愚慫空論

「美しい」と「愛」との関係

ぷらさんの「doll and peace」最新の記事のタイトルを見て、ドキッとした。

「愛」と「美しい」の連発にはご用心!! 


私なんか、ふたつとも連発しまくりではないか。 「愚樵空論」には用心するほどのものは何にもないが(笑)。
でも確かに、このふたつの言葉の意味を素直に受け取ると、とんでもないことになってしまうと状況になりつつある。残念なことだ。
私は「愛」も「美しい」も大好きだ。連発するのはさすがに面映いけれど、でも、ボキャブラリーが足らないせいか、他に使える言葉がなくて、ついつい使う。これからは注意しなければ。

しかし、このエントリーでは連発する。
そんでもって、「愛」と「美しい」の関係を考えてみたい。


愛は美しいものを醜くする。
愛は醜いものを美しくする。

こういうことは、言えないだろうか。

「美しい国」を愛せ、という醜さ。
このケースだと、「美しい」のほかに「正義」だとか「伝統」なる言葉が用いられたりする。
確かに日本は美しい国だ。また男系の系譜で長らく続く天皇制の伝統も、これまた貴重なものであるには間違いない。けれど、それを「愛する」と始めると...。

対して、醜いものを愛する美しさ。
NHK朝ドラの『純情きらり』がいいらしい。私はあんまり見てないのだが。「橋本裕の日記」「純情キラリ」の美学のなかで描写されている場面など、醜いものを愛する美しさの見事な例だと思う。

「だからいいんでねえか。おなごはな、でこぼこのあるほうがいいんだ。尖ったところや、足りねえところがいっぱいあるほうがな」


「愛」を、「自己」と、自己を取り巻く「世界」との関係性と定義するとしよう(肯定的な場合を「愛」、否定的なら「憎悪」としてもよい)。

「愛」が成立するには「自己」と「世界」のふたつの要素が必要だ。そしてまた、「愛」と呼ばれる心の作用にも2種類あって、ひとつは「世界」の中で「自己」の居場所を見つけようとする働き、もうひとつは「世界」を「自己」の中に受容しようとする働きである。


完全なもの、美しいものを自己の居場所にしようとする愛は、醜い。
いや、本当に完全で美しいなら、まだよい。そうでないものを、ただ「美しい」と言い立てる。それで自己の正当化を図ろうとする。
これではかえって醜い「自己」が露になってしまう。

不完全なもの、醜いものを受容しようとする愛は、美しい。
私たちが暮らすこの世の中が、争いが絶えず、不完全で醜いものであるとしても、それを受容した上で、少しでも美しく完全な方向へ改善していこうという意思と営為。美しく完全なるものとは、すなわち「平和」。「平和」を求める心こそが「愛」(ああ、恥ずかしいセリフ!)
この「愛」が国に向けば「愛国」、社会の全ての人に向けば「愛人」。
私たち(ここは「私」ではなく、「私たち」としたい)は、「平和」を追い求めていきたい。

コメント

こっちでいいのかな?

おはようございます。
「愛」「美しい」…語る人によって納得したり、白々しく感じたりする「言葉」ですね。で、愚樵さんの語る「愛」「美しい」はいい感じで読めました。納得です。
読んでいて、ふと、ある人たちにとって「愛」は、自己を取り巻く「世界」との関係性ではなく、「自己」のなかだけで完結させているのでは?、と思いました。
「不完全で醜い自己」を見ず、「完全で美しい自己」と思い込み、そんな自己を「受容」し「居場所」とする。そんな「自己愛」が唯一無二の「愛」で「美しい」ものと思っているのではないかと……。
 そんな「自己愛」が真に国にむくこともなく、社会にむくこともない、……。
 今のソーリも、次のソーリも、まぁったく……タメイキ。

 とタメイキをついだとこで「自己を愛せないものは、他者も愛せない」なんて言葉を思い出しました。その言葉が正しいのか?「自己愛」考察しなければならないか、など考えていると、あの人たちの「自己愛」は「愛」ではないという、ことになるのかな。と、するとこのコメントの意味がなくなるなぁ、はぁ、いつもこのパターンだ。これで投稿をやめることになる。が、「愛」は寛容であることを信じて、投稿しちゃえ、えい!!

dr.stoneflyさん、おはようございます

「自己を愛せないものは、他者も愛せない」
これは真実だろうと思います。このことを考慮に入れると、「愛」の定義は、
自己を取り巻く「世界」→自己を含む「世界」
ということになるのでしょうか。
自分自身への「愛」を「自信」というのでしょう。自信があってこそ、他の受容も可能になるが、でも自信過剰になると排除を始めてしまう。
過剰でも過少でもダメなんですね。難しい。

「愛国心」にすがる人には、自信過少の人が多いのような気がします。不足分を補うのに、「美しい国」なんてのを持ち出す。バカバカしいことですけど、彼らにとっては切実だったりするんでしょうねぇ...。

祝・試運転

このところ「愛」に食傷ぎみの(笑)華氏です。私も「愛」や「美しさ」は大好きですけれど、それこそ「心の問題」(この言葉がだんだん気に入ってきました。名言かも。笑)。他人に「○○を愛せ」とか「どうだ、美しいだろう。そう思わないおまえはおかしい」と強制するようなものじゃあありませんね。ましてや「○を愛するから対立する△は憎む」とか「○は美しい。それ以外は醜い」と排除するようになってはオシマイ。……ところで、将来的にはこちらの方が本家になるのでしょうか?

ROCKな壁紙ナイスです。

愚樵さんこんばんわ。
とりあげてくださって光栄です。
私の「軽~いエントリ」から深い考察への広がり、楽しく読ませていただきました。(*^^*)

> 私たちが暮らすこの世の中が、争いが絶えず、不完全で醜いものであるとしても、それを受容した上で、少しでも美しく完全な方向へ改善していこうという意思と営為。
> 美しく完全なるものとは、すなわち「平和」。「平和」を求める心こそが「愛」

これまさに「Love & Peace」ですね。私もこの世界を「愛してる」(きゃ、言っちゃった!)ので、醜い所もしっかり見ておきたいと常日頃思っています。

自分の汚さは棚に上げて「ねえ愛してる?」「愛せよ!」っていう「駄めんず」たちにはウンザリですが、「愛してるぜ~」って両手を広げるのは大好きです。(笑)

心に自然発生する「愛」と「美しい」を大事にしていきたいので、人から押し付けられるそれらには猛反発するのかもしれません。

(はからずも「愛」「美」「心」 大連発で爆!!)

華氏さん、こんばんは。
>このところ「愛」に食傷ぎみの(笑)華氏です。
でしょうとも(笑)。さぞかしお疲れのことでしょう。ご同情申し上げます。

>ところで、将来的にはこちらの方が本家になるのでしょうか?
さて、どうなりますやら。当人にもいまだ不明です。

ぷらさん、こんばんは。
>私の「軽~いエントリ」から深い考察への広がり
いえいえ、とんでもありません。ふらさんの記事、表現は軽やかですが内容にはいつもしっかりした手ごたえがあります。私などは鈍牛のような表現しかできず、いつもうらやましく思っています。
華氏さんもそう。プロとはいえ、さすがです。

ところで。
「愛」の連発をかましておいてなんですが、ほんとうはそんなもの、表立って取り上げずに済むのが一番シアワセのはずなんですよね。「以心伝心」で伝われば、最高!
と私などは思うのですが。

TB送ろうと試みたのですが、送れませぬ(泣)。gooは相性の悪い相手が多くて、どうもFC2にも送りにくいようです。また明日にでも改めて挑戦してみます。

えっ!? こちらへも華氏さんところからTBが通りませんか? 困りました...。

本日は(あ、もう昨日になりました)拙宅で妙なものを読ませてしまって申し訳ありませんでした(泣き笑い)。脳みそのストライキを起こされませんように……。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/2-10f17728

レバノン戦争と米・イスラエルの石油戦略

 サウジ原油もピークをうち、米国産石油は70年代にピークを過ぎている中、石油減耗が現実味を増している。現在、国際政治の底流にはエネルギー資源の確保を巡る国家間の思惑が大きな流れとなっている。 ここでは、レバノン戦争に見える米・イスラエルの石油戦略を北沢洋

藤原紀香さん、参院選出馬せず!

昨日(2006-09-15)、藤原紀香さんのコメントが公式サイト内「NORIKA's Diary」にアップされました。そのうち「参院選」に関する部分を以下に引用します。ちなみにある雑誌にまた選挙に出馬?みたいなことを勝手に書かれていましたが、何度もいうように考えたこともありませ

「吉牛、狂牛丼の復活」…アベを支持する人々

 買い物にいった帰りである。いつも行列ができている噂のラーメン屋の前に人影がなく、「ブームも去ったのかなぁ」などと話していたら、その5軒どなりに、いきなり人だかりが見えた。信号にひっかかり、何だ、ナンダ、旦那がなんだ、とよく見るとオレンジの看板の下である

「学力テストで予算に差」……ニンジンぶら下げて競争させる気らしい

 東京都足立区の教育委員会が、来年度から学力テストの結果に応じて、公立小中学校に配分する「特色づくり予算」に差を付けることを決めた。この問題については dr.stoneflyさんがいちはやく書かれ、TBを送って下さっている(他にも多くの方が触れておられると思うが、

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード