愚慫空論

国のかたち(2)

>長くなりそうです。この続きは改めて。

と、前エントリーの最後に書いた「長くなりそう」は、更新の間隔のつもりではなかったのですが。更新が滞って、もう2週間になってしまいました...(;^_^A

現代はそれでなくても変化の速い世の中になってしまっていますが、とりわけリーマン・ブラザーズ破綻以降の流れの速いこと。アメリカがまもなく立ちゆかなくなることは容易に予想できることですが、世界最大の企業であるGMを含むビッグ3が、こんなにも早いギブアップを自ら宣言するとは思ってませんでした。


米ビッグ3首脳、2兆円融資訴え 議会公聴会

 経営危機に直面しているゼネラル・モーターズ(GM)など米自動車大手3社の経営トップが18日、米議会の公聴会で窮状を訴え、生き残りには少なくとも250億ドル(約2兆4千億円)の政府緊急融資が欠かせないとした。

 米議会は自動車業界の資金繰りを助ける政府融資250億ドルの救済法案を審議している。上院の銀行住宅都市委員会がGMのワゴナー、フォード・モーターのムラーリー、クライスラーのナーデリの各最高経営責任者(CEO)らを呼び、公聴会を開いた。

 10月の販売台数が前年同月比で37%も急落したクライスラーは、さまざまな現金支払いに「毎月約40億~50億ドルが必要。融資支援がなければ、流動性(手元の資金)が業務継続に必要な水準を下回る可能性もある」と説明。GMのワゴナーCEOは「業界が破綻(はたん)したら最初の1年間で300万人の雇用が失われる。コスト的には政府支援をはるかに上回る規模で、打撃が経済全体に波及する」と語った。

 業績悪化を背景に3社の手元資金は、年間推計でクライスラーが約50億ドル、GMが約150億ドル、フォードが約140億~170億ドルの減少という。 (http://www.asahi.com/international/update/1119/TKY200811190056.html)

どうせギブアップするなら早いほうがいいのは間違いないが...。それにしても、これだけ図体のデカイのにギブアップされても、国家としても困ってしまうでしょう。たくさん失業者が出るわけだし。また、彼らもそれを見越してのギブアップ宣言だから、デカイ図体に似つかわしく図々しい。いずれにせよ、アメリカはこれから非常に困難な状況に陥ってしまうわけで、オバマはその困難と立ち向かわなければならない。アメリカ国民も、またアメリカ以外の国もオバマに大きな期待を寄せている、というか、寄せざるを得ないんですね。

では、オバマが上手くやれるのか、処方箋はあるのか、という話になってくるわけですが、これは素人には難しい。いや、素人だけではなくて、自称他称専門家の人々にだって意見はバラバラで統一された見解・処方箋はないわけだから、難しい。早い話が、やってみなければわからない。オバマがどういう見識をもってどの処方箋を選ぶのかはわからないが、どれを選択し実行したところで、その選択肢を提示した人は確信があるのかもしれませんが、それ以外の者はそうした確信を持てないわけだから、わからないというしかない。矛盾したような表現ですが、オバマには“誠実に”バクチを打ってもらうしかないわけです。アメリカ国民は誠実なバクチの打ち手としてオバマを選び、選ぶ権利がなかった者たちも「オバマのバクチ」に注視し期待している、とそんなところでしょう。


“誠実なバクチ”という言葉が出たところで思い起こすのは、60数年前に日本にとっては敗戦という結果をもって集結した戦争です。前エントリーでも書いたとおり、この記事はオバマと9条とを念頭に置いていますから、オバマがこれから行うであろう「誠実なバクチ」は、かつて大日本帝国という国家と帝国臣民とが強行したバクチと被るものがある。まあ、少なくとも私はそう考えたからこの記事を書いているわけでして。

とはいうものの、あの愚かな戦争をバクチだというのはともかく、“誠実”と表現するのはどうかと思われる向きもおられるでしょう。私も愚かな誤った戦争だったとは思ってます。ただし、これは現在に生きる私たちの視点に立って眺めた時の話で、あの当時生きていればそうした視点を持つことができたはかどうかは大変心許ない。それこそ誠実に積極的に、あの愚かな戦争に自ら身を投じていたかもしれない。私も自分の身近なところで、そんな誠実だった人たちの体験談をいくつか聞かせていただきましたが、そうした人たちは自分たちの行いが愚かな誤ったものだったということは認めながらも、それが誠実な行いであったことだけは取り下げようとしませんし、聴いた側の私も取り下げる必要はないと思っています。一方で愚かなくらいに誠実だったからこそ、あのように無残な結果になったともいえるのですが。

さて。ここでもう一度オバマです。オバマはバクチを強いられる。それも誠実なバクチを。オバマが誠実なバクチを打つには、これはオバマとその周辺の者たちの「誠実」だけでは足りなくて、アメリカ国民の全体――とはいわないまでも、大半の国民の「誠実」が必要。このように書くと、まるでアメリカ人たちは誠実でないようですが、それは決してそんなことはなくて、これまでアメリカ人たちはいくつもの場面で「誠実」を発揮してきた。というより、ずっと、無邪気に誠実だったといってもいいかもしれない。日本を敗戦に追い込んだ太平洋戦争の時もそうでしたし、アメリカが負けたベトナム戦争の時も誠実だった。近いところでは9.11の同時多発テロででもその誠実さを発揮した。それどころか、アメリカ人たちは戦争のない平和な時代においても、無邪気に誠実に、自分たちの正義が世界の正義だと信じ込んで、アメリカンスタンダードがグローバルなものとするために邁進した。

つまりアメリカという国と人々は、前進しているときには滅法強いが、後退しなければならない局面になるといささか脆い面がある。それはベトナム敗戦の後遺症として様々な形で現れたし、敗戦となりつつある対イラク戦争においてもいろいろな形で現れてくるでしょう。それに加えて、今回のアメリカ発の金融危機での「敗戦」。オバマがこれから打たなければならないバクチとは、敗戦処理に際してのバクチ。アメリカのドルが今後基軸通貨としてのポジションから追われるかどうかはわからないけれども、それでもこれまでのようにドルの信用に胡座をかいて好き放題消費するなどという蛮行はできそうにない。昔から戦(いくさ)でもっとも難しいとされている撤退戦での殿(しんがり)の将を、オバマは務めなければならない。
(オバマに反転攻勢のチャンスがあるというのなら、話は別なのですが。)

前エントリーでも書いたとおり、アメリカという「国のかたち」は【アイデンティティ】のみに偏ったとても歪なものです。「国のかたち」の中に【和解】という要素が非常に少ない。だからこそ、自由主義が蔓延る格差社会になるわけですが、こういう「かたち」は攻勢には強いが守勢に回ると甚だ弱い。そんな弱点をさらけ出さなければならないような場面での、初の黒人大統領なのです。

もう一度、話を日本へ持って行きましょう。日本という国の際だった特徴は、敗戦処理が非常に上手なこと。明治維新にまで立ち返れば、幕末から明治にかけての日本は、西洋列強と戦えば敗戦になるであろうことを察知して、実質的な敗戦を迎えるまでに敗戦処理をしてしまった。その明治の敗戦処理の見事さが今度は徒となって、昭和の徹底的な敗戦となったのだけれども、ここでも日本はまた再び見事な敗戦処理を行った。ここでいう「敗戦処理」とは、国家の指導者が他国といろいろな条約を結んだりして明記された形となっているもののことではなくて、明瞭に表現することが困難な国民の心性とでもいったものがなした「処理」のこと。明治維新に際しては、将軍様から瞬く間に天皇陛下へ鞍替えし、昭和の敗戦では一億玉砕から忽ち一億総懺悔に方向転換する。こうした「処理」を行えてしまう心性は見方によれば節操がないのだけれども、見方を変えれば逞しいということでもあって、その逞しさを育んできたのが「歴史」、それも【和解】の積み重ねとしての「歴史」なのではないか、と思うのです。

こうした視点から見れば、昭和の敗戦に際して行われた「敗戦処理」、すなわち象徴天皇と9条とを柱にした日本国憲法を制定し、それが多くの日本国民の支持を得たという現象は、つい先頃まで死闘を繰り広げていたアメリカを中心とする世界との【和解】に他ならないわけです。その【和解】が第二次大戦以降の日本の「国のかたち」となった。それは、もともとから【アイデンティティ】よりも【和解】に偏った日本人の心性に従った「国のかたち」ということができると思います。

そう考えると、同じ多くの国民と立場は護憲で同じくしながら左翼、特に共産党が国民の支持を得られなかった理由も見えてきます。彼らは9条を【和解】でなく【アイデンティティ】だと見た。国家と国民との【契約】だと見た。それは、確かに西洋に起源がある「立憲主義」という見方からすれば正しいのだけれども、日本人が培ってきた心性、【和解】の歴史とは異質なものです。だから支持されなかった。
そして、それは右翼もまた同様で、彼らは【アイデンティティ】を9条においた者たちを「自虐史観」という言葉で批判しながら、自分たちも【アイデンティティ】を「国のかたち」の中心に据えようとした。その際に「日本国の歴史」、なかでも皇室のそれを重視したけれども、そのとらえ方は欧米人の歴史観には近くても、「日本人の歴史」とは異なるものです。


さてさて。前エントリーで私は、オバマの大統領当選は、アメリカにおいて【和解】の契機になるのではないかと書きました。これは予想というよりも、期待といった方が正確でしょう。西洋人たちが移住する以前から暮らしていたネイティブたちを追い出して建国した人工国家。自らアメリカ人になったという「意志」に【アイデンティティ】を置きつつ、自らの意志でなくアメリカのやってきた者、以前から暮らしてきた者たちを迫害してきたアメリカ。それはアメリカという「国のかたち」からすれば当然の帰結である一方で、その「かたち」がこれまで攻勢に強いアメリカとして表れ、超大国としてポジションを獲得維持してきた。が、それが難しくなって後退しなければならない局面で登場してきたオバマという人物。オバマの唱える「CHANGE!」が、「国のかたち」の変化――【アイデンティティ】主軸から【和解】主軸へ――にまで繋がるかどうか。そうなることを期待しつつも、まあ、望みは薄いだろうな。でも、オバマ新大統領誕生を喜んでいたアメリカ人たちの姿に、期待を繋がずにはおれないんです。

コメント

賢樵実論

私には難しすぎるけど、なんとなく理解できている気がする賢樵実論。
共産党や右翼が支持を得られない原因にも納得。
これからのキーワードは「和解」ですね。
「裁判」より「和解」が世界の中心になると好いのですが・・・

いくつか赤ペンをいれます

>日本という国の際だった特徴は、敗戦処理が非常に上手なこと。

日本が上手なのは『シンボルの作り方』『ビジョンの描き方』です。進むときには「目指すもの」を、独りよがりにならずに「共通認識」を持ちながら見出していく。退くときには「そこから学ぶべきもの」を、独りよがりにならずに「自分の考えが誤りではないかを確認しながら」見つけていく。
「敗戦処理」は、その中の「退くとき」の1つのパターンだということです。

>すなわち象徴天皇と9条とを柱にした日本国憲法を制定し、それが多くの日本国民の支持を得たという現象は、つい先頃まで死闘を繰り広げていたアメリカを中心とする世界との【和解】に他ならないわけです。

ここは9条については完全に不正解です。

都市機能が半分以上喪失、経済は崩壊、大都市圏の慢性的食糧不足、治安の悪化などなどの状況が、それまで絶大な信頼を寄せていた軍が主導して行われた戦争の結果なのですから、その反動として「軍」に対するアレルギーが絶大になるのは必然といってもいい。
そして、決定打となったのが、マッカーサーの「日本は東洋のスイスたれ」という発言です。「日本は永久に攻撃を受けない、だから軍隊はいらない」「アメリカが日本を守ってくれる」というある意味幻想ですが、従来の戦争アレルギーに加えて「軍はいらない」という妄想まで抱いたのですから、9条に対する支持が高くなるのは当たり前といっていいでしょう。もちろん、そこには『世界との和解』などは微塵もありません。思い切り「自分本位」です。

>それは、もともとから【アイデンティティ】よりも【和解】に偏った日本人の心性に従った「国のかたち」ということができると思います。

これも適切な表現をするならば『日本人の【アイデンティティ】を構成する重要な要素の1つが【和解】である』となります。つまり、「AよりもB」でないのです。

つまり、左右問わず「主義者」が受け入れられないのは、彼らの信奉が、そもそも日本人のアイデンティティとは正反対であるのみならず、それを多くの日本人に伝播しようとする際の態度と行動もまた、「対立側に対する排除の論理」という、「和解」とは正反対の態度であり行動であった、という点が、多くの日本人から信頼を得られない最大の理由なのです。

大まじめに「愚樵空論」

scottiさん、コメントありがとうございます。

>なんとなく理解できている気がする

ああ、そのお言葉、うれしいですね。“なんとなく”で十分なんです。当の私だって“なんとなく”なんですから(笑)。いや、でも、真面目な話。“なんとなく”感じることを言葉に写し取っているだけなんです。

だから、大まじめに「愚樵空論」。最初の頃は謙遜のつもりでもあったんですが、近頃は確信犯です。

>「裁判」より「和解」が世界の中心になると好いのですが・・・

裁判のような解決法も必要なのは間違いないのですが、それだけではうまく回らないみたいですね、人間社会というものは。これも“なんとなく”なんですが、【和解】が阻害されているのは、紛争の解決といった場面だけではないように思っています。日常の暮らしのための取引、経済、これも「等価交換」が当たり前になってしまって【和解】が機能しなくなっている。もともとは抽象的なはずの「思考」という分野においてでさえも...。

面白い視点

面白い視点で、とてもよくわかりました。明治維新は先手を打った上手な敗戦であったとは。不敗神話に固まっていた日本軍が、あれほど見事に降伏できた理由も、おそらく同じでしょう。
 負けを知らなかったアメリカは、上手に変れるでしょうか。オバマの誠実なバクチは、見ものですね。
 

思想差別は和解でしょうか?

 1:「特に共産党が国民の支持を得られなかった理由」
 
 確かに、日本共産党は憲法9条を共産主義・社会主義という「アイデンティティー」として捉えています。しかし、社会主義・共産主義は思想としてのアイデンティティーなのでって和解というのであれば、さまざまに多様なアイデンティティーを包括する社会こそ和解としての平和社会です。にもかかわらず、日本共産党に対して、その思想的なアイデンティティーを根拠にして排除してきた勢力は誰でしょうか?その思想差別をしてきた勢力こそ日本共産党が国民から「怖がられる」原因となっているのです。そのような「反共風土」を日本に醸成した時代が戦前であり、それが今現在も悪しき伝統として残滓しているわけです。ゆえに、日本共産党と日本人の「和解」を妨害し、妨げてきた原因は、日本共産党の思想的なアイデンティティーではなく、思想差別を日本の風土にしみ込ませてきた勢力にあります。戦前に日本政府の侵略戦争に反対し、日本の愛国心を態度で表明してきたのは、政党では日本共産党しかありませんでした。

ある共産党支持者の無知蒙昧

共産党員が世間から危険視される理由

1.冷戦期にソ連や中国、北朝鮮を擁護していたこと。
2.社会主義思想の学生が火炎瓶やゲバ棒を持って暴力的な運動を展開してきたこと。
3.社会主義者の一部が、三菱重工爆破事件や日航機ハイジャック事件などのテロをガンガンやっていたこと。
4.徳田球一や野坂参三などの「不正」について、「党として謝罪」したことがないこと。
5.「共産党は一度も誤りをしたことがありません」と解釈される声明しか出していないこと。
6.東西南北のように、「間違っていました。すみません。態度を改めます。」という言葉での謝罪がないくせに、「現在は議会制民主主義の態度をとっているので、問題ない」と思考し、擁護し、支持を訴え、過去のことに対する弁明や反省を表明することを求める人間を逆に批判する「宗教信者」のような輩が支持者に多いこと。
7.共産党を妄信している人ほど、「草の根」で周辺住民にえらい迷惑をかけていること。

この7項目を全部、私が要求するように共産党が思考と感情と態度を改めない限り、東西南北のコメントが「暴言」でしかない状況に変化は生じない。
東西南北がのたまう「労働者」「弱者」「人民」の側の人間でも、東西南北の思考が現状のままであれば、健全な思考と感情を持つ人間ならば、誰も共産党など支持しない。(つまり、共産党支持者は、ほとんどが宗教の信者と同じ愚か者、ということであるわけ)

以上、反論の余地がないコメントなので、何人も、私のこのコメントについては、無条件に受け入れる義務しかないことを付記しておく。

最後の肯定

あはは、面白~い。

>無条件に受け入れる義務しかないことを付記しておく。

やだぷ~。板垣死すとも自由は死せず。NOと言えるニポンジンぷ~。なんちゃって。

でもね、

「剣と鏡を受け取ったことは私の一代の恥辱であった。日本は一方に武力的侵略を、他方では宗教的侵略をおこない、全世界を奴隷化せんとしたのだ。」愛新覚羅溥儀

この歴史を背負っている中国のみなさんにあなたの仰る「義務」が何の意味を持つのでござんしょうか。

<負け犬の日本軍がいつまでも未練たらしくごちゃごちゃ言ってんじゃないよ。ためしに言い換えてみようか>

「パトリオットミサイルとクラスター爆弾を受け取ったことは私の一代の恥辱であった。アメリカは一方に武力的侵略を、他方では宗教的侵略をおこない、全世界を奴隷化せんとしたのだ。」コイズミ

ぷ。

たわけもの、・・・ちゃん。あたしらがいずれ死ぬ存在であるという、この文字通りの「命題」ですら、日本国憲法の保障する「自由」の前には何の意味もなさないのよん。どうか賢い日本人はそのことをおぼえていてね。ていうか、わかっておくんなまし。ぜひとも。

でも、

>何人も、私のこのコメントについては、無条件に受け入れる義務しかないことを付記しておく。

あははは、これはやっぱり面白い。というか有り難い。「それは定説です」って感じ。

>無条件に受け入れる義務しかないことを付記しておく。(ねんのためおことわりね...。)

あはははは、はは

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/185-8f4de5d5

麻生太郎の高貴な血筋

晴天とら日和 お笑い「麻生語」辞典+第2次補正予算案の提出なるかどうか?(2008年11月19日)から、 「正しい読み」→ 「あそうたろう君読み」 踏襲(とうしゅう) → ふしゅう 措置(そち) → しょち 有無(うむ) → ゆうむ 詳細(しょうさい) → ようさ...

米国の「4代目ポチ」、麻生首相(資料)

『CIA極秘ファイルの破壊力』 霍見芳浩 大統領選間近ということもあるだろうが、米国では「麻生政権誕生」は無視されている。 どうせ短期政権だろうという予測と、「ブッシュのポチ」四代目という見立てだ。   米国民の関心から日本が消えて久しい。11月4日の大統領

水よりお湯早く凍る『ムペンバ効果』と日本雪氷学会

NHKの番組「水よりもお湯の方が早く氷になる」実験を巡り、ネット上の議論が盛り上がっている。 早大の大槻義彦名誉教授はブログで、水の方が早く凍る実験結果を示し、NHKを再び批判。 物理学者らの間でも関心が高まり、日本雪氷学会で研究者らが本格的に議論することにな...

5年間逃避行中の金賢姫元死刑囚の手紙

1987年に起きた大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚が2003年から現在まで家族と逃避生活を続けていることが明らかになった。 金元死刑囚は「北韓民主化フォーラム」の李東馥(イ・ドンボク)常任代表に送った手紙で、放送局のインタビューに答...

前向きな催し

 不景気真っ只中で、癒しを広げ、安全・安心を共有し、手作り感満載の催しがあります。そこには子ども、若者、年寄りのコラボレーションと動きがあります。   友引縁市      12月13日(土曜日)10:00-17:00  東京近郊にある素敵な古民家で、丸ごと1日縁市をたの...

ついに出た“阿呆”太郎という週刊誌の見出し(メモ)

●マトモなアタマの持ち主なら恥ずかしくて表を出歩くこともできないはずだが…   こうなると本当に「バカ殿」扱いだ。 漢字が読めない首相のために、官房副長官や首相秘書官が、その都度間違いを指摘して、大きく報道されないようにすることを決めたという。 こんなバカ...

もしかしたアソウ太郎氏の人間観では“支配する人”と“支配される人”の2種類の人しかいない?

昨日1日中外出していると、自民党のポスターがよく目につきました。 「麻生がやりぬく」という、すごい形相の例のポスターです。  あれ...

運転免許の欠格期間最長10年に 道交法施行令改正案

警察庁は4日、危険運転致死傷やひき逃げなどで運転免許が取り消された後、再び免許が取得できるようになるまでの欠格期間の上限について、現行の5年から10年に引き上げることなどを柱とした道路交通法施行令改正案をまとめた。 酒気帯び運転も厳格化され、1回の違反

日本共産党は日米安保、憲法九条と自衛隊をどう考える?

憲法九条と自衛隊 どう考える? --------------------------------------------------------------------------------  〈問い〉 2月19日付本欄で、憲法9条と自衛権の問題について書かれていました。日本共産党は、自衛隊について、どう考えているのでしょうか?...

資本主義はなぜ自壊したのか/中谷 巌はなぜ転向したのか?

竹中平蔵と同じ様にアメリカ留学してアメリカにかぶれアメリカの教授職にもなってアメリカ流資本主義(新自由主義・グローバル資本主義)の急先鋒、旗振り役だった中谷 巌はなぜ今、転向したのか。? そして、竹中平蔵はなぜ今でも同じ事(規制緩和・構造改革)を喋っている

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード