愚慫空論

ジャガイモとニンジン

ウチの畑で採れたジャガイモとニンジン。

ジャガイモとニンジン

一緒に写っているライターと比べると大きさがわかると思うけど、とても小さい。

こんなのどうするって? 

もちろん、食べる。
ポトフに入れるんだって。

コメント

こんばんは(^^)

息子が学校から持ち帰ってきた人参がちょうどこんな感じでした。マヨネーズつけて一口でカリッと食べてましたが、美味しそうでしたよ!
魚も野菜も果物も、小さいのって美味しいんですよねー。
ポトフは愚樵さんがお作りになるのでしょうか?それとも奥様かな?

男子厨房に入らず

もちろん、奥様ですとも。ウチは“男子厨房に入らず”ですから(笑)。

ずいぶん、古典的ですって? いえいえ、違います。

“男子厨房に入らず”は男子たる私が宣言しているのではなくて、女子たる妻が宣言したこと。その心は、

“アンタは私の領域に入ってこないで!”

皮をむくのが大変そう……

私は眼が不自由なので,プラスチックの皮むき機を使ってるけど,こんな小さいものはさすがにお手上げ.ついつい,スーパーの握り拳大の方へとおびき寄せられます(笑)

身体が丈夫なうちは「エコ」な生活はできるけど,身体が言うことを効かなくなると,もうだめですね.車の運転もできないし,家具を買うときには運賃を上乗せされる.

噂の(笑)中国食材を駆使して「ポトフのようなもの」はよく作っております。イモ、タマネギなど全般的にでかいですが「野菜の味」が濃くてうまいですよ。
ただしプチトマトは果物扱いでレストランのサービスデザートとして大活躍してます。

皮なんて、剥きませんよ

kaetzchenさん

こんなの、スーパーには売ってませんって(笑)。

****

なめぴょんさん

中国野菜ですか!? くわばらくわばら。

まあ、でも「野菜の味」がしっかりしているなら、大丈夫でしょう。

失礼します。私も根菜類の皮をむかずに食べます.かばね病みも手伝ってますが(笑)土を食べる人がいるというTVを見てからは安心して食べてます。野蛮にできているもので。畑からの抜きたては洗っただけで皮は取れてしまいますよね。長い間中国野菜を食べ続けておりますが、にんにくもやはり香りが今一物足りないのは、化学肥料の性なのでしょうかね?畑を耕して未だ3年チョイなのですが堆肥と化学肥料では香りが違うような気がしました。堆肥と化学肥料を併用してますが、堆肥だけの野菜に挑戦してみたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/106-56d6ec26

『新銀行東京』の存立意味

 私も企業経営者として金融機関との係わりも多く、金融機関の汚さも知っているつもりである。それだけに、金融機関を利用するが利用されないようにすることを心がけている。特に、営業での粗利益率を圧迫しない金融機関金利を常に望んでいる者である。  朝日新聞の声欄...

新自由主義の暴虐を批判するのに、右も左も無い

昨日のエントリー(http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/88113960.html)で、「ルポ 貧困大国アメリカ」を紹介したが、同じ日に、その著者の堤未果女史と、参議院議員の川田龍平氏が結婚するという報道が流れた。細かいことはわからないが、お二人の幸福を祈りたい

重ねて新自由主義批判。「反米大陸」を読んで。

昨日の新自由主義批判(http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/88245236.html)に続くエントリーである。 その前の書評(http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/88113960.html)と合わせて、一連の新自由主義批判の連載記事としている。 今回、旅行の合間に、多く..

美しい国の美しい総理が美しく去って半年後の世界

半年前の成立当時は60%以上の内閣支持率を誇った福田康夫も、いまや30%を切り20%台の危険水域に突入した。 最早首相の首のすげ替えが出来なければ、総選挙も国会運営も、にっちもさっちも行かなくなる事態になっている。 福田の次は誰だ。 しかし人材がいません...

一に勉強,二に受験,三に転んで,死に堕ちる,ほんでもって,伍で自殺~(笑)

国会前で男が自分の頭撃ち死亡 総理あての封筒所持(朝日新聞) - goo ニュースについて  一言で言えば,自業自得に過ぎない.つまり,精神に異常を来した者が勝手に起こした「事故」に過ぎない.公安警察や救急隊にとってみれば良い迷惑以外の他でもない.それ以上のコ

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード