愚慫空論

やっぱり小選挙区制はよくない

保坂展人さんが落選してしまいましたね。方々で残念という意見が述べられていますが、私も同感です。

小選挙区制の最大の長所は政権交代が起こりやすいということで、今回の選挙はまさしくその「長所」が遺憾なく発揮されたわけですが(前回の郵政選挙も同じ)、欠点の多い制度だとも言われています。特に、死票が多く出て国民の意志が正確に反映されないということはよく言われますが、が、もちろんそれだけではありません。

私にはむしろ、保坂さんの落選に象徴される欠点の方が大きいような気がします。すなわち、議員より政党が優位に立ってしまうという点。保坂さんは、選挙直前に馴染みの薄い選挙区へ鞍替えすることになって、石原伸晃氏と同じ選挙区で戦うことになった。結果、落選という憂き目にあった。選挙区の鞍替えは、政党の都合です。

保坂氏と石原氏を引き比べて、どちらがどうとは、ここでは言いますまい。ただ、保坂氏は、国会という場において、もっとも国会議員として相応しい活動をした議員のひとりだった、ということは言っておきたいと思います。その活動を高く評価している人は、私を含め、日本全国に数多くいるはずです。にもかかわらず、小選挙区では勝ち上がれなかった。おまけに社民党という弱小政党所属でしたから、比例区でも復活当選も出来なかった。非常に残念です。

今回の選挙は、一部で革命的と評されるほど、画期的な結果をもたらした選挙です。前回の郵政選挙はメディアの報道に乗せられての自民党大勝でしたが、今回は、メディア報道と逆の方向での民主党の大勝。それだけでも歴史的とするに値するでしょうが、それでも当選した議員の中身をみてみると、前回と同じく「チルドレン」の大量生産です。前回は小泉チルドレンで、今回は小沢チルドレン。私は小泉よりも小沢の方をずっと高く評価はしますけれども、それでも「チルドレン」は「チルドレン」。議員として大きな功績のある保坂さんとは比較にはなりません。

「チルドレン」が大量生産されたのは、国民が支持したとはいえ、やはり政党の都合です。確かに、自公の大物議員といわれる者たちが、「チルドレン」に“刺されて”落選という報道は爽快感のあるものではありました。しかし、その爽快感を追い求めるのなら、小泉劇場と言われた前回と何ら替わりはしません。

日本の衆議院の選挙制度は、小選挙区比例代表並立制。小選挙区制は政党優位と書きましたが、その点では比例代表制も同じ。ということは、現在の日本の選挙制度は、いずれも政党優位の制度ということになります。が、果たしてそれでよいものなのでしょうか? 私には甚だ疑問です。

政党が優位に立つ選挙制度では、議員は、議員である以前に政党人であることになってしまいます。イギリスのように、候補者など関係ない、選挙では政党の名前だけあればよい、というのなら話は違ってきますが、日本の選挙はそうではない。自民や民主という看板を掲げて選挙を戦うにせよ、やはり中心は候補者個人です。有権者の意識の方は、前回も今回も候補者よりも政党という方向へ傾いていたようですが、候補者の方は自分は政党のパーツに過ぎないなどとは思っていないでしょう。自分の名前で戦うのだから、当然です。

政党のパーツとしてのみの仕事しかしてこなかった議員は、有権者の支持政党の動向で当選したり落選したりすればよいでしょう。ですが、自らの力量で議員としての仕事をこなしてきた人も同列に扱われてしまうのは、国民としては大変な損失です。こうした損失は、有権者の意志の反映といった量的な問題ではなく、質的な問題です。

質の問題は、数では絶対に補うことは出来ません。議会制民主主義ではよく「政治は数」だなどといわれ、実際その通りですが、それが国民の希望だとは私には思えません。国民が期待しているのは、質の高い政治、質の高い国会と議員であって、単に有権者の意志を忠実に反映するだけの国会ではないはずです。

<参考> 『新しい選挙制度の提案』

コメント

小選挙区制は自民(最大政党)の為に有る制度

愚樵さん。
>『小選挙区制の最大の長所は政権交代が起こりやすいということで』<

愚樵さんほどの見識があり政治に詳しい人が、マスメディアの宣伝に踊らされて、こんな見え透いた正反対のデマ情報を書くようでは世も末です。
今回の記事の様に愚樵さんまでが信じているようでは、政治意識の低い普通の市民では誰でもが『小選挙区制は政権交代が起こりやすい』と信じ込むでしょう。

今の一般大衆が信じている、現在の右傾化して大勢順応型のマスコミが行っている政治宣伝である『小選挙区制は政権交代し易い』は、世界の常識や政治を全く無知な日本独自の大嘘です。
例えるなら、イラクでの人質に対する『自己責任』論と同じ類いの、右翼マスコミと日本政府、右翼言論人が結託して作り上げたフィクションです。
人質の『自己責任』を論うのが、『自己責任』の意味を知らない全くの政治音痴で、世界から見たら特殊すぎて日本人以外の全ての外国人から『そんなことは信じられない』『有るはずがない』と思うのと同じ様に、
小選挙区制とは、『政権交代が起こりにくい最も政治が安定する』選挙制度なのです。
世界広しと言えど、『小選挙区制が政権交代し易い』などと信じているのは、政府やマスコミが悪い事(嘘をついて国民を騙す)をするはずがないと信じている、お人よしの日本人だけですよ。
今までの小選挙区での5回の選挙で、たった一回の政権交代ですが、これが今までどうりの中選挙区際では郵政選挙以外は全て政権与党は敗北して政権交代しています。
『小選挙区制は政権交代が一番起こりにくい選挙制度で、この制度の利点は政治の安定(長期政権)です』

なるほど

逝きし世の面影さん

今までの小選挙区での5回の選挙で、たった一回の政権交代ですが、これが今までどうりの中選挙区制では郵政選挙以外は全て政権与党は敗北して政権交代しています。

なるほど。それはご指摘の通りでしょう。

けれども、

世界広しと言えど、『小選挙区制が政権交代し易い』などと信じているのは、政府やマスコミが悪い事(嘘をついて国民を騙す)をするはずがないと信じている、お人よしの日本人だけですよ。

は、どうでしょう? よく引き合いに出されるのは米英の政権交代で、かの国々では頻繁に政権交代は行われています(政権交代は表面上だけ、という意見もありますが)。これは否定しようがない事実で、この事実から「小選挙区制は政権交代がしやすい」という推論を立てることが全面的に誤りだとは言い切れないと思います。ただ、ここはあくまで推論であるということは忘れてはなりませんが。

(ちょっと言い訳しておきますが、問題の部分の私の表現は

“小選挙区制の最大の長所は政権交代が起こりやすいということで”

と伝聞形式で、少しボカしてあるのです。面影さんのように「小選挙区制は政権交代がしやすい」はウソと明確に思ってはいませんでしたが、さりとて、それが大正解だとも思っていませんでした。ですので、ボカした表現になっています。)

のろのろ歩く牛の角

比較第一党が議席を総取りする小選挙区制の『最大の長所』は政権交代が起こり難く、結果『政権が安定する』は、政治の初歩の初歩ですよ。
昔なら小学生でも知っていた程度の話です。
社会のイロハなのですが、16年前に何故か突然それまでの常識とは正反対に主張する(宣伝する)不思議な人が現れてた。
それ以降は『小選挙区制は政権交代がし易い』に、何と!!驚く事に社会常識が正反対に書き換えられたのですよ。
もちろん、以前の小学生までが知っていた『社会常識』が間違っていて、今のマスコミ宣伝の方が正しい可能性もあります。
可能性としてはゼロではないが、
正し、今でも日本以外の国では『小選挙区制の利点は政局の安定』であり『政権交代』ではないのです。
人質事件の『自己責任論』と全く同じで日本だけがそのように主張している。
日本だけが世界中とは違い、正反対を主張する例外なのです。


何故、最も政権交代がもっとも難しい小選挙区制の米英でも政権交代が可能かの謎ですが、少数派でも議員が出せるからです。
日本では少数派の意見は小選挙区制で、完璧に排除される。
実はこれ等の国は、ほとんど潰れてしまったとはゆえ基本的に共同体指向の日本人とは可也違っていて、個人主義社会で階層や人種で完璧に近いほど断絶した構造になっていて、マイノリティーであっても部分的には多数派になる事が出来る社会なのです。
英米のように、日本で部分的(地域的)に,少数派が多数派になるなど普通ではあり得ません。
黒人の参政権が大幅に制限されていた昔の公民権運動以前のアメリカであっても黒人の議員や市長は沢山いました。
アメリカでは金持ちは金持ちが住む地域に住み、中産階級は中産階級だけで集まってすむ。
貧困層はスラムに住む。
その結果たとえ『小選挙区』のもとでも日本とは全く違い、数%の少数派でも英米ではそれに見合った議員が出せるのです。
ところが日本では極一部を除けば、全国殆んど均一に金持ちも貧乏人も同じ場所に住んでいるので『小選挙区制の特徴』が極端な形で現れてしまうのです。
今界の総選挙の様に地域格差が出るなどは、実は大変珍しいことなのです。
自民党大敗北の総選挙『平成維新?か、革命か?』(2009年09月01日 | 政治
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/6906dc0bdc7c63e8cd075fb85eca7415

日本の小選挙制度の成り立ちを考える必要があります。

政治家の金銭腐敗が問題とされたときに、政治家のモラル向上ではなく、政治改革と称して、選挙制度をいじるという噴飯ものの方向に進みました。

要するに、動機が不純という以前に、「自分たちの道徳水準の低さ」が問題となったことすら理解できない政治家が、悪知恵の働く何者かに影響されたのか、小選挙区制導入で「政界浄化」だと主張し、メディアも識者もそれで納得するという呆れた流れで成立した制度です。

また、今は自民党からは「参議院不要論」は余り聞こえなくなりました。政治制度を率先して変えようとする政治家は信用できない。

制度ではなく政治家の道徳水準です。見直して、改善すべきは。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/301-49374cbe

自民党大敗北の総選挙『平成維新?か、革命か?』

『自民党』 総選挙の大敗で今後の自民党はどうなるのか。 到底今までどうりではいられないだろう。 何故なら自民党は欧米型の(社共のように)政治理念や主義主張によって結党されている政党ではなく基本的に個人個人、一人一人、誰でもが持っている欲望とか情念や、これ...

小泉チルドレン 杉村太蔵

小泉チルドレン。 生き残るのは、自分の息子だけ。(^0^;) - Syoroomの ...小泉チルドレン。 思えば、小泉純一郎という男も、罪な男ですよねぇ。 まぁ4年間だけとはいえ、おいしい思いをさせただけ いいのかもしれないけれど…。 タイゾーこと、杉村太蔵くんは、自業自得

その夜は静かだった

「ニューヨーク・タイムズ(電子版)に掲載された鳩山論文」というのが話題になっている。その要旨は以下の通り。一、日本は冷戦後、グローバリゼーションと呼ばれるアメリカ主導の市場原理主義に翻弄(ほんろう)され続け、資本主義が原理的に追求されていく中で人間は目...

蒼いウサギではなく赤いニシンだった酒井法子

歴史的な政権交代の、歴史上最長40日間の選挙戦で、市民の世論形成で最も影響が有る映像メディア(テレビのニュース枠)は、まるで酒井法子が立候補してるんじゃないと勘違いするほど『酒井法子 さかいのりこ』一辺倒であった。 新聞とは違い時間的制約が有る放送では、

野口悠紀雄『食料自給率40%』の虚構?

元大蔵省官僚でエール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得した野口悠紀雄早稲田大学大学院ファイナンス教授は、 「食料自給率40%」の虚構さえ見抜けぬマスメディアの不勉強、日本のマスメディアは「公衆の番犬」ならぬ「既得権益の番犬」か? として、 『経済政策につい

小選挙区制は第一党の助けるセーフィネット

中選挙区制での戦後長年続いた自民党長期政権は、日本の多くの国民の支持の結果である。 今のように『政権交代』の絶対多数の国民世論とは関係ない、少数派である与党自民党が政権を握って放さなかった非民主的選挙制度のお陰だった訳ではない。 当時の国民の多くが、政権...

『夜行雲』太陽、地球系の気候と天気(資料)

国際宇宙ステーションから撮影された中間圏界面(高度80km程度)の夜行雲 『夜光雲』 通常の雲は地上10km以内の濃い大気の有る対流圏内に出来るが、夜光雲は大気が殆んど存在しない地上約75〜85kmの中間圏界面付近にできる。 高度の高い位置に発生するた

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード