愚慫空論

説明責任を果たせ

いきなりメディアの記事の引用から。

核持ち込み密約、外務次官ら管理 首相、外相の一部に伝達

 1960年の日米安全保障条約改定に際し、核兵器を積んだ米軍の艦船や航空機の日本立ち寄りを黙認することで合意した「核持ち込み」に関する密約は、外務事務次官ら外務省の中枢官僚が引き継いで管理し、官僚側の判断で橋本龍太郎氏、小渕恵三氏ら一部の首相、外相だけに伝えていたことが31日分かった。

 4人の次官経験者が共同通信に明らかにした。

 政府は一貫して「密約はない」と主張しており、密約が組織的に管理され、一部の首相、外相も認識していたと当事者の次官経験者が認めたのは初めて。政府の長年の説明を覆す事実で、真相の説明が迫られそうだ。

 次官経験者によると、核の「持ち込み(イントロダクション)」について、米側は安保改定時、陸上配備のみに該当し、核を積んだ艦船や航空機が日本の港や飛行場に入る場合は、日米間の「事前協議」が必要な「持ち込み」に相当しないとの解釈を採用。当時の岸信介政権中枢も黙認した。

 しかし改定後に登場した池田勇人内閣は核搭載艦船の寄港も「持ち込み」に当たり、条約で定めた「事前協議」の対象になると国会で答弁した。

 密約がほごになると懸念した当時のライシャワー駐日大使は63年4月、大平正芳外相(後に首相)と会談し「核を積んだ艦船と飛行機の立ち寄りは『持ち込み』でない」との解釈の確認を要求。大平氏は初めて密約の存在を知り、了承した。こうした経緯や解釈は日本語の内部文書に明記され、外務省の北米局と条約局(現国際法局)で管理されてきたという。

2009/05/31 16:58 【共同通信】(http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009053101000320.html)


さらに私が購読している山梨日日新聞に拠りますと、

 文書を見たという次官経験者は「時間引き継ぎ時に『核に関しては日米間で(非公開)の了承がある』と前任者から聞いて、次の次官に引き継いでいた。これは大秘密だった」と述べた。
 別の経験者は、橋本、小淵両氏ら外務省が信用した政治家だけに密約内容を密約内容を知らせていたと語った。さらに別の経験者は「(密約内容を話していい首相、外相かどうか)役人が選別してた」と述べ、国家秘密の取り扱いを大臣ではなく官僚が決めていた実態を明らかにした。


政治ってなに? 国民主権ってなに? 官僚の方々、説明してください。説明責任を果たしてください。

こう言うと、いちばん問題ありなのは官僚のようだけど、やっぱりいちばん責任が重いのは政治家。歴代の大臣たちでしょう。官僚が情報を握っていた。それはそうでしょう。しかし、情報を握った大臣もいた。その大臣たちは、なぜ次の大臣に直接引き継がなかったのでしょう? 私にはそれがいちばん不思議。大臣から大臣へ直接引き継げば、官僚に主導権を握られることなどなかったはずです。政権を担当し続けてきた与党には、なぜ情報管理の権限を官僚に譲ったのか、そこを説明してもらいたい。

これでは、大臣のポストなんて政治家にとってはお飾りでしかない、と言われても仕方がない。そしてそのお飾りが政治家には一番大切。なぜ? 政治家の方々、説明責任を果たしてください。 /font>

コメント

愚樵さんが間違ってる

基本的には、全業務、全情報を次の大臣に引き継ぎが行われてしかるべきだが、この問題に限らず、外交案件については「他国との関係」に重大な影響を及ぼすので、最高度の国家機密になる。
この最高度の国家機密を漏洩するような人には、さすがに引き継ぎなどできない。

愚樵さんが批判の矛先とすべきは、「引き継ぎをしなかった前大臣」や「報告をしなかった官僚」などではなく、『外交案件を漏洩させかねないほどの、信用のない政治家』の方。

そして、国民主権については、愚樵さんが疑問視するような事態が起こった最大の理由は、まさに、日本人・日本国民が、私が判断した状態であるからに他ならず、その責任は、私を嫌悪している連中にある。

「核抑止力が現実に存在する」
「日米安保体制が、日本のみならず東アジア全域の安全保障の基盤となる体制である」
『だから、憲法9条は改定し、軍を設置しなければならない。』

この3点を認めない愚かな思考と感情を抱く国民が1割でもいれば、愚樵さんが批判するような行動が「良識的な行動」であり、むしろ、政治家や官僚は、愚樵さんが批判するような行動をとる責務がある。

軍事アレルギーは、早く治せ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/251-cc726aae

菅生事件

『菅生(すごう)事件』1952年6月2日 大分県直入郡菅生村(現在の竹田市菅生)で起こった警察自身による駐在所爆破事件を装った共産党に対する謀略事件である。 犯人として日本共産党員が現行犯逮捕され有罪とされたが、後に警察官の自作自演のでっち上げであること...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード