愚慫空論

The Dark Side

昨晩、NHK・BS1で放送していた『BS世界のドキュメンタリー「それは9.11から始まった -ブッシュ政権“対テロ戦争”の内幕-」』を見た。午後10時過ぎという、私の就寝時刻をとうに過ぎた時間帯の放送だったので、ビデオ録画をしていたの見た。ビデオ録画をするとたいてい見ないのだが、今回は珍しく、すぐに見た。

見ての感想は一言、「何とくだらない!」。

番組の放送内容がくだらないというのではない。このドキュメンタリーのなかで抉り出されているものが真実かどうかは知らな いが、こういったものを製作することができるアメリカという国の懐の深さは、くだらないなんてことはない。もし、このドキュメンタリーがブッシュ政権の 「真実」に迫っているとするなら、その「真実」こそがくだらない! とそう思ったのである。

そんな「真実」であのイラク戦争が引き起こされ、なおもイラクが内戦状態にあるとするなら、これほどくだらないことはない。


ド キュメンタリーは、イラク戦争が起こった原因をブッシュ政権内の権力闘争にあったとして描き出している。チェイニー副大統領・ラムズフェルド国防長官vs テネットCIA長官・パウエル国務長官の主導権争い。9.11直後からチェイニーはアルカイダとイラクが協力関係にあるとしてイラクへの攻撃を画策、イラ クとアルカイダが結びついている証拠がないとするCIAと対立し、その対立を政権内の“闘争”で決着させ、その結果がイラク戦争へとなっていく。

繰 り返すが、くだらない話だ。こんなくだらないことが政治というものの実態なのかどうか、私のような庶民にはその真実を直接確かめる術はないけれど、でも、 「ありそうな話」だと思ってしまうところが怖い。ただ、直接確かめる術はなくても、世の中で起こっている現象を見渡してみると、この「ありそうな話」の傍 証はいくらも転がっている。それらを組み立てると、この「ありそうな話」がもっともつじつまが合うように思えてしまう。恐ろしいことだ。

こ のドキュメンタリーでは「ありそうな話」が展開され、それを裏付ける証言もいろいろ登場するのだけれど、一部、「ありそうでない話」もあった。それはチェ イニーたちがCIAと対立して情報操作を行っていく動機についてだ。ドキュメンタリーではチェイニーのCIAに対する不信だと説明されていたし、その説明 を支える事実も紹介されていたけれど、それだけ、というのは「ありそうもない話」だ。それよりもむしろ、チェイニーがいわゆる軍産複合体の親玉だから、と いう方が「ありそうな話」だ。こんなことは周知の事実だろうと私なんかは素直に信じているけど、このドキュメンタリーでそれが指摘されなかったのは事実と 異なるからだろうか? それとも、いかにアメリカのジャーナリズムといえど、そこまで踏み込めなかったのか?
 

NHK・BS1で放送された当番組、一番興味深かったのは当のNHKだ。このドキュメンタリーを放映したという事実だけでも十分興味深いが、ドキュメンタリー放映前後に付けられたNHKの「見解」がさらに興味深い。

NHK解説委員が最後に述べたコメントを引用してみる。
「イ ラク戦争開戦前夜、アメリカのメディアがこぞって、アメリカにとって一世一代の大バクチになると論評していたことを思い出します。チェイニー副大統領は番 組冒頭で“The Dark Side”という言葉を使っています。“The Dark Side”というのは映画『STAR WARS』で闇の力を象徴する言葉として使われています。その“The Dark Side”、闇の力に頼ってきた結果、今、アメリカが、そして世界が混乱の中にあります。
・・・
世界ではテロの危険がますます高まり、イスラム世界からヨーロッパに至るまで反米感情が渦巻いています。誤った計算に基づいたブッシュ政権の大バクチは失敗しました。
・・・」

おお、断言してしまった! 小泉がもう退陣するとはいえ...
これが一番組の中だけの断言でないことを願うばかりです。

コメント

BS世界のドキュメンタリー「それは9.11から始まった」

はじめまして。中音と申します。この番組見たかったのです。
もし、録画されたものがのこっていたら、譲っていただけませんか?
ご連絡お待ちしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/3-43e5abc5

米国はエネルギー戦略で中国とロシアに挟み撃ちに

 米国は、ペルシャ湾岸、中央アジアのカスピ海、アフリカなどの石油などのエネルギー資源戦略において中国とロシアに包囲されている。 米国はブッシュ流の“民主主義”の名の下に高価なイラクの政権交代を強行したがその背景にはグローバルなエネルギー戦略があるといわれ

小林興起さん! 負けるな!

前衆議院議員小林興起さんの事務所よりメールをいただきました。小林興起さんは昨年(2005)の「9・11」衆院選挙で、小泉・竹中政権が推し進める「郵政米営化=国民の財産を米金融資本にそっくり献上する」政策に真っ向から反対した結果、「女刺客」を送られ落選しました。

左翼のガサツさ?

 週刊金曜日を友人から借りて時々読んでます・今読んでるのは9/15号・・・・・・ま、書きたいことは色々あったんだけど、もうちょっとじっくり考えないと表には出せないなあ・・などと悩みつつ・・・ふと、目に入った短い文章。「左翼への嫌悪は思想よりもガサツ....

左翼のガサツさ?

 週刊金曜日を友人から借りて時々読んでます・今読んでるのは9/15号・・・・・・ま、書きたいことは色々あったんだけど、もうちょっとじっくり考えないと表には出せないなあ・・などと悩みつつ・・・ふと、目に入った短い文章。「左翼への嫌悪は思想よりもガサツ....

ルビコンを渡る

 ルパートは「ルビコンを渡る」(Crossing the Rubicon)という驚くべき本の著者でありますが、その中で彼は、世界は実際にはどのような方向に動いているのかという、誰しもが無関心ではいられないような主題を探求した「FTW」誌における7年間のことを描いています。 

「国旗、国歌強制は違憲」…当然であるけれど、よっしゃぁ!!(嬉々)

 都立教職員400人が教育委員会を相手におこした裁判で、「日の丸、君が代強制は憲法で保障された思想・良心の自由を侵害である」と訴え、勝訴した。 よっしゃぁ!! 当たり前の判決なのに喜びをとめられない。当然のことであるのにクールに記事を読めなかった。それほど奴

お玉邸にて・・死刑廃止論大いに語る

麗子:ふ~~~やっとたどり着きましたわ。なんて、ど田舎なのでしょう!!ばあや、車酔いは大丈夫?ばあや:はい、お嬢様・・あまりにもくねくね曲がった道で、一時はどうなるかと思いましたが・・まさか、お玉様がこんな車一台が通れる....

石油減耗の意味

 「エネルギー資源を理解するには、その評価基準としてエネルギーの出力/入力比が本質的である。EPR(Energy Profit Ratio)、EROI(Energy Return on Investment)などだが、残念ながら、日本では殆どしられていない。この指標はエネルギー資源を評価するに、欠か

死刑廃止論について

死刑廃止論についての麗子様玲奈さんばあやさんたちとのお話に、沢山のコメントをありがとうございます。お玉はお玉らしくしか語れないので、皆さんのような深い考察が出来ていない・・・けれども、被害を受けた当事者の方々以外が「悪」と確信の持てるものにたいして安心..

「日本教育再生機構」(4)…めざすは北朝鮮かよ

 「新しい歴史を捏造する教科書」を出版する扶桑社の販売部でもある「日本教育再生機構」が、案の定ブログを更新した。「日の丸・君が代強制は違憲」という当たり前の判決に対するクレームだ。 拙ブログにもウヨなのにわざわざTBを送ってくる個人ブログの「しつけ」だとか

北朝鮮の核実験・・

北朝鮮が核実験をやったようです。こんなことをする国は断じて許せないし、核兵器開発にかかわる国をすべてなくしたいというのがお玉の強い気持ちです。安倍さんはただいま訪中してる、そのさなかに核実験やるとは、北朝鮮もええ根性してるよなあ。安倍さんの歴史....

北朝鮮はどんな態度に出ると思う?

お玉にはよく見えていないのですが・・このまま、北朝鮮への経済制裁を強め、アメリカ軍が臨検をはじめたとして、その後北朝鮮はどのような態度をとってくると思いますか?1.「ごめんなさい、もうしません、核開発やめます。」と総書記が声明出す2.北朝鮮国内の....

北朝鮮が攻めてきた場合のシュミレーション

昨日のお玉の疑問に答えてくれる本です。自衛隊vs.北朝鮮作者はマガジン九条にも登場下さった半田滋さん。初版は2003年。自衛隊が1993年に核不拡散条約脱退を表明したのを受けて、陸海空の自衛隊トップ防衛庁総合幕僚会議がまとめた文書を元に、もしも北朝鮮が攻めてき...

知ってるだけで日本を守れる?タブー?2007/11/17【在日特権】

日本国民として、今、知るべきニュースがある。純日本人も、在日の方も、とりあえず知って然るべきことだ。なんと、在日朝鮮人・韓国人に対して、「特権」があるという。裏で囁かれていたのは知っていたが、実際に表に出るのは珍しいことだ。しかし、TVでの放送は無い。なぜ

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード