愚慫空論

勤労 協同 理不尽

今お気に入りのマンガ。
銀の匙


『銀の匙 Silver Spoon』(ぎんのさじ シルバースプーン)は、荒川弘による日本の漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館、以下「サンデー」)2011年19号より連載中。

北海道の農業高等学校を舞台とした学園漫画作品。作者の荒川は北海道の酪農家の生まれで農業高校卒業生でもあり、作中には荒川の実際に経験したことが多く反映されている[1]。作品の舞台となる大蝦夷農業高等学校は、帯広農業高等学校をモデルにしている。

タイトルの由来は明らかでないが、主人公たちが生活している学生寮の食堂入口に“銀の匙”が飾られており、8巻においてその縁起が語られる場面がある。

キャッチコピーは「汗と涙と家畜の酪農青春グラフィティ!!」。


以上、wikipedia より。


豚を食べるんだよね。舞台が畜産高校なので飼育している豚を食べるのは当たり前なんだけど、当たり前ではないのが、名前をつけた豚を食べること。
以前にそんな内容の本の感想を書いたことある)

業界の常識に反して名前をつけた豚を育てて、食べる。このマンガのストーリーでは、名前をつけたと言ってもその豚は学校の所有物で、通常なら肉になって売られるんだけれども、主人公がその肉を買い取る。勤労で得たお金で。そして、みんなと食べる。ベーコンに加工した入りして。育てるのも食べるのも、協同

一連のエピソードは、そうやってできあがったベーコンの一切れを校長が「うまい」と食べるシーンで締めくくられる。その校長室には校訓が掲げてあって、それが 

勤労 協同 理不尽 

というわけだ。単行本4巻の64ページ。


「理不尽」という言葉の印象が変わる。理不尽というと悪いイメージがあるけれども、「勤労」「協同」と一緒に並べられると、それらのイメージに引きずられて感じが変わる。

「勤労」「協同」「理不尽」のワンセットで悪いイメージなる可能性もある。たとえば軍隊的な。舞台は畜産高校だし、生徒は家畜の奴隷だし。でも、そうはならない。マンガだし。

理不尽は許されないものではないように思えてくる。それどころか、そこら辺に転がっているもののように感じられる。私たちはそれに気がつかないだけ。目を背けているだけ。

豚に名前をつけられた主人公は、同僚に「豚が食べられなくなったら責任を取りなさいよ!」と責められる。主人公は、「残りのベーコンをみんなに食べさせてやる」と応戦。「わーい!」とみんな。「食べれるじゃん!!」主人公。コミカルに理不尽が覆い隠される。が、主人公はまた豚に名前をつけて、理不尽を掘り起こしてしまう。苦しいとわかっているのに。

世界はばらばらであっていいように、理不尽もあっていいのではないか?
世界はばらばらならば、理不尽は理ですらある。

世界はばらばらでそもそもが理不尽だとするならば、大切なことは理不尽を大きくしないことではないだろうか?


ばらばら

いいね、この歌。



世界は ひとつじゃない
ああ そのまま 重なりあって
世界は ひとつになれない
そのまま どこかにいこう


それでいい。世界はばらばらでいい。

世界はひとつか、ひとつじゃないのか? 
大まじめに問われたら、ひとつだと〈信じる〉と答えるだろう。

でも、ひとつじゃないほうがいい。
ばらばらから出発したほうがいい。

ひとつだとしたら、もはや生まれる余地はない。
ばらばらだからこそ、生まれるものがある。


続きを読む »

 | HOME | 

 
プロフィール

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード