愚慫空論

『サピエンス全史』その15~人間崇拝という宗教

『その14』はこちら (^o^)っ リンク

前回に引き続き 宗教を語った第12章が題材です

第12章は 次のようにセクションが立てられています

 神々の台頭と人類の地位
 偶像崇拝の恩恵
 神はひとつ
 善と悪の戦い
 自然の法則
 人間の崇拝



これらのセクションは 人類の歴史に沿うように順序立てられています
ハラリさんの見立てでは 宗教もまた人類統一の要因ということですから
各地域で発生したそれぞれの宗教が 統合されていくという流れになっている

それは ローカルな宗教がグローバルな宗教になるという流れのことだけではなくて
多神教が一神教になっていき やがて人間崇拝へと変化していくという
内容的な変化も表している

ただし留意しておくべきは

 多神教 ⇒ 一神教 ⇒ 人間崇拝

という流れが「進化」というふうには描かれていないことです
「変化」であって 「深化」しているわけではないといった記述になっています

じつのところ、一神教は、歴史上の展開を見ると、一神教や二元論、多神教、アニミズムの遺産が、単一の神聖な傘下で入り乱れている万華鏡のようなものだ。平均的なキリスト教とは一神教の絶対神を信じているが、二元論的な悪魔や、多神論的な聖人たち、アニミズム的な死者の霊も信じている。このように異なるばかりか矛盾さえする考え方を同時に公然と是認し、様々な起源の儀式や慣行を組み合わせることを、宗教学者たちは混合主義と呼んでいる。じつは、混合主義こそが、唯一の偉大な世界的宗教なのかもしれない。




これらのセクションの中も 特異なのは「自然の法則」です

「自然の法則」という言葉から一般に想像されるのは科学でしょうが
主題になっているのは 仏教です

なぜ仏教なのかというと

仏教の中心的存在は神ではなくゴータマ・シッダールタという人間だ。


からです
人間が持つ能力によって 宗教的課題に挑む宗教体系が仏教ということ

(前略) 彼は自分の教えをたった一つの法則に要約した。苦しみは渇愛から生まれるので、苦しみから完全に解放される唯一の道は、渇愛から完全に解放されることで、渇愛から解放される唯一の道は、心を鍛えて現実をあるがままに経験することであるその法則だ。
 「ダルマ」として知られるこの法則を、仏教徒は普遍的な法則と見なしている。「苦しみは渇愛から生じる」というこの法則は現代物理学ではEがmc2と等しいのとまったく同じで、つねにどこでも正しい。仏教徒とは、この法則を信じ、それらを自らの全活動の支えとしている人々だ。一方、神への信仰は、彼らにとってはそれほど重要ではない。一神教の第一原理は、「神は存在する。神は私に何を欲するのか?」だ。それに対して、仏教の第一原理は「苦しみは存在する。それからどう逃れるか?」だ。




ちなみに ぼくに言わせれば 仏教の第一原理は第二に格下げになります

 第一原理 : いのちは自愛に生きている 自愛に生きることは悦びである 
 第二原理 : 苦しみは自己愛から生じる 自己愛はハラスメントから生じる
 第三原理 : 人生の課題は自己愛からの離脱である



続きを読む »

『人生フルーツ』

観てきました



豊かな暮らし
Life is Fruits

いえ 言葉が足りません
いえいえ 言葉では足りません


山村暮鳥の詩を真似て

 ゆたかなくらし
 ゆたかなくらし
 ゆたかなくらし
 ・・・

と幾度も繰り返してみましょうか


それでもまだ足りません
この良質のドキュメンタリーに描かれているのは 「ゆたかなくらし」 だけではないから


「ゆたかなくらし」を営んでいる人間の姿だけではなく
「ゆたかなくらし」を築こうとし始めた人間性も ここにはあります

 救済への希求なき宗教性――

その人間性をこのように言い換えることができると思います


もとよりこの映画には 抹香臭い宗教性なんか欠片もありません
ネタバレになるので書きませんが 宗教的慣習という程度のものは出てきますけど
その程度

そんな映画に宗教性なんて 無理筋かと思わなくはないけれど
この映画が提出している姿が
真正の宗教が求めている具体像だと言っても外れではないと思うんです

すなわち すでに救済されている姿
自力を尽くして他力に頼る姿


 「家は暮らしの宝石箱でなければならない」
 「すべての答えは、偉大なる自然のなかにある」
 「長く生きるほど、人生はより美しくなる」

そう考えると この映画を彩るこれら名建築家たちの言葉たちも
自力を尽くして他力に頼る 救済の必要なき希求の形であるように思えていきます


続きを読む »

『Homo Deus: A Brief History of Tomorrow 』

更新間隔が間延びしています
時間がないからなんですが....

近頃はブログに費やす時間が短くなっています
単純に 書くスピードがあがった

特定スキルの習熟には一万時間が必要という説があります
真偽のほどはさておき ブログを書くのに費やした時間は 
もう そのくらいになってもおかしくないのかもしれません (^o^)/





先週のNコメです
43分あたりから 本が紹介されています
洋書ですけれど



続きを読む »

『世界一うつくしい生物図鑑』



図書館から借り出させてもらいました

美しい
確かに美しいです

美しさには しかし 

 冷たいもの
 温かいもの

のふたつがあることを考え出させてくれる本でもあります


「愛は伝染する」と題された冒頭の文章のその冒頭

「バイオフィリア(BIOPHILIA)」とは、自分以外の生命とのかかわりを本能的に意識することを意味する。わかりやすく置き換えるなら、「生命愛」といったところだろう。最初のこの言葉を使ったのか、精神分析学者であり哲学者のエーリヒ・フロムだ。彼の著書『破壊――人間性の解剖』のなかで、「バイオフィリア」とは「生命および、生き物としていけるものすべてに対する強い愛情」と定義されている。

(略)

ヒトは生態系の食物連鎖の頂点に立つ一方で、他の生き物に対する愛情を本能的に持ち合わせている。植物や人間以外の動物から刺激や充足感を得ることができない人や感謝の気持ちを抱けない人を私は見たことがない。もしもそんな人がいるなら、きっと哀れで惨めな人間か、単に邪悪な人間に違いない。



著者の文章でしょう
熱量のある文章です

続きを読む »

『知られざる天皇明仁』



こんな本を読んでみようと思ったのは もちろん 昨年8月の「お言葉」があったから



ぼくはもともと 今上天皇には好感を持っています
先の昭和天皇にはなかった感情です

その姿を見るにつけ いつも思うのは

 「この人は ずっと畏まってきた人なんだな」

ということ その姿勢がその身体ににじみ出ているような気がしています

その人が自らに課せられている「役」についての気持ちを語った
当人にとっては素直な言葉だったのだろうと思うのだけれど
そのことは 身体が映し出しているんだけれども
とはいえ 言葉をそのまま素直に受け取ることができない環境がある
そうした環境の中に生きいてるぼく自身がいる


その佇まいから表出されているものと
その言葉を受け取る文脈のギャップ

そんなギャップを埋めるには 言葉を発した人の為人(ひととなり)を知るのがいい
本書は そのギャップをかなり小さなものにしてくれます

続きを読む »

Z会

Z会というと あのZ会です



大学受験通信教育の大御所?

なぜZ会を記事で取り上げるのか?
前々回取り上げたような「オススメ」の意図があってのことではありません


ぼくがZ会の存在を知ったのは 高校3年生の時でした
クラスメートがやっていたんです

記憶はどこかに飛んで行ってしまっていますが
おそらく受験勉強の仕方などを話し合っていたのでしょう
話の弾みで「Z会」という名前が出てきた
ぼくはその存在をまったく知らなかったので 「なに それ?」と尋ねました

クラスメートは 「え? 知らないの?」といった顔をしたのを覚えています
あとで周囲に尋ねると 大半の者は存在を知っているようでした
男子は相当数が受けていたみたい

今も昔も ぼくの勉強法は独学が主です
学校に通ってはいましたが あまり誰かに教わったという覚えがない
英語だけは別でしたけれど

中学の時に母親が「進研ゼミ」を取ってくれたのでやってみたんですが
つまらなくて放り出してしまった
それ以来 通信教育なんてぼくには役に立たないと思い込んでいました

クラスメートはZ会のテキストなども見せてくれました
内容が濃いのにビックリ
お願いをして テキストを全部 コピーさせてもらいました
市販の問題集や学習参考書より ずっと役に立ちました
問題解答の添削は 職員室へ押しかけて 教師にやってもらいました (^o^)

続きを読む »

『サピエンス全史』その14~宗教という「隠蔽」

『その13』はこちら (^o^)っ リンク

 


今日、宗教は差別や意見の相違、不統一の根源とみなされるとが多い。だが実は、貨幣や帝国と並んで、宗教もこれまでずっと、人類を統一する3つの要素の一つだったのだ。社会秩序とヒエラルキーはすべて想像上のものだから、みな脆弱であり、社会が大きくなればなるほど、さらに脆くなる。宗教が担ってきた極めて重要な歴史的役割は、こうした脆弱な構造に超人間的な正当性を与えることだ。宗教では、私たちの方は人間の気まぐれではなく、絶対的な至上の権威が定めたものとされる。そのおかげで、根本的な法の少なくとも一部は、文句の付けようのないものとなり、結果として社会の安定が保証される。

従って宗教は、超人間的な秩序の信奉に基づく、人間の規範と価値観の精度と定義できる。これは、2つの異なる基準がある。

1.宗教は、超人間的な秩序の存在を主張する。その秩序は人間の気まぐれや合意の産物ではない。プロ・サッカーは宗教ではない。なぜなら、このスポーツには多くの決まり事や習慣、奇妙な儀式の数々があるものの、サッカー自体は人間自身が発明したものであることは誰もが承知しており、国際サッカー連盟はいつでもゴールを大きくしたり、オフサイドのルールをなくしたりできるからだ。

2.宗教は、超人間的秩序に基づいて規範や価値観を確立し、それに拘束力があると見なす。今日、西洋人の多くが死者の霊や妖精の存在、生まれ変わりを信じているが、これらの信念は道徳や行動の基準ではない。したがって、これらは宗教ではない。

宗教は、広く行き渡った社会秩序を正当化する能力を持っているとはいえ、そのすべてがこの能力を発揮するわけではない。本質的に異なる人間集団が暮らす広大な領域を参加に統一するためには、宗教はさらに2つの特性を備えていなくてはならない。第一に、いつでもどこでも正しい普遍的な超人間的秩序を信奉している必要がある。第二に、この信念をすべての人に広めることをあくまで求めなければならない。言い換えれば、宗教は普遍的であると同時に、宣教を行うことも求められるのだ。



長々の引用になってしまいました。
もはや「引用」の範囲を超えてしまっているのかもしれませんが
宗教とはどういったものかを示す極めて凝縮された文章で
落とせるところがありません



続きを読む »

写真フリー素材



今回は「写真AC」というサイトの紹介記事

上の画像はもちろん「写真AC」というところからダウンロードしたものです

無料写真素材を提供する「写真AC」のフリー写真素材は、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記やリンクは一切不要です。Web、DTP、動画などの写真素材としてお使いください。



「写真 フリー」あたりのキーワードで検索すると、いくつもサイトがヒットして
「写真AC」はそのなかのひとつ

ぼくは「写真AC」を使っています
それも有料の登録をして使っています
過去の記事にもいくつも使わせてもらっています
まあ 気分が向いた時に 極めてテキトーに貼り付けているだけなんですけど

「写真AC」の紹介とか言いながら
実は似たようなサイトならどこでもいいと思います
というか ぼくには違いがわかりません
フリーの素材を探していて どういう理由だったかは忘れましたけど
たまたま「写真AC」を使い出すようになった

たまたまです
それ以上に理由はありません
 
たまたま紹介するのは「写真AC」ですけど
そのようなサイトを紹介するのは
そのビジネスモデルがいいと思うから




続きを読む »

再掲載:貨幣は必要か

今回はコメント欄の流れを受けて
過去記事に若干の注釈を付けて再掲載することにします

 愚慫空論 『貨幣は必要か?』

貨幣は虚構です
それも最強の征服者です

ぼくたち〔人間〕はもはや貨幣なしでは〔社会〕を維持していくとができませんし
〔社会〕を維持できなれば「信用」を調達できません

貨幣は〔社会〕を秩序づけて「信用」を供給しますが 同時に、
サピエンスが持つ〔ヒト〕としての部分 
すなわち 身体性を抑圧する働き も持ちます

身体性の抑圧は「信頼」の調達を阻害しますが
これはサピエンスの生来の性質を阻害することと同じです

サピエンスは社会的な生き物です
それも 一般にいう「動物的」に社会的なだけではなく
 「信頼」を頼って生きる部分
 「信用」を頼って生きる部分
の二重の社会性をもつ
一般的に「社会的」というと 後者を指します

後者が生まれたのは認知革命以後だと考えます
ゆえに 前者を〔ヒト〕 後者を〔人間〕と改めて定義づけることが出来ると思います


ぼくは『貨幣は必要か?』の中において
貨幣を「属人的なもの」へとイノベーションせよと主張しています
そうすることによって 貨幣の「信頼」阻害要素が減ると考えるからです


「信用」は「単純なもの」を基盤にします
貨幣がその最もたるものです
一方 「信頼」は「複雑なもの」を基盤にしようとします

「信用」は静的で ゆえに外部的であり 確固として基盤と為すことができる
「信頼」は動的で ゆえに内発的であり 確固として基盤になすことはできない
できないしようとすることはできる」のが「信頼」です


「信頼」とは 自身の内発性を基盤にして外部へと発展させていこうとする営みです

「〈自然〉の成長」とは 「信頼」を発展させていくことにほかなりませんが
そもそも「信頼」には型がない
「信用」は型がないと成立しませんが
「信頼」は型にはまった時点で「信頼」ではなくなります
なにをどのように信頼するのかは、その人の個性によります


付け加えます
 
 「信用」に拠ってアイデンティティを調達しようとする営みを自己愛
 「信頼」を発展させていくとによって
  アイデンティティを逓減させていく営みが自愛

というふうにいうこともできるかと思います


では 過去記事を再読してみてください


続きを読む »

『鋼と羊の森』

最近のぼくは 小説熱が高くなっています。



『鋼と羊の森』

前から気になっていました
小説熱が高まる前から

タイトルがいい
「鋼」「羊」「森」
どれもそそられる言葉
ピアノ調律師の話だなんて 知りませんでしたけど

このタイトルにそそられた頃は小説熱は高くなかったので
自前で購入してみようと思いませんでした

で 最寄りの図書館へ貸し出し予約
相当の予約件数が入っていたみたいで 忘れた頃に連絡が来ました


読んでみて よかったです

「ふつう」の物語
ありきたりという意味の「ふつう」ではなくて 
いのちあるものそれぞれがみな ふつうに違うような意味での「ふつう」

いえ いのちあるものだけではない
ピアノにはいのちはありませんが でも 個性はある
モノにも個性があって それを活かすことが自らが〈生きる〉こと
そして それは「ふつう」のこと

そういうお話しです

続きを読む »

 | HOME |  古い日記に行く »

 
プロフィール

愚慫

Author:愚慫
“愚樵”改め“愚慫”と名乗ることにしました。

「空論」は相変わらずです (^_^)

      

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード