愚慫空論

裁判官が予言者になった?

なぜこういった判決が出るのか、よく理解できない。

浜岡原発:住民らの請求棄却 静岡地裁Add Star

 東海地震の想定震源域に立つ中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)を巡り、周辺住民ら27人が中電に1~4号機(出力総計361.7万キロワット) の運転差し止めを求めた訴訟の判決が26日、静岡地裁であり、宮岡章裁判長は請求を棄却した。想定される東海地震の規模と原発の耐震性が最大の争点だった が、判決は、中電の安全対策を評価した。原発の差し止め訴訟では、昨年3月の金沢地裁判決が北陸電力に差し止めを命じ、名古屋高裁金沢支部で係争中。原告 側は控訴する。

 争点は、(1)安政東海地震(1854年)に合わせた国の地震想定を耐震評価に使うことの妥当性(2)浜岡原発の耐震性(3)経年劣化による機器 の強度低下に対する安全対策--だった。通常はプレート境界面で強く固着し、地震時に急激にずれて強い地震波を出す部分(アスペリティー)の位置設定や、 超巨大地震の発生の可能性などについて双方が専門的な主張をした。

 判決は、国の中央防災会議が想定している東海地震モデルについて、「アスペリティーの設定やプレート境界面の設定は適切で、十分な科学的根拠に基づいている」と判断。想定以上の地震が発生する可能性を考慮すべきという原告側の主張を退けた。

毎日新聞 2007年10月26日

続きを読む »

前記事を訂正:ISAFへの自衛隊参加は憲法違反

前記事にて私は、民主党小沢代表のISAF参加発言を支持する旨の主張をした。それを訂正したいと思う。記事の本旨そのものには変わりはない。訂正したいのは「ISAF参加容認」の部分である。

なぜこんな無様なことになったのかといえば、それは私のISAFについての認識に誤りがあったからだ。その誤りを正してくれたのが、

伊勢崎賢治の「15歳からの国際平和学」番外編~政権とったらISAF参加発言をどう考えるか」

勉強はしてみるもんだ。

続きを読む »

9条下での武力行使

雑誌『世界』に掲載された民主党小沢代表の主張、およびその後の記者会見での発言が物議を醸している。その最大の争点は、小沢代表がISAFへの参加を主張し、そのなかで自衛隊による武力行使の可能性を明言したところにある。
小沢代表の主張は予てから知られているように、国連中心主義だ。そして国連統制下であるならば武力行使も容認されるという立場である。さらに国連統制下の武力行使は9条にも反しないという主張である。
この主張に対しては、改憲派護憲派双方とも非難を浴びせている。その非難は双方ともに小沢代表の主張は憲法違反であるというものだが、果たしてそうか?

9条下での武力行使の可能性および条件について考察してみたい。

続きを読む »

【穢れ】を見据えて人を憎まず

ここ幾つかのエントリーで【穢れ】をテーマに集中的に書いてきたが、いったんここらで区切りをつけたいと思う。

まず言い訳を申し述べなければならないが、ここ幾つかのエントリーで私が使っていた【穢れ】という言葉は、【穢れ】という言葉自体は新しいものではないけれども、その言葉に含まれる意味合いは、私自身、かなり自由に解釈して使っていた。ここらはいろいろと誤解を招く点もあったと思う。

途中で他の言葉に置き換えることが出来ないかと考えないでもなかった。例えば「心の負債」とか。何か罪を為したり為されたり、そういうときに人の心の中に生ずる傷とか重石とか、正確に言い当てることは難しいけれども、そういったものを「心の負債」と呼んではどうか、一時は思案した。

続きを読む »

冴えない一日。

昨日はなんだか冴えない一日だった。天気予報と(仕事の)親方の思惑が噛み合わず、散々な目に遭った。今回のエントリーは、愚痴を書き連ねてみる(笑)。

まずは天気予報だ。こいつにはいつも騙される。天気予報はあくまで“予報”であって“予言”ではないのだから100%信用するのは間違いなのだが、それにしても気象庁やいろいろな気象予報士が膨大な費用と労力を傾けて出す予報なのだし、宛てにしたくなるのは人情というものだろう。けれど、頻繁に騙される。
私の仕事は野外での作業だから、天候によって作業条件が左右される要素が非常に大きい。天気が悪いと大抵の場合は休みである。また、悪くなると予想されている場合も休みになることが多い。また逆に、起床時の時点で雨でも天気が良くなると予想されていると、雨を衝いて出かけていくこともある。そうしたときに気象情報が大きな参考になる。
ネットによって降水予想の情報をいつでも得られるようになったことも大きい。気象庁のHPなどでは1時間毎6時間後までのかなり詳細な降水予測を発表している。これは視覚的に訴えるものが大きく、また雲の動きも把握できるように思うので、どうしても“わかったような”気にさせてくれる。で、それがいつの間にかガラっと変わっていて、騙される。そうしたことが度々ある。度々あるのだけど、やっぱり何かを参考にしたいからネットやTVの気象情報を見て、騙されるも知れないと思いつつ信用して、やっぱり裏切られる。日々、そうしたことの繰り返し。まったく進歩しないのである(笑)。

続きを読む »

日本的エリートの発想 鳩山式ベルトコンベア

さて、お約束の(?)鳩山式ベルトコンベアについてである。これをまたもや【穢れ】でもって括って話をしてみたい。

続きを読む »

共感と反感の境目 光市母子殺害事件

鳩山法務大臣が死刑を巡ってつまらん発言をしたせいで、またまた死刑を巡っていろいろと議論が戦わされている。この発言を、ここのところマイブームになっている【穢れ】という概念でもって語ってみようと思ったのだが、いろいろ考えているうち、先にこちらの方をまとめようとする内圧が高まってきた。んだもんで、先にこちらをかく。

共感と反感の対象は、もちろん、光市母子殺害事件の被害者遺族として出発し、いまや死刑推進論の旗手となった本村洋氏である。ザックリ言うと、被害者遺族としては共感できるが死刑推進論者としては反感を覚えるということ。ここらを
【穢れ】という概念を使って話を組み立ててみる。

続きを読む »

 | HOME | 

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード