋台骨を背負うような俊才が目をかけて「贈与」を行う相手と、普通の市民が目をかけて「贈与」を与える対象はまったく違うべきなのです。
そして市民の中でも能力差は当然ありますから、そうやって見ていけば、誰からも贈与に値しない人間は「死人」だけのはずです。なにせ死者の発展性はゼロですから仕方ありません。

しかしテレビの普及のせいなのか、それとも何か別の因子があるのか分かりませんが、皆が皆スタープレイヤーの方ばかり見ている、熱心にトッププレイヤーに「贈与」を与え、そうでない人には見向きもしない、そんな現象があるように思うのです。

「貧者どうしの相互贈与」が為されない現状をついつい文章として爽快に「貧すれば鈍す」とばっさり切ってしまったのがもともとの齟齬を生んでいるようです。申し訳ありません。

>KYDさん
>当然ながら「有能でバリバリ仕事のできる人」と、「普通の凡人」の、「有望な人」のレベルは違うはずです。

と言うか、考える基準は個々で違うでしょう。
だからこそ、特定勢力の考える「優生論」も問題視される訳ですし。

>皆が皆スタープレイヤーの方ばかり見ている、熱心にトッププレイヤーに「贈与」を与え、そうでない人には見向きもしない、そんな現象があるように思うのです。

スポーツ選手などはいい例で、確かに収入が過剰である気はしますね。
逆説で言えば、ある程度区切りをつけたコミュニティ分けがされていないのが問題とも言えるでしょう。
現状のように区分けがされないのであれば、ある程度の集中は起こるでしょうしね。
そして物理的な物を共有している以上、贈与…と言うか収入と所有の関係において関りを捨てる事など出来ませんしね。
(当たり前の話ですが、贈与と物理的な所有が密接な関係にあれば、社会的に贈与を「より多く」とする事でトラブルが起こるのは予想出来ますからね。鎌倉幕府も後期は土地なくなって喘いでいたようですしね。(功労者に土地を与えていた))

また、所謂上位層も所謂下位層の作るサービスを受けていると言う状態も富の集中を避ける意味では問題でしょう。
上は上同士で、下は下同士で、と言うなら、まさにそれこそ国籍とした方がいいような物ですね。
(土地の所有に国籍条項が付く様に条項を付与する訳です。生産活動に関る分野を共有の取り合いにすれば、条件が偏っていき、小作人と大地主のような関係になる事は容易に想像できます。
 精神的なマッチョこそが有能だとするならば、相続よりは自分の能力で得る物を得ろ、って言うのもありますしね。)

ふと、所謂富裕層の代表である企業について面白い意見が

http://kuromacyo.livedoor.biz/archives/993842.html


少なくとも愛社精神とか言っちゃう人はちょっと・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/310-e043ab7d

アフガン米軍 死者数最悪に

★アフガン米軍 死者数最悪に AP通信 アフガニスタン南部で27日、武装勢力による複数の爆弾を使った攻撃で、米兵8人とアフガン国籍の民間人1人が死亡した。同国に駐留する国際治安支援部隊(ISAF)は詳細を明らかにしていない。 米兵の死者は今月に入って計5

タリバン政権ムトワキル元外相が語るもう一つのアフガニスタン(資料)

『アフガン終わりなき戦場』/第22回 語り出すタリバン政権の重鎮   その男は私を慇懃に家に迎え入れた。 握手をするとその手はゴツゴツと硬く、農具を持っていただろう跡があった。 目からはなかなか警戒の色が消えない。 恰幅の良い体躯に、ピッとした白いアフガン服

日本が始めたアフガンPRT(地域復興支援策)の欺瞞と危険性(資料)

『PRTは民心把握の軍事活動である』  ペシャワール会事務局長 福元満治    先日、日本のPRT(地域復興支援策)参加についてNHKで報道された。 このプロジェクトはアフガニスタンの北部で、リトアニア軍と協力して、日本の民間人(外務省関係者)が民政支援

『賭博と売春は猥雑な大阪が引き受ける』橋下知事

『カジノも風俗街も大阪が引き受ける』…つい本音が出た橋下知事   大阪府の橋下徹知事は29日、大阪市内で企業経営者ら約750人を前に講演し、関西の活性化には都市ごとの役割分担が必要との考えを示したうえで、大阪について『こんな 猥雑 な街、いやらしい街はない...

百貨店売上下落動向から見えるもの

 リーマンショック以来、速くも1年が過ぎ、景気後退は収まったというニュースが飛んでいる。しかし、国内消費の低迷は百貨店売上高の連続的急減で表現できる。低価格帯の商材を売る企業の活況はその隙間を埋めるようにニュースとなっている。価格帯が落ちていくと、それ...

母からもらった「おこづかい」は犯罪?鳩山兄弟混乱

僕は人を妬んだり、嫉妬することが余りない人間だったと思う。しかし生涯一人にだけ、うらやんだことがある。それは、合ったことも見たこともないけど、若いとき、憧れていた高見エミリー(写真右)という女性を、鳩山邦夫という人にさらわれたときだ。身長180cm、東...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード