愚慫空論

『蜜蜂と遠雷』



この本の面白さには、一面で、『ドラゴンボール』のそれと似通ったところがあります。




Amazonにある内容紹介を引用させていただくと

養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳

かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳

音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳

完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳


風間塵はフリーザ。
栄伝亜夜は孫悟空。
高島明石はクリリン。
マサル・C・レヴィ=アナトールはベジータ。

...

ほんまかいな(←大阪弁w)


舞台は日本国内で開催される架空の国際ピアノコンクール。
モデルは浜松ピアノコンクールらしいが、どうでもいいか。

主人公はコンクール出場者の上記4人ということになるんだろうけれども、記述の分量からいえば、コンクール審査員の嵯峨三枝子やナサニエル・シルヴァーバーグにも相当の分量が割かれています。

舞台の上の人間模様を俯瞰した映画的(?)な構成と言えばいいか。


ドラゴンボール的なのは、舞台設定の所為でもあります。
コンクール、つまりは、選抜戦。
一次予選、二次予選、三次予選、本選と進むにつれて参加者や振り落とされていく。
勝ち残った者はグレードアップしていく。

エンターテイメント・ストーリーの王道です。

だから、比べるのは『ドラゴンボール』でなくてもよい。
『聖闘士星矢』でもよかったし『アラベスク』でもよかった。

いやいや、『アラベスク』は最後だけで、全体としては違うかな。

それにしても古いな...(^_^;)


実はぼくは、まだ『蜜蜂と遠雷』を最後まで読み通していません。
誰がコンクールの優勝者なのかは、現時点ではまだ知りません。
そこは大切なところではないと思う。

本書のドラゴンボール的愉悦に乗れば、優勝者が誰だか知りたくて、一気呵成に本を読み通すことになったでしょう。
でも、それでは「ギフト」の意味をつかみ損ねると思う。
そう思うから、一旦立ち止まって、この文章を書いています。
「ギフト」が意味するところを書き表わしておきたい。

ぼくの読書は、現時点では、第三次予選の最終演者栄伝亜夜がドビュッシーの『喜びの島』を演奏し終えたところで止まっています。

ここはドラゴンボール的にいえば、孫悟空がスーパーサイヤ人に変身した瞬間と言っていい(笑)
違うのは、『ドラゴンボール』で悟空がスーパーサイヤ人に変身するのカギは【憎悪】ですが、『蜜蜂と遠雷』では〈ギフト〉だということです。




『蜜蜂と遠雷』のテーマが「ギフト」であることに疑いはありません。
それは物語の最初に提示されているのですから。
そして、「ギフト」がデーまであるとするのなら、影の主役はユウジ・フォン=ホフマンということになるのかもしれません。
名ピアニスト。故人。


皆さんに、カザマ・ジンをお贈りする。
文字どおり、彼は『ギフト』である。
恐らくは、天から我々への。
だが、勘違いしてはいけない。
試されているのは彼ではなく、私であり、皆さんなのだ。
彼を『体験』すればお分かりになるだろうが、彼は決して甘い恩寵などではない。
彼は劇薬なのだ。
中には彼を嫌悪し、憎悪し、拒絶する者もいるだろう。しかし、それも方彼の真実なのであり、彼を『体験』する者のなかにある真実なのだ。
彼を本物の『ギフト』とするか、それも『災厄』にしてしまうのかは、皆さん、いや、我々にかかっている。

ユウジ・フォン=ホフマン




では、いったい「ギフト」とは何なのか?
そこを語りたい。
そのために下準備として、前記事をアップしました。
ディープラーニングの話でした。

 ⇒ 『人工知能は人間を超えるか~ディープラーニングの先にあるもの』


〔ヒト〕は言葉を操る生き物です。
言葉はシニフィエ(内容)とシニフィアン(記号)とで成り立っている。

〔ヒト〕の言語能力はふた通りの発展の仕方があって、

・データを入力するとシニフィエが自動生成され、自動生成されたシニフィエにシニフィアンが結びつくことで言語活動と行う ⇒ 〔人間〕

・まずシニフィアンを入力し次にシニフィエの内容を入力することで言語秩序が生成し、出来上がった秩序に基づいてデータを分別よう言語活動を行う ⇒ 【人間】

人工知能と〔ヒト〕はもちろん別物ですが、敢えて同一線上で語ると、

 ディープラーニング ⇒ 〈人間〉
 ディープラーニング以前の機械学習 ⇒ 【人間】


【人間】とは、いわゆる「マニュアル人間」のことです。


『蜜蜂と遠雷』はクラシック音楽が題材の小説です。
クラシック音楽は、実は奇妙は音楽です。
きわめて【言語】的な音楽だから。

音楽に限らず言語一般がそうなのですが、

 シニフィエが先。シニフィアンは後。

これは、

 聴覚が先。視覚は後。

と言い換えても良いのかもしません。

〔ヒト〕は言葉を話し言葉から習得します。
子どもは常に〈学習〉をしている
環境世界からデータを入力し、シニフィエの自動生成を絶え間なく行っている。
シニフィエ自動生成の後、与えられた記号をシニフィアンとしてシニフィエと結合させる。
そうして言葉を修得していく。
視覚的な書き言葉の修得は、ずっと後のことです。

【言語】的というのは、その機序が逆さまになってしまうこと。
視覚的なものから聴覚的なものを想像するような言語活動。
ぼくの文章を読んでくれている人も、そのような言語活動をしているはずです。


クラシック音楽の世界において、いちばん偉いのは作曲家です。
音楽を楽譜に書き留め、視覚化した人がいちばん偉い。
音楽を学ぶ者はまず、視覚化された音楽を聴覚へ還元するという作業に習熟することを強いられます。

〔ヒト〕の機序は シニフィエからシニフィアンへ
〔ヒト〕が素直に成長すれば〔ヒト〕の機序のままのはずですが、なぜかそれが【教育】によってシニフィアンからシニフィエへの流れになるように矯正される。マニュアル化されて【人間】になる。

中には非凡な才能に恵まれた者がいて、シニフィアンからシニフィエの流れを完璧に習熟し、そこから折り返してシニフィエからシニフィアンへの流れへと戻ることができるようになる。実は〔教育〕の目的はここにあるはずなのだけれど、どうしてもマニュアル化から入ってしまうために、〔ヒト〕の機序とは逆行することを強いるために、ほとんどの者は脱落してしまって、〔教育〕は【教育】にしかならない。

クラシック音楽教育も同じ構造をしています。
シニフィアンからシニフィエへの流れを叩き込まれる。
いかに叩き込まれたかを競うのがコンクールです。
【教育】を叩き込み、〔ヒト〕を矯正して【人間】を育て、それでもなお〈人間〉たりうる者を見出す。
【教育】に負けずに延びた一部の強靱な個性のことを「才能」と言うわけです。

この作業は進化論的には「淘汰」と言えるのかもしれません。
が、非〔人間〕的な、つまりは【人間】的な作業です。
『蜂蜜と遠雷』には、その【人間】性も描き込まれています。
【人間】性が背景にあることがしっかりと提示されている。


ユウジ・フォン=ホフマンの「ギフト」は、それを踏まえてのものです。

甘い恩寵などではない。
私たちを試す劇薬である。
ジン・カザマを本当の「ギフト」とするか「災厄」とするか。


【人間】にとって彼は「災厄」です。
【人間】にとって【教育】は生きる糧でありアイデンティティなのだから。
もっと言ってしまえば、【教育】はカネになる。
逆に言えば【教育】にはカネがかかる。
だからこそ【教育】で禄を食むことができる〔人間〕が生まれる。

ユウジ・フォン=ホフマンの「ギフト」は、そういう〔人間〕に挑みかかる。
おまえは〈人間〉か? それとも【人間】か? と。


少し難癖も付けておきましょう。

実はユウジ・フォン=ホフマンの「ギフト」は、恵まれた者たちへのさらなる「ギフト」です。
かの「ギフト」の恩恵に最も預ることができるのは、もともと恵まれている者です。
コンクールに勝ち残るだけの才能があるもの。
「ギフト」をもらわずとも、自分たちの「才能」によって、いずれは世に出るであろう者。
このあたりはドラゴンボール的です。

そのことは風間塵のキャラクター設定に出てきています。
現実にはあり得ないであろう才能です。
フィクションとしてのみ、成立する。
ベジータクラスですw


偏狭でフィクショナルな「ギフト」であるにもかかわらず、そう感じさせないのは作家の力量だろうと思います。
栄伝亜夜のキャラクター造形。
一度挫折して、復活した天才少女という設定が効いている。


でも、テクニカルな力量だけではないと思います。
偏狭であっても「ギフト」は「ギフト」です。
偏狭であろうが寛大であろうと「ギフト」の性質は変わらない。
【人間】を〈人間〉へと昇華させる性質は、偏狭・寛大とは別種のプロパティ。
偏狭になるか寛大になるかは、その「ギフト」がどのような〔社会〕に贈られたかによる。


「ギフト」というものの性質は、このようなものです。

  ⇒  「与えると幸せ」 脳スキャンで仕組み明らかに 研究

人間の行動を駆り立てる第一の動機が自己の利益だとすると、自分の資産を他人のために進んで犠牲にするのは道理に合わないように思われる。

このパラドックスを解決するために、一部の専門家らは、与えることが集団での自分の立場を高めたいという欲求を満たすとの説を唱えた。他方で、他者に分け与えることによって、哺乳動物の生存でカギとなる要素である同族的な協調と団結が育まれるとしたものや、見返りに何かが得られることを期待しているからにすぎないという見方もある。

しかし、本当の答えはもっとシンプルである可能性があると示唆する研究結果が11日に発表された。すなわち「与えることが、自分を幸せにする」のだという。



与えることが、自分を幸せにする。
つまり〈過剰〉だということです。
それが寛大で同時にソーシャルなギフトの性質。


ここでもちょっと難癖を付けておきましょう。
「与えることが、自分を幸せにする」という言い方は精確ではない。

風間塵は、自分が与えているだなんてこれっぽっちも思っていません。
「ギフト」と言ったのはホフマンであり、そのように伝えられた者は「ギフト」の意味を解している。
でも、そんなことは当の風間塵には関係がない。

子どもと同じです。
子どもは大人にとっては「ギフト」です。
でも、そんなことは子どもにとってはどうでもいいこと。
こどもは、自分が生きたいように生きているだけ。
子どもを生きたいように生きさせることが大人にとっては「与えること」として認識され、その認識が反作用となって「ギフト」というシニフィエが自動生成される。「ギフト」のシニフィアンは“贈り物”でも“GIFT”でも“プレゼント”であってもかまわない。

そしてそれは、子どもや大人ということも実は関係がない。
〔ヒト〕は社会的な生物であるというだけのことです。
〔ヒト〕を〈人間〉にするのか【人間】にするのかは、〈社会〉か【社会】かにかかっている。
子どもが〈人間〉的なのは、単に〔社会〕への適応が不十分だからです。



またまた長くなりました。
ぼちぼち締めに入ります。


ぼくが絶望しない理由は、「ギフト」を想像できるからです。

「ギフト」の性質は【人間】へと矯正された〔ヒト〕を〈人間〉へと立ち返らせるところにある。
【社会】を〈社会〉へと立ち返らせるところにある。
ぼくの中には「ギフト」のシニフィエが生成されていると、自分では思っています。

でも、自分では思っていても、それだけでは「ギフト」にはなりません。
「ギフト」のシニフィエが生成されていても、適切なシニフィアンを与えてあげないことには伝わらない。

そうなると問題は、適切なシニフィアンとは何かということですが、これがまた難題です。
恩田睦さんがホフマンに語らせたように、「ギフト」は「災厄」にもなる。

「ギフト」を「ギフト」として伝えるには、処世術が必要です。
処世術を生かすには、〔虚構〕を纏うことも重要です。
だから、くだらないと思っていた〔虚構〕を纏うための手続きにも取り組もうと決めた。
一度は放棄したんですけどね。

そうやって決めていくと、大げさに言ってしまいますと、自分と関係のないことなどこの〈世界〉にはないのだということがわかります。関係ないのではなく、関係できないだけ。そこはテクニカルなスキルの問題です。

テクニカルなスキルの問題だということは、そこに関しては下駄を履くことができるということでもある。
技術の助けを借りることができる。
その可能性こそが、マーケティングとイノベーションの本質。
〈世界〉は自己相似だから、そうした可能性が生まれている。





データからシニフィエ、シニフィアンへの流れは、円環の流れに即していると感じます。
その詳細はまだ言葉にできないけれど。
それを逆行させようとすると【蓋】ができあがり、ブラックホールになってしまう。
【蓋】は、円環の極点が再発散することを阻害する。

大きな円環は小さな円環を生みます。
小さな円環はさらに小さな円環を生む。
すなわち、円環そのものが〈過剰〉だということです。
そうやって〈世界〉は自己相似を保ちながら発展していく。

               
       

       
>               


〔ヒト〕はそのような流れのなかで生まれたし、〔ヒト〕があやつる〈ことば〉も同じ流れで生まれた。
ところがどこかで、〈ことば〉は【コトバ】になった。
【コトバ】は【呪い】を生み、〔社会〕を呪縛して【社会】とし、〔ヒト〕を矯正して【人間】とした。

だから「ギフト」を探るには歴史を探らないといけない。
「ギフト」はもともとの〈ヒト〉の性質を解き放つ〈解呪〉なのだから、
どこでどのように【呪い】がかかったのかが理解されなければならない。


 


いやいや。
「ならない」ではありません。
「したい」です。
理解したい。我が事として。


さてさて、では、『蜜蜂と遠雷』。
最後の「本選」に挑むことにしましょう (^o^)/

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gushou.blog51.fc2.com/tb.php/1005-fb3d6883

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード