愚慫空論

経済についての粗雑な理解

前々エントリーで私は、【カネ】は3番目だと書いた。もちろんこの順位は「経済」という枠内の話である。

トップは【モノ】。当然のことだが、人間は【モノ】なしでは生きていけない。これは人間(生物種としてのヒト)だけではなくて、他の生命体にとって必要不可欠なものである。人間が人間たる所以は、【モノ】を自然の形のままに取り扱うのではなくて、人間にとってより都合のよいように生産することにある。技術と労働はその生産のための営為。

次は、治安・秩序。ここにはいわゆる「政治」も一部含まれると考えてよかろう。人間は社会を営むことで生産した【モノ】を分配する。もともとヒトが集団で生活するようになったのは、他の動物と同様、生存への戦略だったのだろう。それが農耕という技術を獲得し、共同体が一体になって労働を行い、収穫物を分配するようになって社会が営まれるようになった。他の共同体との交易も同じような時期に始まったのだろう。そしておそらく、最初は【カネ】を介しない贈与経済、あるいは物々交換経済であった。それら原始的な経済行為を行うにしても、そこには必ず治安と秩序は必要だったはずだ。

【カネ】が登場するのは、社会という土台ができてから。そうでなければ【カネ】は機能することができないし、それは現代でも同じこと。治安と秩序が崩壊して社会が呈をなさなくなった状況では、人間は生存に必要な【モノ】を求めて容易に略奪を行う。そこに【カネ】が介在する余地などない。

当エントリーでは、経済を【モノ】・秩序・【カネ】の3つの要素と、自然資本・実体経済・金融経済の3つのステージでもって解説しようと試みてみる。愚樵流の粗雑な理解を基にした解説なので、どの程度的を射ているかは保証の限りではない(笑)。

続きを読む »

神の効用

次も経済についての愚考エントリーをあげるつもりだったのだけど、予定変更。

そういえば、ちょちょんまげさんに約束した「科学=宗教」エントリーも宿題になっているんだけれども(タイトル『科学は技術である』もしくは『科学者は技術者である』で構想中。タイトルが約束と違うじゃないかって? まあ、それはお楽しみということで(笑))。当エントリーは、そこと少し関係がなくはない。

予定を変更して問うエントリーをあげることにした理由を記しておく...のは、面倒くさいからやめて、わかる人にだけわかるというエントリーにします。どうしてもわけが知りたいという方は、

dr.stoneflyの戯れ言:「水伝、教育現場に導入」(1)…ばかばかしさを見抜け!!
dr.stoneflyの戯れ言:「水伝、教育現場に導入」(2)…怒りの矛先は何処?
光るナス:私信のような 余計なお節介です (^_^;)
dr.stoneflyの戯れ言:「欺瞞的教育へ陥る罠」…ポストモダンおやじか、それとも

の順番でご覧になってください。コメント欄まで読まないと流れはつかめませんよ。

続きを読む »

【カネ】は3番目

10月14日、朝。ネットでニュースを見る。

13日の欧州各国の株式相場は、前週末の終値から大幅に値を上げて取引が始まり、上昇基調で取引を終えた。上げ幅は英国が8.26%、ドイツは11.40%、フランスも11.17%と大幅になった。英国政府が大手3金融機関に6兆4千億円の公的資本注入を行って国有化することを発表、ドイツやフランスも公的資金注入の方針を打ち出し、金融市場の混乱が一定程度収まるとの見方が広がった。

10日に主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が金融危機対策として銀行への公的資金の資本注入を実施する方針で合意。ユーロ圏15カ国も12日、公的資金注入などを盛り込んだ「共同行動計画」で合意した。一連の金融危機対策を市場がひとまず好感した格好だ。
asahi.com 10月14日1時46分

この流れを受けて、NY株価も持ち直したらしい。900ドル以上の値上がりだとか。となると、今日の東京も持ち直すだろうか。これで金融危機も収束に向かう...と思いたいところだが、そう簡単に行くかどうか。なにせ理屈ではないのだから。〈投資家の心理〉に左右されるのだから。投資家たちもこれでまだまだ完全に安心したわけではなかろう。何かまた“事件”が起こればまたたちまちに転落を始める可能性は捨てきれない。今、世界最大の企業、GMの倒産が囁かれているが、それが現実になったら?

先月には、韓国が危ないという話もあった。なんでも外貨が決定的に不足しているという話で、企業倒産ならぬ、国家倒産の危機に瀕しているというような話。その話に、アメリカ政府系住宅金融機関ファニーメイとフレディマックが絡んでいるという話。素人にはわけがわからないが、とにかく現時点で韓国は倒産していない。だが、問題が根っこが解決したわけでもなさそう。

また、そうでなくとも。いまや530兆ドル(6京円=6000000000000円)といわれている金融デリバティブの残高。これがまったく無傷であるはずない。というより、こういうところが一番危ないはずなのだけれど、普通にメディアで報道を追いかけているだけではまったくわからない。どうなっているのだろうか? わけがわからない。

とにもかくにも、カネの話。経済の話といえば、カネの話。それで誰も不思議に思わない。でも、ちょっと待てよ? 経済ってのは、イコール【カネ】のことだったのだろうか?

続きを読む »

バカバカしい金融危機と経済対策

今、世界を揺るがす大問題といえば、なんといってもニューヨーク・ウォール街発の金融危機。

10/9のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が前日比678ドル安の8,579ドル。リーマンが破綻する前の9/14には11,422ドルだったのが、10/6に10,000ドルを割ると下げ止まらず、10日の速報だと8,000ドルも割り込んだらしい。底なしの様相(結局、10日のNYは

この流れは日本でも同じで、東京での日経平均が7日に1万円割れ、10日は8,276円。このままNYが下げ止まらないと、3連休明けの14日にはバブル崩壊後最安値の7,608円をあっさりと割ってしまいかねない。金融崩壊とはこうした状況を指す言葉なのだろう。

ある経済評論家は、現在の金融の危機的状況を指して「理屈じゃない」と述べていた。、私はこれを聞いて思わず笑ったが、実際のところ笑いごとではない。このままでは確実に私たち庶民の生活にも影響してくる。いつの時代も世の中がおかしくなったときに割を食うのは弱者である。

続きを読む »

『おいしい関係』

今日はマンガの話。それも少女マンガを取り上げてみたいと思う。

おいしい関係 (1) (ヤングユーコミックス)おいしい関係 (1) (ヤングユーコミックス)
(1993/07)
槇村 さとる

商品詳細を見る

全16巻。wikipediaを見るとTVドラマ化されてもいるらしいが、そちらを私は知らない。

このマンガのテーマを一言でいうと「愛は技術である」。このテーマが一貫してストーリーの縦糸のなかに織り込まれている。

続きを読む »

 | HOME | 

 
プロフィール

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード