愚慫空論

ズル休み

今日はいつにもまして清々しい朝だった。昨日雨が降って、今日は気持ちよく晴れ上がってので清々しいのだけれど、それに加えて今日は仕事はお休み。それも、ズル休みだ。清々しいことこの上ない。

いつも一緒に作業をしているみんなは、今日は仕事に出ている。天気がいいからね。でも、私は休み。ズル休み。ズル休みといっても、ちゃ~んと断ってあるから無断欠勤ではない。だから本当はズル休みではないんだけど、やっぱりみなが仕事を出ているのに私ひとり休むのはちょっと罪悪感がある。だから気分としてはズル休み。ズル休みだからこそ、清々しい\(≧▽≦)丿


今月は、私は出勤成績がかなり良い。今日25日で17日出勤。私の仕事は天気に左右されるので、これはかなり良い成績。明日からあと5日残して17日で、しかも天気は良さそうだから上手くいけば22日出勤。1ヶ月20日働けば十分なので、22日なら御の字。23日の朝、親方に「24、25と連休にします」といったら「おう。休め休め。オマエは今月成績ええからな。働き過ぎや」とご返答。今日は作業が忙しくないことはわかってるし。

そんなわけで、今日は休み。良い天気の日に休むのは気持ちがいい。いつもより寝坊をして(普段は4時30分起床、今日は6時)、犬を散歩に連れて行って、このごろ生え始めたタケノコを見回る。ウチの家の裏手が竹薮なのだ。竹薮は近所にもいたるところにあるのだが、たいていはイノシシにやられて人間の口にはなかなか入らないのだが、ウチの裏はなぜかイノシシが来ない。最近、ハグレ猿が一匹来るようになって、油断をするとそいつに食われてしまうのだが、猿は夜行性ではないから朝一番に掘れば大丈夫。それにタケノコは朝取りが上手いしね。でも、今年はタケノコは成績不良。去年は良かったんだけど。タケノコにも裏年があるのだろう。

下の写真は、紫蘭(シラン)。近くに自生していたのを移し変えたもの。この奥が竹薮。
紫蘭の野生状態のものは準絶滅危惧種らしいが、栽培品は普及しているとのこと。この紫蘭がどちらかは知らない。この近辺には紫蘭なぞそこかしこにあるので、絶滅危惧種なんてことは誰も気に留めない。

紫蘭

コメント

なし

「ネアンデルタールは、ほんとうに滅んだのか」というタイトルのブログで、今、内田樹氏の批判をひとり淋しく身もだえしながら書いています。今日、管理人氏やHIさんの先日の意見から感じたこととして、「母性」について書いてみました。もし読んでいただけたら、と思ってコメントさせていただきました。

はじめまして

りんごさん? 「ネアンデルタールは、ほんとうに滅んだのか」でググるとありました。そのタイトルのブログが。でも、プロフィールにはHIROMITIさんと...。

少し読ませてもらいましたが、内容からすれば間違いなさそうですね。面白そうです。読ませていただきます。

感謝

ありがとうございます。ここは、充実した意見交換があって、とても読み応えがあります。たぶん、これから何度でも、自分のブログに応用させていただくと思いますが、どうかあしからず。

どうぞどうぞ。ご勝手に盗んでいってください(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/127-8352b644

自公政権によって、私たちと私たちの国の状態は向上したかどうか

日刊ベリタによると、4月の世論調査では、就任して1年になるフランスのサルコジ政権の支持率は3月の37%から36%に下がり、不支持が63%か...

オリンピック開催地の持ち回りは止める時期にきている

何やらオリンピックの聖火で揉めていると、世界のマスコミが報道している。 昨今、チベット独立や中国国内の人権問題が此処にきて大きくとりあげられ、日本でも長野県の聖火リレーが色々取りざたされている。 スポーツの祭典のオリンピックと、開催国の人権問題や少数民族...

無題

 橋川文三の『日本浪漫派批判序説』の中に、こんな文章がある。 先ごろ、ぼくは、ある水戸生れの老人から、幕末のあの凄惨な水戸党争の話を聞いた。水戸藩の人材を亡ぼしつくしたといわれるその内紛のいくつかのエピソードのうち、とくにある一つの話がぼくにつよい印象...

「女性市議変死事件」担当した警察も検察も創価学会員(メモ)

太田述正コラム#195 (2003.11.26) <今次総選挙と日本の政治(補足1)>  コラム#184と185でいささか日本の政治を持ち上げすぎました。日本の政治 は、二つの深刻な問題点を抱えており、このままで日本の政治が世界の範例 となることはありえないでしょう。 1 キャス

『闇の王子』ダーク・プリンス、プロパガンダとウォルト・ディズニー

少子化の影響なのか、社会情勢の変化なのか。? 日本中の遊園地で、赤字経営で無いところは数少ない、何処もかしこも青息吐息である。 有名な宝塚歌劇団が有る宝塚遊園地も赤字がたたり、遊園地部分が閉鎖される始末である。 長崎県のハウステンボスも、三重県の伊勢志摩...

勝ったのに負けた?

お玉はずっと善よりも寛容を立てたいと思ってきました。リアルにもネットにも・・でも、そんな風に思うこと自体がごう慢なのかも知れないと...

おめでとう 山口

久しぶりに、門司に行ってきました。    めかり公園から門司港を望む                      関門橋。対岸は...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード