愚慫空論

マスク騒動について、雑感。

豚インフルエンザの流行で、マスク騒動が持ち上がっているようです。その中身については関心ありませんのであまりフォローしていないのですが、ちらほら見聞きするところによりと、猫も杓子もマスクマスクの日本人は過剰反応だ、ヒステリーだ、国際的ではない、ハズカシイといった話のようですね。

過剰反応だという意見は分からなくはないです。とりあえず今流行中の豚インフルは弱毒性だと判明したのだし、それほど心配する必要もない。けれども、国際的ではないとか、海外と比較して論じるのもこれまた過剰反応のような気がしますね。別にいいじゃないですか、日本人がみんなマスクをしていたって。一体何が悪いというのでしょう?


この程度の反応は、私はちっとも過剰だとは思いません。日本人はこんなものです。要するに潔癖症なんです。街へ出て走るクルマを見てみましょう。みんなピカピカです。海外から来た人が、“日本は新車ばかり”という感想を口にするとは良く聞く話ですが、日本人なら中古車だって走っていることは知っている。ガイジンから見て新車に見えるのは、日本人がみんなクルマをピカピカに磨き上げるから。ガイジンはそんなことはしないから、ピカピカなのは新車のうちだけ。ガイジンは日本人ほど過剰に潔癖症ではないんです。

ガイジンに“日本はみんな新車”だと言われてハズカシイという人はいないと思います。おそらくちょっとは「日本の誇り」みないなものを感じるのではないですかね? でも、「誇り」とマスクマン日本人とは同根の現象です。一方を誇りに思うなら、もう片方も胸を張ればよい。ガイジンに堂々と説明すればいいんです。日本でマスクマンばかりになるのは、日本は新車ばかりなのと同じだ、と。きっと納得してくれると思いますよ。

でも、なかなかこれができないんです。潔癖症の人間というえてして視野が狭いんですね。視野が広くて寛容性が高ければ潔癖症になどなりようがない。だから日本人はマスクマンばかりでハズカシイなんていう人も、実は潔癖症なんです。目くそ鼻くそです。ハズカシイ。

日本人が潔癖症だということを示す症例は他にもあります。抗菌グッズなどといったものが氾濫しているのも、聞くところによると日本だけとのこと。他にも政治とカネの問題にまつわる過剰な潔癖症もそうでしょう。日本人は政治家に過剰に潔癖さを求める性行がある。小沢一郎への説明責任の追及などは、そうした過剰性の現れなのではないかと私は見ています。

この小沢過剰追究の現象は、過剰潔癖症にともなる視野狭窄もセットになっていますね。政治家なんてカネに過剰に潔癖ではやれるはずがないものを、そしてみんなそのことを知っているのに、話題に上ったところのみに過剰に潔癖性を求めていく。西松の事件では他にも自民党代議士の名前が挙がったりもしましたが、小沢の潔癖性を求める人の多くも、そちら方面のについてはあまり気に留めていません。潔癖症というのは、気になったところが過剰に気になるのですね。

そうそう、豚インフルに絡んだ政治の問題といえば、今、麻生太郎首相がCMに登場していますが、これはいただけないです。もし、政治的意図、すなわち選挙を控えて露出度を高めておこうという意図があってのCM出演なら、これは逆効果だと私は思う。

現在日本人は、豚インフルに焦点を当てて潔癖症を発動させている。そこに、自らの国の首相にこういったことを言ってしまうのは申し訳ないけれども、清潔感溢れるとは言い難い麻生太郎氏が登場しても、麻生氏の不潔感が際立ってしまうだけで、国民はかえって嫌悪感を催すのではないだろうか? そう思うのです。

だいたい麻生氏は、サラブレッドらしからぬ庶民性で国民的人気(が本当にあったのかどうか知りませんが)を博した人です。そのキャラクターに清潔性はない。小泉や安倍ならまだ清潔感はありましたが、麻生はそうした感じから遠いところにある人。そうした人が、清潔感に安心を求めたいと感じている国民の前へ立ったって、効果があるはずないと思うのですね。鳩山民主党新代表の方がまだ清潔感がある。

北朝鮮の飛翔体騒動の時はよかった。政権に有利に働いた。軍事案件では、清潔感より逞しさですから、麻生氏の清潔感欠如は問題にならなかった。けれども今回の豚インフル騒動は医療案件ですから、求められるのは清潔感なんですね。一般的に騒動は政権側に有利に働くといわれますが、桝添大臣の清潔感のないハシャギぶりといい、今回は民主党に有利に働くのではないか? 代表があまり清潔感があるとは言えない小沢氏から交代したことも、良かったと思います。

清潔感なら鳩山よりも岡田だろう、という意見もありそうですが、私はなぜか岡田氏にはさほど清潔感を感じなんです。小沢氏と良い勝負のように感じるのですね。なぜでしょう?


追記:

WHOが豚インフルの強毒性への変異は早いかもしれないと警告を発しているそうです。
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-02041266/1.htm
もし本当にそんな事態になれば、潔癖症云々のレベルの話ではなくなります。本当の騒動になる前に、早い目に対策をとっておいた方がよいかもしれません。強毒性への変異などないにこしたはありませんが、地震などと同じで、万が一に備えておくことは悪いことではありません。

コメント

暗黙の強制

愚樵さん。
実は何事も『なるほど。そうなのか』と言うような理由や原因が有り、日本の総マスク姿の原因はマスコミが煽ったとか日本自身の潔癖症の有るでしょうが、『マスク着用するように』と上司からの指示が一番重要な要素ですよ。
職場での上からの指示には一定の強制力が有ります。
また鉄道の駅でも『マスクをしましょう』なんて言葉が電光掲示板で流される。
この有様ではマスク無しは肩身が狭くてやりにくい。
これでは日本では当然全員がマスク姿になって仕舞うのは当たり前です。

暗黙の強制になってしまう原因

面影さん

『マスク着用するように』と上司からの指示が一番重要な要素ですよ。

はい。直接的にはその通りでしょう。

この有様ではマスク無しは肩身が狭くてやりにくい。

ええ、日本人は空気を読みますからね。けれどもです。海外の空港あたりでも日本人はみんなマスクをしているという話ですよね。こうなると暗黙の強制という話ではなくなる。空気を読むなら、周囲がマスクをつけてないから私も止めておこう、となるはずですが、そうはならない。自主的にマスクをつけているらしい。そうなると、やっぱり潔癖症だろうと考えざるを得なくなると思うんです。

バッシングが怖い

関東で初めて患者を出した高校では連日電話が鳴りっぱなしらしいが、全て抗議とか嫌がらせ。
最も酷い内容は『ウイルスは熱に弱いので学校を燃やしてしまえ』なんてすさまじいものも有るらしいが、信じられないほどにひどい話ですね。
校長は謝罪の記者会見をしていますが、そこで『責任を感じている』と涙ながらに謝罪しているが、多分間違いなくこんな場合には取材記者側からの『学校は責任は如何感じているのか?』の質問があったはずですよ。
責任なんか何処にも無いのに。
当該の高校では海外旅行中に勿論マスクをしてうがいや手洗いもしていたが感染してしまった。
もしもですよ。
これが、『マスク無しで行動していた』なら間違いなくマスコミが総動員で日本中から袋叩きに有っていたでしょう。
潔癖症は其のとおりですが、潔癖症は個人のものですがこの場合は日本人特有の集団の横並び現象の方が強く働いています。
ですから日本人は周り(マスコミ)に影響されて、米軍のイラクのファルージャ掃討戦に巻き込まれて拘束された日本人ボランティアに対する『自己責任論』なんて、日本以外の世界では絶対に起こるはずの無い不思議な現象も起こります。

暗黙でない強制

私の長女は神戸で働いています。
日本の豚インフルエンザ発祥の地?の中心部です。
そして、上司から、通勤、勤務中のマスク着用が義務付けられました。
しかし、マスクは、既に、神戸では売り切れ、私が調達し、神戸に宅急便で送りました。
企業も、個人も、万が一発症した時のリスク管理と共に、不幸にも感染した場合、世間からのバッシングの嵐を浴びない、自己防衛もあるのだろうと思います。
マスク万全の思考ありきが原因ではないと私は感じました。

穢れ

本文では敢えてこの言葉は出さなかったのですが、私はマスク騒動の根幹は「穢れ」忌避の感情ではないのかと感じているのですね。日本人の潔癖症はそこに由来する。

校長の謝罪も記者の追求も、合理的に考えてどこに責任があるのかと問えば、具体的には何も出てこないはずなんです。にもかかわらず、責める方も責められる方も責任を感じている。これは、非合理的な感情(信仰、迷信)が基盤にあると考えざるを得ない。

科学の時代になっても、いえむしろ科学の時代になったが故に、科学的事実と古層的な宗教感情とが結びついてしまう。『水伝』と同様です。『水伝』は「言霊信仰」でしたが、マスク騒動は「穢れ」。

この古層的な宗教感情の復活は、生活水準が上がったことで日本人の多くが貴族化したためではないかとも思っているのですが。

今回のエントリーは及第点。

「わかっちゃいるけど、やめられない」
という言葉がはやるのと同じで、科学と思想が一致しない場合もあれば、知識と感情がリンクしない場合もある。

今回のマスク騒ぎは、外的要因と内的要因のシンクロの産物だと推測される。
内的要因は、日本人独特の衛生観念とリスク回避の思考にある。
外的要因は、『他人からの潜在的な強制』という側面はあるが、これは、元々は内的要因である衛生観念の集合体、言い換えれば、自己と同一の観念と行動を他人に要求しているともいえるだろうし、さらに言い換えれば「他人から自己の信頼・信用を失墜しないための『自己防衛』」ともいえよう。

このことは全否定もできないが、肯定しきることもできないものであって、要は「程度の問題」ということになるのだろうが、逝きし世の面影という愚か者の思考が完全に不正解だということだけは断言できる。もっとも、イラクのこととリンクしている時点で、こいつは言論の自由を冒涜するただの馬鹿でしかないわけだが。

http://www.asyura2.com/09/senkyo64/msg/110.html
小泉の息子の育ちが悪い証拠動画。

横並び

大阪駅周辺でも、「終息」のニュースのとたんに「マスク」姿が消えました。
いま、マスクしてるのは、インフルエンザと関係なく着用してた人。

「みんながマスクをしてると、自分もしなくちゃ」というのが、日本人で、
「みんながやめたら、自分もやめなきゃ」の横並び。

ビールや車など、たいがいのコマーシャルで「売り上げ№1」を競ってるけれど、
「みんなが買ってる」から「アナタも買え」って、消費者を馬鹿にした理屈が通用してるのが現実。
 (そんなに人気があるんならコマーシャルはいらんのと違う? 普通は)
 
 潔癖症がどれだけのもんかは、本当のところ、わかりませんね。
(人に見えないところでちゃんと手洗いしてるのか…?)

抗議

失礼します。わくわく44さん、人を馬鹿呼ばわりする前に、自分の考えをきちんと説明してください。あなたのコメントは、何を言いたいのかわからないどころか、何を言ってるのかわからなくなります〈笑)。

農婦殿

あなたの読解力に私が付き合う義務も義理もないので、その抗議は却下です。

しかし、こちらから「(笑)」という不当な感情、思考、行動をとったことについて、私が要求するような感情(=「農婦氏が反省して、わくわく44の発言を理解するように努力したい」と願う感情)を抱く義務があることを述べておきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/244-ecbe5b40

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード