愚慫空論

やっぱりね

こうした報道が出てきました。

補選の山口で露骨な脅しと兵糧攻め

4月7日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 

道路事業すべて凍結
 ガソリンの暫定税率が廃止された4月1日から、全国で次々と道路工事がストップしている。
「だって税金が入らないんだから仕方ないでしょ。続行してほしいのなら、与党の再議決に賛成したらいいじゃん。文句は民主党に言って」というのが国交省の態度だ。
 その結果、47都道府県の7割が今年度の新規道路事業を一部凍結したり、入札決定を保留する中、なんともロコツなのが山口県のケースだ。27日の山口2区の衆院補選をニラんで、全事業をストップさせてしまった。

・・・・・・

「必要な道路予算は捻出しようと思えばやれる。でも27日の山口2区補選が、ガソリン税の再議決攻防をめぐる天王山に位置づけられているから、ここで締め上げて言うことを聞かそうというのが福田政権と国交省の魂胆なのです」(野党関係者)
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080407-00000007-gen-ent)

そりゃ、発言してるのは野党関係者だから、敵のことは悪く言うだろう。報道してるのも日刊ゲンダイだ。でも、信憑性はあると思いますよ。

私は、36道府県で予算執行が停止されたのは、前参院選で民主党を選択した国民に対する“おしおき”ではないかとすら思っている...。一人区が軒並み民主党だったから、ね。

こうした争い・混乱でいつもいつも泣きをみるのが弱者。こればっかりは世の常ではあるんだけど、もう、いい加減なんとかならないものか?

コメント

政権交代以外にはないと思います。

こんばんは。 長野県も田中知事時代には国との軋轢がありました・・・全国の地域が国にコントロールされている「岩国状況」である以上、国民が勇気を出して「政権交代」する以外にこの不条理を解消する術はないと思います。
どれだけ行政権限が不当に肥大化し、与党と合体したものであるのか・・・はっきりした以上・・・現状を変えるためにはとにかく「政権交代して、旧帳簿を開き国民目線で調べ上げ、新しい仕組みを作る」しかないと思います。

同感です

こば☆ふみさん

政権交代しかない。その通りだと思います。

今の情勢でいきますと、次に政権の座に着くのは民主党。その民主党が果たして政権与党として相応しいのかどうかはともかく、自民党を政権の座から引きずりおろして官僚組織との癒着を断ち切るしかありません。

今日、民主党が財務省出身の日銀副総裁の人事案を拒否したという報道がなされていました。今の民主党は官僚組織と対決していく姿勢を明確に打ち出しています。その姿勢だけでも十分に支持に値するものです。

そして民主党が政権を奪取したら、こんどは民主党が我々の批判に曝される番になります。それだけのことだし、それが民主主義でしょう。

その程度?

>そして民主党が政権を奪取したら、こんどは民主党が我々の批判に曝される番になります。それだけのことだし、それが民主主義でしょう。

なんだ、その程度しか考えてないの?。
まるっきし対処療法でしかない。
根本治療する気もないって事ですか?。
いつまで経っても、誰がやっても変わらん政治しか望んでないって事ですか。
唯、今は自民党が気にくわないだけなのですね。

はむれっとさんへ

 では、あなたはどうするか?を述べたほうがいいですよ。根本治療って何ですか?

いたの

東西さん、いたの
お久ー、
わくわくさんと東西さん、一長一短か・・・
ペアリングが好きやね、
自公憎しの偏見に凝り固まった人に納得する答えは
政権交代しか頭に無いのでしょうから
いや、打倒自公しか頭に無いでしょうから
あなたと話しても無駄だから止めときます。
白旗~ <<<◇\(;^^)

はむれっとさんへ

 相変わらずですねー。自分がどうしたいかはいわないで、足を引っ張る捨て台詞を吐いて逃げる。

 自公擁護の偏見に凝り固まった人に納得する答えは
政権交代維持しか頭に無いのでしょうから
いや、自公政権維持しか頭に無いでしょうから
あなたと話しても無駄だから止めときます。
白旗~ <<<◇\(;^^)

 

その程度ですが?

はむれっとさん、いらっしゃいませ。あまり歓迎されないような登場の仕方ですが、いちおう、いらっしゃいませ、と言っておきます。

で。その程度? って、その程度ですよ。民主主義なんて。それとももっと高尚なものだと思ってました、民主主義が。

民主主義なんて、所詮はエゴですよ。ただ、国王のエゴじゃなくて国民のエゴってだけの話。だから、政治家も政党も使い捨て。誰だっけかが言ってましたよね。同じことを。

資本主義の原則はスクラップ&ビルド。民主主義も同じ。資本主義でスクラップにされるのは企業だけど、民主主義だと政治家。この程度のものですよ。

愚樵さま、こんばんは

> はむれっとさん、いらっしゃいませ。あまり歓迎されないような登場の仕方ですが、

些か素が出た様でございます。ご不興の想い抱かせるは私の不徳なのでしょう。

レスの付け所を誤ってしまいました。
一応非表示にします。移動、開示はお任せします。
失礼いたしました。

> いちおう、いらっしゃいませ、と言っておきます。

ご不快の中、丁重なお返事痛み入ります。

> で。その程度? って、その程度ですよ。民主主義なんて。それとももっと高尚なものだと思ってました、民主主義が。

別に民主主義に期待などしては居りません。
民主主義など単なる仕組み、例えてみれば鏡の様なもの。
良い国民が行えばそれが政治に写り、悪い者が使えば悪い政治と写るだけだと
思って居ります。嘘のない仕組みだと思っております。
国民がエゴなら政治もエゴになるだけの話。
国民がエゴで立派な政治を期待しても、無理だろうし、鏡の所為にするのも間違いだと
思っているだけであります。

> だから、政治家も政党も使い捨て。誰だっけかが言ってましたよね。同じことを。

思い上がった議員を諫める、議員としての謙譲の言葉でしたね、それを理解して仰ってられますか?。
あなたにご子息がいらっしゃるかどうかしりませんが、仮に居たとして、
息子が日頃お世話になってる人に会う時にどんな挨拶をされるでしょうか。
「うちのドラ息子がいつもご迷惑をお掛けしております。」
とか言うでしょう。この時の「ドラ息子」というのは謙譲語ですよ、本心はそう思ってなくても
控えめにこう言うものです。それに対して
「あなたのところのドラ息子は・・・」と言われたら、ムッとしませんか。
お互いに控え合って無用の争いを避ける日本の美徳が謙譲ではありませんか。
これを理由にエゴを肯定するなら、日本はロクな国にはならないだろう。
国民がエゴを突っ張り合ってどんな国になるとお思いでしょうか、その程度です。
政治家とて人に違いはない。物と扱うは、或いは下賤の輩と扱うは、間違いでしょう。

こちらこそ、失礼しました

はむれっとさん

不愉快な感情の連鎖は回避できたようで、ホッしてます。今後ともよろしくお願いします。

>国民がエゴなら政治もエゴになるだけの話。

その通りですね。そうした制度だということです。

>政治家とて人に違いはない。物と扱うは、或いは下賤の輩と扱うは、間違いでしょう。

政治家という職業と、政治家を職業としている人間とを混同されてますね。政治家は使い捨て、とは選挙を通じて落選させればよいというだけの話。落選した人は政治家としては棄てられたわけですが、人間としてダメと烙印を押されたわけではありませんし、普通に国民として生きていく権利は当然あります。また、再チャレンジすることもできます。

それと、元の発言主とは同じ言葉でも意味するところは違っていることは意識して使ってますよ。

>お互いに控え合って無用の争いを避ける日本の美徳が謙譲ではありませんか。
>これを理由にエゴを肯定するなら、日本はロクな国にはならないだろう。

賛成だし、その美徳が維持されることを望むんだけれども、それが逆にあだになってしまっているのが日本の現状でもある。というか、謙譲の美徳は意見表明を控えるという方向に働く傾向にあるが、民主主義は国民がエゴを主張した上で調整しようとする制度だから、謙譲の美徳は無主張になってしまうんですね。一部の人間はそれをよいことに自己の利益誘導を図ってきた。謙譲の美徳がうまく機能するには、権力者ほどその美徳を強く意識しなければダメなんですよ。

「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」

の精神がなければ。それなくして力の弱いものに謙譲の美徳を強いるのは、奴隷になれといっているようなものです。

それから、
>移動、開示はお任せします。
とありましたので、こちらに移動して開示させていただきました。非開示はもったいないと思いましたので。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/120-fdf40da9

極左系に殴りこんだ解同系の仁義無き戦い『水からの伝言』

もう済んでしまった事柄だが、護憲派有名ブロブ『お玉おばさんでもわかる、政治の話』のお玉さんまで巻き込んだ『水からの伝言騒動』が数ヶ月前に勃発して、護憲左派のブロガー諸氏は心を痛めているらしい。 『ブロガー水滸伝』によると つまらないことで三角広場のマ...

権力の濫用は、解散しない福田自民政権

 日本の最高権力者は内閣総理大臣。いま資格も無いのに、その椅子に踏ん反りかえって

冤罪を生み出す環境をそのままにして規制の網ばかり広げ、目を細かくして、いったい何を捕らえようとしているの?

近ごろ、生まれ育ってきたこの私たちの社会が、ちょうど湿気を吸って徐々に崩れていく砂糖菓子の塊のように、ズルズルと鈍い音をたてて崩壊...

映画「靖国」と映画「ゆきゆきて神軍」

 表紙に掲げたのは原一男監督の,キネマ旬報87年度第2位に輝いた『ゆきゆきて神軍』というドキュメンタリー映画のビデオの表紙である.拡大した詳細はこちらを見て欲しい.  この映画は独立工兵隊第36連隊の一兵士として召集され,東ニューギニアで敗戦を続け,千数...

チベット問題の考察(1)非難の矛先

 チベット問題の解決はなかなか難しそうだ.ただ情報が錯綜して事実関係があいまいなままテレビ映像だけで判断を下すのは大きな間違いの元となる.そうは言っても,現状では中国政府の一方的な決めつけ(ダライ・ラマの煽動など)と抗議を寄せ付けない強硬な姿勢が,世界...

チベット問題の考察(2)文化の乖離の克服

 前回記事で,「世界は中国とチベット双方にとって最も良い状態を一緒になって展望し,イメージする必要がある」と書いた.本稿ではいろんな齟齬や障害を考察し,それらを乗り越えるための具体的なイメージを描いてみたい.(決して世界がイメージを描いてそれを両者に押...

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード