愚慫空論

党首討論について、雑感。

周知の通り、昨日、民主党新代表の鳩山由起夫さんと麻生太郎内閣総理大臣のいわゆる党首討論が行われました。

党首討論」正式には「国家基本政策委員会合同審査会」というらしいですね。
衆議院TVのビデオライブラリ5月27日)

さて、その党首討論についての記事をいろいろと眺めていましたところ、次のような記事が目に留まりました。

パクリ合戦…“お坊ちゃん”党首対決、さて軍配は?
 自民党の麻生太郎首相(党総裁)と民主党の鳩山由紀夫代表。両党の党首が火花を散らした27日の党首討論は、ヤジ合戦が目立ち、討論自体は「お坊ちゃん同士の対決で物足りない」(自民若手)との声も多いようです。

http://www.zakzak.co.jp/top/200905/t2009052810_all.html

なるほど、両者とも由緒正しき“お坊ちゃん”ですからね。

が、お坊ちゃん対決というなら鳩山さんの圧勝です。

半径2mの範囲でしか良質なお坊ちゃんぶりを発揮できず、射程外ではイジケたお坊ちゃまでしかない麻生さん。片や豪腕小沢一郎に鍛えられ全射程でハジケたお坊ちゃんに成長した鳩山さん。友愛なんてハズカシ・スローガンは、ハジケてなければ掲げられませんって。

党首討論の中身の方も イジケvsハジケ になっていたと感じましたが?

コメント

鳩山さんの圧勝?

客観的かつ適切な判定は「ノーコンテスト」でしょ、あれは。
鳩山さんの発言内容だと、簡単にかわされるよ、あれじゃ。麻生さんは無難に凌いだだけという感じだし。まぁ、やるだけ無駄だった。

客観的ではありませんって(笑)

客観的かつ適切な判定は「ノーコンテスト」でしょ、あれは。

はい。そうでしょうとも。

でも、そんなマジメな記事を書いても面白くないでしょう?(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/247-17ac24cd

[テレビ]鳩山VS麻生の党首討論の軍配分析とテレビの伝え方の状況

新聞はこの討論を議論が噛み合っていない、政策の説明がない、政策論争が深まらないなどと書く(下段参考を参照)、しかしそのようにメディアが突き放して書く事は間違いだという事。今のままでは何回党首討論を重ねても逃避が繰り返されるという事。なぜ議論が深まらなかっ

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード