愚慫空論

食べ物が美味いのだ。

前記事で忙しいと愚痴をこぼしたけれど、ちょっと落ち着いてきた。仕事の区分がはっきりしてきたし、面倒な書類関係も一段落したし。

で、落ち着いてきたことと平行して、だんだん賄い夫のようになってきたのが今日この頃。毎日毎食、何を食べようか、何を作ろうかと考え、食材の在庫を見ながら頭を悩ましている。

一日の流れはだいたい以下の通り。

3~4時に起床。パソコンに向かって日報や書類の作成。5時に犬の散歩。6時になったら薪ストーブに火を入れて朝食の支度。7時に朝食。8時から牧場へ出かる。以前行っていた厩舎掃除(ボロ取り)は、やってもいいのだけれど、基本的にやらなくてもいいようになった。決して嫌いじゃないんだけど。

8時から10時までは、馬の運動。ぼちぼち馬に乗ったりするようになってきた。まだひとりでは常歩(なみあし)でとぼとぼ歩くだけだけど。上手な人からは、速歩(はやあし)で乗れるようにレッスンを受けている。

10時からは、事務所兼住居でもろもろ。この「もろもろ」に昼食の支度が入ることが多い。他では役所へ出向いたり、電話をしたり、メールをしたり、書類を作成したり。

昼は2時まで休憩で、他の者は牧場へ出かけるのだけれど、私は行かないことが多い。この頃は昼からはあまり仕事をしていなくて、ダラダラ。そして夕食の支度。

食事の支度は、共同生活なので、原則はみんながやる。事実上は、手の空いている者がやる。ここのところ私がやることが多いのだけれど、つまり、その分手が空いているということなのだけれど、実は意識して手を空けている。昼にやるべきことを早朝(というよりまだ夜中だけど)に済ましてしまっている。それは、私がもともと朝型人間だということもあるけれど、別の理由もある。特に朝食については、重点的に作っている。この理由は、別の機会に書いてみることにしよう。


で。島の食べ物。これがバカウマなんだな。島なので魚介類はもちろんなんだけれども、野菜なんかも最高。お呼ばれすることも多く、そういったときは獲れたての魚がずらっと並ぶのだけれど、それだけではなくて、差し入れもいっぱいなんだけど、贅沢なことにさすがにちょっと飽きてきて、こないだコロッケを作ってみた。これまた島で作られ、頂いたジャガイモが山ほどあるので、それを茹でて潰して豚肉とタマネギを炒めたものを少々混ぜて、コロッケの形にして小麦粉をつけて卵を絡めてパン粉をつけて揚げたわけなんだけれども、少ない油で大量に揚げたから油が少々難ありだったわけだが、コロッケそのものは、もう本当にバカウマ。ジャガイモが美味いんだよね。ホント、不思議なくらい。地方(じがた、と呼んで本土のこと。島の人はそう呼ぶ)のものとは、どこか一味違う。

推測するに、島の土壌がいいということもあるのだけれど、やっぱり潮風だろう。海が陸地の作物に何らか影響を及ぼしているのだろう。


ただ、困ったことがひとつ。食べ過ぎである。昨年の今頃に断食をして以来、食事の量が減り、特に朝食をたべなくなり、体重がかなり落ちたのだけれど、現在は自分が朝食を作ることもあって、三食しっかり食べることになってしまった。まだ体重は増えていないけれども。

聞くところによれば、乗馬は非常にエネルギーを使うのか、馬に乗っていると体重が増えるということはないそうなんだけれど。まだ乗るというほど乗れないし。

けっこう忙しいぞ

かなり忙しい毎日を過ごしている。

粟島へは1月5日にやってきた。軽トラックに荷物を満載し、家内と犬2匹を連れて。

家内は2泊して山梨に帰った。3月後半からこちらへ移住してくる予定。犬2匹は、ともに島へ居残り。

粟島では、来年度から「しおかぜ留学」という事業を始める。いわゆる山村留学だ(粟島浦村は漁村だけど)。

  粟島しおかぜ留学Facebookページより

しおかぜ留学の「学習」

しおかぜ留学は粟島浦小中学校での学びだけではなく、日常の暮らしの中にある様々な「学び」と「習い」を基本においた暮らしを提供し、暮らしの中で子どもたちが育つという「命の本質」を大切にする活動です。その暮らしの中心となる「自然」「生活」「命の教育」の三つについてご紹介いたします。

島の自然(粟島の自然力)
・子どもと自然
しおかぜ留学では子どもたちと自然との関係を大切にしています。粟島には美しい海、美しい山、新鮮な空気、美味しい湧き水と自然の恵みで溢れています。子どもたちはこの自然の中でゆったりとした時間を過ごし、のびのびと生活することになります。
 粟島の四季は、劇的な変化を私たちの暮らしに与えます。その四季は、日本人が持つ自然への豊かな感性を育み、心を育てると共に、自然の厳しさや自然との正しい暮らし方を学ぶ良き教師として存在します。これらの環境を通じて、子どもたちは自然から「生きる力」を獲得して行きます。
・環境教育
 粟島の豊かな自然をより良く子どもたちに伝える為に、しおかぜ留学では、「環境教育」に力を入れています。自然を理解するための支援者としてのインタープリター(自然案内人)が提供する自然体験や粟島馬でのホーストレッキング、粟島に研究や現地調査で訪れている大学の方々からのレクチャーなどを通じて、子どもたちに環境教育を提供していきます。

しおかぜ留学の暮らし(島暮らし力)

・粟島の「食」

「しおかぜ留学」の日常におけるもっとも重要なことは「食」であると考えています。
 成長期の子どもたちが、安心で安全な食べ物をバランスよく食べることができる環境、食べ物に感謝してその命のありようを感じ取ることの出来る「食育」環境。毎日、そういった環境の中で食事を提供します。
 粟島には、八百屋さんも肉屋さんも、魚屋さんもありませんが、島で食べられる食事の9割は地産地消の食材によって構成されています。地元でとれた食材を、顔の見える関係から提供して頂き、その食材を丁寧に料理して子どもたちに提供します。
・子どもと「仕事」
 しおかぜ留学の暮らしの中で、大切にするもう一つのことは島での仕事です。子どもたちにはいつでも仕事があり、手伝いができ、達成感のある様々な仕事体験があります。
 粟島の基幹産業である漁業のお手伝い、自給自足に近い暮らしを支えている農作業のお手伝いなど、島の暮らしを支える仕事に積極的にかかわります。
 また、島の暮らしには、季節に合わせた様々な行事があります。行事は伝統的な仕組みを今でも維持する貴重な文化遺産であり、そういったことに、子どもたちが日常的にかかわることができるのも「しおかぜ留学」の特徴です。春の島開き、夏の盆踊り、秋の神社のお祭り、小正月などなど様々な文化行事があり、これらの行事に参加できる環境があります。

・命の教育と「しおかぜ留学」

 しおかぜ留学では「命の教育」を提供します。「命の教育」は、今までご紹介した「特色ある教育力」「島の自然力」「島暮らし力」の三つの力と連携して産まれる教育です。
 この連携を保障する為に、村民が一丸となって子どもたちを支援する組織「育つ会」を運営し子どもたちを支えます。
 また、「しおかぜ留学センター」は具体的な日々の活動と暮らしをサポートします。
 粟島の大人たちは、子どもたちにいつでも無償の愛を注いでくれる存在です。声をかけ、辛いことはないか? 寂しくないか? など、子どもたちを暖かく見守ってくれます。
 粟島で子どもたちが「育つ」環境は「命の教育」と直結します。粟島には、「命の教育」を提供できる環境が整っています。
 この環境からさらに「命の教育」を一歩進めた活動が「牧場の暮らし」活動です。この活動は粟島最大の特徴であり「命の教育」を根本的に支える重要な活動です。

・牧場の暮らし

粟島には、「ホースパーク」と呼ばれる「命の教育」の拠点施設があります。この施設を利用した様々な活動が毎日の日課として実施されます。 
 馬の手入れやお世話などの活動を通じて、豊かな感情を育て、乗馬練習によってバランスの良い身体の発達を促し、しおかぜ留学を経験したすべての子どもたちは、野山を馬に乗って走り回れるようになります。
 また、馬との関係構築によってコミュニケーション能力を獲得し、獲得したコミュニケーション能力によって、様々な関係性が深まり、問題解決能力も向上します。
 もちろんホースパークで暮らすのは馬だけではなく、様々な生き物が暮らし、多様な命の存在を保障しています。


私が粟島へやってきたのは何かの縁だけれど、それがまた巡りめぐって、このしおかぜ留学、それも子どもたちを受け入れる寮の運営を担当することになった。もちろん、それだけに終始するつもりはないけれども。

現在はまだ留学生は来ていない。来るのは4月から。目下の仕事は、しおかぜ留学そのものの立ち上げ。大枠はすでにできあがっているのだけれど、詳細を詰めなければならないことはたくさんあって。一応、粟島浦村が主体となってやる事業なので、役所との打ち合わせがかなり面倒。そして書類作成。留学希望者への対応。

こういった営業的な仕事は経験がないわけではないが、かな~り久しぶり。やっと調子が出てきたという感じ。

調子が出てきたのは日常生活も同じ。しおかぜ留学は、実質的にはNPO法人インフォーメーションセンターというところが回していて、ここが牧場を経営しているわけなんだけれど、現在はそこのスタッフと共同生活。食事を作ったりなんだりかんだり、なんとか様子がわかってきた。

そして牧場関連の仕事。仕事といっても、こちらは別に義務ではないのだけれど。私自身がやりたいので。厩舎の掃除からはじまって、馬の手入れと運動の練習。「運動」は、一般的には「調教」とよばれるのだけれど、ここでは調教という言葉は使わない。馬は“頼るべき相手”なので。

ボロ取り

毎日欠かせない作業が、ボロ取り。馬房の馬糞を掃除する。一晩で、このくらいの量になる ↓

ボロの山


馬糞はこんなふうに貯めておいて、こんなふうに使ってもらっている。

130121d.jpg 130121e.jpg


130121e_20130121051218.jpg

粟島の日本海側の様子。小島は立島という。オオミズナギドリの営巣地なんだそうだ。


樵とは「殺生する者」

不様にも、今年初めの文章は、昨年末の文章から持ち越し。まだ書き足りないことがあった。

林業を始めた頃は、私も樵=林業労務者だと安易に思っていたが、今は違う。樵は「百姓」というカテゴリーに属するものだが、林業労務者は百姓ではない。これまで私が用いてきた「樵」は、林業労務者であるが百姓になりたいな、という希望を表すものだったが、今後は百姓に軸足を移そうと思う。「愚樵」はネット上でのハンドルネームであると同時に「百姓ネーム」である。いや、そうありたい。

これが昨年末の文章の最後。もっとも、ここから続きを書こうすると、エントリーひとつ文くらい書くことになるのだけれど。

樵と林業労務者の違い――といっても、これはあくまで私の主観。“樵”あるいは“林業労務者”という言葉の私がどういう意味合いを込めているか。一般的には樵は林業労務者の古い呼び名であろうし、上に書いたとおり私も以前はそう思っていたけど、林業をやっている内に分化したということ。これはつまり、私が変わったということなのだけれど。

自身の変化は、言葉の変化に現れる。

樵とは「殺生を為す者」であり、それを自覚する者。林業労務者とは、その自覚がなく、森を人間の都合のよい資源と見なす者。

樵は木を伐る。林業労務者も伐る。外形的にはやっていることは同じ。けれど、主観的にはまったく異なる。樵は木を生命だと感じている。木を生命だと感じるから、殺生するという自覚が生まれる。林業労務者は、感じない。いや、感じているかも知れないけれども、資源だと思いなすことで隠蔽する。林業という産業は、この「思いなし=隠蔽」を構造的に強要する。

*****

一昨年の11月に、こんな記事を書いてアップしたことがある。

 『ただいま作業中』

富士山の山麓での作業の様子。素材生産のために木を伐る、すなわち伐った木を搬出して市場に出して、人々の暮らしに役立てる、そういう仕事を和歌山では主にやっていたのだけど、山梨に来てから久々だったので、ちょっと嬉しくて、書いてしまった記事。

殺生が嬉しいなんて業が深いと思わなくはないが、嬉しいというのは正直なところ。

しかし。実はこの作業は「素材生産」ではなかった。間伐材の搬出。間伐材でも素材(=原木)は素材だろ? と思われるかもしれないし、外形的には同じなんだけれど、違う。この違いは、樵/林業労務者のような主観的な違いとも違っていて、役所的な違いになる。

役所的な違いは、結果の違いとして現れる。「素材生産」ならば、

 ・原木を生産するために木を伐る ⇒ 伐った木は全て搬出

になるが、「間伐材搬出」だと

 ・もともと切り捨てる為に伐った木を搬出する ⇒ 伐った木は全て搬出しなくてよい

という「論理」になる。だから実際、かなり大量の木材を搬出せずに山へ放置してきた。

実は、『ただいま作業中』の記事を書いたとき、私は自分のやっている作業が「間伐」だとは知らなかった。素材生産だと思っていて、だから久々にそれがやれて嬉しくて、あんな記事を書いた。この作業が役所から受注した事業であることは知っていたし、役所から定められた数量を搬出しなければならないとも承知していた。だが、素材生産だと思っていたので、搬出する数量だけ伐ると思っていた。

ところが実際には、伐った木を全て搬出することはしなかった。定められた数量に達した時点で棄てた。その理屈が「間伐材搬出」だったのである。


この画像にある、伐り開けてしまった森の間隔。15mある。この写真を撮った場所は搬出したので木は残っていないけれど、別の場所では、この状態のまま放置した。これは役所的には「間伐」であっても、樵としてはみれば森林破壊以外のなにものでもない。いや、樵としてではなくても、一般的市民感覚からみても、そうだ。けれど、林業労務者という「立場」でいる限りはそれをしなくてはならないし、実際にそれを実行した――。

この山は、山梨の県有林。すなわち公共の財産。それを役所が主導で破壊している。本来、こういったことは何らかの形で告発すべきこと。だが、私にはそれができなかった。弱虫だったから。たまたま粟島へ行く縁に恵まれて、林業労務者としての「立場」から離れることができるので、こうして書くことができる。卑怯者である。

その自覚だけは持っていた。それが仕事として当たり前と考えている役所や私を雇用していた事業主には反撥を覚えた。覚えたが、反撥してどうなるものでもないということも理解していた。私にできるのは、縁を切ること。ただそれだけ。それが今回、果せることになった。別の縁に恵まれるという形で。その縁は、たまたま林業ではなかったという、ただそれだけのこと。

*****

この記事、タイトルは『樵とは「殺生する者」』とした。が、文中には「殺生を為す者」と書いた。この言葉の違いに触れておきたい。

殺生を為す。殺生をする。この2つ、“殺生”の意味が異なる。前者は「生ある者を殺す」の意。後者は、「生」と「殺」とが並列に並んでいる。「生きることと殺すこと」。だから、「殺生をする」は「生きることと殺すことをする」の意味になる。これこそが、本来の意味で生きること。

人は、他者の生命を頂かないと、自身の生を繋いでいくことができない。だから、生ある者を殺さなければならない。

ここでいう「者」は、人だけを指しているのではない。生ある「もの」。そして、世界に無駄なものなどない。すべてのものがなんらかの形で「生」に関与している。だからすべての「もの」は「者」である。山川草木悉皆成仏。

しかし、そうはいっても、「殺」は辛い。貴族という人種は、社会の構造に寄生して「殺」を免れ、「殺」を「穢れ」として忌避する人種で、それは自身の生命のあり方すら否定するこの上なく卑怯な者たちだが、そのようになる理もなくはない。辛いから忌避しようとするのは、人間なら誰にでもある〈弱さ〉ではある。

そうした〈弱さ〉を抱えて、どのように生きるか。社会に寄生し、〈弱さ〉を他人に押しつけるか。〈弱さ〉を隠蔽して生きるか。今の日本社会は、〈弱さ〉を他人に押しつけることができる者が【強者】と呼ばれてもてはやされ、羨望の的になっている。一方、〈弱さ〉を押しつけられる者が【弱者】となって〈弱さ〉を隠蔽しようとし、隠蔽しきれず病んでしまっている。

今の社会は、このどちらかを構造的に押しつける。だから必然的に競争が生まれる。【強者】も【弱者】も、〈弱さ〉を隠蔽していることについては、同じ。

〈弱さ〉は隠蔽してはいけない。さりとて一人では抱えきれない。一人で抱えきれるのなら、それは〈弱さ〉ではない。だから、「誰か」に預けなければならない。

その「誰か」とは、誰か? どこにいるのか?

この世の生活が罪業と感ぜられる。そうしてその罪業がなんらの条件もなしに、ただ信の一念で、絶対に大悲者の手に摂取せられるということを、我らの現在の立場から見ると、その立場がそのままでよいと肯定せられることなのである。即ちこれは自然法爾である、只麼の禅である、無義の義である、神ながらの道である、言挙げせぬことである、「ひたぶるに直くなんありける」その直心そのものである、「人間のさかしら」を入れない無分別の分別である。計較情謂を絶した、はからいなき赤き心の丸出しである。


130102日本的霊性

別に「日本的霊性」でなくてもいいのだけれど...。この話の続きは、またの機会に。

 | HOME | 

 
プロフィール

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード