愚慫空論

もしものときに、あの場所は?

まずは、16日に発生した中越沖地震で被災された方々にお悔やみ申し上げます。お困りの方々に私は何の手助けもできませんが、一日も速く立ち直ることができる日が来るように、お祈り申し上げます。


とても不謹慎な物言いだなと自覚しつつ言ってしまうのだが、今回の中越沖地震は、なんというか“タイムリー”という感じがしている(被災者の方、本当にゴメンナサイ m(- -)m )。時期的にはこの国を未来を占う選挙直前、位置的にも原発の至近距離。ただ単に議論の話題を提供するというだけでなく、私たちの置かれている状況が、例えば9.11や北朝鮮問題のような作為的なものでなくとも、かなり危険なものだと再認識させてくれる「一発」になったと思う。

原発の危険性については私も一言ならず言いたいことがあるのだけれども、ここでは措く。今回は、被災者の方々の様子を映し出すTV画面を見ながら、ふと思った疑問を提示させてもらう。
今回のような大きな災害が起きると多数の避難民が出ることになってしまう訳だけれど、そうした避難民たちは学校とか公民館とか、公共の施設を避難所として使うことになる。また、今回の地震では、自衛隊がプライバシーを気にする人々のためにテントを設営して提供している様子も映し出されていた。

ふと、思ったのはこの瞬間だ。もし、東京であのような地震が起きたら? あのテント、皇居にも設営させてもらえるだろうか? 

将来、東京を大規模な地震が襲う可能性が高いのは、みな周知の通りだ。東京都だって、当然、いろいろな対策は考えているのだろう。そう思って東京都防災マップというHPを覗いてみたけど...、やっぱり、予想通り。
避難所の指定に皇居が入っていないのは、理解できる。これは建物だから、そこに住んでいる人たちもいることだし。けれど、避難場所にも指定されていないのは、理解できない。
皇居周辺は多くのオフィスビル等が立ち並ぶ人口密集地だ。夜間には多くの人はいなくなるかもしれないが、地震が起きるのに昼夜は関係ない。可能性としては多くの人たちが勤務中に被災することは考えられる。そうした場合、例えば、丸の内にいたとして、皇居外苑に避難してはいけないのだろうか? 避難場所に指定されていないから、ダメということはないと思うが。あれ、日比谷公園も指定されていない。給水拠点にはなっているが...。
何にしても私は、東京にはほとんど縁がないので実際のところはまったくわからないのだが、しかし、丸の内なんてところは場所柄、私のようなおのぼりさんは多かろうし、火災など起ころうものなら、どこに逃げ込んでよいものやらわからない。そうしたときに、堀に囲まれた皇居が最も安全と思うのだが...。

大規模災害の場合はどうしても避難生活が長くなってしまうものだし、東京の場合、新潟などとは比較にならないほど大人数の避難民が発生してしまうだろう。「皇居でテント生活」ができたら、かなり快適に過ごせるように思うのだが...(まあ、それよりなにより、一度、皇居の中でテントを張って過ごしてみたいという不敬な願望が私の中に在ることは間違いない)。

以上のようなことを考えてしまったのだが、この疑問は愚問だろうか? 自分でも愚問かもと思うので何処にもTBは送らないが、見てくださった東京の方がいましたら、教えてください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/27-b70911c3

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード