愚慫空論

換骨奪胎のすすめ

先ほど、改正教育基本法が参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決・成立した、との報道があった。今頃多くのブロガーが、怒りを吐き出すべく、あるいは喝采の感情を乗せるべく、PCのキーボードを叩いているのだろうと想像しながら、私自身もキーボードを叩いている。
教育基本法の改正と並んで防衛庁が防衛省に昇格することも決まった。自衛隊の海外派遣も、自衛隊の本来任務となった。

2006年12月15日は記念すべき日になってしまった。 今日の国会周辺の様子はどうたっだのだろうか? 教育基本法改正に反対する人たちが集結しているはずなんだが、TVではまったく報道されない。今頃きっと、大騒ぎなんだろうな...。
またこれまで国会議員の元には、抗議あるいは激励のメール・FAX等が数多く届いていたはずだ。それらの国民の声を汲み上げたのか無視したのか、とにかく、今日はひとつの結論が出た。

今日の結論について私の意見を言わせてもらえば、“暴挙”の一言に尽きる。これから国は「愛国心」を軸に、子供たちばかりではなく庶民の心に介入してくるようになるだろう。教育基本法改正の狙いがそこにあるのは、明らかだ。

他人に命令するのが当たり前と思っているようなエライさんには理解し難いことのようだが、他人の心に介入などして、ロクなことがあろうはずがない。どうにもままならぬのが人の心というものだ。もし介入できたとしたら、それはその人の心が弱っているということ。庶民の心に介入しようというのは、庶民の心を衰弱させておうとするのと同じだ。

国が滅ぶときは内部から崩壊する、というのが歴史の示すところ。国を支える国民の心が弱ると、国は活力を失い滅亡への道を歩き始める。愛国心の強制は、その言葉とは裏腹に、亡国の所業である。

しかし、国会での結論は出た。悪法も法なり。法となったからには、それなりの力を発揮するようになるだろう。教育現場のみならず、国民生活の様々な場面で影響を受けることは止むを得まい。


さて、そうした「国家」の力に対して、私たちはどう対処すべきだろうか? あくまで抵抗するのも、ひとつの方法。だが、こちらに対しては「法」はその力でもって対抗してくるだろう。
では、ここで信条を翻して従うことにするか? それとも面従腹背でいくか? 


ここで、「換骨奪胎」という手はどうだろうか?  


敵は「愛国心」を「オカミの命令には従順に従うこと」、と定義しようとするだろう。「愛国心=服従心」というわけだ。

だが、そもそも「愛国心」というものは、誰が決めるのか? 総理大臣が「こうだ!」と決めれば、それが「愛国心」となるのか? そんなバカなことはないはずだ。
日本人として日の丸を仰ぎ見る愛国心もあれば、国旗国歌に背を向ける愛国心もあろう。人の心の中の「国」は、人それぞれ皆違った形をしているはず。なにも「日本」という形だけが「国」ではあるまい。
人の心の中のそれぞれ違った形をした「国」を、それぞれの愛し方で愛する。愛し方にだって、こうでなければならぬという決まりなどない。十人十色の「国」に十人十色の「愛」、十人百色の「愛国心」。

この「愛国心」は「自発心」である。同じ「愛国心」の名の元、「服従心」を「自発心」に入れ替える。

いうまでもないことだが、「服従心」と「自発心」、どちらが本当の「愛国心」かといえば、「自発心」の方に決まっている。だから、「換骨奪胎」という言葉は、その用法を誤っている。本当は「換骨奪胎」された「愛国心」を奪い返すのだ。奪われたものなら、奪い返すことだって出来るはず。


これから私たちが働きかけるべき相手は、国会議員ではない。「草の根」の庶民こそ、その相手であろう。私たち自身も含めた、庶民。ほんの一昔前まではさまざまな形で庶民を結びつけていた「絆」を、「金(カネ)」という単位に換算されることによって奪われ、心が衰弱しつつある庶民である。
これ以上、庶民の心を衰弱させてはいけない。心の弱ったところへつけこむ国家もなんとかせねばならないが、右と左に分かれての泥仕合も庶民の心を弱らせることにしかならない。どうすれば庶民の心が元気を取り戻し、「自発心」を発揮できるのか探らなければならない。

庶民の心に「自発心=十人百色の愛国心」が蘇ったとき、それはきっと「平和憲法」という形を取ることになる。私はそう信じている。

コメント

TBありがとうございます

>他人の心に介入などして、ロクなことがあろうはずがない

うわ、言えてます。ほんと、センセイがたは「リッパなかたがた」であるはずなのに、ひょっとしたら頭悪いんじゃないか、と思うことしきり。

十人百色の愛国心……それならばひょっとしたら私にも愛国心があるのかもしれない、などとふと思ったりもしました。

おはようございます。

TBありがとうございます。
こないだうちから庶民、絆、右左なんかを考えているのですが、なかなか整理できません。ただ、権力の術中に嵌まり「分断されないこと」だけは、気をつけることにしようと思います。
昨日、狂気法が捏造されましたが、恐らく国家が狙う服従心は「学校」経由の拡販に重点が置かれるでしょう。現実に最前線のレジスタンスは修学児をもつ親になる気がします。親がしっかりしなければ一般社会には知らされないうちに、子どもは国家に従属されていくでしょう。
ではそんな親とはどんな人々でしょう。世の親といえば、右でも左でもなく、どちらかというと無思想で、もしかしたら教育基本法が改定されたことさえ知らない人も多いのではないかとさえ、想像されます。
(政府の企みにほとんど知ろうとしない保育園の親をみてきて、その保育園でさえ少数の学校の親であることから実態は想像できます)
今、ワタシたちがしなければならないのは、手強い右(笑)よりも、大多数を占める無思想、無思考の親への状宣かもしれません。
っていうか、反日ウヨのブログをみていると、庶民同士として分かり合えることは不可能のような気がしました。

華氏さんは立派な愛国者

>十人百色の愛国心……それならばひょっとしたら私にも愛国心があるのかもしれない、などとふと思ったりもしました。

国って何でしょう? 愛って何でしょう? それは誰が決めるのでしょう? 自分にとって大切な人たちがいて、そのまとまりを「国(の一部)」と呼んで、何故いけないのでしょう? 自分が大切にする信条があったとして、それを「国(の形)」と考えて、何故いけないのでしょう? “大切なこと”を「愛」と呼んでもよいはずです。とすれば、自分の大切な人たちを大切にすることが、「愛国心」でしょう。他人にとやかく言われる筋合いの話ではありません。

人は皆、ひとりひとり違う。民主主義とは「ひとりひとりがみな違う」というところから出発するものだと思いますが、ならば、民主主義社会の「愛国心」はひとりひとり皆、形が違うはずで、またそれでよいはずです。
だから華氏さんも愛国者です。そう名乗ってもいいのではないでしょうか?

dr.stoneflyさんも立派な愛国者

本文で「庶民に働きかけるべき」なんて書いてしまいましたが、でも、これは難しいですよね。
庶民は「無思想、無思考」だからこそ、庶民なんだと思います。自分の頭で主体的に考えられる人は市民です(というのは、私の勝手な分類ですが)。
庶民に“教育基本法の改正はこれこれこうだから良くないんだ”と説くのは、これはもうすでに「他人の心への介入」なのかもしれないと思ったりするのです。というのは、庶民には「余計なことは考えたくない」という「心」があるようですから。「それじゃダメ、考えなければダメ」というのは、もう立派な「介入」ですよね。

dr.stoneflyさんのように、すでに自分の中に「思想」があって、それに基づいて行動できる人は立派な愛国者です。ですが庶民は「無思想」ですから愛国者ではない。「国」がないんですね。「国」なんてのはフィクション、人間の意識が生み出したもの、つまり思想。庶民はいつもノンフィクション。目の前の現実しか、見ない。

となると、庶民からは「引き出す」しかない。肯定的・積極的なものではなく、否定的・消極的な何かを引き出す...。
う~ん、まとまらなくなってきました。ゴメンナサイ。

庶民は最後になるまで気付かない

こんばんわ.お久しぶりです.
愚樵さんの言われる庶民とは,「肌感覚」でしか物事を理解できない,という愚樵さんの「思想」がベースのあるような気がします.「自分の頭」で考えることをしたくない,あるいはできない,ということです.それができる人は「市民」ですね.
しかし,「自分の肌身に凍みる」ようになってから「庶民」はぶつぶつ文句を言い始めますよね.庶民にとって消費税はすぐ痛みが想像できますが,介護保険法は想像が難しい,ベッドはがし,などが現実に起きるとようやく「ひどい法案」だと気がつくわけです.教育基本法はもっと想像が難しい.
これはもう仕方のないことですね.人間というものがそんなものだと思うしかありません.歴史が繰り返されるのもその所為ではないでしょうか.恐らく庶民にいくら訴えても無駄なのでしょう.
ということで,歴史はなるようにしかならない,という結論になります.
生命体はどんな環境でも,少しずつの変化なら何とか対応できるものです.先の大戦だって,原爆を落とされたって,「皆殺し」にはなりませんでした.不遇の時代を何人かが生き延びれば,またいい時代に戻ります.

なあんてことを書いてしまいましたが,本当は私は庶民に訴えるべきだと思うのです.でもその方法がわかりません.啓蒙する,なんて大それた気持が生じる自分が怖くなるからです.しかしそれでは「なるようになれ」と捨て鉢にならざるを得ません.どう考えたらいいのでしょうね.

「庶民」も「思想」なんですが

アルバイシンの丘さん、コメントありがとうございます。

>愚樵さんの言われる庶民とは,「肌感覚」でしか物事を理解できない,という愚樵さんの「思想」がベースのあるような気がします.

ズバリと言われてしまいましたが、まったくその通りです。「市民」も「庶民」も概念であって、生身の人間が市民もしくは庶民ときっちり色分けできるわけではありませんからね。

ただ日本人はそういった「庶民性」が強いということは間違いないと思います。主体的に思考しない。肌身に凍みるまでなかなか現実を理解できない。
これはおそらく、日本が母性原理が強い社会であるということが大きいのだと思います。そしてこれこそ、日本の「伝統」というべきもので、俄かに変えようとしてもどうなるものでもないでしょう。

庶民は考えるのは嫌だし、また苦手だとも思っている。考えるのは「お上」の仕事だと思っている。「お上」の考えに従えばよいと思っている。だから庶民とは常に文句をいう存在で、しかもこの文句、つまり「No!」はまず正しい。
逆に庶民の「Yes!」は、恐ろしい。小泉への「Yes!」も、ブッシュへの「Yes!」も、もっと遡れば天皇への「Yes!」もヒトラーへの「Yes!」も、そして「神」への「Yes!」も、皆恐ろしい結果を招いています。

庶民の「No!」は正しいと書きましたが、これも程度問題で、あまり「No!」が大きくなると暴動になってしまって秩序が破壊されてしまい、元も子もなくなってしまいます。秩序だった「No!」の声、もうこれは「市民」の声なのかもしれません。

難しいです...。

おはようございます(このところ就寝・起床時間がめちゃくちゃになっていて、今日はやたら早く目覚めてしまいました。まだ外は暗かった……)。

庶民と市民。愚樵さん、以前そのテーマで書いておられましたね。私は「肌感覚」でものを理解するというのは悪くないと思っています。自分自身、なるべく頭でなく感性でものを捉えたいと思っていますし。ただ、問題はその肌感覚、感性、何でもいいですが、そういうものが鈍いか鋭いか。人間以外の多くの生き物は毒を入れた食べ物を嗅ぎ分ける、あるいは舌で察して吐き出すなどと言いますが(本当かどうかは知りません。ただ、家畜化した動物はべつとして、そういう鋭い嗅覚は生きるために必要なのでしょう)、人間はわからない。

してはいけないこと、危険なもの、を敏感に嗅ぎ分ける感性を養うには、どうしたらいいのでしょうね……。

庶民の「Yes!」は、恐ろしい

これは素晴らしい(というか恐ろしいというべきか)ぐさっと胸を突かれました.なるほどねぇ,言えてます.

そうそう,肌身に凍みる人が多くなって,庶民が自分の頭で考えようとした時に見てもらえるように,今からがんばっておきましょう,ということでいかがでしょうか.

「愛国者」と言われても……

あっ、アルバイシンさんが形而上へ昇った(笑)。ほんと、こんな社会だと天の上の方に飛んで行き、地上を眺めていたくなります。ワタシも一度はあっちへ飛んで行った身、所詮人間のやることにウダウダ言わなくても良いのかな、と、ふと、思ったりしてしまいます。
でも、やっぱ、なんだかなぁ。人間として存在している事を考えると「善い存在」であろうとしなければ、意味がなさそうで……ふぅ。
現実問題として、愚樵さんの分類による「庶民」に思考してもらうのは不可能なんでしょうか? 一度そんなエントリーを書いてみます。

愚樵さん、おはようございます。UTS「アミダくじ」担当の華氏でございます(何だそりゃ。)えっと、愚樵さんは12月27日担当ということになっておりますだ。

でもまだアップされていないので、お忙しいのかな。すみません、早めにご連絡しておくべきでしたね。

その次、29日がワタクシの担当日なので、どうしよーかなーと思っています。1日か2日、ズラしましょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/19-12b4d5e2

戦後日本が豊かになったのはただ単に「より多く働くようになった」から!?

「産業主義近代」の終焉についていくつか書いてきたが、ポイントと思われる論理をできるだけ平易に説明したい。(ほんとうに平易になるかどうか自信はありませんが)25歳くらいより若い人であれば、物心ついたときと較べて現在が「豊か」になったとは思わないかもしれない

この世は天国?

あの有名な放送禁止歌が甦る。 そう、 ♪自衛隊に入ろう のあの歌が。 【作詞】高

マグロ消費と環境(中-2)

    (副題:新聞記事を超えたブロガーたち) (つづき) そこで、先ず各新聞記事を羅列する。マグロについての記事が急増したのは、日本人の消費量が非常に多く、話題性が大きいということである。しかし、根本の解決策が未だに大量生産化に期待しているものであり、

静かなる夜明け

すごい。どこのブログも怒りに満ちている。しかも、誰も諦めていない。私は、今、日本の真の民主主義の夜明けに立ち会っているような気がする。静かなる夜明けだ。確かに教育基本法は改悪されてしまった。しかし、この間の、運動の盛り上がりはすごかった。インターネットの

どすこい。私は元気バイ!

メロディさんのエントリーにこころがしびれた。すごい。どこのブログも怒りに満ちている。しかも、誰も諦めていない。私は、今、日本の真の民主主義の夜明けに立ち会っているような気がする。静かなる夜明けだ。う

政府批判抹殺法案にみんなでNOを突きつけて、民主主義、平和、平等な社会を取り戻そう!

安倍は昨日、答弁で、「憲法改正と教育基本法改正は自民党結党以来の悲願です」などと言っていた。自民党の新憲法草案も、今日成立してしまった「狂」育基本法も、政府批判を抹殺する効果を持つものである。つまり、国民の声を抹殺し、一億総「羊」化をはかること、そして

改定教育基本法採決に(ムカつきながら)抗議する

 今日、夕方6時少し前に参院本会議で教育基本法改定案が可決された。 全国各地の街頭でも署名活動がおこなわれていたし、皆さんも政党や議員にファックスを送るなどして反対の意思表示をしてこられたと思う。つい先日おこなわれた「教育基本法「改正」情報センターのアピ

暴挙に強く抗議する

本ブログは教育基本法の改悪の暴挙に強く抗議します。 「改正」教育基本法の「改正」

「捏造教基法に屈しない」…何があっても今日という日を記憶に刻もう!!

 窓の外から「いつもと変わらぬ」車の騒音が流れこむ。 車の音が途絶えると、どこを漂うのか、鳥の声さえ聞こえてくる。 明日も「いつもと変わらぬ」日々が繰り返すのだろうか。 いつもは気づかない「いつも」。この「いつもと変わらぬ」が今まさに音を立てて崩れていこ

安倍内閣は本当に戦略的か?

 世論調査で安倍内閣の支持率低下が止まらない。 安倍内閣支持48・6% 10日で

今必要なのは「国民経済派」政治勢力の確立

● 政党の支持基盤と政党の政策 自民党は中小企業者小売業者、農民団体などといった旧来の支持基盤を失う政策をとってきました。しかし、支持基盤の利益に反する政策をとってきた割には支持基盤を大きく失うには至っていないと見ています。その要因として、自民党が利益に

「真の教育基本法」再生に向けた第一日目

教育基本法が改悪された残念な一日でした。しかし、この「改悪教育基本法」が真の民主主義や真の教育からどんなに離れているかを、真の民主主義者はこれからも検証し続けるのです。真の教育基本法を私も保存しておきます。真の教育を忘れないために。そして、私の好きな ..

明日の和歌山県知事選挙

皆様、コメントをたくさんありがとうございました。又、ついにランキング1位です!ジャ~~ン!これもひとえに皆様のおかげです。ありがとうございました。今後もよろしくお引き立てください。さて、明日の和歌山県知事選挙は自公候補と共産候補の一騎打ち。民主は、どうな

教育基本法への挽歌はまだ早い(3)

3.教育の目的 ここは現行と政府案で大きく異なっており,あの有名な郷土愛とやらも現れる箇所である.現行法では,第一条で教育の目的,第二条で教育の方針,という条を並べているが,政府案では第一章として教育の目的及び理念,と立て,結構長々と続く.ここの違いはか

『強盗団』は庶民の『心』へ侵入

 「国家という名の強盗団」については、11月15日付け「円安と景気回復・経済成長は誰のため?(下)」で述べた。 この「強盗団」は二重の行為によって大企業を優遇してきた。一方が膨大な税金(30兆円)を使って「円安」を誘導し輸出による利益を大企業に与えてきた。他方

牛が環境への最大の脅威 FAO報告

国連食糧農業機関(FAO)が先月末、家畜、特に牛が世界一の環境破壊者となったという調査報告を発表した。 Livestock’s long shadow,06.11.29   世界の家畜生産部門は、他のどの農業部門よりも急速に成長している。それは13億の人々の生計を支え、世界の農業生産高の

“人々の恵み”と「産業主義近代」の終焉

“自然の恵み”ではなく“人々の恵み”が産業を発展させ生活も向上させてきた。 の続きです。■ “人々の恵み”と「産業主義近代」の終焉「近代」とりわけ先進国は“人々の恵み”を己のものにしながら経済成長(国民生活の向上)を達成してきた。現在の世界を眺めれば、

教育基本法蘇生のために(4)

 タイトルを変えて継続する.これまでの正しい教育基本法は「旧」法,改悪された基本法は「新」法と呼ぶべきなのだろうが,「旧」という言葉で葬り去ってしまいたくないので,ここでは正しい方を47年法と呼ぶことにする.これに対し,改悪法の方は06年法と呼ぼう. 4

子供じんましん。原因

原因は、20種類以上あるといわれています。例えば、子供に比較的多いのは、風邪の後に免疫系が、活発になり起こることがあります。大人に比較的多いのは、食品に含まれている添加物(20%位、最も多いとされている原因)や食肉を作るときに動物に飲ませた抗生物質が原因の場合

「国民経済主義」について

 利潤のない世界が、必ずしも貧しい暮らしでも不幸な暮らしでもないと、あたしも思います。「利潤のない世界」とは、生産性の上昇を促進する誘因がゼロになり、誰かが利潤を得れば、他の誰かがその分損を被ることが明瞭になる現実です。(“人々の恵み”を享受しようとする

「岡崎ホームレス殺人」…何かが変わってきている

 岡崎でホームレスの女性を殺した中学生が逮捕された。別件の補導により「金目当てでホームレス襲撃を繰り返し殺人に至った」ことを自白したようだ。「ホームレス」「女性」「中学生」「金目当て」「格差」「貧困」「殺人」「いじめ」「襲撃」……、いろいろな「キーワード

「規制緩和」や「民営化」の末路は米英の歴史的経験から見えてくる

米国は、レーガン政権のサプライドサイド政策で80年代中期に航空業界の規制緩和が実施された。航空業界の規制緩和を受けて、竹中氏が言うように、格安航空運賃の新興航空会社が林立し、米国経済をある程度活性化した。航空会社を興せば、リースであれ航空機に対する需要が

「捏造教基法地震」…津波に襲われてからでは遅い!!

  まずは、3年前の「幼保一元化ウエイブ」ってぇ、小咄を一席。

米国綿花地帯に広がる最強のグリホサート耐性雑草 綿花産業に破局の恐れ

米国の綿花栽培地域に除草剤・グリホサート耐性雑草が広がっている。この雑草は干ばつ下でも1日に1インチ(25.4ミリ)も伸び、背丈は6フィート(180cm)から10ィート(3m)にもなるブタクサの一種・パルマーアマランス(Palmer amaranth)で、最新のAPの報道によると、ノー

『十字軍』と『魔女裁判』は今なお進行している現実のものである 〈その1〉

世界が「大宗教戦争」の渦中にあるということで、巷間言われているような「キリスト教とイスラムの衝突」を主張したいわけではない。ブッシュ政権が推し進めている今回の「対テロ戦争」を、1096年に開始された十字軍遠征、そして、13世紀から17世紀にかけて西欧で吹

仏教と基督教の宗派が教育基本法改定決議に抗議

 改定教育基本法の可決を受けて、各県の教職員組合や市民団体・法律家団体のほか、宗教界からも抗議声明が出されている。現在私が知っている限りでは、抗議声明を出した宗教団体は2団体。日本同盟基督教団と、浄土真宗本願寺派(いわゆる西本願寺)である。◇◇◇◇◇ 日

痴漢冤罪頻発の警察は国民の敵、税金泥棒。

このバナーの重要性に気がついて欲しい。このバナーを広めよ、はりまくれ!(笑)

マグロ消費と環境(中-3)

   (副題:市場・環境・貧困・農漁業) 12月15日に(中-2)を出して以来、しばらく「マグロ消費と環境」を中断してしまった。「『強盗団』は庶民の『心』へ侵入」(12月17日付け)によって「改正教育基本法」批判を書き、精神的な苛立ちを抑えるのに多くの時間が掛か

マグロ消費と環境(中-4)

 (中-3のつづき)    (副題:市場・環境・貧困・農漁業) また、「貧困の中身」(ブログ「関係性」10月2日付け)は、7月のOECD(経済協力開発機構)報告の日本の貧困率が先進国で二位になったことの記事であった。そして、高齢者、病人、生活保護者への差別の

「あなたに守ってもらわない」決意

 深夜の公園――池のほとりで例によってムルとトマシーナのコンビ(注※)が喋っている。(※ムル=都の東北を根城とするボス猫。華氏の代理であちこちに顔を出している。トマシーナ=ムルの腰巾着。オス猫だが飼い主の悪趣味で女性名を付けられた。愛称はトマ。)トマ:ね

「いのちの価値と国家」(1)……死刑執行に抗議する

 国家は、イジメられて自殺する子どもに対し「自殺はいけない、いのちを大切にしようと」と言う。そんな国家が12月25日に4人のいのちを奪った。4人同時執行というのは9年ぶりらしい。もちろん、ひとり一人の「いのち」にとって、クリスマスの執行とか4人同時とか9年ぶりと

クリスマスの死刑執行を報じるル・モンド紙の記事

「ル・モンド」の記事は、12月25日の政治的死刑大量執行が外国からはこう見えるという一例です。忙しさで翻訳が遅れてしまい、申し訳ありません。私も記事を翻訳してくれる秘書がほしい。しかし、「世界愛人主義同盟」社長によると、予算が足りないので私の秘書まで雇う ..

続々・とくらさんを応援します

首相の地元では街頭演説を=参院選候補に選挙戦術指南??小沢民主代表 民主党の小沢一郎代表は26日午後、来年夏の参院選に選挙区から出馬する新人候補18人と党本部で個別に面談し、選挙戦術を指南した。 それぞれの候補から地元での活動状況を聴いた小沢氏は「1人でも

日本の文化をぶち壊し現在の経済的大災厄を用意した“大罪人”中曽根氏

日本をどういう国にすればいいか:“逞しい文化と福祉の国”と総理大臣の時に言った。今でも“逞しい文化と福祉の国”というのが最終目標です。“政治権力というのは文化に奉仕するためにある”と言ってきている。 中曽根氏が空虚な言葉とはいえ、このような言動をしている

教育勅語の精神が失われた日本に未来があるのか?

ユダヤ教・正統キリスト教・イスラムといった啓示宗教と比較して、「日本には宗教の規範がほとんどない」と判断されるのは錯誤です。超越神啓示宗教ではないかたちの規範意識で歴史を築いたことこそ、日本の好ましい特質として見直すべきだと思っています。宗教は、世界観や

今日から2007年、ひとまず新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。◇◇◇◇◇ブログを始めたのは2005年の秋。いつの間にか、あしかけ3年目に入った。私は前々から、日々生きている中で気付いたことや少しばかり考えたこと、読んだ本の感想などを(毎日ではないにせよ)走り書き風にメモする習慣を持ってい

「2007年の『戯れ言』」…量より質で勝負します

 そもそも、政治もふくめ「全ては所詮ニンゲンのやること」なんて思っていたはずなのだが、ブログなど始めたせいで随分ニンゲンの中にどっぷりと浸かっているな。と、感じている間に、2006年は去り2007年になっている。まあ、特にニンゲンの決めた区切りに合わせなくても…

「差別と国家」(2)…差別から区別、差異そして人間へ

 前記事で、いきなり「差別者を強いられる社会」などと書いてしまったが、もしかしたら分からない人には分からないかもしれないなぁ。もう少し丁寧に話を進めなければならなかったと反省する。と、いうことでちょっとバックして。そもそも「差別」って何だ?ってことを確認

「デフレ不況」を克服しないで「財政危機」を克服することはできません

>税制・通貨発行量・貸し出し量・利子率を操作することで、個人や企業の収入を変動させ、ひいては政府の歳入を変動させることができる立場なのです。貴殿のお考えがこの一文に凝縮されていると思われます。完全な過誤ではありませんが、これらの政策実施が時代を問わず常

新年の挨拶

  寒中お見舞い申し上げます 昨年は義母を亡くし、今日からブログを開始しようと思います。 義母との30年間の同居を通じて、70歳までの助産婦として歩き回る姿を見、その後の89歳までの老人福祉施設との係わりから多くのことを学んできました。 決して私の得意分野では

マグロ消費と環境(下-1)

    (副題:資源維持) 先ず、(中-1)へのコメントの紹介から入る。 una:TBありがとうございました。 東京新聞経済欄に、EPA(経済連携協定)の記事がありました。オーストラリア側の要求は、小麦・砂糖・乳製品・牛肉の4品目の関税を撤廃せよ・です。もしも

今、日本と世界が問われていること 

榊原氏については、今年(2002年)正月のNHK衛星1の特別番組で「9・11以降の変化は、100年に一度、いやひょっとしたら数百年に一度の一大変化かも知れないと思っている」と発言していたのが印象的でした。自身が現在の世界的変動は最終的に数百年に一度の大変動に

“経済政策”論議に首を突っ込むようになったわけ

興味深いレスありがとうございます。このサイトを閲覧したり投稿をするようになったのは昨年10月中頃からです。経済問題に集中的に投稿をしている実態から見るとウソのようですが、しばらくは、「戦争」ボードや「空耳」ボードに政治的宗教的投稿をするだけで、経済問題に

ストックとフローそして経済政策

たにんさん:>消費税など過去の増税が日本の消費を低下させ日本経済に与えたマイナス影響(せいぜい数十兆程度?)は、現在のデフレの発生にとって円高(収益悪化)と産業の空洞化(売上悪化)、バブル崩壊(含み資産減)による投資減退効果(数百兆?)に比べて、それほど

マグロ消費と環境(下-2)

    (副題:真円真珠発明100年) 「細る浜 老いる漁村」(朝日新聞06年11月20日付け朝刊)で、三重県の五ヶ所湾の現状をアップしている。 「渚、砂浜は、人間で言えば肺。海の肺ですわ」「渚に波が打ち寄せては返す。それが海の浄化作用になる」と、川口祐二さん(三

「ボランティア体験の義務づけ」??――教育再生会議中間報告

〈ああ、教育再生会議〉 昨年10月に発足した「教育再生会議」(座長・野依良治理化学研究所理事長)。安倍総理は、その初会合(だったと思う)の冒頭のスピーチで「『美しい国』を造る上での基盤は教育である」と述べたと聞く。美しい国、美しい国と、まったくもって耳に

“命令”と“盗人”

 2006年は「命」で2007年は「令」が今年の漢字になる。 「防衛省発足、早々に『今年の漢字』を書けば・・・=はちのじ・やすひこの漫画」(朝日新聞1月13日付け朝刊)が載った。昨年はお坊さんが「命」の大事さを書いたにもかかわらず、今年になって軍人が「令」を付け加

世界の飼育牛すべてがプリオンを持たないクローン牛に?

キリンビールの米国子会社・Hematech社や米国農務省農業研究局動物疾病研究所の研究者チームが、遺伝子組み換え技術とクローン技術を使って作り出したプリオン蛋白質を持たない牛が生後19ヵ月まで健康で、いかなる外見上の発達異常も認められなかったと発表した。 James

「自立支援法」(2)…障害者を国家公務員にしよう

 さて「ホワイトカラー・エグイデション」と違って、「障害者自立支援法」は「障害者やその家族、国民の『理解』」を得られなかったにもかかわらず断念されることなく施行されている。 この障害者の「自立」を支援するというこの法律がどんなものかを考えてみたい。と、い

マグロ消費と環境(下-3)

   (副題:地球温暖化・海水面上昇・京都議定書) これまでマグロ問題から食の問題に拡大してきた。結局、地球温暖化問題に行き着く。そして、この克服のための個々人の意識と努力が大きな役割を果たすことが、新聞記事やブログのコメントから容易に理解できる。 「20

微温主義の反撃(前編)

アグレッシブなレスありがとうございます。率直に言って、微温主義の先に過激主義を持っています。しかし、現在において過激主義と受け止められる内容も、実施段階では、微温主義の積み重ね過程で微温主義の内容になっているものだと考えています。過激主義が必要だと考えて

「利潤なき経済社会」とは

>貴殿の言われる「利潤なき経済社会」と言うのは何となくイメージすることはできますが、誤解の余地なく明確に把握し議論するためには、例えば次のような点をクリアに伝えるべきかも知れません。 >1.利潤の定義(通常は総収入-総支出。貴殿は違う意味で使っておられる。

「定常状態」あるいは「歴史段階的動態均衡」という経済状況(前編)

短期的な経済政策問題に徹するという自戒を込めながら書き込みを続け、本来ならばずっと先に書こうと思っていたことだが、既に書き込みのなかで「定常状態」という言葉を数回使い、「匿名希望」氏とのやり取りを通じて、「こういうグランド・デザインを描く時には、今の延長

産業資本的利益成育から金融資本的利益収穫へ 前編

経済的支配層に属さない人々は、80年代以降、きわめて苛酷な経済システムのなかで生存している。とは言っても、目に見えやすい日々の生活の苛酷さではなく、目には見えにくい経済システムの苛酷さである。経済支配層に属さない世界中の人たちが、経済的成育の対象としてで

近代経済システム」における利潤と経済成長の源泉 前編

前回の最後に、次からは現実的なテーマでと書いたが、「競争モデル」と「独占モデル」の根源的同一性に関する説明が不足していたという反省から、予定を変更させてもらうことにした。前回、「独占モデル」という仮構の経済社会を想定して、そこでは、経済主体が利潤(利益)

通貨・物価変動論など 前編

■ 金の生産と「労働価値」通貨というもっとも現実的な価値基準を考える前に、金を取り上げて、「労働価値」がどのようなものであるかを説明したい。かつて貨幣として金が使用されたのは、非腐食性・分割容易性・細工容易性といった物理的特性と使用価値が低いという経済的

通貨の供給過程 前編

■ 通貨供給過程金貨(金属貨幣)が通貨として使われていた時代は、基本的に、国家が通貨発行権を持っていた。(アメリカ合衆国は現在でも憲法上は通貨発行権を連邦議会に付与している。FRBは法律と屁理屈でのみ正当性が維持されている通貨発行主体である)おおまかに言

自民党などが考えている「憲法改正」は“違憲”です

以前にも投稿したことがあるが、憲法改正は多くの人が考えているようなかたちでは実現できない。憲法改正は、「各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選

田舎暮らし本の家の光と宝島:農業新聞

田舎暮らし本として、ほとんどの都会人は雑誌の名前すら知らないですが、田舎で一番有名な雑誌は家の光協会発行の「家の光」です。戦後長年、文芸春秋をおさえて、日本で発行部数NO1の雑誌でした。東京の山手線の飯田橋付近で電車の中から、家の光のビルが見えます。内容は

地球温暖化 南太平洋のツバル 海外移住を考える住民

 地球温暖化による海面上昇のため、南太平洋の国ツバルの国民が国外への移住に迫られているという今日の記事より。(引用記事は、下部に掲載) 本日の記事になっている南国の小国ツバルについては、この記事により初めて耳にした国だったが、調べてみると1978年にイギリスか

【衝撃!】勝率100%!究極のノウハウです!!

          情報起業LECTURE 21     ■■サラリーマン、主婦、学生の方へ■■究極のノウハウです。勝率100%、月25%の利益率!プロには、出来ません。着実性を重視する 初心者 が常勝できるんです。それは、究極のFXノウハ...

プロミスカードローンでラクラク!

どうも!カードローン@チェリーです!プロミス カードローンで賢く返済しましょう! プロミス カードローンは返済するのに便利です。なにより、プロミス カードローンは安心です。 ローンの返済に困ったら賢くプロミス カードローンを考えて返済! 絶対安心です!

貿易収支赤字の日本

>『デフレはすでに世界的な傾向になりつつある』とすれば、自国産業保護のために、ユーロ圏内やドル圏内はそれぞれブロック化しようとする動きが加速しないでしょうか?また、輸出と輸入を1対1とする相対的貿易へ傾く可能性はないでしょうか?ユーロ圏や南北アメリカ圏は

日本軍「慰安婦」問題に関する決議案

韓国中央日報は従軍慰安婦を否認した安倍首相の発言に強く反発した。 【社説】従軍慰

もう完全な責任を引き受けるべきである時期です

カナダde日本語の世界中をあきれかえらせる「従軍慰安婦は強制ではなかった」とする

従軍慰安婦の4つの具体的事実

更に従軍慰安婦問題です。 “日本の前途と歴史教育を考える議員の会”は、戦争期間に

都知事は吉田さん、福岡県知事は平野さん

浅野候補が東京都知事選に名乗りをあげた。 残念ながら浅野氏は宮城での実績に問題が

トラックバックピープルの活用を!

以下15個のトラックバックピープルを作っています。 これに関する記事を書いたとき

万機公論に決すべし(国民投票法案)

国民投票法案を5月3日までに通すというのは止めて下さい。

BBCの9.11謀略荷担映像(BBCの大炎上)

とんでもないものを見てしまった。 9.11で「WTC7」(別名:ソロモンブラザ

上昇するには戦争しかない

前回に続いて言ノ葉工房の記事若者難民は死しかないのか。 を紹介します。 どうもこ

国民投票法案と東京都知事選TBP

国民投票法案http://member.blogpeople.net/tback

「朝日が右を向くと,戦争が始まる」

朝日新聞がちょっとおかしい! 経営状態がおかしいようだ。 安倍首相の持ち上げ記事

海外田舎暮らし:ネパールでホテル建てる

本格的な田舎暮らしとして、千葉県や伊豆をとうり越して、長野県があります。さらに、本格的というか酔狂と言うかは九州の屋久島です。それより、さらにさらに本格的なのは、海外の田舎に住むことです。若い頃、インドやアジアで生鮮食料品の買出しの仕事をしておられ、イン

Thank you Ms.LYNNE JONES and British conscience.

ファスレーン365日本委員会の訴え 議員にメールを送ろう! 3月14日に下院で審

Thank you Ms. LYNNE JONES

(送信した記事を削除してしまったので再送です) ファスレーン365日本委員会の訴

国民投票法案についてのアンケート実施です。

こんばんは「Under the Sun-EQT-」です。ずいぶん長いコト実施していませんでしたが、国民投票法案についてアンケートをおこないたいと思います。今回は今までと違い「リアルタイム世論調査」で設問を作りました。トラックバック形式ではなく、クリック形式です。メンバー

「教科書」的明治維新観からの脱却を 上

>日本国の経済的な挫折や第3次世界大戦への危機が目の前に迫っているこの時期に、天皇制といういつでも討論できるようなテーマをぶっつけてくるのは何故だろか?などと、謀略のイロハを思い出しながら板の動きを眺めていますが...政治的制度ではなく、国民的価値観として今

「改憲手続き法案」29日午後から与党修正案の趣旨説明

(緊急)「改憲手続き法案」29日午後から与党修正案の趣旨説明・質疑を行うことを決

なぜ「敗戦責任」にこだわるのか 上

● 大陸政策について戦前の日本は英国流の対外政策を範としながら国策を進め、戦後の日本は米国の世界戦略に乗っかりながら国策を進めてきたと大枠的に捉えています。戦前の日本は、アジアで唯一の「近代国家」となる一方で、英仏などがドイツやロシアなどとの対抗関係のた

第二次世界大戦は「米英支配層とナチスドイツの合作」

日本という国家をある方向に誘導するためには、軍部がなくなった戦後、日銀・財務(大蔵)省・外務省・厚生労働(厚生)省・通産省とりわけ最初の三つを抑えればいいはずです。80年代後半のバブル形成そして90年からのバブル崩壊は、日銀と大蔵省のペアだけで可能な仕掛

産業資本家と労働者は本当に対立(敵対)関係にあるのか?

マルクス主義系統左翼理論の根底的な誤りは、剰余価値説(不払い労働の搾取)に基づく資本家階級と労働者階級の対立を基礎とする「社会観」にある。左翼政治運動が混迷と閉塞に陥っているのは、偏に、この「階級闘争史観」にあるといっても過言ではない。日本共産党をはじめ

暴漢の凶弾に倒れた長崎市長伊藤一長氏の死を悼み心より哀悼の意を捧げ奉る

その朝,私は「最終解決を探る段階に入ったBBC記者ジョンストン氏誘拐事件:大岡裁きの三角トレードは成立するか?」というエントリの英訳をようやく終えて,校正に入ったところだった.記事のタイムスタンプを見ると,6時38分になっている.大津留公彦さんからのTB

日本の金融資産を収奪する(支配)方法は?

>自国の国民経済を守護すべき中央銀行が、このようなトンデモナイ政策をなぜ、実行したんでしょうか。>そもそも、「国民経済とは、一般庶民のための国民経済」「中央銀行は、国民経済を守ってくれるはず」と考えている小生がおかしいのでしょうね。半分冗談でしょうが、中

ネオコンでも左翼でも「世界革命」が生み出す世界は同じ

宇佐大神宮さんが書かれていることは、通説であることを私も知っているつもりです。美辞麗句や空虚なスローガンで多数の人を騙しながら目的を達成しようとしている勢力を考えるときには、それが生み出す現実世界をできるだけ具体的にイメージして理非を判断すべきだと思って

「民主政」確立に共通する面白さは、被支配的庶民を戦争に動員しなければならないときだったということ

>ただフランス革命及びそれに付随した民主主義に関して言うと、前近代(自然秩序)に対する近代(啓蒙思想)の勝利という見方がありますよね。それは確かにその通りだと思うのですが、それに参加もしくは支持をした大勢の一般庶民には「自らの暮らしを守るために圧政者(注

その6:“供給=需要”は「近代経済システム」を考察する根幹 前編

bakaさん: 頻発する自作自演テロや、事故や怨恨に見せ掛けた暗殺など、あっしらサンには分析/投稿でお忙しい毎日とは思いますが、思いついたが吉日ということで、その6です:最近、あっしらサンの投稿に「供給=需要」という記述が時折出ますが、この意味について御解説下

本ブログも1年経ちました!

昨年の9月23日再スタートした本ブログも1年経ちました。

1周年になりました。

大津留公彦のブログ2が1年経ちました。

本ブログも丸1年になりました

本ブログも今日9月23日で丸1年になりました。思い起こせば1年前の今日こう書きました。

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード