愚慫空論

庶民の生活を大切にしろよ、NHK

7時前、夕食を食べながらTVを視ていた。チャンネルはNHK、目的は天気予報だ。

ところが...、延々と内閣改造の速報を垂れ流している。

そりゃ、内閣改造は、国家の一大ニュースだ。多くの時間を割いて報道しなければならないのは、わかる。しかしだ。政治だけで世の中が廻っているわけじゃないんだよ。内閣がどのような顔ぶれになろうと、私たち庶民は、明日また勤めに出なければならない。空調の整ったオフィスが勤め先という人も多かろうし、NHKでお勤めになっている方々、それも現場へ出ずに番組を編成する権限を持つ方々はそうだろうが、ここでもまた、そんな人たちだけで世の中が廻っているわけじゃない、と言わなければならない。世の中には勤めに出るのに明日のお天道様の具合が気になる人もたくさんいるのだ。

しかし、天下のNHKには、そういった人々への目線はないみたいだ。国の大事が最優先。庶民の本当に知りたい情報など、NHKの優先順位からみれば低いものなんだろうな。


内閣の顔ぶれなんて、どうせ何度も何度も報道するんだろう? いつもの天気予報の時間に、ほんの5分、組閣のニュースを中断することはできないのか? それとも、いつ流されるかわからない天気予報を見るために、一度視れば十分の福田改造内閣の顔ぶれを、何度も何度も見ろというのか? そんなことをした日にゃ、明日の勤労意欲が削がれてしまう。

現在はネットもあるし、何もNHKに頼らずとも明日の天気の情報は入手できる。でもね、みながみな、そうじゃない。相変わらず、NHKに天気情報を頼っている人だっているのに。


そういえば、昨日のニュースに、気象衛星の後継機に予算がつかず、気象庁が困り果てているというのもあった。

<気象衛星>「ひまわり」後継 予算確保に気象庁難航
 6~8年後に打ち上げが予定されている静止気象衛星「ひまわり」の後継機について、気象庁が整備費の予算確保に苦しんでいる。予備機を合わせた2機で約800億円の整備・運用費が必要だが、現行の6、7号で半分以上を負担した国土交通省が今回は計画から外れ、民間の気象関連企業も費用の一部負担を拒否したためだ。31年も続く宇宙からの気象観測に空白ができてしまう恐れも懸念されている。 

 気象庁によると、ひまわりは故障に備えて2機体制で、6、7号は15年に寿命を迎える。衛星の製造には5年かかり、来年度に着手しなければならないため、整備費を来年度予算に盛り込み、今後8年間で毎年100億円近い予算を確保する必要がある。6、7号では、航空管制用の通信機を搭載することで旧運輸省航空局が予算の7割を負担したが、今回は「航空管制システムについて各国と議論中」として航空管制機能の相乗りをやめた。

 気象庁の年間予算は人件費も含め約580億円。「人件費以外はほとんどがアメダスや地震計などの更新整備・維持費に充てられ、予算を捻出(ねんしゅつ)する余力はない」(同庁気象衛星課)のが現状だ。観測データを有料化し、民間の気象予報会社や衛星画像販売会社に費用の一部を負担してもらうよう計画したが、猛反発され断念した。

 後継機がなくなると、台風の規模や進路のほか、低気圧や前線の動きも把握が困難になる。観測データはアジア各国などに送っているため、アジア・太平洋地域の約30カ国の防災にも支障を来たす恐れがある。

 気象衛星課の横田寛伸課長補佐は「専門家の間でも『国民の視点から見れば税金の使い方として気象衛星は第一優先』との意見は共通している。コスト低減のため民間に衛星の運用を任せることも考えていく」と話している。

『国民の視点から見れば税金の使い方として気象衛星は第一優先』

“彼ら”の優先順位と国民の優先順位は違うというわけだ。

国民にとって優先順位が高いなら、税金でたっぷりコストをかけて作ればよい。余分な道路をつくる予算があるなら、そちらへ回せ。

コメント

一言

異議無し!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/159-31667322

ムペンバ効果「水よりお湯早く凍る」論争沸騰 日本雪氷学会で本格議論へ

8月1日20時55分配信 J-CASTニュース NHKの番組が紹介した「水よりもお湯の方が早く氷になる」実験を巡り、ネット上の議論が盛り上がっている。 早大の大槻義彦名誉教授はブログで、水の方が早く凍る実験結果を示し、NHKを再び批判。 物理学者らの間でも関心が高まり、日...

泡瀬干潟 座り込み開始  【追記あり 署名願い・再】

泡瀬干潟で座り込みが始まりました。連絡会の穏やかな人たちがどのような想いでいるのか考えると苦しくなります。結局、何の力にもなれなかったと。参照;過去エントリー◆2008.4.28の泡瀬干潟◆明日朝、泡瀬に集合!◆泡瀬干潟のサンゴ産卵◆夜の海の散歩開始その他;◆

続、アポロ14号飛行士『アメリカは宇宙人を隠ぺいしている』(メモ)

[米国政府は宇宙人存在隠ぺい」 元宇宙飛行士「暴露」騒動拡大2008/7/28 J-CASTニュース 米航空宇宙局(NASA)の元宇宙飛行士が、ラジオ番組で「宇宙人が何度か人類に接触してきたが、政府はそれを隠蔽してきた」などと発言、タブロイド紙などで報じられた。さらに

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード